組長の娘の部屋に、生徒手帳を忘れた京太郎が……

智葉「なぁ、お前……私の"家族"になれよ」

京太郎「いや、その……すみません! 俺まだカタギでいたいので! 失礼します!!」ダッ

智葉「言ってしまったか……ん? これは、あいつの生徒手帳か?……ふむ」

智葉「逃げ帰るとは私の本気も舐められたものだ」