照「ねぇ京ちゃん……」

京太郎「……なんですか?照先輩」

照「昔みたいに『照』って呼んで……?」

京太郎「無理です、今は学校ですし、何より年上をそんなふうに呼べませんよ」

照「…………じゃあこれから私は京ちゃんのこと『京子ちゃん』って呼ぶ……」

京太郎「わー!!!そ、そのあだ名で呼ばないでください!あれはトラウマなんですから!!」

照「あれって……これのこと…………?」ピラッ←中学生京太郎の女装写真

京太郎「んなっ!?な、なんで持ってるんですかっ!?」

照「……京子ちゃんが可愛かったから…………でも凄く残念、明日から私だけの京子ちゃんじゃなくなるんだから」

京太郎「ばらまく気!?その写真をばらまく気ですよね!?」

京太郎「…………はぁ、負けました。降参ですから写真を返してください、照さん……」

照「駄目、さん付けも敬語もなし……」

京太郎「分かった、これでいいんだろ?照」

照「うん、それでいい。素直な子は好きだよ……?」

京太郎「へーへーそーですか、分かりましたよ、我が儘なお姫様ー」ナデナデ

照「えへへ……京ちゃん、もっと……」

京太郎「はいはい、こんなのだったらいくらでもやってやるから。でも、その代わり!」

京太郎「俺の写真を返せよ?あれは黒歴史なんだから……」ナデナデ

照「うん……いいよ。他にも一杯あるし……はふぅ……」トローン

京太郎「えっ!?」

カン!