―清澄高校― 麻雀部部室

京太郎 「失礼しまーす」ガチャッ

久 「あら?須賀くん今日は早いじゃない、咲や和はまだ来てないわよ」

京太郎 「そうなんですか?優希に染谷先輩もまだだし…二人じゃ何も出来ないですからネトマでもやってますね」

久 「ちょい待ち!ストップ…ちょっとこっちに来て座ってくれる?…色々と話したい事があるの」

京太郎 (もしかしてあの事がバレたのか?…退部になったりして…退学はなさそうだけど停学なんて事にも…)

久 「…須賀くん?」

京太郎 「は、はい…なんでしょうか」

久 「最近、痩せた?…なんだか酷く疲れてるみたいだし雑用やらせすぎてたら悪いかなーって…」

京太郎 「あ、いえ…大丈夫ですよ?」

久 「強がってたりしてない?…須賀くんは麻雀部の仲間なんだから悩みがあったり困った事があれば相談して良いのよ?」

京太郎 「………いえ、本当に何もないですから大丈夫ですよ」

久 「そう…でも何かを隠してるのは解っちゃうんだけどね?」

久「…自分で解決するって言うなら口は出さないけどこれくらいはさせて…」ギュムッ

京太郎 「ファッ…!?…ぶ、部長…な、何を…」カチンコチン

久 「しっ……静かになさい…私だって一応は年上なんだから少しくらいは甘えて良いのよ?」ナデナデ

京太郎 (うっ…柔らかい胸に顔が埋まって…落ち着かない…)ソワソワ

久 「ね?…少しは落ち着いたかしら…」ニコッ

京太郎 「!」

京太郎 「ぶ、部長…ッ!!」ガバッ

久 「きゃっ…!ちょ…す、須賀くん…?…だ、駄目っ…離れなさい…!」ググッ

京太郎 「ぶ、部長がいけないんですよ?…そんな誘うような事を…はぁ…はぁ」


ガチャッ

京太郎 「!!!」ビクッ


咲 「あーあ…賭けは部長の勝ちかぁ」

和 「懲りたと思ったんですけどね…筋金入りのお猿さんだったなんて軽蔑しますね」キッ

京太郎 「さ、咲…?…和まで!これは違うんだ………って賭け?」

久 「そうよ?最近の須賀くんの様子が変だから咲に問い詰めたらね…教えてくれたわ」

京太郎 「…」

久 「それで須賀くんの異常な所が多少は改善されたかなって、淡い期待を抱いてたんだけど、見事に裏切られちゃったな」ニッコリ

和 「あれだけ毎日搾り出しても、まだそういった感情があるなんて驚きです」ニッコリ

咲 「これは京ちゃんをしっかりと教育しなきゃだね」ニッコリ

京太郎 「あ、…その…これは生理現象でして…」

咲 「うん、確かに部長にあぁやって抱きしめられて反応しちゃうのは仕方ないと思うよ?」

和 「でも押し倒して迫るなんて…」ジトー

京太郎 「ぐっ…」

久 「まぁ、これも私の演技が須賀くんを欲情させたって事ね…罪だわ」

和 「今日も残ってくれないと困った事になりますよ?」

咲 「社会的に抹ry


ガチャッ

優希 「遅くなったじぇ、学食でタコスを買うのに並んでたじょ」

まこ 「わしも優希に触発されて食いたくなってのう…まいったまいった」

京太郎 (助かった…今日に限って二人が天使に見える…)

久 「大丈夫よ、さぁ…人数も揃ったし打つわよ!」


そのカン成立せず!
通らばリー『通りません!!12000』
バカホンじゃ!!


