どんっ、むにょっ、
玄「ひゃっ、すみません///」
京太郎「いや、こちらこそ、荷物を持っていて注意してなくて...、怪我はあり
ませんか???」
猿「おーーい、玄さんーーー!!早くしないとバスに乗り遅れないと遅れるぞーー」
玄「はい。それではしつれいします。」てくてく...

京太郎「あれは、阿智賀女子...、和の友達がいる学校か、
それにしても、可愛い人だったな。流石和の友達だけあって、おっぱいも...」
妄想広がリング

名前:
コメント: