咲「京ちゃん、部活行く前に図書室付き合ってね」

    京太郎「おう、いいぜ」



    優希「もぉ~!犬は来るのが遅いじぇ!」

    京太郎「悪い悪い、ちょっと図書室寄っててな」

    優希「罰としてタコスを買ってくるのだじぇ!」

    京太郎「ええっ、遅れたのは咲もだろ」

    優希「咲ちゃんには、私と清澄のエースを掛けて勝負をすると言う、大事な役目ががあるんだじょ!」

    咲「あ、あはは」

    京太郎「まったく、お前はしょうがねえなあ」



    京太郎「……ふぅ」



    京太郎「おーい、タコス持って来たぜ」

    まこ「京太郎、大変やったね」

    優希「遅いじぇ京太郎、お前はこの優希ちゃんの、あ、愛犬なんだから、もっと早く買って来なきゃ駄目なんだじぇ///」

    京太郎「はいはい」

    久「皆、お待たせ~、大会に向けて今日も頑張りましょうね」

    和「部長、今日は何をします?」

    まこ「せやな、今日は感想戦に時間取ろか?他人の意見を聞くのも参考になるからのお」

    優希「ええっ、感想戦なんて面倒だじぇ!いっぱい打ちまくった方が強くなれるはずだじぇ」

    京太郎「えーと、あの……」

    久「あっ、須賀君。悪いんだけど買出し行って来てくれる?」

    まこ「……」

    京太郎「……はい、分かりました。咲、お前はいつもの苺ミルクでいいか?」

    咲「うん、ありがとう」

    まこ「わしはレモンティーお願いするわ。皆も、校内で買えるもんにせえよ?」
    「「はーい」」
    ガラララッ



    京太郎「……(あーあ、今日も麻雀出来そうにないな)」



    久「(あー、そういえば最近須賀君と打ってないわね)」

    久「(……まぁ、今日みたいに私が生徒会で遅くなる事多いし、その時に打つので我慢してもらうしかないか)」

    久「(大会が終るまでゴメンね須賀君)」

    京太郎「ふぅ、せめて優希のタコスと部長の買出し、一緒に頼んでくれれば楽なんだけどなあ」テクテク


    京太郎「……ポチポチ」

    咲「京ちゃんお待たせ、帰ろっか」

    京太郎「おう、先輩達、和、タコス、お疲れ様でした」

    優希「なああっ!犬が変な呼び方するんじゃないじぇええええ!」

    京太郎「あははっ、じゃあな」



    咲「それでね、それでね」

    京太郎「なあ」

    咲「うん?」

    京太郎「今日もおじさん遅くなるのか?」

    咲「……うん、この時期は繁忙期だから、御前様どころか、帰ってこない事もあるんだよねー」

    京太郎「……ふぅ、しょうがねえな。色々と家事溜まってるんだろ?手伝ってやるから終らせようぜ」

    咲「うう、ありがとう京ちゃん!」

    京太郎「まったく、料理は(ある程度)上手いのに片付け下手なんだもんな」

    京太郎「部活の皆に、誰がお前の部屋を片付けてるか教えてやりたいぜ」

    咲「そ、それだけはやめてえええ!」

    京太郎「ははっ、言わないって」



    京太郎「さーて、飯も食ったし、ネット麻雀でもして麻雀覚えようかな」

    携帯「プルルルルッ」

    京太郎「またか……プチッ。ハイもしもし、須賀です」

    和「こんばんは須賀君、あの……今日も咲さんのお話してもらってもいいでしょうか?」

    京太郎「……もちろん良いですよ。昨日で中一の話は大体したから、今日は中学二年になってクラス替えの時の話をしましょうか」

    京太郎「アイツってば人見知りだから、発表の紙を見るまでry」



    京太郎「おやすみなさい……っと」

    京太郎「はぁ……夜は夜で、何故かは分らんが、咲からは本や映画の話、和からは咲の情報」

    京太郎「そして優希からはどうでもいい話……なんか自分の時間が無いよな……」

    京太郎「まあ、皆と話すのがイヤってわけじゃないんだけど……なんかなあ」

    久「あれ?須賀君ずっと話し中ね。まあいいや、合宿の事言うの忘れてたけど、どうせ咲か優希から聞いてるわよね」


    渡り廊下で

    ガツッ

    京太郎「あっ、ゴメッ」

    男子学生「……チッ、何時も女に囲まれてるからって、こんな所でもフラフラ歩いてんじゃねえよ」

    男子学生2「何何?」

    男性学生3「アイツだよアイツ、自分の幼馴染使って、あの美人会長やビック原村さんに擦り寄ってるてゆー」

    男子学生2「ああ、あの噂の」

    京太郎「……」



    京太郎「あれ?開かない?……皆そろって遅刻なのか?」

    先生「ん?須賀、何してんだ?」



    和「うふふっ、今日の合宿頑張りましょうね咲さん」

    咲「うん、原村さん(あれ?京ちゃん、来ないの?女の子だけの合宿なのかなあ?)」

    優希「打って打って、打ちまくるじぇえええ!」

    久「皆、その意気よ!」

    まこ「(……あれ?京太郎はおらんのか?)」

    まこ「(まあ、女子の合宿に入れるわけにもいかんか、何時も頑張ってもらってる分、今日は休んでもらうのもええかもな)」



    先生「竹井から聞いてないのか?麻雀部は今日から合宿やるから、部室には来ないって言ってたぞ」

    京太郎「……あははっ、そ、そういえばそうでしたね。あははっ、で、では失礼します」


    京太郎「……なんだよ……もう」


    京父「京太郎、ちょっといいか?」

    京太郎「……うん、大丈夫だけど?」

    京父「ああ、実は父さん転勤する事になってなあ。それでお前はどうするかと思ってな」

    京太郎「転勤って……県外?」

    京父「ああ、それでな、もしお前が付いてきてくれるならこの家は貸家にして、一家揃って引っ越すつもりだ」

    京太郎「俺がイヤだって、言ったら?」

    京父「その時は母さんとお前はこのまま、ここで暮らしてもらって、父さんだけで単身赴任するつもりだ」

    京太郎「そんな、親父一人にそんな事――――」

    京父「いや、気にするな。お前だって高校に入ってお前だけの生活や友達が居るんだ」

    京父「それを大切にしてくれる方が、父さんは嬉しい。なあに、この歳での転勤だから会社も色々手当てを付けてくれてな」

    京父「悠々自適の独身生活も悪くないと思ってるんだ。だからお前が気にする事なんてないんだな」

    京父「だからまあ、じっくりと考えて決めてくれ」

    京太郎「……うん、ありがとう」


    京太郎「よお」

    料理部「おお須賀君、先週までは毎日の様に来てたのに、久しぶりだね」

    京太郎「えーと……実はもうここで調理する事が無くなったんで、今までの迷惑料として、残ってるタコスの材料貰ってくれるか?」

    料理部「うん?貰えるなら嬉しいけど、今まで『究極のタコスを作って、驚かせてやるんだ』とか言ってたのに、突然どうしたの?」

    京太郎「いや、その……もう作る必要が無くなっただけなんだ。うん、それだけなんだよ」

    料理部「ふーん、そっか……まあ須賀君の料理、ウチの部の皆好きだから、気が向いたらまた遊びに来てよ」

    京太郎「うん……ありがとう」


    京太郎「……もうちょっと早く、料理部部長さんと仲良くなっていれば……いや、変わらないか」



    優希「京太郎、遅いじぇ!明日から県大会なんだから、弛んでたら駄目なんだじぇ!」

    京太郎「ははっ、わりーわりー」

    京太郎「(と言っても、買出しや掃除、牌磨き位しかやる事ないんだよな。大会前の皆に、席譲って打たせてくれとか言えないしな)」

    和「そういえば須賀君は、インターハイ予選にエントリーしてないんですか?」

    京太郎「ああ、まだまだ初心者だからな。せめて点数計算出来るようになってから出る事にするよ」

    和「そうですか……まあ良いですけど、もうちょっと向上心持った方いいんじゃないですか?」

    和「此処最近、須賀君が打ってる所見てませんし」

    まこ「ッ!?」

    京太郎「………………そっか、そうだな。大会が終ったら頑張るよ」

    まこ「ハァ……」

    まこ「(この女、ここまで空気を読まん女じゃったとは……)」

    まこ「(誰のおかげでわしらが大会だけに集中できてるのか分かっとらんかったとは)」

    久「さぁ皆、今日も頑張るわよ」

    まこ「(大会が終ったら、……まあキャラじゃないが、お礼言って、その上で上級生としてちゃんと指導せねばのう)」

    京太郎「そうそう、優希タコス持って来たぞ、ほら」

    優希「おお、本当に気が利く犬だじぇ♪はふはふ、京太郎のタコスはマジでプロレベルだじぇ♪」

    京太郎「……(優希、俺が作る最後のタコスだ、お前が美味しそうに食べる所は嫌いじゃなかったぜ)」


    咲「部活も終ったし、帰ろっか京ちゃん」

    京太郎「あ、わりー咲、先に帰っててくれ。部長、鍵借りていいですか?残って掃除したいんで」

    久「いいけど、なんで急に掃除なんか?」

    京太郎「明日っから大会予選、そして優勝したら全国と忙しいじゃないですか」

    京太郎「二学期始まったら埃だらけの部室なんてゾッとしませんからね、今日のうちに思いっきり掃除しておこうと思ったんですよ」

    咲「それなら、私も残るよ」

    京太郎「いいや駄目だ。お前はうちのエースなんだから、さっさと帰って明日に向けて休んどけ」

    京太郎「それにお前に掃除を手伝ってもらってもなぁ~」

    咲「あー!ダメダメ!言わないでー!」

    和「?」

    まこ・優希・久「(掃除苦手なのね)」

    久「それじゃお言葉に甘えちゃおうかな、鍵は職員室に居る先生なら誰に返しても大丈夫だから」

    京太郎「はい、それでは皆さん『お疲れ様でした』」

    咲「あははっ、京ちゃんてば何か堅苦しいよ~。おつかれさま~、掃除頑張ってね」

    和「では、お先に失礼します。私物には触らないようにして下さいね」

    優希「京太郎ご苦労なのだじぇ!また明日な!」

    まこ「何時もすまんのお、じゃあまた明日の」

    久「じゃ、頼んだわね~おつかれ~」
    ガラララッ

    京太郎「……お疲れ様。皆、今までありがとう。……咲、大会頑張れよ」

    京太郎「ぶっちゃけ、俺レベルじゃお前がどんだけ凄いのか分かんねえけど、応援してるから」

    京太郎「たとえ違う場所からでも応援してるから……」

    京太郎「さてと、下校時間まであと二時間か、気合入れて掃除しますか……うしっ!」



    京太郎「ここが今日から俺が住むところか、長野に負けず劣らず空気が美味い、気に入ったぜ!」

    京太郎「よし、でかい荷物が来るのは明日だし、やれる事やっとくか!まずは転校手続きだな!」

    先生「なるほどなあ、お父さんの転勤か、大変だろうが頑張れ」

    先生「ウチは生徒数が少ないが良い奴が多いから、すぐに友達も出来るはずだ……あっ」

    京太郎「どうかしましたか?」

    先生「あー、良い奴が多いのは本当なんだが、実はウチは今年から男女共学になった元女子高でな」

    先生「生徒の九割は女生徒なんだよ。ちょっとそこに関しては大変かもしれんなあ」

    京太郎「まあ、大丈夫ですよ。俺、前の学校では女子ばっかの部活に入ってたから、女性は苦手じゃないですし」

    先生「ほお、何の部活に入ってたんだ?」

    京太郎「……えーと、麻雀部でした」

    先生「おお、そうかそうか、実はウチんとこの奴らも、今年インターハイに出る事になったんだよ」

    京太郎「ええっ、ホントですか!一学年ニクラスしかないのに凄いじゃないですか!……ってスイマセン」

    先生「いや、本当の事だから謝る必要ないぞ。あははっ!」

    先生「おお、そういえば。えー……居た居た。熊倉先生ー!ちょっといいですかー!」

    京太郎「?」

    熊倉「なんだい、歳っちゃ歳だけど、そんな大声を出さなくても聞こえるよ」

    先生「がははっ、スイマセンね。実はこの転校生、前の学校で麻雀部に入ってたそうなんですよ」

    先生「おい須賀、この熊倉トシ先生は麻雀部の顧問なんだ、お前コッチでも麻雀部に入るんだろ?」

    京太郎「えーと、その……」

    熊倉「(……フム)」

    熊倉「……先生、まだ校内の見学だって終ってないのに、部活決めるなんて相変わらず気が早いねえ」

    熊倉「須賀君だっけ?全国大会まで毎日練習してるから、良かったら明日にでも見学に来ておくれ」

    京太郎「……は、はあ」

    先生「よしよし、それじゃあこの書類を親御さんに渡してくれ」

    先生「見学したかったら帰る前に好きに見て行ってかまわんからな。がははっ」



    京太郎「ふう、元気の良い先生だったな。……うんあの人が担任なら安心できそうだ」

    京太郎「(前の学校では、目の前で俺が嫌がらせされても見てみぬ振りされたしな……)」
    カゲゲッ

    京太郎「んっ、雲でも出たか……あ」

    姉帯「……」テクテクテク

    京太郎「……デッカ」

    姉帯「……っ!」ウグッ

    京太郎「うわっ!……あっ、あの」

    姉帯「うわああああああああんっ!」

    京太郎「あー、……やっちゃったな」



    次の日!



    京太郎「はあ、昨日はやっちゃったな。けどまあ、午前中に家具とかの引越し作業も終ったし、心機一転頑張らないとな!」

    京太郎「昨日は慌ててあのまま帰っちゃったから、今日は校内の見学でもしておくかな」

    京太郎「学食は無いけど渡り廊下にパン売りのおばちゃんが来るそうだから、そこはチェックしておかないとな」

    ?「こんにちはー」

    京太郎「ん?……コンニチハ?」

    ?「いきなり話しかけてゴメンね、君って転校生だよね?」

    京太郎「えっ?……そうだけど、よく分かったな?」

    ?「あはは、この学校に居る男子は二十人ちょっとだからね、それに近々転校生が来るって聞いてたから、ピンと来たんだよ」

    京太郎「へえ、男子少ないって聞いてたけど、二十人ちょいか……未体験ゾーンだなあ」

    勇次「まあまあ、慣れれば普通になるよ。おっと、自己紹介がまだだったね、ボクは中田勇次、剣道部」

    勇次ウチも男子部員は二名だけだから、何時でも大歓迎だよ」

    京太郎「ジトー、つまりいたいけな転校生を入部させる為に狙ってたってわけだな」

    勇次「まあその通りだけど、自分で自分をイタイケって言う奴がイタイケだったのを見た事は無いかな」

    京太郎「あははっ、中々言うねえ。まっ、仲良くやろうぜ……あっ」

    勇次「ん?どうかした?」

    京太郎「あそこに居る、廊下を歩いてて帽子を被ってる……背の高い女子って知ってるか?」

    勇次「ああうん、知ってるよ。彼女も半年位前に来た転校生で姉帯豊音さん」

    勇次「5人集まっていきなり麻雀の全国大会に出た事と、あの背の高さで、知らない人は居ないって感じかな?」

    京太郎「麻雀……って事は、当然麻雀部員なんだよな?」

    勇次「もちろんそうだよ。ちなみに彼女の向ってる、渡り廊下の先の建物の一室が麻雀部部室なんだ」

    京太郎「そっか……うん、ありがとうな勇次。二学期からよろしく!」

    勇次「うん、よろしく。同じクラスになれるといいね」

    京太郎「おう!」


    勇次「(性格とかは似てないのに、なんか親近感持っちゃうな~」

    勇次「(……おっと、そろそろ戻らないとタマちゃんと一緒に帰れなくなっちゃう)」


    京太郎「えーと、この中に部室があるのか……」キョロキョロ

    ?「……(ダル」

    京太郎「あ、あのスイマセン、麻雀部の部室、教えてもらえませんか?」

    ?「……ダル」クイックイッ

    京太郎「は、はい!(これは、付いて来いって言ってるんだよな?)」

    ?「」テクテク



    ?「……お待たせ」

    ?「遅いよ、シロ……って後ろの人は?」

    白望「……さあ?」

    京太郎「あ、あの、姉帯さん!」

    姉帯「?」ホヨヨッ?

    京太郎「昨日はスイマセンでした!」

    姉帯「えっ?えっ?」

    京太郎「覚えてないかもしれませんが、昨日すれ違った時に、見ず知らずの姉帯さんに『デカ』とか言ってしまいまして」

    京太郎「本当に申し訳ありませんでした!姉帯さんが泣いたのを見て、やっと自分がどんな事を言ったのか分かったんです」

    京太郎「謝って済む事じゃないですけど、本当にスイマセンでした!」

    姉帯「えっ、あ、あの、そ、その……き、気にしないでー」

    ?「うーむ、なんとなく理解した。……けどまあトヨネは涙腺緩いから、あんまり気にしなくていいと思うよ」

    姉帯「そう、塞の言う通りだよー、私大きいとか言われなれてるから、そ、そんな真面目に謝らなくていいよー///」

    京太郎「でも、泣かせちゃったし」

    姉帯「そ、それは久しぶりに至近距離だったから、思わず泣いちゃっただけで、そ、そんな気にする必要無いんだよー><」

    白望「……(ダルイけど……面白いかも)」

    塞「うーん、どうすればいいのか……」

    白望「気がすまないなら、気が済むようにすればいい……」

    京太郎「?」

    姉帯「?」ホヨヨッ

    白望「君がトヨネに何かしてやればイイ……ダルい、後は任せた」

    京太郎「俺が姉帯さんに……そうか、そうだな、うん」

    姉帯「ええっ、そんなのいいのにー///」

    京太郎「姉帯さん!(俺に、俺に出来る事と言えば)」

    姉帯「ひゃ、ひゃい!」

    京太郎「俺、昨日転校して来た須賀京太郎って言います。自分勝手でスイマセンが、パシらせてください!」

    姉帯「ぱ?」

    白望「……p」

    塞「…………ぷっ(パ、パシらせてくださいって……うぷぷぷぷっ!)」

    京太郎「姉帯さんは良い人だから、許してくれましたけど、それじゃ自分で自分が許せないんです!」

    京太郎「お願いします、使ってやって下さい!」

    白望「ふーん、それじゃココに入るんだ?」

    京太郎「……は、はい、皆さん、よろしくお願いします」

    京太郎「(そうか、そうだよな。この学校は全員部活必修だから、麻雀部に入らないと何も出来ないもんな)」

    塞「それでは、入部届けを書いてもらおうかな。私は麻雀部部長、臼沢塞。サエと呼んでくれていいよ」

    京太郎「はい、塞部長、よろしくお願いします」

    シロ「私はシロ、……ヨロ」

    京太郎「シロ先輩、よろしくお願いします」

    トヨネ「わ、私は姉帯豊音。み、皆にはトヨネって呼ばれてるんだ。ヨロシクだよー」ニッコリ

    京太郎「はい、トヨネ先輩、これからヨロシクお願いしますね」

    トヨネ「う、うん///」



    トヨネ「(……大きいとか、変な子とか言われるの、よくある事なのに、……なのに……あんなに本気で謝ってくれて……)」

    トヨネ「(……男の子の本気の顔ってカッコいいかもっ///)」



    次の日!


    ボード[仲良しの絵]
    エイスリン「ヨロシクネ、キョータロー♪」テンシスマイル

    胡桃「後輩、私は『3年』の鹿倉胡桃先輩だ。ヨロシク!」チッチャー

    京太郎「はい!エイスリンさんに胡桃先輩、よろしくお願いします!」

    胡桃「お、おう(先輩……先輩って呼ばれた……うぇへへへっ♪)」



    塞「ではさっそくだが、一局始めようか」

    シロ「私は抜ける……キョウタ、最初に入っていいよ入部祝い」

    胡桃「シロはめんどくさいだけでしょ~。けどまあ確かに入部最初の局だ、打たないとね」

    エイ[目]

    シロ「エイスリンも見てるって……じゃあ二人でマッタリしようか……zzzz」

    京太郎「えっ、全国大会も近いのに俺なんかが打っていいんですか?」

    塞「何を言ってるんだ?部員なんだから当たり前だろ?」

    京太郎「せ、せんぱい……」ホロリ

    胡桃 「そもそも弱いって言うなら、皆以上に打たないと駄目だぞ!」

    京太郎「はい!」


    ちょい戻って、県大会前日!

    清澄顧問「まあ、元部員の頼みだ、君がそうしたいと言うのなら協力するが。……本当にそれでいいのかね?」

    京太郎「はい、先生にはお手数を掛けますが、俺は男子の大会を研究したいから会えまぜん」

    京太郎「大会が終るまで転校の事は隠しておいて下さい。お手数ですがよろしくお願いします」ペコリッ

    清澄顧問「それで大会が終ったら、この手紙を渡せばいいんだな?」

    京太郎「はい、それぞれにお別れの言葉が書いてあります」

    京太郎「……自意識過剰かもしれませんが」

    京太郎「俺のせいで皆が動揺して大会に影響が出てしまった悔やんでも悔やみきれないですから……」

    清澄顧問「……あっちに行っても頑張れよ。まあ、お前は良い奴だから、変な誤解さえされなければ大丈夫だとは思うがな」



    ニュース「……となり、原村議員発案のIPS法案が可決され……」



    岩手三日目



    トヨネ「それだよー、ロン!」

    エイ[><]

    塞「うわー、抑え切れなかったか。やっぱり、終盤になると能力が切れるのをどうにかしないとなー」

    胡桃 「京太郎君次入りな、私が見てあげよう。この『先輩』の私が」

    京太郎「はい、胡桃先輩よろしくお願いします」

    胡桃「うん♪じゃあ、もっと深く腰掛けたまえ」

    京太郎「はい?」

    胡桃「ヨッと……ふむ、シロの様に柔らかくは無いが、しっかりとしたグリップ力で、中々の座り心地だな」

    京太郎「///!?」

    トヨネ「///(ふぇぇ~!)」

    シロ「……寝心地よさそ……だな」

    胡桃「ほら、さっさと始めるよ!」

    京太郎「ひゃ、ひゃい!」

    エイ「ロン!」[5800だよ♪]

    京太郎「うわっ!まだ十二順目なのに、もうテンパってたのかよ!」

    エイ「ビクッ!」

    京太郎「あっ、怒ったんじゃないッスよ? ちょっと素になってリアクションしちゃっただけで」

    エイ「ウ、ウン、ワカッテルヨ」[ワタシ男ノ人にナレテナイカラ]コモジ

    塞「……須賀君、やっぱ君は猫を被ってたんだね」ニヤ

    京太郎「えっ?……い、いやそういうつもりは……」

    京太郎「う~ん、会ったばかりで、そんな馴れ馴れしくっていうのも……いやなんて言えばいいのかな」

    トヨネ「けど、さっきの京太郎くん、生き生きして良かったかもー」

    シロ「……気を使われる方がダルい……」

    京太郎「えっ、でも」チラッ

    エイ「ワ、ワタシモ、男ノ人ニ慣レタイカラ」[協力→嬉しい]

    塞「エイスリンも、素で接して欲しいらしいよ」

    エイ「><」

    京太郎「……ハイ!……わかった、これからは素の京太郎として接するぜ、よろしくな先輩達」

    トヨネ「(キャー!男らしい京太郎くん、ちょーかっこいいよー///)




    半チャン終了



    胡桃「フム、ずっと見てたけど、正にキングオブ初心者って感じだね」

    胡桃「全てにおいて判断が遅いし、役の完成形を考えずに、とりあえず和了する為に形を作ってる」

    胡桃「オリる時も中途半端にアガリを意識してる」

    京太郎「……」ズーン

    胡桃「ただ初心者な分、変な癖が付いてなくて、そこはイイかな」

    胡桃「あと、初心者なのに点数計算は出来るのは偉いよ。長く打っても中々覚えない人もいるからねー」

    京太郎「えーとっ、麻雀は中々打つ機会が無かったんだけど、役と点数計算は雑用の合間とか暇な時に暗記して覚えたんですよ」

    胡桃「ルールやマナーを守らないバカは嫌いだけど、君みたいに向上心があるのは嫌いじゃないな」・v・

    塞「……須賀君、以前から気になっていたんだけど、清澄はそんな毎日雑用が必要なほど部員が多いの?」

    京太郎「えーと、いや、部員はココと同じで女子五人に俺の六人だったんだけど……」

    京太郎タコスが好きな奴の為に作ったり、長く練習するからその為に買出し行ったりとか」

    京太郎どっか行く時は方向オンチな奴の為に道を調べたり、後皆が大会に集中する為に、掃除とか引き受けたり……」

    京太郎「いや、イジメとかじゃないですよ?俺が自分から進んで引き受けただけですから」

    京太郎「まあ、そんな大した事はしてませんよ、誰でも出来る事をしただけです」

    塞「……そうなんだ」ゴッ

    シロ「……(うわ……塞、イラついてる。……こういうの、嫌いだもんな……まあ、私も好きじゃないけど……)」

    トヨネ「(タコスってどんな食べ物だったっけ~?)」

    胡桃「話しを戻すけど、最初から難しい事をしても無理だから、まずは二つだけ考えて打とう」

    京太郎「はい、何をすればいいんでしょう胡桃先輩」

    京太郎「(ホッ、宮守と清澄のメンバーが互いに話す機会なんて無いだろうけど、清澄の皆を悪く思われるのも嫌だし)」

    京太郎「(話が終ってよかったぜ。言葉にするとこき使われたみたいに聞こえるけど、本当に嫌ってわけじゃなかったんだよな……)」

    胡桃「まず一つは、攻めと守りをハッキリさせるって事だね」

    胡桃「手配読みなんて玄人でも難しいんだから、この段階では相手の河はチラッと見るだけでいいよ」

    胡桃「それだけでもピンズを集めてそうだとか、端の牌が無いからチャンタ狙いかな?程度は読めるからね」

    胡桃「まあ最初は、『速さ』『上がり易さ』『高さ(点数)』このうち二つがあったら攻めて良いと思うよ」

    胡桃「あと最初のうちは練習のつもりでベタオリする事、簡単だと思ってても完全に攻めの意識を抑えるのは結構難しいからね」

    エイ「(オ○カミーコ、ニホンゴオボエルノニ、ワタシモヨンダヨ!)」

    京太郎「ハイ!」

    胡桃「もう一つは、最初に手配を開いた時に最終形を考える癖を付けるって事かな」

    胡桃ツモや相手次第で最終形はいくらでも変わるから、それに執着する必要は無いけど、考える力」

    胡桃「特にイメージ力を養うのに良いから、やって損はないはずだよ」

    京太郎「ハイ、ありがとうございます胡桃先輩!」

    胡桃「ふふん、まあ先輩として当然の事だよ(ドヤァ)。それに充電しやすい座り心地へのご褒美もかな」

    京太郎「いやー、マジで助かりますよ。何から手をつけて良いかマジ分からなかったですから(充電ってなんだ?)」

    トヨネ「(うう、私も"充電"してみたいよー><)」



    大会終了後:清澄部員達、それぞれへの手紙

    「咲、長い付き合いなのに何も言わずに居なくなってゴメンな」

    「本当はもっと時間を掛けて……略……原村や優希、お前はもう俺に引っ付いていただけのお前じゃない」

    「大切な友達が出来たんだ、それを大事にしろよ。遠く離れてもお前は俺の大事な幼馴染だ、全国大会頑張れよ!」


    咲「……ううっ、京ちゃん……」グスッ



    「部長、部長が俺の事麻雀部に誘ってくれて、本当に嬉しかったです」

    「最初はテキトウな人だなーって思ってたんですが、本当の部長は生徒議会でも、部活でも、皆の事を考えて動いていて」

    「とっても凄い人だと分かりました……略……あと、余計なお世話ですけど、わざと悪人ぶるのは程ほどにした方いいですよ」

    「部長がメチャクチャ良い人だってのはかなり仲良くならないと分からないですからね」


    久「……ウウッ、私は……私は……」



    「優希、お前が居てくれたから女性ばかりの部室で浮かないで済んだ、ありがとうな」

    「最初の顔合わせで、お前が話し掛けてくれたの嬉しかったぜ」

    「……略……というわけで、料理部部長に俺特製のタコスのレシピを預けたから、お願いすれば作ってくれるはずだ」

    「あとノビノビ麻雀する為に、赤点は取らないようにしろよな、って余計なおせっかいだな」

    「まあ、とにかく頑張れよ、全国大会応援してるぜ」


    優希「……ダメだじぇ…………犬の……京太郎の作ったのじゃないと……」グスッグスッ



    「今思えば、染谷先輩が居てくれたから、麻雀部が上手く回っていたと分ります」

    「皆が大会や自分の事だけで精一杯な時、先輩が後ろから見守ってくれていたのは、とても凄い事だと今になって分りました」

    「……略……先輩が気を使ってくれたから、最後まで麻雀部を好きなまま去る事が出来ました。本当にありがとうございます」

    「けど、矛盾してますが、もうちょっと自分の事を優先させても良いと思いますよ」

    「来年度の部長、(メンバー的に)大変でしょうが頑張ってくださいね」


    染谷「……バカもんが……バカじゃバカじゃ…………わしは本当にバカもんじゃッ!」



    「和、何時も前を向いて、麻雀にひたむきな和は本当にカッコ良かった」

    「……略……今更言う必要は無いだろうけど、咲の事ヨロシクな」

    「アイツは人見知りでたまに変な事するかもしれないけど、どんな事をしてもお前の知ってる咲だからさ、それだけ覚えておいてくれ」

    「全国大会でも活躍する事信じてるぜ、頑張ってくれ!」


    和「…………言われなくても……」クッ!


    久「私の…私のせいね……」

    染谷「……」

    久「せっかく入ってくれた部員なのに、団体戦だから、全国へ出たいからって!」

    久「……私は、……私が一番、麻雀が出来ない寂しさを知ってたのに……一年の時、一人だけの寂しさを知っていたのにッ…!」

    染谷「喚くなやッ!!!」

    「「ビクッ!」」

    染谷「すまん……じゃがのぉ部長、京太郎からの部長への手紙、中身は分らんが、お前を攻める言葉だけは無かったはずじゃ」

    染谷「アイツはそんな男じゃあ無いけえの」

    染谷「興奮してるからしょうがないかもしれんが、アイツが悲しむような言い方はして欲しくないんじゃ……」

    久「………………そうね、ごめんなさい」


    咲「でも、反省しないと……」

    染谷「……そうじゃな、わしもさっきはああ言ったが、悔やんでる事だらけじゃ」

    咲「私、京ちゃんが大変なのを知ってたはずなのに、いっつも纏わり付いて、何でもして貰って、京ちゃん京ちゃんって煩くして……」

    咲「そして……それが当然だと思って……ウッ……、居なくなってから分るなんて……ワダシ……ワダシ゛……ウウウッ」

    久「皆同じよ……、須賀君がずっと居るものだと思ってて……それで甘えてしまって……」

    優希「私がずっと纏わり付いてたから、それが嫌になったのかも……」

    久「そんな事無いわよ。口では言い合いをしてたけど、須賀君もそれを楽しんでいたわよ」

    優希「でも、でも……部長が居ない時とか、ずっと纏わり付いてて、話す事が無い時も、無理やりタコス買いに行かせたりて……」

    優希「それで、京太郎、麻雀する暇も無かったから……それで……」ウググッ

    久「(……えっ?私が居ない時も、須賀君は打ててなかったの?)」

    久「(それじゃ、本当に雑用する為だけに部活に来てたって事に……)」

    和「……もう止めましょうよ。居なくなった人の事をアレコレ言ったってしょうがありません」

    和「それに須賀君は親の都合で転校したんですよ、皆が悩む必要なんて無いですよ!」

    染谷「和、何とも思ってない奴は、そんな風に怒ったりせんぞ?……あんまり自分を偽って、貯め過ぎん様にな」

    和「そんなんじゃ……私はそんなんじゃ……!」

    咲「京ちゃん……京ちゃん……」グスグス

    久「(まこはああ言ってくれたけど、やっぱり私のせいだ……)」

    久「(分ってたのに、なのに何時も何時も『大会が終ったら』『大会が終ってからでいいや』って……)」

    久「(それからでいいって思って、……大切な部員を後回しにしていい理由なんて、あるはずないのにッ!)」




    『ん、先輩っていっつもパンなんですか?』

    『うっ……ここら辺はコンビニも碌に無いし……それに料理はあんまり上手くなくてだね……』モノクルイジイジ



    トヨネ「皆ー、そろそろお昼にしよー」

    シロ「お昼っ……ダルくない」

    胡桃「じゃあ今日も、近くの教室行って食べようか?」

    京太郎「あのー、みんな。良かったら天気も良いし中庭で食べない?」

    塞「ふむ、タマには気分を変えるのも良いかもしれないな」

    トヨネ「わーい!皆で芝生の上でお弁当とか、ピクニックみたいでイイねー♪」

    シロ「キョウタロ……おぶって」



    中庭!



    塞「それじゃ、ここにしようか?」

    京太郎「あ、ちょっと待ってて下さい。レジャーシート持って来たんで、敷きますね」カイガイ

    胡桃「気が利くね、流石は私の後輩!」

    京太郎「よし、じゃあどうぞ」

    トヨネ「ワーイだよー♪」

    塞「ふうむ、日差しは強いが、風があるし木々が上手い事日除けになって丁度いいかも」

    塞「これで食べるのが菓子パンでなければさいこ―――」

    京太郎「あの~、実は最近ちょっと料理に凝ってて作り過ぎちゃったんですよ、良かったら皆で食べてくれないッスか?」イロトリドリー

    シロ「……ゴクリッ……これはとてもダルくない物だ」

    エイ「オニギリ!ジャパニーズライスボォオオルダー!」[▲]

    京太郎「三角なのがタラコで、俵型がオカカです」

    塞「ほほう、おかずも美味しそうだな。定番の玉子焼きに唐翌揚げ、そして緑のはほうれん草かな?」

    京太郎「はい、ほうれん草のおひたしを胡麻和えにした物です」

    京太郎「甘めに味付けしているので、甘いのが嫌いじゃなければ大丈夫だと思います」

    シロ「食べよう……早く食べるべきだ……」

    京太郎「はい、オシボリどうぞ」

    トヨネ「わぁ~、アリガトウだよ~」

    胡桃「ありがとう(……有能過ぎて、ちょっと怖いな)」

    シロ「玉子焼き美味しい……甘いの好き」

    エイ「ターラーコー、ターラーコー、タープゥーリータァーラーコォー♪」[▲♪]

    塞「……このオカカ、なんか美味しい。風味が濃いのかな?」

    京太郎「はい、実はパック売りのじゃなく、鰹節から削ったのを使ってるんですよ」

    胡桃「ハムハム、……から揚げを食べてオニギリを食べる。そしてまたオニギリを食べてから揚げを食べる」

    胡桃「……まさに、円環の理だね!」

    トヨネ「ううー、全部美味しくて手が止まらないよー」

    京太郎「あ、お茶どうぞ」

    トヨネ「あっ!京太郎くん、いっぱい食べちゃって、ゴメンねー><」

    シロ「……あっ」

    エイ「アノ、アノ、ワタシノサンドウィッチ」[差し出す絵]

    胡桃「先輩として、カワイイ後輩にカニコロッケを上げよう」

    シロ「お母さん作ったお弁当、美味しいから……どこれでも好きなの取って」

    トヨネ「えへへ~、私のはあんまり美味しくないかもだけど、良かったら食べてね」

    塞「……(ううっ、私、菓子パン一個しか持ってない。どうしよう……)」

    京太郎「皆さんありがとう、……うん、すっごく美味しいッスね!」チラッ

    エイ[♪]

    京太郎「あーそういえば」

    塞「?」

    京太郎「朝もオニギリだったんで、飽きちゃったんですよね」

    京太郎「塞部長、良かったらそのパンと残ったオニギリ交換して貰えませんか?」

    塞「えっ?でも……」

    京太郎「助けると思って、お願いしますよー」

    シロ「ああ言ってるし、イイんじゃない?」

    塞「そ、それじゃ……ハイ、どうぞ///」

    京太郎「あざっす。……モグモグ、カニパンってなんでこんな美味しいんですかねー」

    京太郎「単なるチョコパンなのに、形が違うだけで美味しく感じちゃうんですよね」

    胡桃「(わざとらしいなあー。……けどまあ、やっぱり須賀君は良い奴なんだな)」

    京太郎「あっ、三時のおやつ用にクッキー焼いてきたんで、期待しておいて下さいね」

    胡桃「……(ちょっと異常な有能さだけど)」・v・;

    京太郎「お茶はアールグレイを持ってきました」ニコッ





    ニュース「IPS法案の実施に伴い、一定以上の規模の病院には、カウンセラーとIPS施設が義務付けられ……」





    京太郎からの、手紙を読んで解散後

    久「……」

    まこ「なあ、部長……いや、久はこんなんで諦められるのか?」

    久「自分でも分ってるわよ……優希と同じだってのは」

    まこ「知ってるのと、理解してるのは違うぞ?」

    久「はぁ……まこ、今日は随分キツイわね?」

    まこ「しょうがないじゃろ、命短し恋せよ乙女って言うからのぉ」

    久「私だって分ってるわよ、自分が有利な立場、安全な所からしか話し掛けられなかったっていうのは……」

    久「だから大した用も無いのに、無理やり用事を言いつけて、そして悪いと思いながらも、私の為に動いてくれるのが嬉しくて……」

    久「だから、子供みたいに何度も何度も同じ事を繰り返して……」

     テクテク

    まこ「……キツかったのは、京太郎に選択権があった事じゃのぉ」

    久「……」

    まこ「咲が京太郎の父親から聞いた話じゃ、京太郎は残る選択肢もあったらしいのぉ」

    まこ「家族の為か、もしくは別の理由かは分らんが、父親に付いて行って岩手に行ってしもうたんじゃからな……」

    久「……」

    まこ「確かにインターハイは大事じゃが……しかし今しか出来ない事もあると思うんじゃ」

    まこ「まあ、こういうのは、本来他人がああこう言うもんじゃないけどの。やれやれ、もし馬に蹴られたら、心配損じゃな」

    久「……うん、ありがとう。……本当にありがとうね、まこ」



    まこ「(……素直じゃないのはワシの方じゃな)」



    塞「そういえば須賀君、貯金はあるかな?」

    京太郎「はい?まあ、多少は有りますけど、部費ですか?」

    塞「いや、インターハイ全国大会への旅費だよ。部費も全員分出せるほど貰ってないからね」

    塞「私達は前から積み立ててたんだけど、君はどうかなと思って」

    エイ「ノコッタブヒト、カンパヲ6人デワルトネー」[福沢諭吉]

    塞「そうだね、1万円出してくれれば、残りは部費で賄える計算らしい」

    トヨネ「せっかくだからって、良いホテル選んじゃったかもねー」

    京太郎「えっ、6人で割るって、俺なんか入れずに出場する5人だけで使って下さいよ」

    塞「駄目」

    京太郎「えっ?」

    塞「これが何十人も居る部活ならレギュラーだけに旅費を使うのもいいんだろうけど」

    塞「たった6人だけの部員なんだ、全員で行くべきだよ」

    京太郎「え、でも……」

    シロ「それに私達全員三年……」

    胡桃「そうそう、来年からは須賀君がこの部を引っ張っていくんだ」

    胡桃「全国を肌で感じるだけでも良い経験になるはずだよ!」ダンゲン

    トヨネ「そっか、来年になったら私達卒業なんだねー……うううっぐすっ」ジワワ

    エイ「ウワアアアアン、ハナレタクナイデスー」

    京太郎「ちょ、先輩、泣かないで下さい。あわわっ、ど、どうすれば!?」

    トヨ・エイ「卒業シタクナイヨー><」ウワアアアン



    塞「おはよう……っと、今日も須賀君が一番乗りか」

    京太郎「はい、ちょっとやりたい事があったんで」

    塞「やりたい事?」

    京太郎「はい、このPCの中の牌譜、無造作に突っ込まれてるだけなので、ちょっとエクセルで纏めてみたんですよ」

    京太郎「これで高校別はモチロン、先鋒、中堅、大将等の順番別や学年別とかでも調べる事ができます」

    京太郎「あっ、携帯からでもアクセス出来るようにしたんで」

    京太郎「会場で組み合わせが決まったらデータ落として、プリントアウトして渡しますね」

    塞「な、なるほど……助かるよ?」ケイタイデ、プリントアウト?

    京太郎「いえいえ、俺に出来る事なんてコレくらいですから」

    塞「ほんと……ありがとね、須賀君」

    京太郎「いえいえ、大した事じゃないですよ、前の学校でも散々やってた事ですから」

    塞「前の学校か……実は君が転校してきて、この部活に入ると言った時は少し不安だったんだ」

    京太郎「……はい」マジメガオ。キリッ

    塞「えーと、あのね///」

    塞「最初はたった三人の部活に、エイスリンとトヨネが加わり五人になって、とても良い感じでチームを組む事が出来たんだ」

    塞「麻雀の能力もだが、君から見ても私達は仲が良いでしょ?」

    京太郎「はい、とっても仲良しだと思います」

    塞「うん、ありがとう。私はそれで最高の状態だと思ってたんだ」

    塞「そこに何かが加わったら、この調和が崩れてしまうんじゃないかと……ふふっ、部長として少し気負ってたのかもしれない」

    京太郎「……」

    塞「だから、……ゴメンなさい。君はそんな人間じゃなかった、そして今はもう、この宮守に欠かせない大事な部員」

    塞「今まで色眼鏡で見ていてゴメンなさい!」

    京太郎「……あーもう」

    塞「……」ビクッ

    京太郎「謝る必要なんてこれっぽっちも無いですよ」

    塞「えっ、で、でも……」

    京太郎「不安がる?去年まで女子高だった女子高生が、面識の無い男子を警戒するなんて当然の事じゃないですか」

    京太郎「逆にトヨネさんやエイスリンさんの様に、誰彼構わず信用する人の方が心配ですよ!」

    塞「で、でも、私は自分の事が許せ無くて…」

    京太郎「それに頭の中で何かを思ってたとしても、塞部長は1ミリも態度になんか出しませんでした」

    京太郎「だから俺に取って塞部長は、真面目でカッコよくてカワイイ、素晴しい部長なんです!

