~~日曜日・部室~~

咲「ふわぁぁぁ……」ウトウト

まこ「なんじゃ咲、随分眠そうじゃのう」

優希「寝不足か?」

咲「え、ええ、ちょっと」

久「土曜日だからって夜ふかしは乙女の肌の天敵よ?気を付なさい」

まこ「ベッドで少し寝るか?」

咲「じゃあお言葉に甘えて……」ヒョコヒョコ

優希「何か咲ちゃんの歩き方が変だじぇ」

久「そうねえ、何だか下腹部に違和感があるかのような……」

咲「な、何でもないです何でもないです」

まこ「そうか?無理はするんじゃないからな?」

和「あれ、そういえば今日は須賀君は休みなんですか?」

咲「」ビクッ

優希「そういえばまだ来てないじぇ」

まこ「それならわしに連絡が来てたぞ、何でも病院に行ってから来るとか」

久「病院?それはちょっと心配ね」

まこ「まあ来てから聞いてみればええじゃろ、来れなかったらまた連絡くるじゃろうし」

和「そうしたら皆でお見舞いにでも行きましょうか……咲さん?どうしたんですか?」

咲「えっ!?な、何が!?」キョドキョド

優希「明らかに挙動不審だじぇ」

久「何か知ってるの?」

咲「し、知りませんよ!?いや~京ちゃんが心配だな~」アセアセ

久ま和優( ( (怪しい……) ) ) )

京太郎「おはようございまーす」ガラッ

優希「おう、京太郎……って左腕が包帯でグルグルだじょ!?」

和「だ、大丈夫なんですか!?」

久「骨折でもしたの!?」

京太郎「ああ、大丈夫です大丈夫です」

京太郎「骨折ではありませんから」

まこ「そうなんか?」

京太郎「はい、なんでも橈骨神経麻痺ってのになっちゃったらしくて」

久和「」ピクッ

優希「とうこ……何じゃそりゃ?」

まこ「麻痺……ってそっちの方がマズくないか?」

京太郎「ちょっと長引くかもしれないですけど、ちゃんと治るそうなんで大丈夫ですよ」

まこ「ほうか……これからって時なのになぁ、無理はするじゃないぞ」

京太郎「はい、幸い利き腕ではないのでなんとか……久さん?和?どうしたんだ?」

久「橈骨神経麻痺……主に神経が圧迫されることで起こる症状……」

和「腕枕を一晩することで起こってしまうことがあり、新婚がなることも多々あるため通称が……」

久和「「ハネムーン症候群」」

京咲「「」」ビクッ

まこ優「「?」」

久「……ねえ、須賀君?『それ』になったのは何時?」

京太郎「け、今朝の話です!い、いや~腕枕で眠って目が覚めたらこんなんなっちゃいまして!」アセアセ

久「ふぅ~ん?須賀君って『枕が変わると眠れない質なんですよ~』って前に言ってなかった?」

京太郎「そ、それは……」

久「それに私、見ちゃったのよ」

久「須賀君が昨日『特殊な』自販機の前にいるところ」

京太郎「」

和「……ねえ咲さん?そういえばさっきは随分と眠そうでしたよね?」

咲「う、うん、もう(恐怖で)目が覚めちゃったけど」

和「それに歩き方がとっても変でしたよね?まるで何かが挟まってたかのような……」

咲「き、気のせい!気のせいだよ!」

和「そういえば私、今朝須賀君の家から出てくる咲さんを見たんですけど」

咲「うそ!?ちゃんと周りに気を付けて……はっ!」

和「やっぱりそうでしたか」ニッコリ

優希「え?え?それって……」

まこ「まさか……」

京太郎「に、逃げるぞ!咲っ!」ガシッ ダダダダダ

咲「ま、待って京ちゃん!私まだちょっと違和感が!」ダダダダダ

和「咲さん!抜け駆けは協定違反ですよ!」ダッ

優希「このバカ犬!躾け直してやるじぇ!」ダッ

久「一晩腕枕なんて羨ま……じゃなくて風紀違反だし、キッチリ話を聞かせてもらうわよ!」ダッ

まこ「ふむ、後輩の情事を聞くと言うのも少し面白そうじゃのう」ダッ

四人「「「「待てーーーっ!」」」」

京太郎「はあはあ……何とか逃げ切らないと……」

咲「はあはあ……京ちゃん……」

京太郎「ん?何だ?」

咲「腕のお世話とか、治るまで私がキチンと見てあげるから宜しくね!」

京太郎「ああ、でも治るまでじゃなくて末永く……な!」

咲「うん!」

カンッ