京太郎「熱出てるし、学校いけねぇし、和のおっぱい見れないし」

京太郎「嗚呼、しんどい」

京太郎「カワイコちゃんが看病しに来てくれないかなー」

京太郎「……暇つぶしに考えてみるか」

京太郎「……いや、逆に俺がカワイコちゃんの看病をしに行くって言うのも……」


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


咲「京ちゃん、風邪引いたんだって?」

京太郎「咲か……?」

咲「京ちゃんは風邪なんて引かないものだと思ってたよ」

京太郎「どういう意味だよ……」

咲「まぁまぁ、今日は私がつきっきりで看病してあげるからさ」

京太郎「……悪いな」

咲「大丈夫だって!私におまかせあれ」

京太郎「どうしよう……不安だ……」

咲「なにかいった?」

京太郎「別に」

咲「ふーん……」


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



和「お粥ができましたよ、須賀君」

京太郎「和が食べさせてくれたら嬉しいな」キリッ

和「もう、須賀君ったら♪」


キャッキャウフフ

咲(見舞いに来たのはいいけど……)

京太郎「でへへ……」

咲(なんで寝ながらにやけてるんだろ)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ピンポーン

京太郎「ん……まさか部員の誰かが来てくれたのか…?」

京太郎「はーい…」

竜華「きたでー!」

京太郎「誰だ!?」

竜華「うちは清水谷竜華や。はじめまして」

京太郎「は、はあ…」

竜華「たまたま近くを通りかかったら、なんや情けない声が聞こえて来たから来てみたんや」

京太郎(喋り方からして関西だよな……たまたまって)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


霞「破ァ!!」

京太郎「治った…!」

小蒔「……!」


……


小蒔「はぁー!」

京太郎「……」

小蒔「はぁーっ!」

京太郎「……」

小蒔「治せません……」ウルウル

京太郎(かわいい)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


はやり「風邪引いちゃったの?」

京太郎「はやねぇ来てたんだ……」

はやり「昔から季節の変わり目には風邪をひいてるよね?」

京太郎「はやねぇと違ってデリケートなんだよ」

はやり「そんなことをいう子は看病してあげないぞ☆」

京太郎「え?」

はやり「おじさんもおばさんもいないからわざわざ看病しに来てあげたのになぁ……」

京太郎「そ、そうなの……?」

はやり「だけど口の悪い子の看病はしてあげたくないなぁ……」

京太郎「ご、ごめんなさい……」

はやり「じゃあ許してあげる☆」

はやり「熱は……うん、ちょっと高いね☆」ピト

京太郎「は、はやねぇ……?」///

はやり「昔から熱を測るときはこうしてたよね?」

京太郎(か、顔が近い……)///

はやり「なんだかすごい汗だね」

はやり「自分で着替えられる?なんだったら昔みたいに着替えさせてあげるけど……」

京太郎「そ、そこまではいいよ」///

はやり「だったらいいけど……」

はやり「じゃあ……」

京太郎「な、なんでベッドに入ってくるの……?」

はやり「昔はおねぇちゃんに抱きついて一緒に寝てたでしょ?」

京太郎「そ、そんな昔のこと……」///

はやり「今でも京くんは私のかわいい弟だもん☆」

京太郎「……ありがとう」

はやり「やっと素直になったね☆」

はやり「やっぱり京くんは素直な方がかわいいよ☆」

京太郎「………」///




カンッ