咲 「今日は部長の勝ちかぁ…ゆみさんみたいにチャンカンを狙ってくるなんて…」

和 「あれには驚かされましたけど本番でああいう打ち方をされては困りますけど」

久 「あら、本番なんて和も好きね」

和 「な、何を言ってるんですか!///」

まこ 「さてと…時間も良い頃合いじゃ、わしは先に帰らせて貰おうかのう」

久 「気をつけて帰るのよー」フリフリ

まこ 「って一緒に帰るんじゃないんか!」

久 「ちょっともう少し打ってたいの…咲に和……そして須賀くん付き合ってくれる?」

咲 「良いですよ?」

和 「まだまだ打ち足りないので喜んで」ニコッ

京太郎 「……はい」

咲 「…嫌なの?」

京太郎 「…べ、別に…」

和 「そういった態度を取られると…凹ませなくてはいけませんね」ニコッ

優希 「…っ…京太郎は最近付き合い悪いじょ!」

和 「我儘はいけませんよ?…優希は少し須賀くんに対する態度を考えてみてはいかがですか」

咲 「一応は男の子なんだし『犬』なんて奴隷扱いしてたら京ちゃんだって怒るよ?」

京太郎 (お、お前等も俺を奴隷かペットみたいに扱ってるだろ…)

久 「何か言いたそうね…」ニコッ

京太郎 「!?」ゾクッ

まこ 「しょうがないのう…優希、今回は諦めるんじゃ」

優希 「仕方ないじょ…染谷先輩と一緒に帰るじぇ」



……
………


和 「優希達は帰ったみたいですよ」

久 「ふふっ…須賀くん、さっきの態度は何かしらね」

和 「少しばかり教育的指導が必要ですね」

咲 「完全下校時刻の10:00までは3時間はあるよ?…良かったね京ちゃん!」

京太郎 「…ッ!」ゾクッ

和 「じゃあ今日は私が一番最初に…さぁ須賀さんはベットに寝て下さい」

京太郎 「…あぁ」ドサッ

和 「ふふっ…今日は何回目で泣きが入るんでしょうか」クスッ

咲 「原村さん、テクノブレイクには注意だよ」

和 「大丈夫ですよ…人は簡単には死にませんから」ナデナデナデナデ

京太郎 「…あ…っ……う…っ」ムクッムクムクッ

久 「へぇ…須賀くんって随分と可愛い声で鳴くのね、なんだか疼いちゃうなぁ」ニコッ

京太郎 「…ッ」ムクッムクムクッ

和 「相変わらず反応だけは良いですね…そういえば須賀くんにはまだやってない事がありましたね」ヌギヌギ

咲 「まだしてない事…?」

和 「んっ、須賀くんがずっと私の胸ばかり見てましたからね…好きなんでしょう?…こういうの…」タプンタプタプッ

京太郎 (ぷるんぷるんに揺れて…あ、あれで挟まれたら…)ビキビキビキッ

咲 「…京ちゃんはやっぱり大きな人が好きなんだ…」ムスッ

久 「大きさじゃ和には負けるけど、無理すれば私にも出来そうよね」グイッグイッ

和 「私のアイデンティティですから…さぁ、始めますよ…?」モニュッ

京太郎 「…ふぁ…っ……や、柔らかくて…」

和 「猛り過ぎですよ…火傷してしまいそうなくらい熱いですね…」ズニュッズニュッズニュッ

咲 (の、和ちゃん…唾液垂らしながら胸で…)

久 (正直、パイズリは和の独壇場よね…悔しいけど)

京太郎 「ッ…ちょっ…の、和…待ってくれ…このままだと…っ」

和 「構いませんよ?…このまま出しても…こうして包み込めば顔には掛かりません」ムニュッズニュッズニュッズニュッ

京太郎 「――――――ツ…ふぁ……っ!…の、和ッ!!」


ドクン!ドビュルルルルルルルルッ!

和 「……っ……んっ…妊娠させるつもりですか?…生臭く粘度があって…たまらなくクラクラします」

京太郎 「はぁ…っ…あぁっ…!」

京太郎 (一気にもっていかれた…咲一人の時だって大変だったのに、和に部長まで来たら本当死ぬんじゃないか?)

