京太郎「こんなにたくさん女の子がいるんだ、俺にも彼女くらい出来るはず…」

京太郎「よし!じゃあハギヨシさんに告白しよう!」

京太郎「って男じゃねえか!ダメだろ!」

京太郎「まあ安価は絶対だしな…どうせ告白しても成功しないだろ…」

京太郎「それじゃあ行ってくるか…」

ハギヨシ「それで話というのは?」

京太郎「いや実はですね…」

京太郎「前からあなたの事が好きでした。付き合ってください。」

ハギヨシ「!?」

京太郎(やべー…言っちまったよ…)

ハギヨシ「それは…本気で言ってるのですか…?」

京太郎「はい?」

ハギヨシ「本気で言っているのかと聞いているんです。」

京太郎「え、ええ…もちろんです。」

ハギヨシ「そうですか…分かりました…」

京太郎(怒らせちゃったかな…)

ハギヨシ「実は私も貴方の事が好きでした。喜んでお付き合いさせて頂きます。」

京太郎「えっ」

ハギヨシ「それでは服をお脱ぎ下さいませ…」

京太郎「えっ?いやっ、ちょっ…やめ…」


大沼「何をしとるんじゃ!お前ら!」

京太郎「あなたは確か…大沼プロ!」

ハギヨシ「ちっ…邪魔が入ったか…」

大沼「まったく…近頃の若い奴は…ワシも一緒にやらせんか!」ポロンッ

京太郎「」

大沼「ほれ、さっさと尻を出さんか。」

京太郎「ちょっ…やめっ…」

ハギヨシ「お待ち下さい。私の方が先です。」

大沼「なんじゃと!老人に先に譲らんか!」

ハギヨシ「いいえ。こればかりは譲る訳にはいきません。」

京太郎(何なんだこいつら…)

大沼「さっさと譲らんか!この若造が!」

ハギヨシ「いいえ。こればかりは絶対に譲れません。」

京太郎「二人とも落ち着いて…」

大沼&ハギヨシ「うるせえ!黙ってろ!」

京太郎「(´・ω・ `) 」

ハギヨシ「分かりました。ならばどちらが京太郎様を満足させられるか勝負しましょう。」

大沼「ふん…小癪な…まあ良いだろう…」

大沼「それでルールは?」

ハギヨシ「お互いに挿れ合って先にイった方が負けという事でどうでしょうか。」

大沼「良いだろう…ワシに勝負を挑んだ事を後悔させてくれるわ!」

京太郎(今のうちに逃げよう…)

京太郎「やっと逃げてきた…まさか裸のまま追ってくるとは…」

京太郎「偶然警察の人にすれ違わなかったらヤバかったな…」

照「君は確か咲の高校の…」

京太郎「そういうあなたはチャンピオンの宮永照じゃないですか。こんなところで何を?」

照「それはこちらのセリフ。きみこそ何をしているの。」

京太郎「えーとですね…ちょっと危ない奴らから逃げて来たというか…そういうあなたは何を?」

照「「すがきょうたろう」とかいう咲にくっつく虫がいるそうなので始末しにきた。」

京太郎「えっ」

照「ところでまだ君の名前を聞いていなかったけど…」

照「君…名前は?」

京太郎「え…えーと赤木しげるです!」

照「アカギ…?どこかで聞いた事がある名前…」

京太郎「いやちょっと色々とやってるんですよ…はは…」

照「まあすがきょうたろうじゃないならいいよ。」

ハギヨシ「京太郎様…私達から逃げてこんなところで何を…?」

京太郎「お前…どうしてここに…」

照「おい…京太郎とはどういう事…?」

ハギヨシ「フフフ…今度は逃がしませんよ…」

京太郎(色々やべえ!こうなったら狂言を吐いて場を混乱させるしかない!)

京太郎「こいつが須賀京太郎です!錯乱して俺と中身が入れ替わったと思い込んでいるんです!」

ハギヨシ「なっ…」

照「そうなの?」

ハギヨシ「いやそんな訳無いでしょ!」

京太郎「やっぱコイツ錯乱してますよ!咲さんに手を出す前にやっちゃって下さい!」

照「よし…君たちホモセックスしよう…」

京太郎「うんうん!…って何だってええええええ!?」

京太郎「何でそんな事しなきゃいけないんですか!普通に始末すれば良いでしょ!」

照「いやだってコイツをホモにすれば咲に手を出さなくなるし….それに咲も京太郎にホモになって欲しいって言ってたからな。」

京太郎(咲…お前…)

照「さあ始めよう…逃げようとしたら…わかるよね…?」ギュルルルルル

京太郎「うう…」

ハギヨシ「( ´ ▽ ` )」

照「さあ早く」

ハギヨシ「wktk」

京太郎(もう終わりか…さようなら俺の童貞と処女…)

大沼「やめんかお前ら!」

京ハギ照「!?」.

京太郎(げええええ!よりによって今一番来て欲しくない奴が!)

京太郎(ん?待てよ…これを利用して…!)

京太郎「あのチャンピオン…ちょっといいですか?」

照「何…?」

京太郎「実は大沼プロはホモなんです。なので大沼プロとヤらせた方が色々と良いかと。」

照「そうなの…?ならそうしようかな…」

京太郎(よっしゃああああああ!)

照「さあ…早く始めて…」

ハギ&大沼「いやいやいや!」

照「…」ギュルルルルルル

ハギ&大沼「はいいいい!」

京太郎(今のうちに逃げる!)



京太郎「やっと家に着いた…もう疲れた…」

京太郎(よく考えたら彼女を作ろうとしたらこうなったんだよな…もう彼女なんかこりごりだ…)

咲「あ!京ちゃんどこいってたの!」

京太郎「おう咲…ちょっと色々とな…」

咲「もう!心配させないでよ!すごく心配してたんだからね!」

京太郎「ごめん…」

咲「本当に悪いと思ってる…?」

京太郎「ああ…当然だろ。」

咲「ならキスして。」

京太郎「えええ?ドユコト?」

咲「本気で悪いと思ってるんでしょ?なら謝るかわりにキスして。ね…?」

京太郎(えーとつまりこれは告白ですか!?咲が!?俺に!?)

咲「早くしてよ…誰か来ちゃう…」

京太郎(こいつこんなに可愛かったっけ…?くそっ咲の癖に!もうやっちまえ!)


チュッ

咲「んっ……はあっ」

京太郎(やっちまった…)

京太郎「…咲…何でこんな事を…」

咲「何でって?決まってるでしょ…京ちゃんが好きだからだよ。」

京太郎「そうか…………咲」

咲「何?京ちゃん?」

京太郎「好きだ。付き合ってくれ。」




カン