京太郎「はぁ、腹減ったなぁ」

和「またですか?」

京太郎「だって減るモンは減るんだからしょうがないだろ」

咲「太るよ?京ちゃん」

京太郎「この年代だと摂取カロリー<代謝の燃焼だから大丈夫だ、運動もしてるし」

優希「どっおしてお腹が減るのかな♪」

京太郎「おやつは食ったし仲良くもしてるぞ、流石に腹と背中がくっつくって程では無いけど」

京太郎「でも腹は減っているのだ」グー

和「はぁ、須賀君は仕方ないですね……これ、よかったらどうぞ」コトリ

京太郎「ん?これは?」

和「お弁当です、今日はちょっと多めに作ってきてて、その物の余りですけど」

和「べ、別にこういうことを見越して作ってきたわけじゃありませんからね!」

京太郎「それにしてはこれだけ別の包みになってるような……いえ、何でもないです、はい」

京太郎「でも助かるよ!サンキュー和、いただきます!」ガツガツ

京太郎「ウメーッ!こりゃ毎日食っても飽きないレベルだぜ!」

京太郎「和みたいな料理上手な子が嫁さんになったら幸せなんだろうなぁ……」

和「じゃ、じゃあ明日もまた私がtk「きょ、京ちゃん!」」

咲「明日は私が作ってきてあげるよ!京ちゃんの好きなから揚げもいれてあげるから!」

京太郎「お?マジ?咲のから揚げはジューシーで旨いんだよなぁ」

京太郎「正直母さん以外なら咲の飯が一番舌に馴染んでるというかなんというか」

咲「そ、そう?えへへ」

京太郎「いやー明日が楽しみ……ってあれ?優希は?」キョロキョロ

優希「……もしもしお母さん?今夜お弁当の作り方教えて欲しいんだけど……」コソコソ

京太郎「電話中か、邪魔したら悪いな」

京太郎「さて、腹も膨れたし優希が戻るまで東風三麻でもやるか!」

咲「そうだね」

和「はい、あっ咲さん」

咲「何?和ちゃん」

和「……負けませんからね?」コソッ

咲「こっちこそ!」
カンッ