    京太郎「これは塞部長が何を言っても変更なんてしませんからね!」

    塞「ふふっ……何それ? まるで駄々っ子みたいな言い分じゃない……ふふふっ」

    京太郎「そうです、俺は駄々っ子だから、絶対に考えを変えませんからね」

    塞「やれやれ、先輩としては折れるしかないね……(ありがとう、京太郎君)」

    塞「(それにしても真面目てカッコよくてカワイイ先輩か……ちょっと盛り過ぎだろ……ん?カッコよくてカワイイ?)」

      ……かわ……いい?…………可愛いって!私が可愛いだとおおおおおおおおおっ!?///)」

    トヨネ「みんなーおはようだよー」ズリズリ

    シロ「……おはよ」ズラレズラレ

    京太郎「おはようございます」

    塞「お、おひゃよう///」グルグル

    トヨネ「サエー、眼鏡(モノクル)曇ってるよー?ラーメンでも食べた?」



    竹井久:EP1 入部一ヶ月過ぎごろ



    久「あれ?今日は須賀君だけ?」

    京太郎「ああ、一年の女子は皆、創作ダンスの居残りしてるんですよ」

    久「ああ、アレね……。男子が応援団に囲まれて校歌斉唱してる代わりに女子も何かをしようっていう」

    久「まったく分けが分らない理由で始まったのよね、アレ」

    京太郎「咲も、『ダンスは恥ずかしいけど、それ以上に、強面の応援団に囲まれて大声で校歌を歌わせられる方が嫌だ』

    京太郎「なんて言ってましたから、それなりに納得しているっぽいですよ」

    久「まあ、こんな慣習でも10年も続いたんだから、意味が無いわけじゃないって事か」

    京太郎「そういえば、染谷先輩、遅いですね」

    久「ああ、まこなら今日は、自分ちの仕事の手伝いが有るから、部活には来ないわよ」

    京太郎「そうなんですか、んーじゃあ、咲達が来るまで何しましょう?」

    久「……(ムッ、二人っきりだっていうのに、まったく意識してないみたいね、……須賀君のくせに)」

    京太郎「掃除は帰る時やった方が効率的だし、牌譜の整理は昨日したばっかりだしなあ~」

    久「ねえ、須賀君……(ちょっと、からかっちゃおうかしら?ドンカンな須賀君がわる―――あっ!)」


    ガタッ

    京太郎「あ、あぶなっ!」ガシッ

    久「……えっ?(こ、これは)」

    京太郎「ふぅ……、部長ぉ~、咲じゃないんですから、こんな何も無いところでコケないで下さいよ」

    久「ご、ご、ごめんなさいね、わ、わ、私ったら(だ、だ、抱きしめられてる!?///)」

    京太郎「部長?大丈夫ですか?」

    久「だ、大丈夫よ、い、今起き上がるから」ヌルッ

    久「ん?ヌルッ?……ナニコレ?……床に赤い粘液?」

    京太郎「あー、そっか」

    久「……んっ?この臭いはもしかして……」

    京太郎「そういや今日、咲達三人、部室で飯食べるって言ってたんですよ」

    久「あーなるほどね、それで例の物のソースが垂れちゃったけど、気が付かずそのままにしていた……と」

    京太郎「十中八九そうでしょうね、……まったくアイツは」

    久「まっ、転んで服につかなかったのは不幸中の幸いね」

    京太郎「そうですね、この毒々しい赤は、落ちにくそうですもんね」

    久「うちも余裕あるわけじゃないから、制服はこれ一着だけだし、ホント助かったわ。ありがとうね須賀君」

    京太郎「いえいえ、間に合って良かったです。実は俺も、この制服、卒業まで使えって釘刺されてるんですよね」クショー

    久「……ジー(ううっ、和を見慣れてるからインパクトなんてないでしょうけど……)」

    久「(花の女子高生を抱きしめておいて、無反応っていうのは傷付いちゃうわね)」

    京太郎「(うおおおおおおおっ!ぶ、部長を抱きしめてしまった!やわやわ、柔らかかったああああああ!)」

    京太郎「(うううっ、しかも良い臭いしたから、思わず何回か鼻呼吸しちゃったし)」

    京太郎「(……これがバレたらヘンタイ扱いされ、この部活から追い出されちゃうかもしれない!)」

    久「(けど、こっちから反応するのはシャクよね)」

    京太郎「(なんとか、なんとか平静を保って、なんでもないように振舞わないと!)」

    久「……あっ(目が合った)」ニコッ

    京太郎「(平常心、平常心)」ニコッ



    京太郎「……ふぅ(おもち偏差値は和がダントツだけど、エ○さでは部長がダントツだよな……なんていうか)」

    京太郎「(全身でリビドーが高まっちゃうというか、魔性系年上お姉さん?……いや、お姉さんっていうより、先輩だな)」

    京太郎「(…同じ年上って意味だけど、先輩って単語がいやらしく聞こえるくらい似合ってるんだよな)」←自分の世界に入り込み中

    久「チラチラッ(も、もうっ!何か喋ってよ!ひ、一人だけ意識してるみたいで恥ずかしいじゃないのっ!)」

    京太郎「……」ブツブツ

    久「きょ……すっ、須賀君」ウワズリ

    須賀「んっ?……な、なんですか?」アワワ

    久「わ、悪いんだけど、な、何か飲み物買ってきてくれない?さ、さっき助けてもらったお礼に私が奢るからさ」

    京太郎「えっ、悪いっすよよ、そんな」

    久「いいから、いいらか!先輩の言うことを聞いて、さっさと行ってきなさいって」

    京太郎「はぁ、……じゃ、ゴチになります!」


    タッタッタッ

    久「はぁ……ナニやってるのよ、私は……」

    久「(恥ずかしくて気まずいから追い出すなんて……私は小学生かっての……)」

    久「……私のバカ」




    久「ええ、電話で申し訳ないんだけど、三日ほど休養日に当てようと思うの」

    久「……ええ、もちろん練習したい人は部室を使えるように、顧問の先生には話ししてあるわ……」

    久「うん、そう……だから……今のままじゃ皆、集中できないと……ええ、うん」


     プツッ

    久「……皆、嘘付いちゃってゴメンね」

    久「(岩手行きの新幹線はこの時間だから……)」

    久「……よし、今晩のうちに須賀君に電話してアポ取っておかないと……ううっ、緊張しちゃうわ……」ドキドキ



    『えー、次の東北本線下りは……』

    久「はぁ……ナニやってるのよ私は……(結局電話できないまま、岩手行きの新幹線に乗っちゃったし)」

    久「……うう、電話しよう電話しようと思って寝て無いから、今になって眠気が……うううっ」



    ………………

    …………

    ……



    副会長「流石、会長ですね!会長に苦手な事なんてないんじゃないいですか?」

    久「そんな事ないわよ、出来る事をやってるだけだし」

    書記「でも、同じ高校生とは思えない完璧さですよー」

    久「そんな褒めても何もでないわよ?」

    久「(チャッチャッとやらないと、生徒議会と麻雀部の両立なんて出来ないもの、少しは無理しないとね)」



    久「それじゃ活動日誌、お願いね、まこ」

    まこ「はいはい、言われんでも分っとるわ。しょうがないのー」

    久「優希、洗牌終った?」

    優希「もう少しだじぇー。……そういえば牌洗いとか、なんか久しぶりかも?」

    咲「そうだね、いつもは京ちゃんがやってくれてるもんね」

    咲「(そう、いつもは京ちゃんがやってくれてるんだよね。ありがとうって言いたいけど……)」

    咲「(けど、面と向って言うのは恥ずかしいし///)」

    優希「まったくウチの部長は、人使いが荒いじぇ」ゴシゴシ

    和「優希、そういう時は如才ないって言うんですよ」

    久「なんか、褒められてるようには聞こえないわね……」

    まこ「まっ、要領はええ方じゃな」


    ガラガラガラッ!

    京太郎「お待たせしました。部長、新しいロッカー貰ってきましたよ」

    久「わあ、重かったでしょ?ありがとね」

    京太郎「まあ、カラだったんで何とか。で、何処に置きます?」

    久「えっとねー、じゃあ入り口左の隅に置いてちょうだい」

    まこ「お疲れさんじゃ、ほい、缶コーヒー奢ったるわ」

    京太郎「ありがとうございます」

    優希「よし、牌も洗ったし、一局打とうじぇ!」

    和「負けませんよ、ゆーき」

    久「……」ボー

    まこ「部長、入らんのか?」

    久「あっ……いえ、いいわ。皆で先に打っててちょうだい」

    まこ「ほうか?ならそうさせてもらうわ」

    咲「サイコロ振りますねー」コロコロ

    久「……ふー」

    久「……ヒャッ!冷たっ……えっ、須賀君?」

    京太郎「缶コーヒー、部長も飲みません?まだ口を開けて無いから、先に飲んでいいですよ」

    久「えっ?えっ?」

    京太郎「あー、あと……部長、俺最近、親父に肩揉みとかさせられてるんですよ。良かったら、採点してくれません?お願いします」

    久「……えっ、……あー、そ、それじゃお願いしよっかしら」アセアセ

    京太郎「じゃ、遠慮なく」モミモミモミ

    久「……んっ」

    京太郎「(最初は全体を揉み解すように柔らかく押して)」モミモミ

    久「……あっ……んんっ……あっ」

    京太郎「痛かったら言って下さいね」

    京太郎「(受験生だから、肩よりは首とか凝ってそうだな)」

    京太郎「(親指で筋肉を揉み解すようにグリグリと……けどけっして強く押し過ぎないようにして……)」モミモミ

    久「んっ……だ、大丈夫、丁度良いわ///」

    京太郎「そうですか、それはよかったです」モミモミ

    久「……んっ……はぁ///」

    京太郎「……」モミモミオシオシ

    久「……ねえ、なんでいきなりマッサージしようと思ったの?」

    京太郎「……」

    京太郎「なんか……なんか部長が疲れてそうに見えたんで……まあ、大した理由は無いですよ」ニカッ

    久「ふふっ、そっか……、そっかー、理由なんて無いかー♪」

    久「(人望があって完璧に見られる私。計算高くて他人を利用する私)」

    久「(……どっちも私だけど、……ふふっ、別の私も居たのかも……いえ、居るのが分っちゃったかもね)」ニマニマ

    久「ねえ、須賀君」

    京太郎「はい、なんですか部長?」

    久「またマッサージしてね、約束よ♪」ニカッ




    『宮守ぃー宮守駅ぃー。お降りになるお客様は、お荷物等、お忘れ物の無いよう……』



    久「付いちゃった」

    久「……うぷっ(うう、緊張し過ぎて胃が痛いわ)」

    久「(あー、どうしよ……家の住所とか分らないんだから、電話するしか無いわよね?)」

    久「(あー……、一応通ってる高校の場所は調べたけど、土曜日に登校してる可能性は少なそうだし……う~ん)」



    前日!

    トシ「皆~、注目しておくれ」

    「「はい!」」

    トシ「部が波に乗っている所で申し訳ないんだけどねぇ、実は明日明日の土日はこの離れの校舎は使えなくなったんだよ」

    エイ「?」ホワイ?

    トシ「実は、二つ隣の生物部が実験用の虫を逃がしちまってねぇ」イヤハヤ

    塞「虫!?」ゾワゾワ

    トシ「それの駆除の為に、薬を使うから土日は立ち入らないで欲しいって言われてね」

    トシ「ああ、食べ物とか殺虫剤が付いたら困るものは今日のうちに持ち帰っておくれ」

    京太郎「んー、じゃあ帰る前に、PCとかにも布を掛けてから帰りましょうか」

    京太郎「雀卓とかにも掛けた方が良いから、シーツか何か、ニ、三枚ありませんかね?」

    塞「ああ、それなら……」

    ………………

    …………

    ……

    トヨネ「じゃあ、帰ろうかー?」

    胡桃「そうだね。……そういえば、皆は土日どうするの?」

    エイ「ヒサシブリニ、ビジュツカンメグリ」[建物]

    シロ「……藤田さんとこだっけ?」

    エイ「ウン、ギャラリーフェレット♪コンシューハ、セザンヌトクシューダッテ」

    塞「私は全国で当るだろう出場選手達の牌譜でも、じっくり読もうかな」

    胡桃「京太郎君はどうするの?」

    京太郎「うーん、特に決めてはないんですけど、土曜日は引越しの細かい片付けをやって……」

    京太郎「日曜日は買い物出来る所とか、付近の散策とかかな?」

    京太郎「転校してすぐに、麻雀部に入ったんで、まだ学校と家の往復しかしてないんですよね」

    トヨネ「……!」ピクン!

    シロ「キョウタロ……案内しようか?」

    塞「えっ!?シロが案内!?」ビックリ

    胡桃「うん、明日は雹が降るね。間違いない」

    シロ「キョウタロの家は近所……だから、それほどダルくない」

    京太郎「俺はありがたいですけど、全国大会近いのに、俺なんかに時間使っちゃって、いいんですか?」

    胡桃「まあ、素直に受け取っていいんじゃない?シロはこう見えて、面倒見良いし」

    塞「そうだね、シロが一人になったからって、ガムシャラに練習するとは思えないしね」

    シロ「うん……その通り」

    塞「いや、自分で肯定しないでよ!」

    京太郎「えー……それじゃ、シロ先輩。日曜日に案内、よろしくお願いします!」

    シロ「任されました。じゃ……明後日はヨロ」



    トヨネ「……(ううっ、私にもうちょっと積極性があれば)」ショボーン




    久「あーもう、自分がこんな意気地なしだったとは、初めて知ったわ!」

    久「(須賀君が通ってる学校に行ったって、意味無いのは分ってるのに……)」テクテク

    久「えーと、この辺のはずよね?」

    シロ「(ヤバ……学校に財布忘れてた。流石にコレは取りにいかないと困る)」

    久「んー迷っちゃったかも?……あっ、制服着てる子が居るわ、学校の場所、聞いてみようかしら」

    久「スイマセーン!」

    シロ「……?」


    ………………

    …………

    ……


    久「いやー、ゴメンなさいね」

    シロ「別にいい……学校は行く途中だったから」

    久「(特徴的な喋り方の娘(こ)ね)」

    シロ「貴方、もしかして……転校生?」

    久「えーと、そうじゃないんですよ」

    シロ「……そっか(京太郎の事があるから、転校生かと思っちゃった)」

    久「実は、宮守に転校した知り合いに会いに長野から来まして」

    シロ「……!」ピク

    シロ「ふーん……会ってどうするの?」

    久「?(何か雰囲気が……変わった?)」

    久「えーと、ほら、急な転校だったから、元気にしてるかな~って」アセアセ

    久「(色々言い訳はあるけど。本当の所は……会いたくて……謝りたくて)」

    久「(やっぱり、どうしても会いたくなって来ちゃったなんて、流石に言えないわね)」

    シロ「そっか……そんなもんなんだ」

    久「……はい?」

    シロ「貴方、清澄の人……だよね?」

    久「えっ?……ど、どうして、その事を?」ビクッ

    シロ「私は宮守麻雀部員の小瀬川白望 。……会いに来たのって、ウチの部のキョウタロウの事……だよね」

    久「(そうか、須賀君、こっちでも麻雀部に入ったんだ……良かった。……ん?)」

    久「(……ウチの?)」イラッ

    久「私は、清澄麻雀部の部長、竹井久です」

    久「どうやら私の(後輩の)須賀君がお世話になってるみたいですね、ありがとうございます」ニコッ

    シロ「……」ムカッ

    シロ「キョウタロとは、……待ち合わせしてるの?」

    久「……うっ!……そ、それはまだだけど、須賀君が通ってる学校を見てから連絡する予定だったのよ」

    シロ「へえ、明日は予定があるから、早く連絡した方が……いいよ」

    久「予定?(なんで小瀬川さんが?)」

    シロ「うん……明日は私とデートする予定だから」ビショウ

    久「――!?」

    久「……」ギリッ

    久「須賀君は純情だから、からかうのはやめておいた方がいいと思いますよ」

    久「須賀君だって男の子だし、何かあったら小瀬川さんだって困るでしょ?」

    シロ「…………」

    シロ「……想像してみたけど、キョウタロなら、……嫌じゃないかも」

    久「……ヘー、ソウナンデスカー」ヘイタンナコエ

    シロ「…………」

    シロ「ねえ、……勝負しない?」

    久「勝負?」

    シロ「そう、もし貴方が勝ったら、キョウタロの家を教えてあげるし……明日のデートも譲ってあげる」

    久「……えっ?」

    久「(どうして、そんな事を?そんな事をしても、この娘にメリットなんてないのに?)」

    久「(それに、恋愛感情かどうかはわからないけど、彼女……須賀君の事を……)」

    シロ「(さっきは、そんなものって思ったけど……けど、わざわざ長野から来るなんて、"何か"がなければ……無理だよね)」

    久「(別に勝負なんてしなくても、須賀君ならわざわざ長野から来た私を、追い返したりしないだろうけど……けど)」

    久「……わかった」

    シロ「……」

    久「貴方との勝負、受けるわ」



    ────
    ──


    菫「すまないな、助けてもらって」

    蒲原「なあに、気が向くまま運転してただけだ、気にしなくていいよ」ワハハ

    蒲原「それで、探していた友達は大丈夫なのかい?」

    菫「ああ、ちゃっかりもう東京行きの新幹線に乗ったそうだ」

    蒲原「ワハハ(汗)、それは散々だったな。それにしても、こんな所まで迷子になるなんて、凄すぎるなその子」

    菫「ああ、私も同じ部活の仲間で実害を受けてなければ、信じないほどの迷スキルだよ」

    蒲原「へえ、何の部活なんだ?」

    菫「ああ、それは―――」

    ………………

    …………

    ……

    蒲原「と言うわけで、雀荘に来てみた」

    菫「ふむ、旅に行った先で、その地域の雀荘に行くと言うのも、中々趣があるな」

    蒲原「そうだろ?実はこれを、趣味にしようと思ってるんだ。ちょうど車の運転にもハマッてる所だしな」ワハハ



    ────
    ──



    久「ここが、今、須賀君が通ってる学校かぁ」

    シロ「ちょっと忘れ物取って来るから……ちょっと待ってて」ダル…

    久「……」キョロキョロ


    京太郎「ふぅ、必要な書類が抜けてたとは……忘れたこっちも悪いけど、担任先生のチェックもいい加減だよな」


    久「うーん、色々見て見たいけど勝手に動き回ったら駄目よねえ(須賀君の教室とか、座ってる席とか……ロッカーとか///)」

    久「まあ、このまま昇降口で待ってるのが無難よね」


    京太郎「よし、家の片付けもまだ中途半端だし、さっさと帰って続きをするか!」

    生物教師「おっ、そこの男子、すまないがちょっと手伝ってくれないか?」

    京太郎「はーい、コレを持てばいいんですか?」


    シロ「お待たせ……じゃ、行こうか」

    久「ええ、それじゃ行きましょうか」

    久「(ちょっとだけ、須賀君に会えるかもって思ったんだけど、まあ……そんな上手くは行かないわよね)」



    雀荘!

