泉「そういえば、須賀くんは長野ではどう呼ばれてたんですか?」

京太郎「そうだなぁ、ほぼ須賀か京太郎であだ名とかは……一人は京ちゃんって呼んでたな」

泉「京ちゃん……ずいぶん親しげやね」

京太郎「まぁ実際親しかったしな。あとは……犬」

泉「犬……ずいぶん怪しげやな」

京太郎「別に変な関係じゃないぞ。ただそいつが毎回タコスを買ってこいと……」

泉「パシリやな」

京太郎「いや、違うぞ? 確かにあまり麻雀した記憶はないけど……」

泉「にしてもあだ名か。せや、須賀くんのこと、ウチも京ちゃんって呼んでええ?」

京太郎「ん? 別にかまわないけど」

泉「よし! ほな、ウチのことも、なんかあだ名で呼んでな」

京太郎「二条のあだ名かぁ……」

ーーーーそれから

泉「京ちゃん一緒に帰ろー」

京太郎「じゃあすぐ片付け終わらすから、いずみんは玄関で待っててくれ」

怜「京ちゃん……」

竜華「いずみん……」

浩子「あかん、これはあかん……」

セーラ「なぁ! はよ帰ろーやー!」

カンッ