『黒幕』

和「イザナミだ…っと」カタカタ

和「ふふふ…大分スレも荒れてきたようですね」

和「持っている端末全て駆使してイザナミスレで安価をゲットした『かい』(←携帯なので変換出来ない)がありました」

和「そして、まさかイザナミスレの住人も、よもや私が≫1を兼ねていたとは夢にも思っていないでしょう」

和「ふふふふふ…」ゴゴゴゴゴゴ

和「あはははははは!!」

和「…ゲホッ!き、気管に唾が入りました…」ケホケホ


終わり



『ワカメ』

ワカメ(咲-saki-)「…」

ワカメ(魔法少女まどか☆マギカ)「…」

ワカメ(bleach)「…」

ワカメ(fate stay night)「…」

「「「「行こう」」」」


終わり



『池田』

タンッ…タンッ…タンッ…

池田「…あっ!それロンだし!!」

剣八「…」

池田「あっは~!おっさんがこれでトビ終了!華菜ちゃんまたまた一番だし!」

剣八「…」

マユリ「プッ」

剣八「…ああん?何笑ってやがるテメエ」

マユリ「くくくく…嫌、何。誰とは言わ無イが、今し方振り込ンだ馬鹿の歪んダ顔が、可笑しくてネ」

剣八「…ほう。喧嘩売ってんのか。第一、テメエもさっきからこの小娘に勝ってねぇだろうがインテリ気取り」ゴゴゴゴゴゴ

マユリ「おお怖イ怖イ。これだから知力に自信ノ無イ馬鹿は困るンだ」

マユリ「直ぐニ暴力に走ル。…だが、殺し合イが望みナら、ご所望ニお応エしてモ構ワないガ」ゴゴゴゴゴゴ

池田「あー!久々の大勝ですっごい楽しいし!ね!ね!もっかいやりたいし!!ねっ!」

剣八「…そうか。なら死ねや、涅」

マユリ「…卍解」


終わり



『お姫様』

全国会場

京太郎「おーい。咲、こっちこっち!」コイコイ

咲「あっ!京ちゃん!良かった~。すぐ見つかって!」

京太郎「ったく。ちょっと目を離したら、すぐ迷子になってからにコイツは…」

咲「ご、ごめん…」

咲(京ちゃん、わざわざ探しに来てくれたんだ…嬉しいな…)

京太郎「まあいいや。ほら、早く行くぞ。みんなもう控え室で待ってる」

咲「あ。う、うん…」

京太郎「さあ、どうぞこちらへ。もう迷わないよう、お手をどうぞ?お姫様」スッ

咲(えっ!?手を…?握れって事?そ、そんな、恥ずかしいよ!あ、けどけど!)

咲(折角手を伸ばしてくれたんだし、それを無視するのもなんか感じ悪いし失礼だよね!)

咲(わざわざ迷子になった私を探しに来てくれた京ちゃんにそんな仕打ちは礼儀に反するし)

咲(ならこの手は握らざるを得ないし、けどだからってほいほい嬉しそうな顔で手を伸ばしちゃったら京ちゃん調子に乗せちゃうから…)

咲(そうだいつもみたく何が姫だって呆れた顔で手を握れば不自然じゃないよしそうしようそれでいこう!)←この間2秒

咲「な、何が姫d…」スッ

小蒔「あっ。すいませんわざわざ」ギュッ

咲「!?」スカッ

小蒔「あれ?私何か間違えました?」キョトン

咲「」パクパク

京太郎「あ、あんた誰…」

小蒔「迷子ですっ!」ニコッ

咲「」パクパク


終わり



『照マエ・ロマエ』

とある銭湯

カポーン

照「ふう…やはり広い風呂はいい…1日の疲れが抜け落ちてゆくようだ」

照「長野の温泉、ちょっと懐かしいなぁ…」ボソッ

照「はぁ…」

照「…」

照(今日も1日、大変だったな…)

