京太郎「ああ、和のクチマンコ…。ぬるぬるあったかくて気持ちいいぞ?」

和「ちゅぱ…、じゅぷ…」

和(くさい…、それに汚い…っ。なんで私がこんな目に…! 咲さん…たすけて)

京太郎「そろそろ出すからな? しっかり口で受け止めろよ?」

和「っ、じゅる…」

京太郎「おぐぅ!」ドビュ

ドプドプ…
ドプドプ…

和「~~っ!?、…!」グチュグチュ


京太郎「やべー、出たわ出たわ」

和「んんっ…」ドロッ

京太郎「そろそろチンコ抜いてやるか」

京太郎「口ん中に残しとけよ?精液」

和「ふぇ…?」

京太郎「じゃあ抜くか…」

グチャ…
ヌプッ…


京太郎「あの和の口の中に、おれの精子がどっぷりと…」

京太郎「興奮してくるなw麻雀の比じゃねーよ!」

和「むぐぅ…」ギロッ

京太郎「睨んでも可愛いだけだぞ?」

京太郎「口開いて、中見せてみ?」

和「…。…あ…」クパァ

京太郎「うわっ汚えw舌の上、精液で真っ白だw」

京太郎「写メ撮っとこうw」カシャカシャ

和「っ…、ふあ…」ネバ



京太郎「それ飲んでみ?飲むのは初めてだよな?」

和「……」グチュ

和「んんっ」ゴクッ

和「あ…」

京太郎「飲んだよw美少女が男の精子ごっくんしたよw」

和「うっ…最低っ。最低っ」ポロポロ

和「こんなの…っ」

京太郎「でも飲んだよな? 俺の遺伝子の味はどうだった?」

和「答えたくありませんっ!」

ガチャ バタン

京太郎「出ていっちまったwこの後部活かあ…」




 麻雀部・部室

京太郎「ちーっす」

咲「あ、おはよう京ちゃん。珍しく遅かったね?」

京太郎「ああ、気持ちよかったぜ?」

咲「?」

和「……っ」

優希「京太郎!そんなことより席座れ!今日はじっくり私が指導してやるじぇ!」 

京太郎「おれとしては、部長に手取り足取り指導してもらいたかった…」ガク

優希「なにおー!?」

咲「お、おちついて優希ちゃんー」

ガヤガヤ


ーー

久「はい、じゃあ今日もお疲れ様でした!」

まこ「全国前じゃから、みんな気合入っとるのぉ」

久「ふふ、当然ね。それじゃあ、鍵を閉めてーー」

京太郎「あ、部長。帰る前に部室の整頓しとくんで、戸締まりは任せてください」

京太郎「そうだ…、和も手伝ってくれるか?」

和「…別に、いいですけど」ジロッ

咲「あ、私も手伝うよ!?」

京太郎「軽く掃除するだけだから、そんな人数いらねーよ。任せとけって」ナデナデ

咲「ん、そう…。じゃあ頑張ってね?」

和「……」イラッ


久「それじゃあ、任せたわよー」ヒラヒラ

京太郎「おっす」

優希「和ちゃんに変なことするなよ、犬!」

京太郎「さっさと帰れ!」

咲「京ちゃん。ちょっと、話があるんだ。明日の放課後に時間もらってもいい?」

京太郎「?ああ、わかった」


ガチャ バタン

京太郎「……」

和「……」

京太郎「…こうして、部室で二人っきりだと思い出すな?」

京太郎「和が、部室のベットでオナニーしてた時のこと」

和「…思い出さなくて結構です」ギロッ

京太郎「その動画もまだ残ってるぜ?ーーまさか咲の名前をよびながら、なんてな」

京太郎「咲に見せたらどんな反応するかw?」

和「…女の子を脅して無理矢理従わせる、なんて」

和「女々しい人ですね、くすっ。脅迫材料がなければ襲うことすら出来なかった癖に」

京太郎「…相変わらず強気だな? まあ夜は長いから、しっかりオナホとしての役割を教え込んでやるよ」

和「…っ」ビクッ