久 「和、どいて?…次は私ね…」クスッ

久 「こういった事は初めてだから…上手く出来るか心配ね」ツツツー

京太郎 「ひ、ひんっ!」ビクッ

久 「そういえばイッたばかりは敏感だったわね?…じゃあこんなのも良いのかしら…」ピンッ

京太郎 「あ゛あ゛っ゛…!」ビクンビクッ

和 「部長、いくらなんでもそれは牌をツモる時だけにして下さい」

咲 「京ちゃん死んじゃうよ?」

久 「あら、そうでもなさそうよ?」

京太郎 「ふっ……ふぅ……ふぅ…」ビクンビクッ

咲 「あ、先端から我慢汁がダラダラ…こんな趣味もあったんだね?」

和 「前々からMだとは解ってましたがここまで重度だとは思いませんでしたね」

京太郎 (お、男としてのプライドが…尊厳が…でも悔しいながら反応しちまうのが性だな)

久 「そうね…このまま手だけってのも味気ないし、そうだわ!」ヌギヌギ

咲 「靴下…?」

和 「なるほど…やろうとしてる事が解りました」

久 「ふふっ…靴下を手袋みたいにしてみたけどこういうのは好きかしら?」

京太郎 「!!」ガタッガタッ

久 「はい、動かない…そうそうそのまま…じゃあ握るわね?」ギュッ

京太郎 「わっ…!…っ…うぅ…」ゾクッ

京太郎 (さっきまで履いてたからかもしれないけど生暖かくて…)

久 「えっと…こうかしら?」シュッシュッシュッ

京太郎 「ふわっ…ちょっ待って…くっ…!」

久 (な、何…これ楽しいじゃない!須賀くんが情けなく鳴いたり我慢してたり…)ゾクッ

久 「ふふっ…二度と私達の私物に手を出さないように教えこまなきゃね?…ほらほら!」シュッシュッシュッシュッシュッシュッ

京太郎 「あぁっ!…はっ……あっ…」ポロッポロッ

咲 「あはは、京ちゃん泣く程気持ちいいんだ?」

和 「幸せ者ですね…そんなに嬉しいならあと二回りくらいはは付き合って貰いましょうか」ニコッ

久 (顔を覆ってまで顔を見られたくないなんて…ふふっ…)シュッシュッシュッ

京太郎 「はっ…!…うっ……あ…ぶ、部長ッ…ぐっ……!」


ドクン!ドビュルルルルルルルルッ!

ベチャッ!

久 「きゃっ……!」

咲 「あー…顔にかけちゃった…」

和 「最低ですね」

須賀 「すいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいません…」ブツブツブツ

久 (こ、壊れちゃった…?)フキフキフキ

咲 「次は私の番だね、部長…靴下貸して貰えます?」

久 「流石にこのままじゃ使えないし捨てるつもりだから好きにして良いわよ」

咲 「じゃあお言葉に甘えて…」ズボッ

京太郎 「ッ!!…んっ…んー!!」ジタバタジタバタ

和 「宮永さん、本当にソレ好きですよね」クスクスッ

咲 「なんだか征服してる感じが本当にね…ゾクゾクするの…よいしょっと…」

京太郎 「んっ…!…んーっ…!」モゾッモゾモゾッ

咲 「京ちゃん、鼻で息をしないと危ないよ?…んっ…あっ……っ…!」ズブッニュルルッ

久 「あら、咲はてっきり下になる物だと思ってたのに…」

和 「私も最初はそう思ってましたけど…あんな楽しそうな宮永さんは中々見れませんよ」

咲 「はっ…まだ硬いね京ちゃん、太くてゴツゴツしたのが奥まで…やっ……凄い…!」ズニュッズニュッズニュッズニュッズニュッズニュッ

京太郎 「――ッ…はっ……ゲホッ……咲…っ、くっ……あっ…!」

咲 「まだ…まだ駄目…!…ッ…奥からジワジワと来てるから…イッちゃ駄目…だよ?」ズニュッズニュッズニュッズニュッズニュッズニュッ

京太郎 「ッ…はぁ…っ…!……ッ……くっ…む、無理だ…出ちま…ッ…がはっ!!!!」

和 「ちょ…っ宮永さん?な、何をしてるんですか!!!」

久 「首なんて絞めたら流石に危ないわよ?」

咲 「大丈夫ですよ、…でも首を絞めたままするといつも以上に良いって書いてありましたし…んっ…!」

咲「…来たよ京ちゃん…凄い…!」ズニュッズニュッズニュッ

京太郎 「……ッ…!あ゛っ…さ、咲ッ…う、あぁっ…!」


ドクン!ドビュルルルルルルルルッ!ピュッピュピュッ!