照「…すぅ…」

照「…」ウツラウツラ

照「」ズルッ

バシャーン

照「ガボガボガボ」ジタバタ

淡←身体洗ってた「うわああ!?何この先輩!ちょっと目離したら、浴槽で溺れてる!?」


終わり



『ころも』

純「衣は性格まで子供みたいだなぁ」ナデナデ

衣「むう!おい純!お前、年上に向かって無礼千万、なんたる態度だ!」

純「え~?だって本当に子供みたいじゃん」ナデナデ

衣「子供じゃない!衣だ!」

純「子供だね」ナデナデ

衣「衣!」

純「そうやってムキになるところが特に子供だってんだよ」ナデナデ

衣「こ~ろ~もぉ~!!」ジタバタ

純「子供は衣って」 ナデナデ

衣「ち~が~う~!だから、衣は、子供だ!!」

一「プッ」

衣「!?」

衣「うううう~…」プルプル

一「あはははは!見事に引っかかっちゃったね!衣」

衣「うわああああん!!純のばかー!!覚えてろー!!」トタタタタ

一「あっ。行っちゃった」

純「…」

一「はは。それにしても、純君も性格が悪いなあ。なにもあんな引っ掛けまでして苛めなくても…」

純「…」カアアア

一「…」

純「///」モジモジ

一「ま、まさか…」ヒクッ

一「…素?」

純「…///」コクン


終わり



『かわいい奥様』

健夜「」カチカチ

恒子「すーこやんっ!」ガバッ

健夜「うわっ!こ、こーこちゃん!?」サッ

恒子「休憩時間にケータイ弄って、なーにしてたの!?」

健夜「な、なんでもないよ…」アセアセ

恒子「んん~?怪しいなぁ。まさか、彼氏とか?」ニヤッ

健子「ちっ!違うよ!違うから!」アセアセ

恒子「ん~。ますます怪しいですなぁ~」ニヤニヤ

健夜「だ、だから何でもないから…」

恒子「なら確認しても大丈夫だよね?」ヒョイッ

健夜「ああっ!?私の携帯!返してよこーこちゃん!」

恒子「だが拒絶するっ!!」チラッ

健夜「いやあああ!?」



後に、福与恒子アナウンサーは当時の記憶を振り返って述懐する


「ええ。ええ。もし例えば、ある日突然私の前に魔法の杖が落ちてきたとして」

「私の人生において、1日だけを無かったものに出来るようになるとしたら、私はなんの躊躇いもなくその日の記憶を抹消するでしょう」


憂いを帯びた瞳は哀しみに濡れ、深いため息を一つ


「私は、あの時、それ程までに後悔したのです。彼女の携帯の画面を見てしまったのを…」


あの日の事を忘れた事などただの一日も無いと自嘲気味に吐き捨て、コップの水を一口
結びにこう付け加え、彼女の話は終わった


「…まさか、すこやんが鬼女板のコテハンだったとは…」


終わり



『男前』

純「あー、腹減った。なんか甘いもん食いたいなぁ~」

一「へえ。そう。ねえ純君、プリン食べる」

純「おっ?いいねぇ。くれんのか?」

一「うん。この前コンビニ行ったら、どうしても純君に食べさせてあげたいなって思っちゃって」

純「おお~!はじめ、お前いい奴だったんだなぁ~!」

一「よしてよ。照れるじゃないか。それじゃあ、取ってくるね。お皿にぷっちんしてきてあげる」スタスタ

純「わかってらっしゃる!」


一「はい!召し上がれ!」

純「いっただっきま~す!」

純「はむっ!ごふっ!おえっ!」

純「げふっ!ごふっ!は、はじめ!テメエなんだこりゃ、甘くない…ってか、醤油の味するぞ!何食わせやがった!!?」

一「男前プリン」キリッ
純「マジであるのかよ!!」


終わり



『カツ丼さん』

ワカメ「はい、カツ丼特盛りおまっとうさん」コトッ

カツ丼「ありがとう」

カツ丼「もぐもぐ」

ワカメ「どうだい?味の方は。まあ、この僕が作ったんだ。不味い訳無いけどね」フフン

カツ丼「うん。相変わらず美味いな、ここのカツ丼は」

ワカメ「ありがとうございます。お褒めに預かり光栄ですわ。藤田プロ」ニコッ

カツ丼「いや。こちらこそ感謝しているよ。いつも美味いカツ丼をありがとう。…だが、麻雀の方は手加減してやれんな。それだ。ロン」

ワカメ「なん…だと…」

ワカメ「ワカメの点棒が…消えた…?」


終わり



『ワハハ』

加治木「わはは」

佳織「わはは」

睦月「わ、わはは…」

  「   」

智美「……」

加治木「わははは」

佳織「わははは」

睦月「わははは」

  「    」

智美「………」


加治木佳織睦月モモ「「「「わはははは」」」」

智美(このくらいでは泣かないぞ)

