京太郎「玄さん……少しいいですか?」

玄「ん?どうしたの?」

京太郎「実は……穏乃と憧から同時に告白されたんですよね…」

玄「そ……そうなんだ…それで、返事はどうしたの?」

京太郎「とりあえず保留にしています。それで、どうしたものか相談したくて…」

玄「成程ね。う~ん……そうだね、京太郎が好きな方を選ぶのがいいと思うよ」

京太郎「やっぱりそうですよね…でも」

玄「でも?」

京太郎「穏乃も憧も仲の良い女友達くらいにしか見てなくて……それに俺にも好きな女性がいますし…」チラッ

玄「そうなんだ…なら二人には悪いけど、誠意を持って断るべきだと思うよ」

玄「それと、京太郎君もその好きな人に告白してみたらどうかな?」

京太郎「好きな女性に告白…?よし!(グッ)あの、玄さん!」

玄「うん?」

京太郎「俺、ずっと前から玄さんの事が好きでした!俺と付き合って下さい!」

玄「えっ…?えぇーっ!?嘘、冗談だよね!?///」

京太郎「冗談じゃないです!本当に玄さんの事が好きなんです!」

玄「ほ、本当なんだ…///えっとね、私も京太郎君の事好きだよ?///でも、穏乃ちゃんや憧ちゃんの事もあるし…」

京太郎「どちらにしろ二人はフるつもりだから関係ないです!そんな事より玄さんも俺の好きって言いました?」

玄「あっ……う、うん。言ったよ…////」

京太郎「なら、俺と付き合って下さい」

玄「………うん、いいよ…////宜しくね、京太郎君…///」

~~~~~~~~~~

京太郎「と、いう訳で俺達付き合う事にしました」

灼「おめでと……」

宥「おめでとう…玄ちゃん、京太郎君…」

穏乃・憧「」

カンッ