和「ずっと、貴女の事が好きでした。付き合ってください!」ガバ

咲「…ごめんね、原村さん。私、付き合ってる人が居るの」

和「へ…?い、いったい誰ですか!?」

咲「勿論京ちゃんとだよ。ていうか、普段の雰囲気で察してよ」

和「そ、そんな…私は…私はこんなにも咲さんを愛していると言うのに、そんな野郎に咲さんを――」

咲「京ちゃんを悪く言わないでくれるかな!!」

和「ヒッ!」

咲「そもそも私、女の子同士とか有り得ないから」

和「そ、そんな・・・咲さん!咲さん!!」

咲「さようなら、原村さん」バタン

和「そんな…イヤ――!!」


ハギヨシ「ずっと、彼方の事をお慕いしていました。どうか、私と結婚を前提にお付き合いしてください!」ガバ

京太郎「へ…?えっと…あの、ごめんなさい…」

ハギヨシ「え…な、何故でしょうか!?何か私に居たなぬ事が御座いましたか!?」

京太郎「いや、俺付き合ってる娘居るんでちょと…」

ハギヨシ「そんな…私たちはあんなに愛し合っていたではありませんか!あれは遊びだったんですか!?」

京太郎「いや、何の話してるんだよ!?そんな覚え全く無いは!!」

ハギヨシ「そんな、今までの全てが偽りの日々だったなんて……」

京太郎「そもそも!俺、ノーマルなんで男同士とかあり得ません!!」

ハギヨシ「」ガーン


~~~~~~~~~~
和「はぁ、サキサン…サキサン…サキサン・・・」ブツブツ

ハギヨシ「うぅ…キョウタロウクン…キョウタロウクン…キョウタロウクン…」ブツブツ

和「あれ、あなたは…」

ハギヨシ「これはこれは、清澄の原村さん。こんにちは」

和「こんにちは。如何したんですか、こんな所で?」

ハギヨシ「実は…お恥ずかしながら、先ほど失恋してしまいまして、そのショックでふらふらしていた所何時の間にかこのような場所に…」

和「そうでしたか…実は私もさっき失恋したばかり何ですよ」

ハギヨシ「そうでしたか…心中御察しあげます」

和「いえ、良いんですよ。まだ諦めていませんし!」フンス!

ハギヨシ「そうですか、お強いのですね」ニッコリ

和「いえいえ、唯諦めが悪いだけです」

ハギヨシ「所で、私まだお昼ご飯がまだなのですが、宜しければご一緒にどうです?」

和「良いですね。ちょうど私もお昼まだなんですよ」

ハギヨシ「それは良かった。この近くにパスタの美味しいお店を知っていますので其処へ行きましょう」

和「それは楽しみですね」


咲「ねえ、京ちゃん」

京太郎「んー何だ?」

咲「好きだよ、えへへ」

京太郎「俺もだよ、咲。てゆうか、そんな当たり前なこと一々言わなくても分かってるよ」

咲「ゴメンね。でも時々不安になるんだ…何時の間にか京ちゃんが私の前から居なくなっちゃうんじゃないかって……」

京太郎「そんなオカルトあり得ねえっての。俺とお前はずっとずっとずううっと!一緒さ」

咲「京ちゃん…ありがと。こんな私を愛してくれて…」

京太郎「礼を言うのはこっちだよ、咲。ありがと、こんな取り柄の無い男を愛してくれて」

咲「そ、そんな事無いよ!私、京ちゃんの良い所やカッコいい所沢山言えるよ!」

京太郎「ハハ、俺もだよ。俺もお前の良い所や可愛いところ、魅力に感じるところ沢山言えるよ」

咲「ム…私の方が京ちゃんの良い所沢山言えるもん」

京太郎「なにお~俺だってお前より咲の良い所たっくさん言えるもんね~」

咲「いや、私のほうが―――

京太郎「いいや、俺のほうが―――

イチャイチャイチャ
~~~~~~~~~~~~~~~
和(待っててくださいね、咲さん。必ず貴女を)

ハギヨシ(待っててくださいね、京太郎君。必ず彼方を)

( (振り向かせて見せます!!) )

カン