塞「京太郎ー……えへへ……しゅきぃ…………♪」ギューッ

京太郎「…………なにこれ?」←塞に抱きつかれてる状態

胡桃「…………塞が……壊れた……!!」ガタガタ

豊音「ちょ、ちょー恐ろしいよー!!!」ガタガタ

エイスリン「…………コ、コワイ……」スッ←名状しがたい臼沢塞のようなもの

白望「………………ヤバい……ヤバすぎてダルいとかっていう感想……吹き飛んだ……」ガタガタ

京太郎「いや……あんたら、いくらなんでもその感想は酷すぎませんかね……?」

塞「ふへへ……京太郎ぅ……」スリスリ

胡桃「いや、京太郎の言いたいことはわかるけどね?いくらなんでも……これはない!」

白望「……京太郎、実際の感想は?」

京太郎「……ごめんなさい、滅茶苦茶怖いです。恐ろしいです。今にも逃げ出したい気持ちで一杯です 」

胡桃「でしょ?…………っていうかなんで塞はこんなことになってるの?」

豊音「私が来たときにはもーそうなってたよー?」

エイスリン「…………オニ!アクマ!チヒロ!」バッ!←塞に悪霊が取り憑いてる絵

胡桃「エイちゃん、その発言はなんか違うと思うけど……」

京太郎「駄目ですよ!鬼さんと悪魔さんへの暴言は!」

胡桃「あなたもなんかおかしい!」

豊音「わー新イベント来たよー!ちょー嬉しいよー!!」ピョンピョン

胡桃「トヨネまで!?だから話がおかしいよ!?今はソーシャルゲームの話はどうでもいいの!今は塞をどうにかすることが先決!」

白望(…………言えない……私が塞に変な飲み物を毒味させてからこうなったってことは……)

京太郎「すみません、話が若干脱線しました」

胡桃「『若干』?……まぁいいや……で、シロは心当たりとかない?」

白望「…………………………知らない」メソラシ

京太郎「…………シロさーん?本当のことを言ってくださいね?」

白望「……………………ほんとになにも知らない……」スットボケ

胡桃「…………そうだ。シロ?ほんとのことを言ったら京太郎が丸一日、シロの私生活までを甲斐甲斐しくお世話してくれるってー」

京太郎「ちょっと!?胡桃先輩何いっt「変な飲み物を毒味させたらこうなった」」

白望「……………………あ………………ダル……」

胡桃「『……ダル……』じゃない!」

京太郎「……のまえに!胡桃先輩!!なんで俺の一日を勝手に使ってるんですか!?」

胡桃「いやぁ……京太郎だから別ないいかなーって」(`・v・)<フンス!

京太郎「…………これは俺、怒っていいですよねってうわぁ!?」バターン!

塞「むぅ……京太郎!私にも構ってよ……!」ギューッ スリスリ

京太郎「ちょ、ちょっと、臼沢先輩!?や、止めてくださいってばっ… …!そ、そこは駄目ですって!」

塞「塞って……よんで?」サワサワ……クンカクンカ……

胡桃「いやぁ、お熱いことで!私たちはお邪魔だろうから外に出とくね!」(・v・´)<ドヤッ

豊音「う、うん!邪魔しちゃ悪いから外に出とくよー」イソイソ……

エイスリン「ヒワイ!」バッ!←モザイクだらけの絵

白望「…………今度の日曜……よろしくね……」

京太郎「え!?ま、待ってください!見捨てないでくださいよ!!ヒィン……さ、塞さん!そんなとこ触っちゃ……んんっ……!!」ビビクンッ!

京太郎「後で覚えといてくださいよおおおお!!!ああっ……!」

ガチャン……

胡白豊エイ( ( ( (とりあえず逃げよう!) ) ) )

※このあとトシさんが部室に来て、半裸の京太郎と下着姿の塞を見て慌てて止めに入ったらしい。
そして京太郎は一週間ほど女性不振に陥ったとかなんとか……。

カン!