淡「ねーねー、キョータロー、見て見て!」

京太郎「ん?どうしたんだ、淡?」

淡「大なる星に裁かれよ!宇宙魔法【大星剣(ヒュージシャリオ)】!!!」バババッ! キメッ!

京太郎「……何やってんだ?」

淡「菫先輩に対抗する魔法だよ!」

京太郎「なんで菫先輩?」

淡「あっれ~?京太郎知らないの~?しょ~がないな~、淡ちゃんが教えてあ・げ・る☆彡」

京太郎「あ、なんだろう、今すっごくイラッと来た。ちょっと殴っていい?」

淡「実はね~…菫先輩は魔法少女なのだ!」

京太郎「おい、スルーかy…って、はぁ!?」

淡「正確に言うとね、魔法少女のコスプレやってるんだよ!この前、皆が帰った後の部室でこっそりやってるの見た!」

菫「…………」

京太郎「あ…よ、よし、分かった。分かったから、淡、ちょっとその辺にしとけ」アセダラダラ

淡「え~なんで~?これからが面白いところなのに~」

菫「ほ~~~~ぅ。どこが、どう、面白いのか、じ~~っくりと、聞かせてもらおうかな、あ・わ・い?」

淡「うん!もっちr…え?」

京太郎「あちゃ~、遅かったか。淡、ご愁傷様」ナム~

淡「う、裏切り者~!」

京太郎「いや、別に裏切って無いし…」

菫「勿論お前もだぞ?きょ・う・た・ろ・う?」

京太郎「うぇ!?」

淡「や~いや~い」ケラケラ

菫「ああ、淡は最大罰則時と同等の刑に処すことは決定済みだからな?」

淡「い~~や~~だ~~!!」ジタバタ

菫「さって…準備室の方でじっくりと時間を掛けて拷m…話を聞こうか」

京&淡『い、いや~~~~!!!』



数十分後、部室に姿を現した京太郎と淡の目からは光が消えていたそうな……


カン!