    シロ「ココにしよう……というか、歩いて来れるのはココしか無い」

    久「問題無いわ……えーと、二人揃って入れそうな卓は……」キョロキョロ

    卓1「……御無礼、ツモりました。8000オールです」

    卓2「……天和九蓮宝燈!」「テメェ!仕込みやがったな!」……ざわ……ざわ

    久「うーん、何処も白熱してて、入れそうもないわね」

    ?「なあ、君達」

    シロ「……うん?」

    ?「君達も麻雀しに来たんだよな?実は私達も、二人組みなんだ、良かったら一緒に打たないか?」

    シロ「……おっけー」

    久「助かるわ、それでもう一人の人は?……見た所一人見たいだけど?(この人、見た事があるような気が?)」

    ?「うむ、駐車場に車を止めている所だ、もうすぐる来るはず……っと、来た来た。蒲原、丁度良く面子が見つかったぞ」

    蒲原「へえ、流石は菫、手際が良いな」ワハハ←意気投合して名前呼び

    久「……あれ?……蒲原さん?」

    蒲原「うん?清澄の部長か?……なんでこんな所に?」ワハハ?


    ………………

    …………

    ……


    久「えーと、と言うわけで知り合いなんだけど、どうする?」チラッ

    シロ「清澄じゃないんなら……問題無い」

    菫「……ふむ(何か面白そうな雰囲気だな)」

    蒲原「何かよくはわからないが、私達は普通に麻雀すればいいんだろ?」

    久「ええ、巻き込んで申し訳ないんだけど、お願いするわ」

    ワハハ「なあに、何事も経験だ。こういう雰囲気も、タメになるってもんだ」カンバラッ


    シロ「それじゃ……やろうか」



    久「ロン……中、ドラ2で3900よ」

    蒲原「萬子の鳴き清一に見せかけて、索子の辺張待ちか、清澄の部長は相変わらずだな」

    菫「(手持ちの中で一飜確定していたから、鳴いた面子を迷彩にしたのか)」

    菫「(まあ、良くある手ではあるけど、辺張の、しかも地獄待ちっていうのは違和感があるな)」

    菫「(まさかこんな悪待ちがスタイルなわけないだろうが、しかし……)」

    シロ「……はい、3900」ジャラ


    ………………

    …………

    ……


    シロ「……ちょいタンマ」

    菫「……!」ゾクッ

    久「……」

    シロ「……お待たせ」タンッ 筒子7(ドラ)捨て

    蒲原「怖いなー、白捨てとこう」タンッ

    久「……」タンッ

    菫「(小瀬川さんの河、字牌が少ない……けどリーチの索子はツモではなく手出しの捨牌だから、今度こそ混一系か?)」


    ………………

    …………

    ……


    シロ「ツモ、混老七対子。……メンゼン、ホンロウ、チートイで……満貫だよ」

    蒲原「ワハハ、珍しい役だなー」汗

    菫「(捨牌から読むと、ドラを捨てた時点では役牌ドラ1……確かに点は高くなったけど……)」

    菫「(混一じゃなくて混老七対を目指すなんて、完全に私のセオリー外の打ち方ね)」



    久「……(スピードと直取りのしやすさでは、私の方が上……彼女は高い得点が得意のようだけど……)」

    久「(手変わりをするぶん、速さでは私の方が上……だから速さと和了り数で勝つ!)」ゴッ

    シロ「……(一撃の強さは、私の勝ち)」

    シロ「(……変な待ちで読みにくいけど、何回和了られようと、一撃で追いついて……そして追い越すッ!)」ゴッ



    オーラス!

    久「……(点差は、やや私が上だけど、千点にも満たない微差……)」

    シロ「……(ラス親は、この口の大きなずっと笑ってる人。だから……連荘は期待しないで打つ)」

    久・シロ「だから……(先に和了った方の勝利(よ)!)」


    久→菫→シロ→蒲原(ラス親)

    二三四347①②④⑧⑨北白 ⑧


    久「(三巡目で、理想的な三色同順の手牌になったけど……重いわね)」

    久「(東場なら三色、タンヤオ、ピンフまで狙っていただろうけど、オーラスで……しかも互いに微差でのトップ争い中)」

    久「(この場面に限っては、役満よりも役牌のみの方がありがたいケースだわ。しかも……)」北捨て

    菫「……」タンッ

    シロ「……ちょっとタンマ」

    久「……ッ」

    久「(やはり手が早い。手変わりするとしても、まだ4巡目だ、配牌時からすでにかなり揃っていたと見るのが正しいでしょうね)」

    シロ「……お待たせ」タンッ 白

    蒲原「おっとポンだ」 白白白

    久「(これで、特急券の役牌もほぼ無理。喰いタンしようにも、捨ててもらえる気配は今のところ無し……本当に困ったわね)」

    蒲原「ワハハ」發ステッ

    久「(麻雀の神様は……本当に居るのかもしれないわね。今日の、この勝負、……私は"麻雀の為に麻雀を打っていない")」

    久「(もし神様が居るなら、そんな人間には、絶対に味方なんかしないでしょうね)」

    久「(須賀君に会いたい、須賀君と一緒に居られる目の前の子が憎い。須賀君に会って話しをしたい)」

    久「(口調は軽いけど、男の子らしいシッカリとしたあの低音声をもう一度聞きたい)」

    久「(……そんな事ばかりが、頭の中をを駆け巡って……)」


    二三四347①②④⑧⑧⑨白 ⑨


    久「(このメンバー、蒲原さんは見た目と違って堅実で防御が上手い。そして、蒲原さんの知り合いの菫さん)」

    久「(……まだ会ったばかりなのに、まるで見えてるかの様な一点読みをしてくる事がある)」

    久「(序盤ならともかく、私の悪待ちがバレタこのオーラスで直撃は……ほぼ不可能)」白ステ

    久「(……私は)」


    二巡目

    一一四899①③南南白中 1


    シロ「(手っ取り早くいくなら……チャンタか場風(南))」



    三巡目

    一一1899①③南南白中 中


    シロ「(だけど……)」



    四巡目

    一一1899①③南南中中 1


    シロ「(何時も通りならココは、1の三色同順で、89を切るべき……だけど)」

    シロ「……ちょっとタンマ」

    シロ「(そういえば、……なんで私は……こんなに、ムキになってるんだろ?)」

    シロ「(確かにキョウタロは、大事な後輩)」

    シロ「(……だけど、この竹井とか言う人が悪意を持ってないのも、なんとなく分って来た……なのに)」

    シロ「(なんで私は、この人とキョウタロを会わせたくないんだろ?)」

    シロ「(はじめて見たのは、トヨネに必死に謝る姿。……ああ、この子は外見に似合わず真面目なんだなあ……と思った)」

    シロ「(次は、普通に麻雀を打つだけなのに、嬉しそうな顔をしたキョウタロ……)」

    シロ「(あの時はちょっと意味が分らなかったな……ふふっ)」

    シロ「(そしてその時、清澄の事をチラって聞いて)」

    シロ「(……それで関係無いはずなのに、生真面目な塞と一緒に、怒るなんてダルいはずなのに、私もイラッとして……)」

    シロ「(そういえば、中庭で食べた玉子焼きは美味しかった……また作って欲しいな)」

    シロ「(そういえば、あの時初めてキョウタロに負ぶって貰ったんだった)」

    シロ「(……乗り心地、……良かったなあ)」



    五巡目

    久「……」タンッ


    六巡目

    久「(……神様か)」タンッ


    七巡目

    久「……フッ」


    八巡目

    久「……ちょっとゴメンね」

    菫「(ん?髪を縛った?……何かのジンクス……いや、集中する為のルーティーンか?)

    久「……お待たせ」タンッ!

    シロ「……」



    九巡目

    久「(神に用意された道(良形)を、散々捨てて勝負して来た私が、今更神頼みだなんて、……まったく)」

    久「――(不甲斐ないわね!)」タンッ!

    菫「……」タンッ

    シロ「リーチ(誰も出さないのなら、無理矢理降ろして、そして……ツモ和了る!)」タンッ!



    十巡目

    久「(このままじゃ、……ツモられるか。やはり、一手足りずに追いつけなそう、……けど)」タンッ

    菫「……」タンッ

    久「カンよ!」⑨⑨⑨⑨

    久「(このメンバーじゃ、いくら私でも直撃は不可能)」

    久「(だったら、"今までの私以上の無茶"をして読ませない手を……、いや絶対に読めない手で勝負!)」

    菫「しまった!?」

    シロ「(ツモがズラされた!?……いや、それだけじゃない。もしかして!?)」

    久「(追いつけないなら、ツモを増やして、―――加速させる!)」



    パラッパラッ
    二三四345②④⑧⑧ ⑨⑨⑨⑨ 自摸③

    久「ツモ、嶺上開花のみ……よ」



    菫「馬鹿なッ!?(この捨牌は、まさか三色とタンヤオを捨てて!?こんなもの、読めるはずがないッ!)」

    蒲原「(オイオイ、いくら悪待ちが得意だって言っても……限度があるだろう)」ワハハ;

    久「(役を全部捨て去って、嶺上開花のみの、まったく馬鹿で最低の悪待ち。ふふっ……まったくもって、私の為にあるような役ね)」

    久「このお店は、嶺上での責任払いは無しだったわね」

    久「1飜36符でゴミ(400、700)ね。ギリギリだけど、トップは頂いたわよ」ニヤリ


    蒲原「中々面白い対戦だったよ、また打とうな皆」ワハハ

    菫「また会えると、いいな。では、それまで元気でな(これでまた、全国が楽しみになったよ)」ニヤリ

    シロ「……またね」

    久「運転、気を付けてね。では、また会いましょう」


    ブウウウウウウンッ!

    久「……」

    シロ「……」

    シロ「……メモするから、ちょっと待ってて」

    久「うん、ありがとう」

    久「……あの」

    シロ「……うん?」

    久「えーと、その……須賀君は、こっちで上手くやれてるのかなーって気になっちゃって」

    シロ「うん……部の皆と、仲良くやってる」

    久「……そっか(ホッとする……そしてそれと同時に、少し嫌な気分になる。ああ、私は本当に嫌な奴だ)」

    シロ「はい。一つ目がキョウタロの家で、……二つ目が明日、待ち合わせしている場所の住所」

    久「小瀬川さん、……ありがとう」

    シロ「……気にしなくていい」フルフル

    久「……あのさ」

    シロ「うん?」

    久「メアド、交換してくれないかしら?」

    シロ「……うん???」



    京太郎「……ん?メールか?」


    ガララッ

    ?「よっ」

    京太郎「よっ、じゃないですよ部長!なんでこんな所に?!」

    久「えーと、うん、ちょっと事情があってね。それで、ついでに須賀君がどうしてるかなーって思って」テヘッ

    京太郎「はぁ……それにしても、よくウチの住所分りましたね。親父が咲と会話したって言ってたから、そこからですか?」

    久「いいえ、無口で親切な女子高生に、教えて貰ってね」

    京太郎「……はぁ?」


    シロ「さて……明日は、何をして過ごす……かな」


    チャーチャー、チャーチャラー♪←デフォルト着メロ

    シロ「メール?……誰だろ……」

    メール[やっほー♪ 貴方の竹井久ちゃんですよー(^▽^)/ 実は重大なお知らせがあってメールをしました><;]

    シロ「???」

    メール[なんとなんと、久ちゃんは今日の最終便で帰る事になりました。なので、残念だけど明日のデートは行けません(ノ△・。)]

    メール[と言う事で、誰か代わりに、白髪で暇なの女子高生が行ってくれると、助かるなーって思っています|ヽ-゚)チラッ]

    シロ「……」

    メール[PS.これは降伏でも逃げたのでもないからね。"この件"に関しては、正々堂々勝負するつもりよ]

    メール[……意味は言わなくても分るわよね♪]



    久「あのさー、須賀君」

    京太郎「はい」

    久「……えー……その……」

    京太郎「……?」

    久「コッチはどんな感じかしら?学校には慣れた?」

    京太郎「ええまあ、ボチボチって所ですかね」

    久「ふふっ、ボチボチっておっさんじゃないんだから」

    京太郎「……」

    京太郎「あの……皆の調子はどうですか?」

    久「……えーとね、その」

    京太郎「スイマセン!俺、自分の事ばっかで、……ホントはちゃんとお別れを言わなきゃいけなかったのに」

    久「……え?(……なんで……なんで、貴方が謝るのよ)」


    また逃げるの?


