春「ねぇ、京太郎」ぽりぽり

京太郎「あん?」

春「良子姉さんのこと好き?」

京太郎「    」

京太郎「な、ななっ!?」

春「…気づかれてないって思った?」

京太郎「あ、あぁ」

春「京太郎は、京太郎が自分で思うより素直な子だよ?」

京太郎「それ、馬鹿にしてね?」

春「褒めてる…(にこっ)」

京太郎「…さいで」

京太郎「まぁ、好きだよ。良子さんのこと。恋してる」

春「…そっか」

春「ちょっと、寂しい」

京太郎「あん、なんでよ?」

春「京太郎、高校進学したら、東京で姉さんのもとで修行するんでしょ?」

京太郎「いえーす。あれ、もしかして俺がいなくなってさみしいよーって?」

春「良子姉さんに変なことして青い国家権力のお世話になると思うと…」

京太郎「やべぇ俺の信用が地に落ちるってレベルじゃねぇ」

京太郎「ま、そこは受かったらだな。皮算用してもしょうがないし、勉強するわ」

春「…飽きたらこっちきていいよ」

京太郎「んー」





春「・・・ふう。・・・つらいなぁ」

春「…京太郎、気づいてないよね、私の、気持ち」

春「…がんばろ…惚れちゃうくらい」


カンっ!