京太郎 「……ッ…こ、腰が抜けて動けない…っ………はぁ…っ」

咲 「京ちゃん、凄い凄かったよ…ふふっ」ギュッ

京太郎 「さ、咲…は、離れてくれないか…?もう限界なんだ…」

咲 「そんなに簡単に限界を線引きしちゃ駄目だよ?…まだまだ出来るよね…」


チュッチュッチルッチュルチュルチュパッ

京太郎 「―――ッ!…は、何を…むぐっ…」

咲 「んっ…!…ぷはぁ…何ってキスに決まってるでしょ?…あ、またおっきくなってきた…」ニコッ

京太郎 (じ、自分が情けない…)

咲 「んっ…しょっと!」ジュポッ

和 「宮永さん、勃たせておいて放置するなんて…なかなかのなかなかですね」

久 「私以上にタチが悪いわ」

咲 「違いますよ…最後は三人で一緒にするんですよ」ニコッ

京太郎 「ちょっ…!」ビッキーン

久 「………本当に面白そうね」クスッ

和 「尊敬しますよ宮永さん…」ペロッ

咲 「さぁ京ちゃん、可哀相だから今日はこれで終わりにしてあげるよ」

和 「三人が一緒に責めるのですから負担も三倍と考えるのが普通ですね」

久 「三倍で済むかしら?…じゃあ咲は口で、和は手で竿を扱いて、私は玉袋を責めてみるわ」

咲・和 「はい!!!」


ジュッポジュッポシュッシュッシュッジュッポジュッポニギッニギッニギッ

咲 「ふふっ…口の中でビキビキって唸ってる…本当、京ちゃんて変態だね」ジュッポジュッポ

和 「こうして罵られて嬲られて…プライドはないんでしょうか…あったら私物なんて盗っていかれませんよね」シュッシュッシュッシュッシュッシュッ

久 「和の言う通り…ねぇ、どうして優希やまこのには手を出さないのかしら………ねっ!」ピンッ

京太郎 「ひぎいっ…!…う………あっ……ぶっ…!」


ドクン!ビュルルルッ!ビュクッビュビュッ!

咲 「けほっ……それで何も言わず出しちゃうのね…」ペロッ

和 「どうしてくれるんでしょうね…コレ」ネトッネチョ

久 「まだまだ教育が足りないみたいね…ふふっ」フキフキフキ

京太郎 「はっ……そ、そんな無茶苦茶な…」ビクッビクン

咲 「じゃあ時間も調度良いですしシャワーを浴びて帰りましょうか」

和 「須賀くん、解ってるでしょうけど先に帰られたら困りますよ」ニコッ

京太郎 「わ、解ってるよ…」

久 「じゃあ私から先に浴びて来るわね」

和 「ごゆっくりどうぞ」

咲 「ねぇ京ちゃん、部長の靴下…どうだった?」チラッ

和 「変態さんにはご褒美だったかもしれませんけどね」チラッ

京太郎 「な、何を見てるんだ…?」

咲 「鈍いなぁ…私達は靴下を見てるでしょ?」

京太郎 「…捨てるのか?汚れたし当たり前か…気が効かなくて悪かったよ」スクッ

咲 「しゃぶってよ…部長の汗がたっぷり染み込んでるよ…ほら」

咲 「出来るよね…?」

和 「出来ますよね…?」

京太郎 (…ここで命令通りに従っても『私物』を使ったと言われ泥沼、従わなかったら弱みをバラされて居づらくなる…くそっ)

京太郎 「…ッ…ちゅっ…ふっ…はっ…!」

咲 「本当にしゃぶってるよ…ふふっ」

和 「須賀くん、部長は靴下を処分しておいてと言われてましたから私物じゃないんですよ?」クスクスッ

咲 「本当に京ちゃんは変わらないね…ふふっ」


ガチャ

久 「さっぱりしたわぁ…咲に和も行ってらっしゃい」

和 「!」

和 「行きましょう宮永さん!お仕置きは部長に任せて…早く!」グイッ

咲 「い、痛いよ和ちゃん…ちょっ…」

京太郎 (部長と二人きりか…二人よりはマシだな…)

久 「ねぇ須賀くん…逞しいのね」ニコッ

京太郎 「へ…?」

久 「あんなに搾り出したのにまだ…勃ってるわよ」ニコッ

京太郎 「こ、これは…」

京太郎 (部長の靴下をしゃぶって大きくなったなんて言ったら大変だし…)