※愛があるのでイジメではない


終わり



『自転車』

照「…」チリンチリーン

照「…」チリンチリーン

照「…」キコキコ

照「…」チリンチーリン

淡「あの…宮永先輩…」

照「…なんだ?淡」チリンチリーン

淡「ちょっと質問が…」

照「言ってみろ」チリンチリーン

淡「…そろそろ手離してもいいですか?」

照「却下だ」チリンチリーン←自転車乗りの練習中


※因みに『キコキコ』はペダルを反対側に廻してた音


終わり



『リストラ』

憧「ぶっちゃけ、ハルエ、あんまコーチとして役に立ってないよね」

晴絵「え…」

憧「なので、リストラします」

晴絵「ちょ…」

玄「さんせーい!」

穏乃「仕方ないね」

晴絵「えええ~っ!?」

宥「けど、どうするの?顧問はいないと、色々大変よ?」

晴絵「心配するのそこ!?」ガビーン

灼「それに、私達にが勝つためには、優秀なコーチは必須だと思う…」

晴絵「灼まで…」オロオロ

憧(プププ。慌ててる慌ててる)

玄(ドッキリだとも知らず。…可愛いなぁ)

玄「ああ!顧問なら問題無いよ!もう目星はついてるし!」

晴絵「もうそこまで手が廻ってるの!?」

憧「へ~。誰々?」

玄「この間うちの旅館に泊まりに来た、無職のオッサンさんだけどさ。事情を話したらオッケーしてくれて!」

晴「な、ななな…!」

晴絵「ふざけんな!どういう事だそれ!私は無職のオッサン以下か!?」

晴絵「そこまで言われてハイそうですかでオメオメ引き下がれるか!この恩知らず共!そのオッサンとやら連れて来い!」

玄「と、言われると思って既に来て貰ってま~す♪」

晴絵(ふざけやがって!)

晴絵(いくら私が役に立たないって言われても、可愛いお前らを見ず知らずのオッサンなんかに預けられる訳ないだろうが!)

晴絵(一言言って、追い払ってやる!)

宥「では、どうぞ~」

ガラッ

グアルディオラ(前所属:FCバルセロナ)「コニチワ」

晴絵「!?」


終わり



『花』

美穂子「」スタスタ

花屋「いらっしゃいませ~。お花如何ですか~?今日は大変珍しい種類も揃ってますよ~」

美穂子「まあ、お花?」ピタッ

花屋「おや、可愛いお嬢さん。どうです?お安くしておきますよ?」

美穂子(そう言えば部室のグリーン、この間池田さんが天ぷらにして食べちゃったのよね…)

美穂子「それじゃあ、買っていこうかしら。よろしくお願いします」ニコリ

花屋「ありがとうございます!いろんなお花があるでしょう。好きなだけ見てって下さい」

美穂子「そうねぇ…あっ!このお花可愛い!これと…あっ!これも!」

花屋「お買い上げありがとうございます!」


風越女子麻雀部

美穂子「ただいま。みんな」ガチャッ

純代「あっ。キャプテン。おかえりなさい」

未春「おかえりなさい!」

美穂子「ただいま。みんな」

貴子「ガミガミガミガミ」

池田「きゅー…」シュン

美穂子「コーチ、まだ叱ってたの?」

星夏「はい。なんでも、あのグリーン、コーチのお気に入りだったらしくて…」

星夏「こっそり名前付けたり、お給料から液肥とかも買ってあげてたみたいで…」

美穂子「まあ」

貴子「うううっ…エリー…マリアベル…バロテッリ…」シクシク

純代「あ。泣き出した」

美穂子「元気出して下さい。コーチ」スッ

貴子「福路…」シクシク

美穂子「私が今、新しいお花買ってきましたから」

美穂子「ケイティーとアイリーンとバロテッリの事は確かに残念でしたけど、いつまでも池田さんを叱っても、しかたありませんよ」

貴子「福路…」

純代(キャプテンも付けてたんだ…名前…)

未春(どのグリーンがバロテッリだったんだろう…)