    京太郎「俺、なんて言っていいのか分らなくて……それに、なんか逃げ出したみたいな気がして……」


    良かったわね、須賀君の方から折れてくれて。


    久「(なんで、責めないのよ……私は……貴方は、何も、悪くなんか……)」ジワ

    京太郎「なんて言っていいかわかないんですけど……俺」


    竹井久、貴女は上の立場からじゃないと喋れない、誰にも本音を言えない臆病ものだものね、だから―――


    久「ダメッ!」

    京太郎「……え?」

    久「ゴメン……ゴメンなさい……」

    久「須賀君、貴方が謝っちゃだめ……私が、私こそが謝らないと……ダメなのよ」

    京太郎「えっ?何で?黙って転校した俺が、わる―――」

    久「咲から聞いたの……お父さんから、須賀君が残る可能性があった事」

    京太郎「……」

    久「ゴメンなさい」

    久「初心者の貴方に、打たせもせずに雑用ばかり押し付けてゴメンなさい」

    久「大会があるから、最後のインターハイだからって、そんな考えを押し付けてゴメンなさい」

    久「咲の入部で舞い上がったなんて、言い訳にもならないわ。見てみぬ振りをしてゴメンなさい」

    久「咲だけじゃない。皆が貴方に依存していたのに、勝手に上手くいってると思い込んで、何も対策をしなくてゴメンなさい」

    京太郎「……部長」

    久「……」

    京太郎「俺……ホント言うと、たまにイラッとしてたんです」

    京太郎「せっかく麻雀部に入ったのに、咲が入部してからはほとんど卓に着く事も無かったし」

    久「……」ギュッ

    京太郎「けど、部活が楽しかったのと、やりがいがあったのも事実なんです」

    京太郎「皆と一緒に居るのは理屈ぬきに楽しかったし、優希は我がままだけど可愛くて、懐かれるのは嬉しかったし」

    京太郎「部長みたいに美人で凄い人に頼みごとをされるのは、ちょっと優越感もありました」

    京太郎「何よりも、皆が強くなっていくのを実感出来て、それが一番嬉しかったんです」


    なんで……


    久「違う、違うのよ……」


    私はこんなに醜いのに、どうして貴方はそう言ってくれるの……


    京太郎「部長?」


    本当の私は……


    久「最初は確かに、その通りだったかもしれない。けど、違うのよ……」

    久「私は貴方の事が気になって、それでまるで子供みたいに無理に用事を作って言い付けて……」

    久「……私は、貴方が思うような部員思いの良い部長なんかじゃないのよ!」

    久「私は貴方が―――!」

    ………………

    …………

    ……

    京太郎「スイマセン……会ったばかりの頃なら、素直に喜んだと思います。けど、今はなんか混乱しちゃって」

    久「(けど、会ったばかりの頃なら、私は須賀君を単なる後輩としてしか認識していなかった……)」

    久「(……すれ違う運命だったの……かしら……)」

    京太郎「あの……返事は、後ででいいですか?」

    久「えっ?……考えてくれるの?(……私なんかの事を)」

    京太郎「部長達には、とにかく目の前の全国大会を頑張って欲しいんです。だから、返事は大会が終ったら……」

    久「うん……待ってるわ」

    久「(貴方に嫌われてないってわかっただけで、可能性が少しでもあると言ってくれた、それだけで私は……)」

    京太郎「はい、それじゃ全国大会の会場で会いましょう」

    久「あらあら、わざわざ応援に来てくれるのかしら?」

    京太郎「ああ、そういや言ってませんでしたね」

    京太郎「宮守の麻雀部も人数が少なくて、それで俺も全国大会に連れて行って貰える事になったんですよ」ニコニコ

    久「へっ?(うそ?小瀬川さん達も全国に出場するの?……ヤバ、戦っちゃったわ、私)」サー


    ………

    ……

    …


    京太郎「さーて、今日はシロ先輩にこの町を案内してもらうんだった、ちょっと早いけど起きて準備しよっと」


    ヒダマリイッパイノブカツビヨリー♪←着メロ

    京太郎「あれ?シロ先輩からか……なんだろ?」

    メール[ダルイ……迎えに来て]

    京太郎「……よし、さっさとシャワー浴びて、準備するか」

    シロ「よし、……着いた」

    京太郎「そろそろ、降りませんか?(せ、背中におもちが触れて、ちょっとヤバい気分だし///)」

    シロ「もうちょっと……中のフードコートに着いてから降りる(乗り心地良い)」

    京太郎「ううっ、わ、わかりましたから、頭をグシャグシャしないでください(うう、先輩の細い指がっ///)」

    シロ「……(ナデナデしただけなのに)」

    京太郎「それにしても、ここがジャ○コか」テクテク

    京太郎「色々店舗が入ってて、けっこう面白そうだな」


    京太郎「さっ、着きましたよ。降りてくださいねシロ先輩」

    シロ「……残念」

    京太郎「それにしても、このフードコート、おばちゃんがやってるラーメンやたこ焼き売ってるスペース」

    京太郎「他にも何種類かの店舗が入ってるんですね。俺、辻垣内バーガーとか初めて見ましたよ、長野にはありませんでしたし」

    シロ「うん……岩手ならこれくらい余裕」

    京太郎「へえ、牛丼屋とミスドォとか色々ありますね。あっ、あそこのカレー屋、インド人が作ってますよ」

    シロ「……」フンスッ

    京太郎「シロ先輩、朝ご飯食べてないんですよね?何か食べます?」

    シロ「朝は、いつも食べない……だから大丈夫……あっ(ソフトクリームがある)」

    京太郎「んっ、何かありました?(今、反応したよな?)」

    シロ「……ソフトクリーム食べたい」

    京太郎「バニラでいいですか?」タチ

    シロ「うん……キョウタロウも食べよう」

    京太郎「俺は……」

    シロ「……」ウワメヅカイ

    京太郎「……俺も喉が渇いてたんで、食べようかな(は、反則だろコレは///)」


    店員「ふむ、王者バニラと、三年間熟成させた豆を使ったカフェオレ味、合わせて500円にしかならんよ」ドヤァ


    京太郎「お待たせしました、どうぞ」

    シロ「……うん」

    京太郎「でも、全部出してくれなくても良かったんですよ? 逆に案内してもらってる俺が、出さないといけないんですから」

    シロ「……こういう時は、先輩を立たせるべき(ソフト美味しい)」ペロペロ

    京太郎「えーと、じゃあ、次は何処に行きましょうか?」

    シロ「……」

    シロ「キョウタロ、あそこに立って」テクテク

    京太郎「はい?」テクテク

    シロ「真正面が食品売り場。右側にはパン屋とエイティーエムがある」

    シロ「そして左側には、衣料品と、ひゃっきん、そしてゲームコーナー、トイレがある」

    京太郎「……はあ?」

    シロ「……ふぅ(さすが私、……完璧な説明だった)」

    京太郎「(もしかしてこれで、案内が終ったのか!?)」

    京太郎「……し、シロ先輩」

    シロ「……うん」ヤリキッタカオ

    京太郎「あ、ありがとうございました!とっても分りやすい説明でした」

    シロ「まあ……私に掛かれば、余裕」

    シロ「実はあそこの自動ドアの先には"タイヤ槓ッ!"や"ホームセンターすばらっ"があるんだけど」

    シロ「……学生のキョウタロには関係がないと思って省いておいた」

    京太郎「そこまで考えてもらって、……ありがとうございます」

    京太郎「(ホームセンターか、後で収納ケース買いに来よっと)」


    京太郎「えーと、この後どうします?」

    シロ「……予定は無い……かな」

    京太郎「それじゃ、お昼でも……ってそれは早いか(店入ってから、15分も経ってないもんな)」

    シロ「ダルイから、……ゲーセンで休もう」

    京太郎「はい。そういえば、シロ先輩は好きなゲームとかあります?」


    なんでだろう?
    なんで私はあの時、勝負をしようって言ったんだろ?
    何で私は、竹井さんが悪人じゃないと分っても、会わせたくなかったんだろう。
    何で私は……。


    京太郎「……ぱい……先輩?」

    シロ「ハッ!?」

    京太郎「大丈夫ですか、シロ先輩?」

    シロ「だ、だいじょうぶ……なんでも……ない///」



    シロ「……コレ、本当に良かったの?」

    京太郎「もちろんですよ、結局お昼も割槓だったんですから、これぐらいプレゼントさせてください」

    シロ「ハンペンちゃん……とても可愛い」ギュッ


    オデンぬいぐるみシリーズの人気ネタ、ハンペンちゃん。
    ぶっちゃけ、俺には何が良いのかわからないが、
    先輩が欲しそうだったので、思わず、取れるまで粘ってしまった。
    1200円、昼飯四食分が消えたが、後悔は……しない……はずだ。


    シロ「つるつるしてる上に、三角形でとても取れにくい、……だから諦めてた」

    京太郎「……」

    シロ「キョウタロ……ありがとうね」ニコッ

    京太郎「い……いえ、大した事じゃないですよ」


    うおおおおおお!我が選択に悔い無し!


    ………

    ……

    …


    胡桃「充電、充電~♪」

    シロ「……」ボー

    塞「ねえ、、前から思ってたんだけど、シロは大変じゃないの?」

    シロ「……問題ない」

    シロ「(この状態だと、動かなくても皆がお菓子やお茶を運んできてくれるし)」

    トヨネ「けど、充電って気持ち良さそうだよねー」

    胡桃「うん、最高だよ!」

    シロ「……」

    シロ「……私もやってみたかも」ボソッ

    塞「ん?何か言った?」

    胡桃「じゃあ、京太郎に抱いてもらったら?(中々良い、充電具合だったなあ)」

    エイ「!?」ブッ

    トヨネ「だ、抱かれるって///」カァァ

    京太郎「みなさーん、今日のオヤツ、家庭科室で温めて来ましたよー!」

    京太郎「暖かいスコーンと玄デットクリームクリームは最高の相性ですから、是非試してみてください!」

    京太郎「……って、あれ?皆、どうかしたの?」


    シロ「と云う訳で、……キョウタロ充電させて」

    京太郎「ええっ!そ、それはちょっと///」

    トヨネ「(う、うらやましい///)」

    胡桃「まあまあ、京太郎君。……可愛い後輩の君には、私がメインで君に麻雀を教えているよね?」

    京太郎「はい、今日は順子と刻子、両方重なった時の取捨選択を教えてもらって、とても勉強になりました、ありがとうございます」

    胡桃「で、先生役の私は、何時もシロに充電させてもらってる」

    胡桃「だから君がシロに充電してあげれば、見事に三者三得になるんだよ!」

    京太郎「……う~ん、まあ、嫌なわけではないですが(というか、役得過ぎて怖い!)」

    シロ「よろしく」ウワメ

    京太郎「あっ、はい。よろしくお願いします!(断れない!これは断れないだろ!?)」

    エイ「キョウタロー、ココ、ココ♪」[座ってる絵]

    京太郎「は、はい」

    胡桃「(なあ、何も言わないのか?塞は、止めるかと思ったんだけど?)」ボソボソ

    塞「(そこまで堅物じゃないわよ。……それに、ちょっと良いと思ったし)」ボソボソ

    胡桃「(そっか?)」ボソボソ

    シロ「じゃあ、……しつれい」

    京太郎「はひっ!」ドキドキ


    ムニッ

    京太郎「ッッッ!?」

    シロ「うん……なかなか、だね」


    うおおおお!なんだこれは!?
    俺の太ももと股関節に、柔らかいが、決してそれだけではない、
    弾力性を持つ、お餅を超えた超御餅が二つ!!!

    そして預けられた背から感じる、温かさ!
    ぬくもりてぃの意味を、頭ではなく、正に身体で感じたぜ!

    そして最後に、匂いだ!
    俺の上に腰掛けてるせいか、後頭部が丁度真正面に!
    つまり、かぐわしき髪の匂いが、直接鼻腔に!
    うわっ、変態ぽいが、頭の脂の匂いすらも素晴しく感じるぜ!
    ↑
    ココまでの思考、26秒。まさに凡人である。


    塞「おーい、京太郎~!おーいってば!」

    胡桃「かっちんこっちんに固まっちゃってるね」

    エイ「カタクナテルデスカ///」

    シロ「……あー、良いね……これは良いねー」

    シロ「(シッカリと抱え込まれる安心感……けど、けっして硬過ぎはしない……なるほど、これからも充電してもらう事にしよう)」

    塞「まあいいや、充電を頼むのは、生き返ってからしよっと」

    トヨネ「!?」

    エイ「ジャア、ソノツギハワタシ!」[挙手]

    トヨネ「ぼ、ぼっちはいやだよー!私もやるよー><(やったー、どさくさに紛れ込めたよー♪)」


    ………

    ……

    …


    何時からだろう?
    最初部室で見た時は、ちょっとだけ嫌だった。
    実は、私は彼が入部する前にその姿を見た事があった。

    田舎の情報は速い、例え興味が無くても入ってくるものだ。
    うちもそうだった。
    お母さんが、夕飯の話題に、近所に都会から引っ越してくる人が居ると言った。
    お喋りなお母さんが色々喋り、寡黙だけどお母さんにベタ惚れの父が頷いたりしてリアクションを返す。
    それを、私は何時も通りなんとなく聞く……と言うのが、何時もの夕食風景だ。
    私は特に興味も無かったので、流し聞いていたのだが、ちょっと耳に残る単語が出てきた。


    『白望、そこのウチにも高校生のお子さんがいるんですって』

    『一番近い宮守に通わせるみたいだから、何か困ったら助けてあげてね』


    同じ学校……その言葉に少しだけ意識が働いた。
    ただ、その時はまだ興味が沸くほどじゃなかった。

    夕方、なんとなく散歩をしていた。
    動くのはダルいけど、頭を空っぽにして紅くなっていく景色の中を歩くのは嫌いじゃない。
    そこで初めて彼を見た。
    金髪の髪をした、チャラチャラした感じの高校生。
    何故年齢が分ったかと言うと、その時彼が制服を着ていたからだ。

    その時は、彼が清澄の制服を着ていたので、宮守に転校してくる彼と、頭の中で一致はしていなかった。
    ただ、なんとなく目が追っていて、そして私はその場所で、数分立ち尽くしてしまった。
    私はその時、
    ああ、なんて寂しい目をしているんだろう……と、思ったのだ。

    二回目は、この学校では珍しい男子学生と話をしている彼だった。
    その時初めて、夕闇ですれ違った彼が、転校生なんだとわかった。
    何故か私は立ち止まって、見ていた。
    コロコロと表情の変わる彼は、嫌いと言うほどでは無かったが、
    やっぱり見た目どおりの都会の軽い男性なのかなと……何故だろうか、私は残念に思った。

    私には関係の無い、……単なる転校生なのに。
    まあ、その日の夜、母が長野を関東だと誤解していた事、
    そして関東イコール都会だと思っていたと言う、ダルい勘違いを知ったのだけど……まあ、関係ないよね。

    そして三回目。
    私に麻雀部の部室を聞いてきた彼。
    なにもかもダルイダルイ言っている私にも大事な物がある。
    その少ない大事なものの一つである麻雀部に、軽くてヘラヘラした男が入るのかと思うと、嫌な気分になった。
    だけど、案内しなくて、何時かは分ってやってくるのだ……ここで断る事の方がダルイ。

    しかし、その後は一変してしまった。
    背の高い女の子が通り過ぎる時、何気なく呟いてしまった一言。
    そんなもの、普通の人間なら気にしない。
    善良な人間だとしても、寝るまで自己嫌悪に陥って、それでおしまいだ。
    私達ですら、その話を聞いたとしても、数分怒っておしまいだろう。

    だが彼は、その場で謝るのならまだわかるが、次の日まで引きずって、わざわざ部室まで謝りに来たのだ、
    そして、まるで土下座するような勢いで、謝った。まったくもって――"普通じゃない"。
    それを見て、    私は……面白い子だなって、思ってしまった。
    だからだろうか、私らしくない余計な一言を言ってしまった。


    『気がすまないなら、気が済むようにすればいい』


    そして、彼が、須賀京太郎が麻雀部に入る事になってしまった。

    キョウタロが部員になって、あらためて接して分ったけど……。
    やっぱり、お調子者でちゃらかった。
    ただ、今まで私が考えていたちゃらい男とは、正反対だった。


    何時も何時もおちゃらけて居て。
    ―――皆が楽しく過ごせるように気を使ってて。

    誰にでもヘラヘラして。
    ―――誰にでも笑顔で接して、皆の気分を良くしてくれる。

    男の癖に女だらけの部活に入って。
    ―――人が嫌がることを率先して動いて。

    事有る毎に男だからって、言い張って。
    ―――率先した行動を、私達に気を使わせないように、疲れの見えない笑顔で
        『男なら、これぐらい軽いもんですよ』なんて、笑って言ってくれて。

