染谷「電気も消して良いじゃろ?」

京太郎「は、はい。是非」

京太郎「じゃ、じゃあ、胸、触りますよ……?」

染谷「ん……」

京太郎「ダメですか?」

染谷「ちょっと待って。今、心の準備を整えるけぇ」

京太郎「は、はい」

染谷「んっ……」

京太郎(胸に手を置いて……暗くてよく見えないけど、顔が真っ赤だ……)

染谷「よ、よし!」ポンポン

京太郎(さすがに恥じらう姿は可愛いなぁ……)

染谷「心の準備出来たわぁ。えぇよ」

京太郎「では……」スッ

京太郎「……」ムニュッ

染谷「んっ……」

京太郎「……」ムニュムニュ

染谷「んっ……」

京太郎(良かった。正直、興奮出来るかちょっと不安だったけど……)ムニュムニュ

染谷「んっ……んっ……」

京太郎(なんだかんだ、しっかりこうやって女の子な部分を触れば……)ムニュムニュ

染谷「んっ……んっ……」

京太郎(まこさんでも、ちゃんと興奮出来るんだな)スッ

染谷「!?」


バッ

京太郎「……」チュッ

染谷「んっ……!」

京太郎「……」チューッ

染谷「ん……ん……」


パッ

京太郎「ふぅ(口固く結んじゃってて……)」

染谷「……」カァッ

京太郎(舌は入れられなかった……)

染谷「え、えらい急じゃな!」テレテレ

京太郎「上、脱いで下さいよ」

染谷「え、えぇ?」

京太郎「ほら。今日のまこさん、とっても可愛いですから」

染谷「……」カァッ

京太郎「しっかり見せてください」

染谷「えっ……そ……」

京太郎「早く」

染谷「……」サッ

京太郎「もちろん下着もです」

染谷「そ、それは……」カァッ

京太郎「……」

京太郎(恥じらいは醜婦をも天使にするとは言ったものだな……)ムラムラ

染谷「ま、また今度に…」カァッ

京太郎「……」グイッ

染谷「きゃっ!」

京太郎「ほら、もう見えちゃいましたよ。将来、まこさんの赤ちゃんがしゃぶる部分」

染谷「いやっ……」バッ

京太郎(か、可愛い……)ムラムラッ

京太郎「……っ」カシッ

染谷「いや!」

京太郎「んっ……」乳首チューッ

染谷「あっ……あっ……」

京太郎「ふぅー……(む、無我夢中で舐めてしまった……)」

染谷「はぁ……はぁ……」

京太郎「どうでした?」

染谷「ど、どうって……」

京太郎「気持ち良かったですか?」

染谷「な、なんかスーッとしたわ」テレテレ

京太郎「そうですか」

染谷「う、うん」

京太郎「じゃあ次は」

染谷「……」

京太郎「下も脱いで下さい」

染谷「んー……」カァッ

京太郎「まずスカートどけて……」ファサッ

染谷「きゃっ」

京太郎「……」

京太郎(こうやって女の子らしい声出されるとくるなぁ……)ムラムラ

染谷「んっ……」カァッ

京太郎「パンツ、下げますよ?」

染谷「ちょ、ちょっとそれは待って……」

京太郎「なんでですか?」

染谷「いや……その……」カァッ

染谷「そ、それは……」

京太郎「それは?」

染谷「ま、またこ、今度というか……」

京太郎「じゃあ、ここだけ……」スッ

染谷「!?」

京太郎「ちょっとずらして……!」クロッチ ガバッ

染谷「きゃっ!!!」バッ

染谷「ちょっ……ちょっとなにしとる!」

京太郎「もうまこさんの一番恥ずかしい所見えちゃいましたから、恥じらう必要ないですよ?」

染谷「なっ……」

京太郎「もう一番嫌らしい所、しっかり見ちゃいましたから」

染谷「……」カァッ

京太郎(か、顔真っ赤……!)ムラムラムラムラ

京太郎「そんな隠さないで下さいよ!」

染谷「だ、だって、男の子の目の前でなにも身につけんといるなんて初めてで……」カァッ

京太郎「可愛いですよ」

染谷「んっ……」カァッ

京太郎「しかし、これがまこさんのパンツか~」ヒラヒラ

染谷「ちょっ、やめ!」

京太郎「クロッチのにおい嗅いじゃいますね~」スッ

染谷「ちょっ! 本当にやめって!」カァッ

京太郎「まこさんもちゃんと、女の子のにおいするんですね~」クンクン

染谷「ど、どういう意味じゃ!」

京太郎「じゃあ、その女の子のにおいの元を……」バッ

染谷「きゃっ!」




京太郎「ってな感じだったわけだよー」パンパン

咲「なるほどね」パンパン

京太郎「それで起きた後、悔しくってさ」パンパン

咲「悔しい……? どういう事?」

京太郎「だって、夢とは言え、まこさんで興奮しちゃったんだよ?」パンパン

咲「そ、それは良いじゃん! まこさんだって女の子なんだから! ……って、私は焼き餅焼くべきなんだけど……」パンパン

京太郎「しかも、起きてからもギンギンでさ。屈辱ったらないよ」パンパン

咲「そ、そっか……」パンパン

京太郎「だから、口直しとして、咲を起こして、こうやって相手してもらったんだよ」パンパン

咲「そ、それはちょっと嬉しいかも知れないけど……」カァッ

京太郎「やっぱ咲マンが落ち着くわぁ」パンパン ドピュッ

京太郎「ふぅ」ヌルッ ポンッ

咲「あ! また中で出してー!」ドロッ

京太郎「ごめん、ごめん。夢の中のまこさんに興奮したのもあって、止まらなかったんだよ」