池田「うう~。キャプテン~!!」

美穂子「居なくなってしまった子達の分…この子達も頑張りましょう?ね?コーチ!」

貴子「…ああ。わかった」

美穂子「ふふ。それじゃあ、新しく来た子達も見て下さい。どの子も可愛いんですよ」ガサガサ

美穂子「はいっ!」スッ

『トリカブト』

『ダリア』

純代「キャプテェェェェェェン!!!!?」

貴子「よし、なら池田。お前にこの子らの世話は任せた。今度は食べるんじゃないぞ。いいか。絶対食べるんじゃないぞ!!」

美穂子「ええ。食べちゃ駄目ですよ?池田さん。絶対絶対食べちゃ駄目ですからね?」ニコッ

池田「うう…すみませんでした。コーチ…キャプテン…私、もう絶対あんな事しないし!」

貴子「よし!許す!」ニコッ

美穂子「許しましたっ!」ニコッ

池田「よーし!私もこれからは花に名前付けて可愛がるし!こっちの花がフランソワで、こっちの花は長友にするし!」

純代星夏未春「「「ガタガタガタ」」」


終わり



『私は、拒絶する!』

和「そんなオカルト、あり得ません!」

久「おっ!出た出た。和の『そんなオカルトあり得ません発言』」ププッ

和「部長!?」クルッ

まこ「まあまあ。そう言ってやらさんな」クスクス

和「染谷先輩まで!?」クルッ

京太郎「確かに和は妙にオカルト否定するよな~」

咲「なんでなのかな?和ちゃん」

和「うっ…」

優希「ああ。それは…」

和「優希っ!」

久「おっ?知ってるのね?優希」ニヤニヤ

まこ「言うてみい言うてみい」ニヤニヤ

和「や、止めて下さい先輩方!!」

優希「のどちゃん怖がりだから、必死にオバケ否定してるんだじぇ」

和「優希ーーーー!!」

久「あはははは!やっぱり!」

まこ「はははは!!想像通りじゃわい!!」

京太郎「ぶふっ!や、やっぱ和可愛い…」プルプル

咲「くふっ!だ、駄目だよ京ちゃん、笑ったら…」プルプル

和「ううう…」ジワッ

和「うわーん!皆さんの意地悪~~!!」タタタタタ

京太郎「あっ逃げた」

久「あちゃー。イジメ過ぎた?」

咲「悪いことしちゃったなぁ…」

まこ「まあ冷静になったら戻ってくるじゃろ」

優希「…」

久「…優希?」

まこ「どうしたんじゃ。神妙な顔をして」

京太郎「和に悪い事しちまったってか?」

咲「あとで、みんなで謝ろう?」

優希「…実は、和ちゃんがあそこまで必死にオカルト否定するようになったの、私のせいなんだじぇ…」

久「?どういう事?」

まこ「詳しく話しんしゃい」

優希「…みんな、牛の首って怪談知ってるか…?」


その後、地区大会にて

和「そんなオカルトあり得ません!」

まこ「そんなオカルトあり得んわ!」

久「そんなオカルトあり得ないわよ!」

咲「そんなオカルトあり得ないよ!」

優希「…」

一「清澄って高校は、デジタル打ちばっかりだなぁ」

透華(だ、誰が『のどっち』ですの…?)


