和「土下座してエッチなことさせてくれなんて、須賀君がそんな人だとは……」

京太郎「なんとでも言ってくれっ!」ドゲザー

京太郎「和の物憂げそうな顔可愛らしい顔、部の皆に見せる聖母のような優しさ」

京太郎「そばを通るたびに香ってくる甘い香り、そしてたわわにゆさゆさ揺れるのどっぱいッ!!」

京太郎「和の全てが魅力的すぎて、俺はもう我慢できないっ!おかしくなっちまう!!」ゴスッゴスッ

和「須賀君やめて!血が出てます!」ワタワタ

京太郎「構わないっ!和と触れ合えるなら、命も惜しくないッ!!」

和「須賀、くん……。そこまで……」ギュッ




和「……いっかいで」

京太郎「へ?」ガバッ

和「一回だけで、満足すると約束してくれるなら……///」シュルッ

京太郎「!!??」

京太郎「それじゃあ、早速だけど部室のベッドでやろうか?」

和「今更ですが、なぜ部室にベッドがあるのでしょう・・・」

京太郎「さあ?・・・」

和(こうして見ると・・・なんだか恥ずかしいですね・・・)

京太郎「それじゃあ遠慮なく・・・」


京太郎は和の畝にダイブした


和「きゃっ・・・い・・・いきなりっ!」

京太郎「ずっとこの胸にダイブしたかったんだ!」

和「いっ・・・いや・・・なんかくすったいです・・・離れて・・・!」

京太郎「いい匂いだ・・・柔らかい・・・直接だったらもっと・・・」

和「お願いですから離れてください、いやらしいですよっ」

京太郎「和・・・ブラ・・・外していいか・・・?」

和「えっ・・・」

和(出来れば最初はもっと大切な人にあげたいです、経済力がある人のほうが・・・)

和「いやです・・・服の上からで我慢してください」

京太郎「そ・・・そんなぁ・・・」

京太郎(そうだ・・・)

京太郎「じゃ・・・じゃあ・・・見るだけなら・・・いいよな?」

和「い・・・いやです・・・」

京太郎「ああーっ・・・見ることすらできないのかヨォ・・・くそっ・・・」

和(なんだか断り続けるのも悪い気がしますね・・・)

京太郎「それじゃあ・・・キスさせてくださいぃ・・・」

和「そ・・・それも・・・ダメ・・・」

京太郎「何でだ?!少しくらいいいじゃねぇか!!」

和「だめですっ!私はまだキスしたことはファーストで処女です」

京太郎「そ・・・そうなのか・・・」

和(何てことを言ってしまったんでしょう・・・こんな事言うつもりなかったのに・・・)

京太郎「じゃあ・・・腰とか体のラインなぞってみてもいいか・・・?」

和「それでしたら・・・」

京太郎「直接でいいよな?」

和「え・・・」

京太郎「服の上からなら異性の触る機会結構あるじゃないか、今回は特別だから」

和「仕方ありませんね・・・」

京太郎「おおっ・・・コレが現役女子高生の柔肌・・・っ」

和「す・・・須賀君、手つきがいやらしいです」

京太郎「そうだぞぉ・・・いやらしい手つきをしてるからなぁ・・・」

和「いっ・・・いや・・・早く終わって・・・」


スリスリ

京太郎「この腰と胸の境界線のラインがたまんねー」

和「す・・・須賀君・・・胸はダメって・・・」

京太郎「大丈夫大丈夫、胸は触らないって・・・」

京太郎「その代わり、腰を堪能させてもらうけどな・・・」

京太郎「うーん・・・和のお腹枕・・・気持ちいいなぁ・・・」

和「い・・・いやっ!!!、ねっとりした手つきが気持ち悪い・・・」

京太郎「あ゛~~安らぐー」

京太郎(足もオウケイだよな・・・)


スリスリ

和「ひゃっ・・・何をしてるのですか」

京太郎「足・・・触っていいか?」

和「だ・・・ダメ・・・」

京太郎(コレ以上は無理か・・・)


がばっ

和「な・・・どうしたんですか!?いきなり飛びかかってきて」

京太郎「和・・・今から俺・・・和を犯す」

和「な・・・何を言ってるですか」


ビリビリ

和「きゃあぁ!!」

京太郎「俺は本気ですよ・・・」


ムニュムニュ

京太郎「ふがふが・・・柔らかいぃ・・・ブラ外したらあのおっぱいが個々別に単独行動を始めて秩序を失うとは・・・」

京太郎「形を保てないほどの柔らかさなのか。マシュマロ美味しいよぉ・・・」

和「や・・・らめ・・・手つき、いやらしくて・・・気持ち悪い・・・大声出しますよ・・・」

京太郎「大声出したらその瞬間挿入するからな、警察を覚悟した京太郎は強いぞ」

和(処女じゃなくなるのはまずいですね・・・将来結婚した時軽い女と思われたら捨てられちゃいます・・・)

和「わ・・・わかりました・・・大声出しません・・・だひまへんからぁ・・・」

京太郎「よーしよし・・・いい子だ・・・」

和(は・・・早く誰か来て・・・)

