泉「……はぁーっ、さむ…」ブルッ

京太郎「よっ、待たせたか?」

泉「須賀くん……遅いですよ、手ぇ冷たくなってしまいましたやん」

京太郎「わりぃわりぃ、他のみんなにお返し渡すのに手間取っちまってさ!」

泉「そらバレンタインにあんなにもらってたらお返しも大変ですしね」

京太郎「だからと言って無視するわけにはいかないし、財布の中が寒くなっちまったのは痛いけどな……」

泉「御愁傷様やね……ほら、そろそろ帰りましょ、立ち話ばかりしてたら風邪引いてしまきますからね」

京太郎「それもそうだな、んじゃあ行くか」






京太郎「そうだ…ほら、バレンタインのお返しな」

泉「ふふ……ありがとうございます、毎年これが楽しみなんや」ニヘラッ

京太郎「まぁ市販の商品と比べるとどうしても形とかは雑なんだけどな」

泉「でも須賀くんの作ったクッキーいつも美味しいですよ、せやから今年のも期待してるんやで?」

京太郎「あー……それなんだけどな、泉」

泉「?」

京太郎「今年のホワイトデーのお返しな、クッキーじゃないんだよ」

泉「そうなんですか……開けてみてもええ?」

京太郎「おう、いいぞ」

泉「これって……飴玉?」カパッ

京太郎「本でレシピを見ながら作ってみんだけど、なにぶん初めて作ったから……味は保障できないけどな」

泉「それじゃあさっそく……いただきます」モグッ…コロコロ

泉(……ってうまァっ!? 手作りで飴玉ってこないに美味しく作れるん!!?)

泉「須賀くんこれ市販品混ぜてないんやろな?」

京太郎「それは誉め言葉として受け取っとくぞ」

泉「いやこれほんまに美味しいですやん、初めてでこんなには作れないですよ」

泉「けど……なんで飴玉なん? 何時もホワイトデーはクッキーやったのに」

京太郎「……なぁ泉、ホワイトデーのお返しってプレゼントするお菓子で意味が変わってくるって知ってるか」

泉「……? ええ、知ってますよ」

泉「マシュマロが嫌いですよって意味で、クッキーがお友達、キャンディーが確か………」

泉「………………えっ?///」ボッ

京太郎「二年前に言ったよな気持ちの整理がついたら俺から言うって」



京太郎「泉……俺、泉の事が好きになったみたいなんだ」

京太郎「だから……もしあの頃から気持ちが変わってなかったら俺とつ」

泉「~~~っ!///」ガバッ

京太郎「ーっと! …泉?」

泉「 二年間ずっと待ってたんですよ……待ちくたびれてたんやから……!」

京太郎「……ごめんな、優柔不断な奴で」ナデナデ

泉「……須賀くん」ゴソゴソ

京太郎「泉? どうした……!?」

泉「……ん!」チュッ

京太郎「!!?」ドキッ

泉「ん……ちゅっ……はむ……!」

京太郎「んぐ……!?」

京太郎(これ、飴玉……か?)

泉「はふっ……んぅ、ちゅる…んふぅ……!」

京太郎「……っぷは!! い、泉……どうしたんだよいきなり…」

泉「……こんなもんじゃ足りひんですよ」

泉「二年待たせられた分、キッチリ返済してもらうんやから、な……///」

京太郎「……あぁ、そうだな」

京太郎「でもその前に……」チラッ

泉「?」


「うわー……熱々やんあのカップル」
「おかあさん、あのひとたちさむいからくっついてるのー?」
「リア充爆発しろ」
「メゲるわ」


泉「……あっ///」ボンッ!

京太郎「まぁ飴玉もまだまだ余ってるし、泉もまだ物足りないみたいだから……」

京太郎「この続きは……帰ってからたっぷりしような、泉?」

泉「あ、うぅ…………はい…///」シュゥゥ


このあと滅茶苦茶しゃぶり尽くした(飴玉を)


カン!