「ほ、ほらいくよ…………?京太郎……」

そう言って塞は京太郎の顔に無理矢理座った。
無理矢理座られた京太郎は、ショーツの蒸れた匂いで噎せ返りそうになるのを必死でこらえる。

「わっぷっ!?んーー!」

彼女のスレンダーな体つきから想像しにくいような、肉付きの良いお尻が京太郎の顔に置かれる。
息苦しい彼女の臀部の下で、必死にもがいて抗議を求める声をあげようとするが、それは全くの無意味な行動だった。

「……ん……はぁっ……ど、どう……?んんっ…きょ、きょうたろ…う……だ、だめ……ひぅっ……!!」

彼が上げる声の震えで、彼女の身体はだんだんと昂っていく。
そして身体の芯の方から沸々と沸き上がる快感と身体の疼き。
次第に彼女自身から快楽を求め、ゆっくりとではあるが腰を動かし始めた。

「んぐっ!?」

京太郎は息ができずに声を上げる。
しかし彼女の腰は動き続けた。
ゆっくりとした腰の動きは京太郎の声で止まるどころか逆に激しさを増していく。

「はぁっ……はぁっ…………んーーっ!!」

塞は甘い艶声を上げそうになると漏らすまいと口を必死に塞ぐ。
それに比例するかのように塞の腰の動きは更に速く、激しく動く。
ついに快感が最高潮まで達し、彼女の身体は大きく跳ねる。

「んっ!?~っ!!!」

そして大きく仰け反ったかと思うと、そのまま京太郎の上に崩れ落ちた。
乱れた息を整えて、京太郎に寄り添いながらそのまま微睡みの中へと落ちていった。

カン!