京太郎「…よし、いい感じに生地が冷めてきたな。咲、生クリームのボウル取ってくれるか」

咲「うん、待ってて。んしょ……結構重いね、これ」

京太郎「咲も含めた学校の皆と龍門淵の人達、ついでにお前から和への分もあるからな」

咲「ふーん…京ちゃんモテモテだね」

京太郎「流石に全部義理チョコだっての。龍門淵の人達なんて何でチョコ送って来たのか分からない位だし」
京太郎「時々ハギヨシさんの所で泊まり込みの修行させてもらってるし、その付き合いって事だとは思うけどさ」

咲「そっかー。まあ京ちゃんって髪の毛以外顔も中身も当たり障りな――あっ」ズルッ

京太郎「っ!? 咲っ!」ズザー

咲「きゃっ」ポスン

京太郎「ふぅ、間に合tごふん」ベッチャァ

咲「ああっ! ボウルが京ちゃんの顔に見事にかぶさっちゃった!」

京太郎「……ふぇふふぇいふぇりふふぉふ(説明台詞乙)」

咲「京ちゃん、ごめんね」

京太郎「いや、お前に怪我が無くて良かったよ」

咲「でも、生クリームもダメにしちゃったし…」

京太郎「完成品のホールケーキ潰したとかじゃないんだし、気にすんな」

照「何かあったの?」

京咲「「!」」

照「?」

咲「…あ、お、お姉ちゃん、どうかした?」

照「どうかしたはこっちの台詞だけど。ちょっとおかし作りっぽくない音が聞こえたから気になって」

京太郎「いや、見ての通り生クリーム被っちまったんでこれから拭こうかなと。咲、キッチンペーパー取ってくれるか?」

咲「あ、うん」

照「……」ジー

京太郎「照さん? 俺の顔に何か、って生クリームが着きまくってるか…」

照「…おいしそう」ジュルリ

京咲「「えっ」」

照「ちょっと、味見させて」ガシィッ

京太郎「へ、ちょ…」

――ペロ…ペロピチャ…ペロ…

京太郎「うわわわわ…っ」ゾクゾクゾク

咲「お、お姉ちゃん!?」

照「だって…ペロペロ…京ちゃんのクリーム…ペロペロ…美味しいから」ペロペロペロペロペロペロ

京太郎「くっ、ひっ、てっ、照さん、ちょっとくすぐった…うひいいぃぃぃ……ぃ」ビクンビクン

照「ペロペロ」

京太郎「」ビクッビクッ

咲「きょ、京ちゃんがお姉ちゃんに堕とされちゃった…顔を舐められただけなのに…」ボーゼン

照「ペロ…ピチャ…ペロ…ペロ……ふぅ」

京太郎「」グッタリ

咲「うぅっ、京ちゃん、なんて変わり果てた姿に…」

照「ねえ、咲もどう?」

咲「えっ」

照「まだ京ちゃんには生クリームがたくさんついてるし、それに…」

咲「…それに?」

照「唇に着いてた生クリームは避けて舐めておいたから」サムズアップ!

咲「……」

京太郎「」

咲「…」ゴクリ


京太郎「う……俺、は…確か…照さんに…」

咲「…」ポスッ

京太郎「っ! て、照s……何だ咲か……何で俺の上に乗っかってるんだ? …っていうか顔近くね…」

咲「ね、京ちゃん」スッ

京太郎「な、なんだ?」

咲「この生クリーム、私へのお返しの分も入ってたんだよね」

京太郎「まあな。結局作り直さなきゃならなくなった…けど」

咲「じゃあ、私が食べても問題ないよね?」

京太郎「まて、話が見えな――ッ、まさか」

咲「えへへ、ちょっと早いけど、ホワイトデーのお返し、貰っちゃうね」

京太郎「   」


この後滅茶苦茶舐め回された

カンッ!