京太郎「ブラウス越しに見ても、胸の大きさが際立ってるよな?」

京太郎「どれだけの男子が、和のこの巨乳を夜のオカズにしてることか…。きっと和の乳は、毎晩男子の妄想の中で犯されてるぜ?」

和「…それこそ、あなたの妄想でしょう。気持ち悪いこと言わないで下さい。それに気付いてましたから」

京太郎「なにが?」

和「須賀君がコソコソ、私の胸を見てたこと」

京太郎「そりゃあ、こんな巨乳を目の前でたぷたぷ揺らされたらなあ?」

京太郎「とりあえずブラジャー外して、ブラウスたくし上げて生乳見せてくれよw」

和「……」ゴソゴソ

タプン…

京太郎「でけぇw張りがあるし、チクビも綺麗なピンクw」

和「…っ。変態らしいコメントですね!」

和「寒いからはやく……ーーひあ!?」ビクン

京太郎「ちゅう、じゅる」チュパチュパ

和「やだ、ぁ…。ちょっと…!」

京太郎「和の乳首、ぺろっ…、コリコリして可愛いな…かみ」コリッ

和「~~っ!?先っぽ…かま、ないで…、この変態っ…くぅ」ゾワゾワ

京太郎「ぷはっ…。下乳も横乳も、マシュマロみたいだなw」ムニュムニュ

和「あっ、ひぐぅ…。捏ね回さないで…!」

チュパチュパ …ジュル…
タプタプ…


京太郎「チンコみたいに勃ってきたなw和の乳首www」コリッ

京太郎「じゃあ、おれのも気持ちよくしてもらおうかな?」

ボロン

和「い、いやぁ…」

京太郎「ほら両手で左右から胸を押しつぶすようにして、巨乳の谷間を寄せ上げろw」

和「うぅ…さいてーっ…!さいてーです…!」グニュウ

京太郎「おお、谷間が強調されていい感じwんじゃ乳マンコに挿入ー」グイッ

ズリズリ…グニュウ…

京太郎「これは腰が動くわwおっぱいがチンコ出し入れするたび揺れてるw」ガクガク

和「動かないでっ….、このっ…この…」ポロポロ


京太郎「動いて欲しくないなら和が動いてくれよ」

和「っ…………」

京太郎「されるのが嫌ならすればいいだけの話だろ?」

和「ぜ、全然良くありません……っ!」

京太郎「自分だけ気持ち良くなれれば良いってことか?」

和「き、気持ちよくなんてっ」

京太郎「嘘つかなくたって良いって、胸はしっかりと反応してんだからさ」


そう言いながら和の胸の突起し、僅かな硬さを持つそれに噛み付いた


和「っあ……んっ……」


自分の卑猥な声に驚いたのか
和は目を見開き、慌てて口元を抑える


京太郎「ん? どうした? 気持ちよくなんてないんだろ?」

和「っ……っ……」


こぼれ落ちていた涙は溜まり、流れとして落ちていく
心なんて関係なく、体は感じてしまう絶望
それにより孕む切なさに……心が刺激されている絶望
和には絶望だけが付き纏う


京太郎「正直に言えよ。和」


京太郎の挑発するような言葉
それが肯定を許さない
肯定すれば、快楽に身を委ねられる
だが、挑発への肯定はプライドが許しはしない
だから肯定はできず、否定もできない
ただただ切なさが溜まり、焦らされ続ける体が涙をこぼしてしまうのだった

そんなことなど関係なく、京太郎は己が欲望の為だけに動く
和の豊満な胸の狭間に欲を突き刺し、強制的に隙間を作り出す
両胸を手で圧迫し、谷間に隠れた自分のそれを摩擦し刺激していく


京太郎「っ……ぉっ……」


妄想だけだった行為
視覚は柔らかいものでも、感覚は硬い自分の手でしかなかったそれが
今は現実のものとなっている喜びに浸り、快楽に浸る
その行為は熱く滾る京太郎の欲を摩擦しながら和の理性をも摩擦し、すり減らしていく