終わり



『これより、イザナミに入る』

池田「…」ブツブツ

未春「あれ?なんか静かだと思ったら、華菜ちゃんどうしたの?」

美穂子「ああ。イザナミの術にかかっちゃったのよ」

未春「あらら」

貴子「そうだったのか。災難だな、池田」

池田「全然あがれない…」ブツブツ

純代「あれっ。なんか静かだと思ったら、華菜どうしたの?」

美穂子「ああ。実はイザナミに…」

純代「うわ。大丈夫?」

池田「痛っ!…すみませんコーチ…」

貴子「あ。今、私に殴られたシーンか」

純代「結構分かるもんですね」

未春「私、イザナミにかかった人、初めてみた…」

美穂子「怖いわね…」

池田「そろそろ混ぜろよ」ブツブツ

星夏「あれ?皆さん集まってどうされたんですか?」

美穂子「あら、文堂さん。実はイザナミに…」

星夏「そうだったんですか。どうも今日は静かだと思ったら。大変ですね池田先輩…」

未春「せっかくだから、みんなで観察してたの」

純代「星夏もどう?」

貴子「これも社会勉強だ」

星夏「ではお言葉に甘えて…」


数十分後

池田「痛っ!…すみませんコーチ…」ブツブツ

貴子「あ。また私に殴られた」

池田「全然あがれない…」ブツブツ

星夏「この台詞、もう6回目…」

美穂子「なんか、イザナミって言うより、ゴールドエクスペリエンス・レクイエムみたいね…」

貴子「…だな」

未春「苦労してるね。華菜ちゃん…」ホロリ


終わり



『シャビさん』

晴絵「お疲れ様、玄。あの晩成高校に完勝して全国大会出場なんて、正直私も吃驚しているところだよ」

晴絵「ここまで来たら、目指すは全国優勝だ。一緒に頑張ろう!」

玄「別に驚く事では無い。阿知賀が頂点の座を奪う時が来ていただけだと思う。今の選手たちにはそれだけの資格が十分ある」

晴絵「…はい?」

玄「小鍛治健夜は、麻雀の歴史に残らないだろう」

玄「私にとって、ベストは赤土春絵だ。チームを率いた2ヶ月で、彼女は麻雀に革命を起こした」

玄「昨シーズンは白糸台がインターハイで優勝したけど、世界的な麻雀の基準は阿知賀のままだ。それが良い例だね」

晴絵「何言ってんのアンタ」

玄「宮永照戦は、不運な試合だった。まるで6年前の赤土×小鍛治戦みたいな黒星だ」

玄「晩成高校戦のような試合を10試合戦ったとして、9試合には勝てる。そう確信しているよ」

晴絵「歯ぁ食いしばれやぁコラァ!!」


終わり



『月島さん』

華菜「はっ!!」ガバッ

純「あ。起きた」

未春「おはよう。華菜ちゃん」

華菜「あ、あれ…?」キョロキョロ

星夏「どうしました?池田先輩」

華菜「あれ…?こ、ここ…どこ…?」

美穂子「ここは部室よ、華菜。貴女、部活が終わってから居眠りしちゃっていたの」

貴子「大丈夫か、池田。凄い寝汗だぞ」

華菜「ひっ!キ、キャプテン!コーチ!ごめんなさいだし!」ブルブル

貴子「はぁ?」

美穂子「どうしたの?そんなに震えて…」

華菜「も、もう勝手にグリーン食べたりしませんから!殺そうとかしないで欲しいし!」

貴子「グリーンを…食べた?」

美穂子「…なんのこと?」

華菜「…え?」

美穂子「グリーンなら、月島さんがたまには日光に浴びせてあげないと可哀想って、何時間か前に屋上に運んで行ってくれたわよ?」

貴子「そう言えば、そろそろ室内に戻さないとな」

純代「あ、じゃあ私が行ってきます」

未春「私も行くよ。いっつも月島さんにばっかりお世話になってちゃ、悪いもんね」

華菜「なん…だと…?」

星夏「もしかして、池田先輩が言ってるグリーンって、このカードが入ってた煎餅の事ですか?」スッ

華菜「プロ麻雀煎餅、限定ベジタブルグリーン味バージョン…?」

星夏「これの事でしたら、寧ろお礼を言いたいくらいです」

星夏「限定発売だから買ってみたんですけど、味が凄く微妙で、一向に減らなくて…」

華菜(そんなの私、食べた記憶全然無いし!)

美穂子「華菜?」

華菜(でも…キャプテン、私の事ちゃんと華菜って呼んでくれてるし…)

華菜「あ、あれ…?じゃあ、イザナミは…?」

貴子「ああ。いつまでもあのままじゃ可哀想と、月島さんが解呪してくれた」

華菜「変な骸骨みたいなオッサンが出した地蔵に殺されそうになったのは!?」

美穂子「月島さんが助けてくれたの、覚えてない?」

華菜「清澄の近くへの用事…」

貴子「おい池田。いい加減にしろよ?面倒臭がっていたお前の代わりに月島さんが行ってくれただろうが」

美穂子「忘れちゃったの?どうせ行くくらいなら、清澄の麻雀部に遊びに行って良いよ~くらいのメリットが無いと行かないし!」

美穂子「って駄々こねてた貴女の代わりに、行ってくれたのよ?」

貴子「いい男だよなぁ…月島さん…」

華菜「…」

華菜(…誰!?)

華菜(け…けど…一つだけわかる事があるし!)

美穂子「あら、コーチもしかして月島さんの事が?」クスッ

貴子「ば、馬鹿言うな!私はあくまで一般論でな…」

華菜(華菜、月島さんって人の事、全然覚えてないけど…)

美穂子「でも、私知ってますよ?コーチ、月島さんをこの間ランチに誘ってたでしょう」クスクス

貴子「み、見てたのか!?」

美穂子「あら、本当に?」

貴子「ブラフ…だと…?」

華菜(その月島さんって人が、私の為に頑張ってくれてたって事…)

美穂子「冗談です。一年の子に教えて貰いました」クスクス

貴子「あわわわわ。なら、みんなにバレてるのか…」ペタン

美穂子「いいじゃないですか。みんな応援してますよ」

貴子「うう…絶対だぞ!」

美穂子「はい!」

華菜(…ありがとう!月島さん!!)



屋上

月島さん「…不味いな。この煎餅」パリッ


終わり