京太郎 「ゆ、湯上がりの部長が色っぽくて…ははは」

久 「嬉しい事言ってくれるのね…須賀くん、私の初めて欲しい?」ジィ

京太郎 「!」

久 「咲や和があんなにしてるのに部長の私がしないって訳にもいかないのよ」

久 「かといって初めてだから怖いなんてごまかすのも釈だし…ね?優しくしてくれるなら良いわよ」ピラッ

京太郎 「…ッ」ごくり

京太郎 「ぶ、部長…!!」

久 「ちょっ…こら、優しくって言ったでしょ?…離れなさい!!」グイッグイッ

京太郎 「俺だって散々されましたからね…泣いて謝ったって知りませんよ!!」


ガチャ

和 「…須賀くん」

咲 「そんな余裕がまだあったんだ?…ふぅん」

京太郎 「…さ、咲…和…あ、これはだな…」

久 「本気でハリウッド狙っちゃおうかしら…ふふっ」

咲 「じゃあそろそろ下校時刻だし出よっか」

和 「そうですね…///」

和 (宮永さんの裸…あのウエスト…もう一回だけ抱きしめたいです)

久 「じゃあ鍵閉めるから出てくれるー?」



―通学路―

カナカナカナカナカナカナカナカナカナカナカナ

京太郎 「…」

咲 「そんなに黙ってたら楽しくないよ、何か話そうよ京ちゃん」

京太郎 「い、いつまで続くんだ…?」

咲 「卒業するまでって言ったよね?…マホちゃん達の私物にも手を出すようだったら参加して貰う事になるけど」

京太郎 「…出さなねぇって」

咲 「…その言葉遣いも教育しなきゃいけないかな」クスクスッ

京太郎 「」ゾクッ

咲 「なんてね、京ちゃんとの関係を壊したくないしそれくらいは許しておいてあげるよ」

咲 「あ、それと…後で京ちゃんに電話するから出なきゃ駄目だよ?」

京太郎 「…解った。」

咲 「送ってくれてありがと…また明日ね?」チュッ

京太郎 「…ッ…あ、あぁ…また明日な…」

京太郎 (咲は後を向いてる…すぐ近くには植木鉢が無造作に…)

京太郎 (………な、何を考えてるんだ…一瞬でもこんな事を考えた俺が情けない…)


……
………


―京太郎の部屋―

TRRRRRR

京太郎 「はい、…咲か?」

『こんばんは京ちゃん、今は平気?』

京太郎 「あぁ、…飯も食ったし風呂にも入ってあとは寝るだけだ」

『良かった…じゃあそのまま聞いててね?』

京太郎 「おう…何だ?」

『…今日、誰が一番気持ち良かった?』

京太郎 「ど、どうしてそんな事聞くんだよ…」

『やっぱり気になるもん…和ちゃんのパイズリは反応が全然違ったよね?』

『部長の靴下で手コキされてたのも凄く良さそうだったもん…で、誰なの?ねえ?』

京太郎 「そ、それは………和…だったけど」

『そっかぁ…京ちゃんは私の膣内より和ちゃんの胸の方が良いんだ…ふふっ』

京太郎 「で、でも首を絞められにイッた時は正直死ぬんじゃないかってくらい不思議な感覚だった…」

京太郎「まるで身体の内の精液が全部出た…みたいな」

『へぇ…じゃあまた味わってみる?…まだ忘れられなかったりして…』

京太郎 「な、何を…」

『気付いてないの?…京ちゃん息が荒いよ…思い出して勃っちゃったかな…』

京太郎 「!」

『丁度良いよ…今、一人でする京ちゃんの声聞かせてよ』

京太郎 「ば、馬鹿な事言わずに早く寝r

『最悪、退学になっちゃうかもしれないんだよ?』

京太郎 「…解りました…」

『じゃあ聞かせて…?こういうのは嫌い?』

京太郎 「…ッ…はっ…こういうのは初めてだし…解ら…っ…はっ」シュッシュッシュッ

『凄いね…やっぱり自分のツボは自分が良く解ってるみたいだね?』

京太郎 「…っ…さきッ…くっ……はぁ…さきの膣内っ…凄い気持ち良い…ッ…いっ…あっ」シュッシュッシュッ

『ちょ…っ、京ちゃん?』

京太郎 「はぁ…はぁっ……さきッ…さきッ…さきッ―――っで、出るっ…膣内に出すぞ…!…うっ…!」


ビュクッビュビュッ!ビュルルルルッ

『……ッ////…ビックリさせないでよ!!…おやすみ京ちゃん』ガチャッ

京太郎 (…急に恥ずかしがって何がしたかったんだ?)