和「んっ……んぅ……ぁっ……」

京太郎「どうしたんだよ。気持ちよくなんてないんだろ?」

和「っ!」


睨むその眼光に力はない
むしろ京太郎の情欲をさらにそそる火に油としての意味しか持たず、京太郎はにやっと笑う


京太郎「気持ちよくないなら、俺だけ満足して終わるかな」

和「っ……さっさと、終わらせてくださいっ!」


京太郎に対して和はそう怒鳴ったが、下腹部は切なく疼き、頬は真っ赤に染まっていく


京太郎「ん、了解」


一旦止まっていた腰を京太郎は再び動かしていく
それによって擦れていく胸、刺激される感覚
和の心と乖離した体はそれを悦び、淫らな匂いを漏らし


和「ぁんっ……んっ……っ!」


淫猥な声を漏らさせる中で心が、歯がかけてしまうほどに強く噛み締めさせるが


京太郎「っ、おっ……の、和っ! 口を開けろ!」


もう一度あれを飲める
汚らしくて苦く、決して美味しいとも言えない
でも、何よりも欲してしまうそれを。

そこで初めて、心はいう
顔や髪を汚されるよりは飲んだほうがいい。と
階段一つ降りることになるとも知らずに……口を開いた

開いた口へと京太郎の良くは解き放たれて口腔を汚し、蹂躙していく
苦く、熱く、粘ついていて臭うその液体を和は京太郎に言われるよりも早く、飲み込む
喉の奥にまとわりつくような嫌な感覚を残しながら下っていく
それに対して和は顔をしかめ、京太郎を睨んだ


和「んっ……ぅぇ……こ、これで、満足……ですかっ?」

京太郎「俺は別に飲めとは言ってなかったんだけどな」


京太郎の言葉が、和の心に皸を入れた


和「どうせ言われることなら、言われる前にやった方が気が楽ですから」


和はそう言いながらも、破裂しそうなほどに、心臓は早鐘を鳴らしていた
開けろと言われただけで、飲んだほうがいい。と心は言った
開けた方がいいではなく、飲んだ方がいいと


和「っ………」


体だけでなく心までもがあんなものを飲みたがってしまった
その事実に蝕まれ、和の心に入った罅はさらに大きく広がっていく


京太郎「じゃあな和。掃除しておけよ」

和「っ……は、い……」


京太郎が去っていった部室、和の頬からは複雑な涙が落ちていった



家に帰った和はすぐさま浴室へと駆け込んだ
京太郎の臭いを消すため、触れ合った気持ち悪い感触を消すため
体を染め上げる汚れを消すため
なにより、口の中に残るそれを消し去るために


和「………………」


頭からシャワーをかぶりながら俯く
流れていくのはシャワーだけか、それとも……
ギリっと歯が唸り、力強く壁を叩いた痛みが現実であることを認識させる


和「っぅ……うぁぁっ……ぁぁぁぁあああぁっ!」


悲しみは涙にとどまらず、叫びとなって響き渡る
けれど、シャワーの音がそれをくぐもらせ、浴室の扉がシャットアウトする
誰にも聞こえない嘆きの叫びは和をさらに苦しめるだけでしかない

いっそ楽になりたい
そう思いながら、和は体を洗おうと冷たく白い液体を手に取る
体を洗うための白濁液と体を汚す白濁液
冷たいこれと、温かいそれ
明確な違いがあると解っていながら、それを体へと塗った瞬間、ゾクゾクと体を震わせ
和の頬はほんのり赤くなっていく


和「ゎ、私……」


ボディソープを塗っているだけだというのに、体は敏感に反応して性的な快楽で脳を揺らす
その異様な事態に、和がついていけるわけがなかった
体を洗っているのに体を汚しているという不快感
にも関わらず、和の体は昂ぶりを抑えられず下腹部は疼く


和「……………」


胸だけしか扱われず、下腹部には見向きもされず触られることもなかった
結果、焦らされるだけだった和にとっては、その行為は必然と言えるのかもしれない


和「……荒々しい、感じでした」


自分では絶対にしない扱い方
自分では絶対にできない扱い方

和はその刺激を再現しようと胸を持ち上げ、突出するそこを咥えるが、噛み付くようなことはできない


和「………………」


満たされることのない快楽に対して、空いた右手が下腹部へと伸び
そして一番敏感な部分を指で摘んだ
その微々たるつまらない快感に


和「須賀君なら……」


思わず呟いたその言葉はお湯とともに流れ落ちていき
和の暗く光の薄れた瞳がそれを眺める


和「今、今……今っ!」


絶望の淵に立つ和
私はなんて考えた!? 何を思った!?
心に怒鳴り、自分の胸と恥部から離れた手が頭を抱え、膝から崩れ落ちていく


和「期待……しているのですか……?」


雨のように降り注ぐお湯は和の体を濡らし、それは心にまで浸水し、溺れさせていく


和「胸を責めるあの粗暴さが……私は……」


初めて受けた他者からの乱暴な扱い
いや、正確には異性からの力強い乱暴な扱い

和にとってそれは屈辱的なものであると同時に、性的な快楽を得るに値するものだった
お嬢様として存在していた和にとって性的なものはもちろん、性的でない少し手荒な扱いですら
異性から受けたことはないし、見たことも感じたこともない