    そして……デカくて、スペースを取って。
    ―――柔らかいだけの私達とは違う、弾力のあるガッシリとした固さの背中。

    そして、そして……
    誰にでも優しい、八方美人な性格。
    ――――――……そこだけは、ちょっと嫌だ。




    とある日。

    京太郎「わざわざ、スイマセン」ペコリ


    俺の部屋に、先輩が居た。


    『……』ツンツン

    『ん~っ』

    『……♪』ツンツン

    『んぁ~……や、やめ……んっ?…………えっ?』

    『……おはよ』

    『うわあああああ!せ、先輩!?なんで、ここに!??』


    京太郎「(ちくしょう、おふくろめ、寝てるの分ってて、部屋に案内しやがって)」

    京太郎「わざわざスイマセン、家にまで持ってきてもらって」

    シロ「大丈夫……散歩のついでに、興味本位で探したら見つけただけだから」

    京太郎「(朝から散歩とか、ちょっと意外だよな、本校舎から部室への移動すら俺に運ばせるのに)」

    シロ「む、……何か失礼な事考えてるねキョウタロ」

    京太郎「い、いえ、そんな事ないですよ」アハハ;

    シロ「さっそくだけど、コレ……昨日聞いてみたら、その場でもらえたから」

    京太郎「ありがとうございます!マジ助かります!」


    京太郎が貰ったのは、青い学ランだった。
    何故かと言うと、宮守の男子の制服は、珍しい青の学ランの制服だったのである。

    京太郎は、清澄の頃の学ランでも問題無いと確認を取り、そのまま黒で通学する気だったのだが、
    部活内で制服の話題になり、


    『着たくないわけじゃないよね?』

    『いやー、制服も高いしこのままでいいなら、いっかーって思って』


    などと話しをして、数分後に白望が


    『親戚に一個上の人居るから……その人に聞いてみる』


    と、言ったのであった。
    と、言うわけで。
    白望は、去年度卒業した親戚から制服を貰い、渡しに来たのである。


    京太郎「うわー、大事に着てたんですね、生地も痛んでないし。コレほんとに貰っちゃっていいんですか?」

    シロ「気にしない……ウチの家系は、あんまり物とか拘らないから」

    シロ「持ってたのも、……捨てるのがダルかったからだと思う」

    京太郎「んじゃ……スイマセン、遠慮なく貰いますね、ありがとうございます」ペコリ

    シロ「……」ジー

    京太郎「……?」

    シロ「……」ジー

    京太郎「あの……シロ先輩?」

    シロ「着ないの?」

    京太郎「えっ?…………コレっすか?」ピラッ

    シロ「そう、それ」

    京太郎「(なんだ?わざわざ持ってきてくれたんだし、着て見せるのが礼儀なのか?)」

    京太郎「えーと、見ても楽しくないですし、それにどうせ明日の部活には着て行きますけど?」

    シロ「……キョウタロは、私に見せたくない……の?」コテン

    京太郎「!?」

    京太郎「(うおおおおお!頭をコテンって!コテンって傾げないでくださいいいい!!!)」

    京太郎「……着替えてきますんで、ちょっと待っててください」

    シロ「うん♪」

    京太郎「……おまたせしました」

    シロ「……」ジッ

    京太郎「(ううっ、単なる制服なのに、ジッと見られると恥ずかしいな)」

    シロ「……♪」b

    京太郎「ありがとうございます?(褒められたんだよな?)」

    シロ「……くるってして」

    京太郎「(くるっ?回れって事か?)」

    京太郎「はぁ、んじゃ」ピラリッ

    シロ「ブッ!」

    京太郎「はは、面白かったですか?……って、シロ先輩?」

    シロ「わ……わいしゃつは……」プルプル

    京太郎「ああ、実は洗濯物溜めちゃってて、今日一気に洗ってる最中なんですよ」


    **********************************************


    シロ「……め……めだ……」

    京太郎「シロ先輩?」ノゾキコミ

    シロ「うわあああ!キョウタロのバカー!」ガバッ

    京太郎「うわ、ちょ、ちょっと上に乗らないでください!」

    シロ「ちょっと丈が足りないのは分ってたけど、生腹チラリとか……私を誘ってるとしか思えない!」ダンゲン

    京太郎「えっ?えっ!??」

    シロ「Yシャツが無いから、猥シャツを見せるなんて……キョウタロのエッチ ♥」


    \________________________________________/
             o
               。


    エイ「~♪」

    モブ子「あれ、エイスリンちゃん、嬉しそうな顔で寝てるね」

    モブ美「とっても良い夢見てるんだろうね。起さないであげようよ」

    モブ子「だね♪」


    クーラーの無い須賀家、その暑さ故に真ん中のボタン二つだけを留めた格好で、
    京太郎がクルリと回ると、薄く筋肉の付いた京太郎の腹がチラリと見えた。
    それに対し、シロが発情した…………なんて事では無い。
    ただ、気が付いたのだ。

    ――最初に見た時からある不安感。

    ――可愛い後輩が出来た喜び

    ――無理矢理聞き出した清澄の事で、怒っている自分。

    それらは、日は浅いが大事な仲間で、可愛い後輩に対する感情として
    なんら間違ってなどいない。
    しかし、それだけでは無い事に、気が付いてしまった。


    須賀京太郎が、男である事に。


    まあ、制服を着てクルリと回って、そこで性を感じられるというのは、
    感受性豊かな男子高校生としては、複雑な所であろう。


    京太郎「おっと、麦茶のおかわり持って来ますね」

    シロ「ありがとう……けど、もう一つだけおかわりしたい」

    京太郎「はい、何でも言ってください」



    その後、京太郎は20回ほど自転運動をし、遠心力を体で感じてから開放されたのだった。


    ………

    ……

    …


    夜!

    京太郎「ああ、今日は酷い目に……いや、凄い目にあったな……あやうく俺のイナヅマ立直棒が、一発ツモする所だったぜ」
        
    京太郎「あれ?……メールが着てる?こんな時間に誰だろ?」


    和メール[私たち結婚します][咲と和のツーショット写真]


    京太郎「……は?」

    京太郎「はぁあああああああああああああ!!!?????」

    京太郎「ちょっ、どういう事だよ?アイツんち厳しいんじゃなかったのか?」

    京太郎「それが、学生のうちに結婚とか、俺が居なくなってから何があったんだよ!?」ピポパ


    京メール[着信拒否。和さんにはメールは届きませんでした]


    京太郎「え、ちょ!?自分からメール送っといて、俺は着拒?意味が分かんねえよ!!!」

    京太郎「ああ、もう!こうなったら咲にメールするしかないか」

    京太郎「ダメなら部長か染谷先輩だな、流石にあの二人は着拒なんてしないだろう

    京太郎「(つーか、染谷先輩に拒否られたら、立ち直れないわ……)」



    ――送信中――ギュルルルッ!

    優希「のどちゃん、……本当にいいのか?」

    和「もちろんです、居なくなったあの男が悪いんですからね。私は後悔なんてしません」

    優希「そっか、のどちゃんは勇気があるじぇ。私は結局何も選べなかったから……」

    和「貴方は……優し過ぎるんですよ、皆の気持ちなんて無視して告白していれば良かったのに」

    和「私は、いえ、須賀君以外の全員、貴方が一番頑張ってアプローチしていたのを知っています」

    優希「咲ちゃん……幸せになるかな?」

    和「幸せになります……いえ、私が幸せにしてみせます!」


    アイツが悪い!アイツが悪い!アイツが悪い!私は何も悪くない!


    咲「……あれ?和ちゃん、起きてたの?」ゴシゴシ

    和「すいません咲さん、起してしまいましたね」ニコッ


    ああ、可愛い可愛い咲さん。
    なのに、あんな逃げ出した男のせいで毎日毎日泣いて……。


    咲「……ごめんね」


    そうだ、私は悪くない。


    和「いいえ、咲さんは何も悪くないですよ」ニコ

    咲「ゴメンね……和ちゃんはこんなに優しいのに私ってば、邪魔だとか、京ちゃんじゃないくせに……とか、色々酷い事言って」

    和「そんな事、……咲さんがどれだけ苦しんだかは、知ってます。だから、気にする必要無いんですよ」

    咲「ありがとう……ありがとうね、和ちゃん」


    そうだ、咲さんが私を頼って、そしわ私が咲さんを得る……。
    何も問題は無い。素晴しいグッドエンディングです。何も問題は……無い、のです。


    和「咲さん、ずっと、……ずっと一緒に居ますからね」ギュッ


    そうだ、だから、この胸のうずきも単なるイライラなんだ。
    咲さんを抱きしめているのに、あの男の顔が脳裏に浮ぶのも
    あの男が居ない事に胸が締め付けられるのも……全ては逃げ出したあの男が憎いから。

    ……ただそれだけ。


    プルル


    京太郎「もしもし、……もしもし、聞こえてるか咲?」

    咲「……京……ちゃん?」

    京太郎「ああ、俺だ。ところで、変なメールが――」

    咲「京ちゃん!……京ちゃんだ、……京ちゃんだ……」グスグス

    京太郎「……咲」


    ―――――――――――――――

    優希「まったく、のどちゃんも、回りくどい事をするじぇ」

    和「ふん、……ここまでお膳立てしたんです。少しぐらい脅かしたって、バチはあたりません」

    優希「でも、京太郎、素直に咲ちゃんに電話するかな?」

    和「部長や染谷先輩達には、今日一日、須賀君には返信しないように頼んであります」

    和「それに須賀君の事です、直接私か咲さんに確かめる確立の方が高いです」

    優希「まったく……素直じゃないんだじぇ」ボソリッ

    ―――――――――――――――


    咲「京ちゃんだ……本物の京ちゃんだよぉ……」

    京太郎「……ごめん、ごめんな」

    咲「……ぐす、……謝らないで、……京ちゃんは、何も悪くない……んだから」


    ………………

    …………

    ……


    咲「そっか、そうだったんだ」グスッ

    京太郎「ああ、だから…………」

    咲「京ちゃん?」

    京太郎「いや、確かに今言った通りに、親父を一人だけにしたくなかったからってのは、本当の理由なんだ」

    京太郎「だけど、一つだけ刺があるんだ……」

    咲「……うん」


    何時も煩いけど、大事なところでは、……何も言わないで、ただ話を聞いてくれる。
    ……ありがとな。


    京太郎「俺は……部活がしたかったんだ」

    咲「……」

    京太郎「皆が麻雀を打って、そして俺がそれ以外をする……それも楽しかった。本当だぜ?」

    京太郎「皆が強くなっていくのを間近で見るのは、本当に嬉しかった」
        
    京太郎「けど、それと同じくらい、一緒に打ちたかったんだ」

    京太郎「俺なんかじゃずっと負けっぱなしで、落ち込んだりしたと思う。変にすねて迷惑をかけたかもしれない」

    京太郎「けど、優希にバカにされながら、くやしいと言いながら打って。


    和に、そんな効率の悪い打ち方でどうするんですかって怒られながら打って。
    染谷先輩に、お店の愚痴やマイナーなバンドの話しを聞かされながら打って。
    部長の変な待ちに引っかかって、あの意地が悪いくせに明るい笑顔を見ながら打って。
    そして、お前と、昨日読んだ本の話しを聞かされたり、学校であったどうでもいい事を話しながら打って。

    俺は……。

    皆とくだらない話しをしながら、……ただ一緒に打ちたかっただけなんだ。
    最初っから打ってなかったら、こんな気持ちは持たなかったと思う。
    けど、本当に最初の頃だけど、部活にお前が入って、一緒に笑いながら打ってた時の記憶がある……。
    それだけ、たったそれだけの事が、刺になって……。

    ああ、そうか、そうなんだ、……だから俺は逃げ出したんだ。


    優希「……どんな事、話ししてるんだろ」

    和「わかりません……けど、必要な事なんです」

    優希「……うん」

    和「このまま、自分で想像するだけでは、自分で作った袋小路に自ら迷い込んでしまいます」

    和「だから……」

    優希「……」

    和「どんな事を言われるとしても、……決着を付けるしかないんです」

    優希「……京太郎は優しいじぇ」

    和「……だからこそです」


    短い。
    京ちゃんの、今までの思いを全て吐き出すには、余りにも短い告白でした。


    京太郎「ゴメンな、……変な事言って」

    咲「ううん、……聞けて良かったよ」


    本当だ、知らずに居るよりもずっと良かった。


    京太郎「さっきも言ったけど、部活が楽しかったのも、皆の助けになれたのが嬉しかったのも、本当の事なんぜ?」

    京太郎「それに、もし何も無かったとしても、やっぱり俺は親父に付いて行ったと思う」

    京太郎「皆には悪いけど、やっぱり家族が一番大事だからな」


    京ちゃんは優しいから、きっと本当の事なんだろう。


    ………………

    …………

    ……


    咲「……うん」

    京太郎「じゃあな、違う高校になっちまったけど、咲の事……清澄の事はずっと応援しているから」

    咲「うん……ありがとう、私も応援しているから、新しい学校で頑張ってね」

    咲「体に気を付けて、……私に出来る事があったら、なんでもするから連絡してね」

    京太郎「ははっ、頼りにしてるぜ……お姫様!」


    京太郎「……じゃあな」

    咲「うん……バイバイ京ちゃん」



    京太郎「――――――」





    プッ、……ツーツーツー。



    馬鹿だ!私はなんて、馬鹿なんだ……なにも……何も、分かってなんかなかった!
    お世話してもらうのが当たり前だと思ったから。
    京ちゃんの時間を奪ったから。
    初めての同性の友達に、浮かれて他の事をないがしろにしたから。
    部活の皆が無茶を言っても、京ちゃんは優しいから大丈夫だと、何も行動しなかった事。
    これだけでも、本当に馬鹿な事をしたなって思う。
    けど、全然分ってなかった。
    通り一遍の想像だけをして、須賀京太郎と云う男の子を、
    ずっとずっと一緒に居た幼馴染の事を……何一つ解ってなかった!

    解らなかったと言うのは、甘えだろう。
    解るはずだったのだ。
    私がちゃんと『何故京ちゃんが、こんな形で消えたのか』
    そこにちゃんと向き合えば、解って当然の答えだったのに!
    何で私は、京ちゃんが『誰かを憎んで消えた』と思ったのだろう!


    ああ……わたし……は……

    わた……し…………は………………


    ────
    ──


    胡桃「んー……、京太郎君、遅いね」

    塞「そうだね、普段は鍵当番よりも早く来る事も稀に良くあるのに」

    京太郎「お……遅れてすいま……せん」

    胡桃「おっと、噂をすれば……ん?」

    塞「遅かったね、普段早く来てる君が遅いから、皆心配したんだよ……あっ」

    トヨネ「そうだよー、何かあったのかなって、ちょー……あっ」


    バタンッ!

