鶴賀学園麻雀部部室

モモ「ロン!ゴンツーっす!」

佳織「わわっ!また振り込んでしまいました…」

京太郎「お~。絶好調だな、モモ」

モモ「ふふん!もっと褒め称えるがいいっすよ!」

智美「佳織はいつまで経っても守りが甘いな~」ワハハ

睦月「うむ。妹尾さんはもう少し河を見るようにするといいと思う」

ゆみ「確かにそうだな。妹尾、今度いい教本を教えてやる。それで勉強してみるといい」

佳織「は、はい!頑張ります!」

京太郎「さって、オーラス!俺にもまだ逆転の目があるぜ!」

モモ「そんな儚い夢、粉々に打ち砕いてやるっすよ!」

カラカラカラ チャッチャッチャッ…

佳織「え~っと…あ、あれ?」

智美「ん?どうかしたのか。佳織?」ワハハ

佳織「え、えっと…ツ、ツモ?です」パタリ

京太郎「」

モモ「」

智美「」

ゆみ「……天和、か」

佳織「えっと、自摸和、断么九と…一盃口でしょうか?」

ゆみ「いや、親が配牌で上がること自体が天和という役満だ。16000オール、妹尾のトップだな」

睦月「やっぱり、すごい…」

京太郎「うおおぉぉぉぉ…また負けたぁ…」

モモ「ざ、ざまぁないっすね!」

京太郎「いや、お前も負けてんじゃん」

モモ「う、うるさいっすよ!大体京さんはいつも~~~~」

京桃 ギャーギャー

智美「相変わらず仲良いな~」ワハハ

佳織「だね~」

ゆみ「……」

キーンコーンカーンコーン

智美「お、もうこんな時間か。お~い、お前達、そこら辺にしとけ~。そろそろ片付けて帰るぞ~」ワハハ

京桃『は~い』

~~~~~
京太郎「それじゃあ、お疲れ様でした!」

ゆみ「お疲れ」

モモ「お疲れ様っす!」

睦月「お疲れ様です」

佳織「お、お疲れ様です」

智美「お~、お疲れ~。京太郎はしっかりとゆみちんを送ってやれよ~?」ワハハ

京太郎「あはは。はい、任せてください」

ゆみ「……」

京太郎「あの~、ゆみさん?どうかしたんですか?」

ゆみ「…別に、何でも無いさ」

京太郎「もしかして、俺何かしでかしちゃいました?」

ゆみ「……はぁ。京太郎は変な時だけ鋭いな、全く」

ゆみ「本当に何でもないんだ。ただ、モモと仲良くしている京太郎を見て嫉妬してしまった自分に自己嫌悪してただけだ」

京太郎「……」

ゆみ「だから、京太郎が気に病むことは何も…ヒャッ?!」

京太郎「……」ギュッ

ゆみ「きょ、京太郎?!い、いきなり何を?!」アセアセ

京太郎「すいません、ゆみさん。不安にさせてしまってたんですね」

京太郎「でも、安心してください。俺は今までもこれからも、ずっとゆみさん一筋ですから」

ゆみ「……ああ、そうだな。君はそういう奴だった…なぁ、京太郎?」

京太郎「何ですか?」

chu!

ゆみ「こんな、ちょっと面倒な私だが、これからもよろしくな?」

京太郎「ええ、勿論です!」ギュッ

ゆみ「♪」


カン!