だからこそ、初めてが性的な体験
しかも焦らされて終わったということが……強く響いてしまった


和「っ……」


気持ちが悪かった。痛かった。苦しかった
そして嫌ではあった
でも――気持ちが良かった

和の心の中でくすぶる感情が、ひびの入った心を叩く


和「ダメ……ダメ……っ」


手が再び絶望の快楽へと手を伸ばしていく
理性が止めろと唸る。心が嫌だと叫ぶ
でも――体と心が欲してしまう

ゴクッと喉が鳴る
ドクンッドクンッ……と、胸が高鳴る
いやらしく開いた足の付け根。股下の女の子にしかない場所
そこの一番敏感な部分を、和はもう一度指で摘み
その手を京太郎のものだと仮定する
――違う。京太郎の口だと仮定する
そして、強く引っ張った


和「っぁ――」


声が頭から消えていく
痛みとともに迸るその刺激に心が砕け散る
体を大きく仰け反らせて腰を突き上げ、地につく頭へと涙が流れていく
恥部を淫らな液体に濡らし、心は快楽に浸る


和「気持ち……いい……」


恍惚とした和の表情。そこから漏れる声は、熱く淫猥な響きを持っていた
淫らな水音を恥ずかしげもなく浴室に響かせながら和はいやらしく乱れ、快楽を貪る
シャワーノズルを京太郎の欲望として胸に挟み込み、必死になって刺激していく

出してください、飲ませてください。と
光のない瞳で和は願う
その姿はもはや人間とは言えないとも気づかずに、鏡に映る姿を京太郎と幻視して、下品な笑顔を晒す


和「んっ……ふぁっ……んっ……」


シャワーヘットを舐め回し、刺激しながら右手でバルブを回す


和「んぁっん゛ぶっ」


大量のお湯が流れ込み、僅かに遡って花からも溢れ出る中で
和は狂ったように飲み下し……すぐに吐き出してしまった


和「違います……こんなものではありません……」


京太郎のものはもっと熱く、粘っこく、苦くて臭く、まとわりついて離れないものだった。と
和の記憶の中の感覚が唸る


和「こんなものでは――」


粘っこくて、苦くて白い……と
考えた和の手が目の前のボトルへと伸び、そして――


「長いわよー、お風呂」

和「ぁ……」


母の声で目覚めた和は言葉を失い……希望を失っていた
部屋に戻った和は茫然自失とベッドへと倒れこむ


和「私……」


操られたりしていたわけでも
夢を見ていたわけでもなく
和は自分からあんな行為をしていた
その事実が残った心の一部
自尊心を蝕んでいく


和「……須賀君との行為が、私は」


自分の手を握り締め体の自由も、心の自由も、思考の自由もあることを理解し
それが自分の望みであることを理解する



       和「須賀君との行為を――悦んでる」



翌朝、和は京太郎に呼び出され、空き教室へと着ていた
脅されているのだから仕方がない
そう言い聞かせながら、高揚する気分を押さえ込み、京太郎と対峙する


和「朝から、一体何をさせるおつもりですか?」

京太郎「決まってるだろ、朝の処理だよ」

和「っ……」


思わずこぼれた笑みを誤魔化すように、和は京太郎を軽蔑の目で睨む


和「最低ですね……男性とはみんなそういうものなんですか?」

京太郎「ほとんどそんなもんだよ。朝やるかどうかは知らねーけど」

和「……須賀君は朝する。と?」

京太郎「和が夜にも来てくれるって言うなら夜やるぜ?」


京太郎の嫌味な視線を受け、和は自分の体を抱きしめ、昨夜の堕落し乱れた自分を思い出す
あれは自分一人の惨めな慰めだった
でも、夜も会いに行けば……と
卑猥な妄想に埋められていく脳は和の体を感情を高ぶらせて、その呼吸は熱く湿ったものと変える
満たされなかった情欲は……一人分ではなかった


