京太郎「視線が生暖かかったし、絶対なんか誤解してたと思うけどいいのか? 初瀬のお母さん」

初瀬「うちの両親そういうの偏見ないから。お母さんも言ってたように自分の家だと思ってなよ」

京太郎「偏見っていうか、俺たちはそういう関係じゃないだろ。自分ちにしては居心地が悪いぜ」

初瀬「友だちだってことは理解してるだろうし大丈夫。京太郎のことは随分前に話してあるから」

京太郎「え?」

初瀬「顔も名前も知らないけれど、小学生の頃からずっと仲良くしてくれてる友だちがいるって」

京太郎「なあ初瀬。お前まさかリアルでは親しい友だちが一人もいない、なんてことはないよな」

初瀬「う」

京太郎「マジで」

初瀬「ぶ、部活での人間関係があるからいいじゃん。麻雀部には面倒見のいい先輩だっているし」

京太郎「まあ、毎日楽しく過ごせてるならそれでいいけどさ。俺としてはなんとなく心配でだな」

初瀬「余計なお世話だし。上から目線で心配するくらいなら、京太郎がうちの高校に編入してよ」

京太郎「入試偏差値七十のエリート校においそれと編入できるかよ。よく入学できたな、初瀬は」

初瀬「…………」

京太郎「初瀬?」

初瀬「じゃあ、あたしが勉強を教えてあげたら。京太郎はうちの学校に編入してきてくれるの?」

京太郎「いやいやそんなわけないって。親に説明できないし、引っ越してきて一人暮らしなんて」

初瀬「うちに下宿して学校通えばいいじゃん。進学校に編入するのだって立派な目標だと思うし」

京太郎「落ち着いてくれよ、いきなりどうしたんだ。そんな子どもみたいなこと言ったって俺は」

初瀬「あたしたちやっと会えたんだもん、遠くに行ってほしくない。もう回線越しの関係はイヤ」

京太郎「初瀬」

初瀬「あたし京太郎のことがずっと好きだった。ずっと好きだったけど、自分に嘘ついてたんだ」

京太郎「嘘?」

初瀬「会ったこともない人を好きになるのは変だって。チャットだけならなんとでも言えるって」

京太郎「…………」

初瀬「だけど今なら京太郎が目の前にいるんだもん。目を見て話せる、あなたの肌に触れられる」

京太郎「俺の居場所はここじゃない、ネットだってそうだ。いつか必ず初瀬の前からいなくなる」

初瀬「後悔させて」

京太郎「…………」



京太郎「優しくするよ」