姫子「皆、おはようさん!…って、誰もおらん」ガララ

姫子「!ありゃ京太郎ん上着!?」

姫子「なしてこぎゃん所に…昨日、忘れて帰ったんかいな?」

姫子「…………」ジーッ…

姫子「ちょ、ちょろっとなら…」

シュルシュル

姫子「お~、ばり太か!やっぱり男の子なんやね」

姫子「……」ジッ クンクン

姫子「あ♪京太郎ん匂い♪」

京太郎「あ、あの~、姫子さん?」

姫子「きょ、京太郎?!そげな所でなんばしよっと?!」ガタタッ

京太郎「えっと、それはどちらかと言うと俺の台詞では無いかと…。姫子さんは俺の上着羽織って何をしてるんですか?」

姫子「え、あ!こ、これはちごうとるんちゃ!」

京太郎「いやいや、何も違わないでしょう?姫子さんてあれですか、匂いフェチとかの部類なんですか?」

姫子「う、うぅぅ……」カァァァ

京太郎「姫子さん……」

姫子「きょ、京太郎?な、なして近寄っちくると?あ…」アトズサリー トン

京太郎「そんなにいい匂いだったんですか?蕩けそうな顔してましたけど」ジッ

姫子「あ、あぅあぅ…」

京太郎「ほら、答えてくださいよ。ちなみに今の方が本人が近い分、匂いもよく届くんじゃないですか?」

姫子「え…あ…」

姫子(京太郎ん言う通りばい。ほんなごとよか匂い♪)

京太郎「……またさっきみたいな顔してますね、姫子さん。それにこれだけ近いと…」クンクン

姫子「ちょ、京太郎?!なんばしよっと?!」

京太郎「何って、姫子さんの真似ですよ……うん、いい匂いだ」

姫子「あぅ…そ、そげなこつ言わんといてっ!」カァッ

京太郎「こんな匂いとあんな表情……正直とてもそそりますね」

姫子「え?えぇ!?」

京太郎「もう勢いだけで言っちゃいますね…姫子、俺、お前ばすいとーと」

姫子「!!」

京太郎「姫子は?」

姫子「わ、私も!私も京太郎ばすいとーと!」

京太郎「良かった。本当はちょっとだけ不安だったんです。それで…」

姫子「うん…よかよ?」

京太郎「っ!姫子さんっ!」ガバッ

姫子「あ♪」


これ以降の文章はワカメの検閲によってキンクリされました。。。