和「須賀君、時間もあまりありません」

京太郎「え?」

和「さっさと始めましょう」

京太郎「はっ……なんだよ。あれだけ嫌がってたくせに」


京太郎の皮肉に対し、和は妖艶な笑みを浮かべ、京太郎のズボンのジッパーを下ろした

和「嫌だからこそ……です」

京太郎「ふぅん……まぁいいや昨日の練習踏まえてやってみてくれよ」


練習ではなく蹂躙
でも、和は何度も練習した
実物ではなくシャワーを使って何度も、何度も……
だからこそ、和は余裕を持ってそれに臨んだ


和「………………」


シャワーノズルの先端よりは細いが、ホースよりも太い棒
もうすでに滾っていることを示すように脈打ち
触れれば熱いそんな棒を、和は優しく握る


和「須賀君、邪魔はしないでくださいね。時間を稼ごうなんていうことは」

京太郎「?」


和の言葉を理解できずに、京太郎は首をかしげるが、それもそのはずだ
それは京太郎に向けたものではなく、未だ抗おうとする自分自身への言い訳なのだから

和「んぁ……」


卑しい音を躊躇なく漏らし、滴る唾液を京太郎のそれへと垂らしていく


京太郎「っ……」


ひんやりとした刺激に京太郎はビクッとしながらも
和の手からは逃れられず、和の唾液がその全体へと塗りたくられていく


和「…………」


伸ばした舌で京太郎のそれの裏筋を舐め、意味をなせない皮の中へと忍ばせていく


京太郎「っな……」

和「んふっ……ぁ……」


皮の内側から京太郎の陰茎の先端を一周し、京太郎を見上げて嗤い


和「ぁ…………む」

そして咥え込んだ
歯ではなく唇で挟み込み、柔らかな圧迫を与えて京太郎を刺激しながら
自分の下腹部に手を伸ばし、刺激する


和「んっ……んぐぅ……んんっ……ぁ」

京太郎「お、おい……」


和の頬を涙が伝っていく
悦びながらも、悲しむ和はその葛藤から逃れるために、悦楽に委ねて思考を止める
欲するは京太郎の濃厚な穢れと快楽
それを止めるための心は――もう、消えてしまっていた


京太郎「和、お前……」

和「んっ、んふっ……あぇ゛……」


早く、早く。と
心が望む、体が欲する
以前の和の心が流れて消えていく


京太郎「っぐっ……ゃ、やべぇ……」


和の必死な責めを受け、京太郎がこらえ切れる訳もなく
それは勢いよく和の口腔へと放出されて、飲み込まれていく


和「んぐっ……んくんく……っぁはあ……はぁ……クスッ」

京太郎「の、和……?」

和「須賀君……まだ、出せますよね?」

京太郎「え?」

和「まだ……昨夜の分しか頂いていません」


和は豊満な胸で挟み込みながら、尿道に残る僅かな液をも欲して吸い上げる


京太郎「お゛ぉ゛ぉ゛……っ」


普通なら経験し得ないその快感に身悶え、京太郎の口元からはだらしのないよだれが伝い落ちていく


和「んぁ……んふふっ……頂きます」

京太郎「くっ………」


その豹変を見てようやく、京太郎は理解する
自分が望んだ相手ではないと
自分が性欲のはけ口にしていた少女は……壊れてしまったのだと






       和「――んふっ」





―――――――――


――――――


―――


1週間後


和「須賀君、今日もおうちに行かせてくださいませんか?」

京太郎「え゛、いや……昨日だって……」

和「だから今日もと言っているじゃありませんか」

京太郎「そ、そういう問題じゃ……」

和「解りました……なら、でしたら適当な誰かからいただくことにします」

京太郎「ま、待て、待ってくれ和! それはダメだ、今日も明日もOKだからっ!」

和「そうですか? ふふっ……では……お願いしますね?」


京太郎が支配するはずだった少女は
逆に京太郎を支配するような形で今も……性奴隷(オナホ)として生き続けていた