京太郎 「しっかし咲には驚かされたよ…数少ない趣味のテレフォンセックスをさせるなんて…」

京太郎 「………でも流石に痛いな、ヒリヒリして休ませなきゃ本当にまずそうだ」


ピンポーン!

京太郎 「き、客か…?こんな夜中に…親父や母ちゃんはいねえし応対するしかねえよな」


ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン

京太郎 「はーい!すぐ行きます!」


ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン

京太郎 「…はーい、どちら様ですか?」ガチャッ

照 「…」

京太郎 「…お姉さん?」

照 「…てた」ギュルルルルッ

京太郎 「…へ?」

照 「咲とエッチしてた声が外まで聞こえてた…」グスッグス

京太郎 「あ、いやそのですね…さっきのは…」

照 「咲が中に居るの?…お姉ちゃんがビシッと言ってやる」ズイッ

京太郎 「いや、その…待って!」

照 「聞く耳もたない!」



―京太郎の部屋―

照 「…咲の靴は見当たらなかったな」

京太郎 「だから居ないって言ったじゃないですか」

照 「でも咲の声は聞こえた…き、須賀くんの…声も…///」

京太郎 「じ、実はですね…」


……
………

照 「っ…!咲とテレフォンセックスをしてた!?」ガタッ

照 「なんて羨ま…いや、何を考えてるの須賀くんは…全く…」

京太郎 (俺と咲の関係は言わない方が良いな…)

照 「誤解だったみたい…ごめんなさい、でも今後…咲とそんな事をしたら…」ギュルルルルッ

京太郎 「ひっ!」

照 「解ってくれたなら良い…お邪魔しま………ん?」

照 「あれは咲のリコーター?それに中学時代のブルマーまで…」

京太郎 (どうして押し入れのあんな小さな隙間から中が解るんだ…?)

照 「…京太郎くん、お姉ちゃんは怒らないからちょっとお話しようか」ギュルルルルッ

京太郎 「…え?」

照 「大丈夫、怒らないからとりあえず座ろうか?」ギュルルルルッ

京太郎 「い、いや…これはですね…」

照 「良いから座ろうか?」ダンッ

京太郎 「は、はい!」ヘタッ


照 「まず、どうして咲の私物がこの部屋にあるの?」

京太郎 (…ま、まずい…これは本当にまずい事になってきた…)

照 「まず…一緒に登下校して宿題をしてたらリコーダを忘れたまま…って理由はまだ解る」

照 「本題はブルマー…それに隠してるみたいだけど咲の下着も持ってるよね?それもここ最近まで履いていた物」

照 「以上の事を踏まえ…導き出される結論は一つ、京太郎くん…君は咲の私物を拝借し性処理の道具として使った…違う?」

京太郎 「……はい、そうです」

照 「正直でよろしい…この事を咲は知っているの?」

京太郎 「…えぇ、こっぴどく怒られ処分しておけと言われました」

照 「…そっか、しかし処分されてないのを見ると咲の命令は聞けないんだよね?…よし実家に電話して…」

京太郎 「ま、待って下さい…何でも言う事聞きますからもう…許して下さい」

照 「…今、何でもって言ったよね?」ニッコリ

照 「咲のお姉ちゃんとして私が責任を持って処分しておく」ガサッガサガサッ

京太郎 「は、はぁ…」

照 「解ってるだろうけどこの事は他言無用…解った?」

京太郎 「はい…」コクン


照 「…よし、このまま出ていくのもアレだから…君の相手をしてあげよう」

京太郎 「へ…?」

照 「おーい…憩!!」パンパン

憩 「な、なんですか…もう…」

照 「彼の包茎手術をするから手伝ってくれ」

憩 「え、えぇっ!!」



―第三部へ続く―