京太郎「こんな大きいおっぱい・・・とっても美味しそう・・・吸うぞ・・・」チュウウウ

和「ん・・・」

和(こんな事して・・・母乳なんて出ないのに・・・)


チュパ・・・チュパッ・・・

京太郎(くそ・・・母乳出ねーぞ、どうなってんだ・・・)

和(何かこの男・・・飽きてきてるみたいですね・・・このままだと挿入する展開に・・・)

和「須賀君・・・キス・・・しませんか・・・」

京太郎「おっ、いいね・・・和、発情しちゃったのか?」

和「はい・・・ちょっと熱くなってしまいました・・・」

京太郎「和は変態な素質があるからなぁ・・・」

和「ごめんなさい・・・ん・・・ちゅっ・・・あっー・・・」

京太郎「舌お・・・入れてきてっ・・・」

和「んーっ・・・・んっ・・・」


ワイワイガヤガヤ

久「でね、うちの晩御飯はムニエル」

咲「あーそうですねー」


京太郎「ビクーッ!!」

和(来たきた・・・コレで今のことをなかった事にすれば・・・)

和「あ・・・あの・・・須賀君・・・」

京太郎「くそおっ・・・」


ズブリ

和「んあぎっ!?」

和(そ・・・挿入・・・なんでっ・・・・何でっ・・・)

京太郎「ここまで来て出さないなんて・・・寸止めなんてできるわけがない・・・」

和「す・・・須賀君やめてっ!!、みんなが来ちゃう・・・」

京太郎「お・・・俺はもう・・・バレてもいい・・・退学は覚悟だっ・・・」

和「そんなっ・・・」

和(私はそんな覚悟なんてないのに・・・)

和(ああ・・・乳首についたこの男のよだれが不快・・・早く拭きたい・・・シャワー浴びたい・・・)


ガチャ

「なっ・・・何やってるんですかっ!!!!」


和(終わった・・・)

久「ん?コレ?」ぶっちょぶっちょ

咲「あっあっあっ・・・」

京太郎「何やってるんですカッ」

久「見ればわかるでしょ?」ぶっちょぶっちょぶっちょ

咲「あっあっあっあっ」

京太郎「女同士でこんな事・・・ありえないですよ・・・」

久「そう?ネットではこういう関係が普通に蔓延ってるけど?」

京太郎「そ・・・そうなんですか・・・」

久「ところで――」

久「あなた達は何やってたの?」

京太郎「あっ・・・いえ別に・・・和が貧血になったので寝かせました」

和「すいませんお騒がせして・・・」

久「そう・・・とりあえず私は続きをしてくるから・・・」ぶっちょぶっちょ

咲「あっあっあっ」


バタン

京太郎「フー」

和「助かりました・・・」

京太郎「今日の所は、諦める・・・」

和「そうですか・・・」

京太郎「あの・・・出来ればこの事は内密に・・・」

和「はい・・・」

和(よかった・・・コレで何事も無く収ま・・・何これ・・・)


そこには和の純情な血液があった



ある夏の日

ミーンミーン

京太郎「暑い……」パタパタ

和「……」ゴシゴシ

京太郎「和、こんな暑い中ひたすら麻雀牌磨くなんて大変じゃないか?」

和「楽じゃありませんけど、誰かがやらなきゃいけないので」

京太郎「そう、偉いなぁ。 ぅあ~それにしても暑い。汗だくだ……。 ん?」

京太郎「なぁ和」

和「はい?」

京太郎「こんな暑い中エトペン抱いて作業してるんだ、汗かいただろう?俺が拭いてあげるよ」ガタッ

和「は、はい? いえ、結構です」

京太郎「まぁまぁそう言わずにさ。特に和は大変だろうし」スタスタ

和「わたしが大変ってどういう? ……っきゃっ!? どっ、どこに手入れてるんですか須賀君!?」

京太郎「これだけ大きいんだから、さぞ下は汗だくだろ?あせもになったら大変だ、俺が手伝うよ」ゴソゴソッ

和「だからってっ、制服の中に手を突っ込まないで下さい! ……あっ、ちょっ、とぉ……」

京太郎「ん?どうした和?変な声出して」モソモソ

和「すがくん……。もぉ、どこさわってるんですか……!えっち……」

京太郎「いやーすごい汗かいてるぞ?ほらこことか」グニュングニュン

和「いやぁ……。乱暴にしないでください……!やんっ」ピクッ

京太郎「ごめんごめん。優しくするよ」

和「撫でるのもだめです……。ダメなところ、擦ってますからぁ……」ヒクヒク

京太郎「あはは、カワイイなぁ和は。はい、終わったよ。スッキリした?」スポッ

和「あ……っ。う、はい」

京太郎「……ふむ。和」

和「えっ?」

京太郎「二人っきりとはいえここは部室なんだから、そんな物欲しそうな目しちゃダメだろ?」ボソッ

和「……~っっ!!///」ボンッ

和「もう!!ふざけないで下さい!須賀君!」プンスカ

京太郎「あははははは」