清澄部員対向麻雀大会の罰ゲームで廃旅館の奥にあるものを一つ取ってくる。

和「……さ、流石に不気味ですね……夜の廃旅館というのは……」ガタガタ

和「ま、まぁ!お化けなんていませんし!絶対にオカルトなんてありませんし!」ブルブル

ガタン!

和「ひぅっ!?そ、そんなオカルトありえませんんんんん!?」

京太郎「の、和!俺、俺だってば!」ワタワタ

和「す、須賀君……?」

京太郎「そうだよ、罰ゲームとはいえこんな夜中に一人で人気のない場所は危ないだろ……?」

京太郎「だから部長たちに内緒で和についてきたんだよ……」

その頃……

モニター<ノドカ ハ オレガマモルゼ!

久「あっはははっ!!ヒィーお腹いたいぃ!」

久「須賀君ってば……肝試しなのにモニタリングしてないわけないでしょうがっ……あははっ!」ジタバタ

まこ「少し笑いすぎじゃて……はぁ……」

咲「……京ちゃんと……人気のない廃墟……ふへへ……」ニヤニヤ

優希「犬ぅ!あいつ絶対のどちゃんになんかするじぇ!セクハラとか!」


廃墟組

京太郎「ははっ、でも意外だったなぁ……」

和「なにがですか?」

京太郎「ん?あぁ、和が幽霊が苦手ってことがだよ」

和「あ、あれは、吃驚して驚いただけです!そもそも私はオカルトの類いは信じてません!」プクーッ

京太郎「そーですか、分かりましたよ、お姫様ー」クスクス

和「むう!信用してませんね!?」プゥー!

京太郎「はははっ、そんなに頬っぺた膨らましてたらまるで風船みたいだな」

和「もう!怒りました!須賀君が謝っても許しません!」プイッ

京太郎「わわっ!すまん、からかい過ぎちまった」

和「ふん!」プイッ

京太郎「(いつも咲をからかってるみたいにやっちまった……咲の場合は確か……)」

京太郎「申し訳ございません、お姫様……ですが、そんなに頬を膨らましてはせっかくの美しい顔が台無しですよ?」ニコッ

和「……は、はい……///って、じゃないでしょう!?元々は須賀君が悪いんじゃないですかー!」ポコポコ

京太郎「あはは……やっぱりダメだっか……ごめんな?和……」タハハ……

和「いえ……で、ですから……うぅ……」

和「だ、だから!わ、私の手を引いて……お、お姫様のようにエスコートしてくれないと許しません……///」

京太郎「和……。あぁ!エスコートなら任せろよ!」

和「で、では、コホン…………行きますよ、私の騎士……///」スッ……

京太郎「出来れば王子がよかったけど……まぁ、いいか!はい、和姫……」ギュッ


モニター組

久「…………まこー?そこにあるチェーンソーとってー……」

咲「あ、私もお願いします、染谷先輩」

優希「私はこのハサミでいいじぇ……全部チョン切ってやるじぇ……」シャキン…シャキン……

まこ「おンしらはあの二人に何をする気じゃ!?」

久「……すこーし須賀君には教育が必要かなって……ロッカーで」

咲「和ちゃん……ごめんね?」ギュイイイイイン!!!

優希「犬ぅ……去勢してやるじぇ……」フラフラ

まこ「はぁ……これはもうダメかのぅ……」

カン!