    京太郎「」

    トヨネ「きょ、きょ、京太郎くんっ!?」


    ………………

    …………

    ……


    塞「まったく、何を考えてるんだ……」

    京太郎「……面目ないです」

    塞「自転車が壊れたからって、この炎天下の中を二時間も歩いて来るなんて……」

    京太郎「最近運動不足だったし、東北だから、イケると思っちゃって……」テヘ

    塞「ハァ……。ロシアレベルならともかく、岩手の夏は普通に暑いよ」

    塞「山形ほどじゃないけど、盆地性の気候が多くて、下手な関東より気温が高い所なんていくらでもあるんだよ」

    京太郎「……すいません」ショボーン

    胡桃「まあ、身をもって体験したわけだし。流石の京太郎君でも、これからは気を付けると思うよ」

    京太郎「さ、流石のってのは……ガボボッ!?」

    シロ「……飲んで」グイグイ

    京太郎「ガボグボッボオッ!」

    トヨネ「きょ、京太郎くん!?」

    シロ「……熱中症になったら、体を冷やして、水分を取る」グイグイ

    京太郎「んぷっ!ゴキュゴキュゴキュ!……んっ!あはぁっ!!!」ゼーハー

    トヨネ「」///

    シロ「熱を取る為には、……動脈とかの近くを冷やすと効果的」グイグイ

    京太郎「ツメタッ!ちょっ、直接氷を腋に当てないで下さい、せ、せめてタオルに包んで!」

    京太郎「いやぁああ!ズ、ズボンは脱がさないで!」

    シロ「太ももの付け根に大きな動脈がある……だから、我慢しないとダメ」ジャラジャラ

    京太郎「あひぃいいい!ズボンの中に直接氷を入れちゃらめええええ!」

    トヨネ「……あわわわっ!?」///

    胡桃「シロが面倒をみるポジションとか、珍しいね」

    塞「いやいや、いつも充電とか言って、面倒見てもらってるのは誰だよ」ツッコミ

    シロ「今日は一日中面倒をみる……だから安心して」ムフー

    京太郎「ええ!?」

    京太郎「(し、幸せだけど……不幸だあああああああああああああああああ!)」


    ────
    ─


    トヨネ「ロンだよー♪」

    京太郎「うわ、またやられた!くー、ようやく最下位脱出かと思ったのに!」

    トヨネ「ふふっ、そう簡単にはやられないよー♪」

    京太郎「けど、いいんですか?」

    シロ「……何が?」ポリポリ

    胡桃「私にも、和さビーフちょうだい」

    シロ「……んっ」

    京太郎「いや、上京前の最後の練習に俺なんて混ぜちゃって」

    京太郎「今まで教えてもらったんですから、今日くらいはレギュラー同士で打った方が……」

    塞「京太郎君、君はまたそういう事を――」

    トシ「問題は無いねぇ」

    京太郎「えっ……そ、そうなんですか?」

    トシ「何処かとの共同練習ならともかく、身内同士なんて今まで散々打ちまくってるからねえ」

    トシ「逆に君と打った方が、経験値は増えると私は思っているよ」

    京太郎「えっ?……俺で、ですか?」

    トシ「別にお世辞やオタメゴカシとかじゃなくて、意味があって言ってるのさ」

    京太郎「……はぁ?」

    トシ「今年は、全国的に常識の通じない打ち手が多く集まっていてね」

    トシ「牌効率よりも、己の異能を主にして戦う、そんな輩がわんさか出てくるのさね」

    京太郎「(そういえば、気になって長野予選の牌譜も見たけど、素人っぽいのに役満を和了る子とかも居たな……)」

    トシ「ふふっ、その顔じゃ覚えが無いわけじゃないらしいねぇ」

    京太郎「はい、集めた牌譜の中には、有り得ない、確率的には千回に一度和了れれば良い様な」

    京太郎「そんな打ち筋を、何度も再現する打ち手が大勢居ました」

    トシ「だからさ」

    京太郎「?」

    トシ「だから、牌効率を目指す打ち手だろうと、異能頼みの素人だろうと関係ない」

    トシ「どんな相手だろうと勝てるように、初心者をようやく脱出しかかってる」

   トシ「須賀君と打つのは、無駄なんかじゃなく、有用だって事さね」

    トシ「それで、同じ部員である須賀君が上手くなるなら、一石二鳥だろ?」パチッ♪

    京太郎「……あ、ありがとうございます///」

    京太郎「(腰が砕けるかと思った。……この先生、今はおっとりしてるけど、昔は相当女ったらしだったような気がする)」

    京太郎「(今の台詞、かなりクラッと来たもんなあ)」

    シロ「……キョウタロ、次入るよ」ムッ

    京太郎「えっ?シロ先輩、今日は『今日は午後から本気出す……それまでモチ巾着ちゃんクッションで、充電してる』って……」

    シロ「全国はキビシイ……だから今からやる。だからキョウタロも一緒に頑張る」グイグイ

    トシ「だそうだよ? ……まっ、若いんだから頑張りな」

    京太郎「は、はあ?」

    トシ「(やれやれ、なんでも面倒がってたシロが、独占欲を持つなんてねぇ……)」

    トシ「(ふふっ、これだから教師はやめられない。若い子の成長を見る、何よりもの楽しみだからねぇ♪)」




    新幹線!

    京太郎「ぐー……zzzz」

    エイ[グッスリ]

    トシ「やれやれ、家を出るギリギリまで最新の牌譜を集めていたそうだよ……」

    トシ「これを慣れと言ってすますのは簡単だけど、……そんな事を言う子は、此処には居ないよねぇ?」

    全員「「」」コクリッ

    塞「分かってるよね皆?」

    胡桃「もちろん!」

    エイ「ワタシタチノ、ユメノタメ」

    トヨネ「そして、京太郎くんの頑張りに、応えたいからっ」

    シロ「……絶対に、勝とう」メラッ

    全員「「」」ゴッ!




    東京!

    シロ「……疲れた」

    塞「いや、シロは京太郎君の背中に乗ってただけだよね?」ツッコミ

    トヨネ「……けどこの人の多さは、何しなくても疲れちゃうよー」

    胡桃「……電車は……嫌いだ」モミクチャ

    エイ「><」ゼーハー

    京太郎「えーと、会場はあそこの交差点を右に曲がれば見えてくるみたいです」



    抽選会場!


    アナウンス「宮守高校、A-23!」

    ………………

    …………

    ……

    旅館!


    トシ「ふむ、一回戦は山形県の天童大付属か……」

    トシ一回戦から同じ東北同士で潰し合いとは……フンッ、ワクワクするねぇ」ニヤリッ  オウシュウヒットウハダレカオシエテアゲナイトネエ

    塞「けど、一回戦を勝っても、その次はシード校の千里山女子なんですよね」ワタシノクジウンガワルイセイデ

    シロ「……(清澄とは、準決勝……四つ勝たないと会えなのか……)」

    トヨネ「あわわわっ、周りが有名人だらけだよおおお!?」

    シロ「……大丈夫」

    エイ「?」ホワイ?

    シロ「私達の目標は、……優勝」

    シロ「だから、……何処の誰が来ても……全力で戦うだけ」ゴオオッ!

    胡桃「そうそう、それにねトヨネ。インターハイが終わった時には、一番有名な高校は変わってるはずだよ!」

    トシ「おやおや、随分と吹かすねえ……けど、その意気だ」

    エイ[筆記体で名前!]ビシッ!

    トヨネ「あわわわっ……私、まだサインとか考えてなかったよぉおおお><」



    一回戦!

    シロ「……ちょっと、たんま」

    椀子「アンダだず、長考なんてしてる場合じゃねぞ」

    蕎麦子「んだ、天童の椀子蕎麦姉妹と呼ばれるアダシらのコンビ技――」

    塞「……!」ピキーン!

    椀子・蕎麦子「「――食らうがええだ!」」キュイー…プススッ

    蕎麦子「……えっ?そ、そんな???」

    椀子「蕎麦子の、そばテンおかわリーチが、外れた……だと!?」ガクガク

    シロ「……三暗刻、ドラ3、自摸、親の跳ね満で6000オール……だよ」

    椀子・蕎麦子「……ヒィイイ!」


    ************************


    悟子「うふふ、どれ切ろっかな♪」

    教子「(サトリちゃん、⑦のキー牌が欲しいの!お願い悟って!)」

    悟子「……よ~し、それじゃ⑦切ろっと♪」

    教子「チ」

    胡桃「ポン!」

    悟子・教子「えっ?」

    胡桃「この大会のルールは、チーとポンが重なったら、ポン優先だから問題ないよね」

    胡桃「タンッ……はい、次どうぞー」サクサク



    数巡後

    エイ「ツモ!」[1000・2000]

    アナウンス「キター!宮守の白い天使、エイスリン選手、6連続和了だああああああ!」

    胡桃「(私の役割は、ダマでどんな状況にも対応できるようにする事!)」

    胡桃「エイちゃんナイス和了!このまま八連荘狙っちゃおう♪」

    エイ「ウン!クルミ、アリガトーネ♪」[^▽^v]

    胡桃「(私の"ダマ"と"安め差し込み"でトスして、そしてエースのエイちゃんによる"13巡テンパイ"。……敵は、これでつぶす!)」


    *******************


    トヨネ「よし、辺張ちゃんがくっ付いた♪だから、ぼっちじゃないんだよー♪」

    トヨネ「立直、一発、自摸、清一。倍満だよー♪」

    生葉景子「……トビです」ワタシガワルイコデシタ;;



    京太郎「やったー!やりましたよ熊倉先生!」

    トシ「決して相手は、弱くなかったんだけどねえ……ふふっ、皆成長してるねぇ」


    ***************


    豊音「あと四回で清澄と当るね~」

    シロ「!!(数え間違えた)」

    トヨネ「原村さんのサイン……欲しいかも」

    エイ[目(テイサツ)]「イク?」

    塞「京太郎君が纏めてくれた牌譜を見る限り……見ておいて損は無いだろうね」ブルッ

    トシ「……」フム

    トシ「豊音、そして白望」

    シロ・トヨネ「はい?」

    トシ「自分たちが『普通』だと感じてしまうような打ち手……見たいと思うかい?」

    シロ・トヨネ「……」

    シロ「……はい」

    トヨネ「『普通』ですか……、熊倉先生、私は……」

    トヨネ「私は、見るだけじゃなく、同じ卓に着いて……感じてみたいです」ポポポッ!




    A会場・第4試合!

    胡桃「ははっ……凄いな、こりゃ」


    何時もマイペースな胡桃の声が震えている。
    だが、当然の事だろう。


    ***********
    1時間前!

    トヨネ「清澄の先鋒の片岡さん。ちょーすごい火力だったね」

    塞「うん、そして相方の染谷さん。ややデジタル寄りだけど、牌効率と言うよりは……」
      
    塞「相手の打ち筋に合わせた、『対人効率』と言ったほうが近い打ち筋で、局を重ねる毎に対応力が上がっていたよね」

    トシ「ふむ、東場で片岡さんが爆発的に稼いで、そして元々崩れにくい染谷さんが直に相手を知る」

    トシ「そうすることによって南場では更に対応力が上がる。ふふっ、中々良いコンビだねぇ」


    シロ「そして中堅、竹井さんの……性格の悪そうな待ち」

    塞「うーん、性格はともかく、今まで調べた牌譜どおりに、良形よりも地獄待ちなどの悪い待ちの方が圧倒的に上がる確率が高い」

    胡桃「マナー悪いけどね」

    トヨネ「インターミドルチャンプの持ってるペンギン、ちょーかわいいよー♪」ハウーオモチカエリィイッ!

    塞「そして、噂通りの完全なデジタル打ち、……敵の異能をまったく考慮しないのはマイナス要素だと思っていたけど……」

    塞「振り込んでも萎縮しない精神力、そしてその精神力によって相手の異能が逆に萎縮する始末」

    胡桃「……やっかいだね」

    トシ「この二人は、先鋒と違って完全に『個』のチームだね」

    トシ「先鋒は東場の終わった片岡さんが、先輩である染谷さんを頼ったり、染谷さんが、随所で献身的な打ち回しをしていた」
       
    トシ「それに比べ、竹井さん、原村さんは、完全に自分の力を信じて打っているねぇ」

    トシ「けど、下手にチームを意識するよりも、思いっきりがよく打ててる。このスタイルが、一番力を発揮できるんだろうねぇ」


    そうだ、これまでの4人も凄い。
    だけど……。


    咲「……カンです」


    あの4人になら、私達だって負けてない自信はある
    いや、圧倒的な勝利を見た今でも、勝つ自信はある……。


    咲「もう一つ、カン」


    だが、……これは異常過ぎる。


    エイ「」ブルブル


    胡桃やエイちゃんだけではなく、私達の中で頭が一つ飛び出ている
    シロやトヨネすらも、声を出せずにいる。


    咲「ツモ、――チャンタ、混一、ダブ東、ドラ4、そして――嶺上開花」


    気負いも無く、ただ坦々と和了る、清澄の大将。


    シロ「……」

    咲「倍満、16000点です」


    やはり、見せない方が良かったのだろうか……。


    トヨネ「……ふふっ」

    エイ「トヨネ?」

    トヨネ「……あはははっ?」

    塞「――!」ゾクリッ!


    ……誰だ?

    トヨネ「凄い、凄いねえ、……こんなちょー凄い人、初めて見たよ?」

    トヨネの形をして、トヨネの声で喋る、コレは……誰だ?

    トヨネ「戦えるんだ……私達が勝ち進めば、この人と戦えるんだね?」


    無理だ……これは無理だ……。
    あの清澄の大将だけじゃない、……この目の前にいる存在も
    今の私には、一局……いや、一瞬足りとて押さえ込めないだろう存在。


    トヨネ「楽しみだねえ……うん、本当に楽しみだねえ♪」


    無邪気に笑う……何かが居た。
    だから私は、隣で呟く京太郎君の声を聞き逃がしたのだ。


    京太郎「咲が……カンドラ……だと」

    京太郎「……咲、……お前は…………」


    清澄の一回戦を見た後、皆が萎縮するかもしれないかもと思った
    私の予想は外れ、2回戦、3回戦と、私達は快進撃を続けました。
    そして、もう一つ予想外と言えば……。



    4回戦!

    シロ「ツモ……立直、一発、面前自摸、一盃口、一気通貫、清一、ドラ2」

    アナウンス「出たー!宮守の銀髪の物憂げな天使、小瀬川白望選手!」

    シロ「14飜で数え役満……16000点オール……だよ」

    アナウンス「今大会8つ目の役満と、そしてッ!!!」

    アナウンス「今大会2人目の、緒戦での箱割れ勝利のダブル記録を達成しましたぁああああッッ!!!」


    今年のインハイは、各校互いに20万点持ちの同校同士の点数共有ルール
    一人だけ狙って半分の10万点を取ったとしても、箱割れにすることは出来ない。
    それが先鋒戦ならなおさらで……東南戦2回の間に、
    20万点を奪い取らなければいけない。

    そう、私の予想外だったのは……。


    **************************

    ※1回戦~準決勝、20万点持ち。
      決勝、各校50万点持ち。

    **************************


    胡桃「いやー何度見ても笑えるね~、物憂げ天使(アンニュイエンジェル)だってよ、シロ?」ニヤニヤ

    シロ「胡桃……その話題、何回も言い過ぎ」


    シロの活躍だ……。
    もちろんシロが全国でも上位に近い実力だろうという確信はあったが
    あの清澄戦を見た後、ここまで"仕上がる"とは思いもしなかった。


    トヨネ「うふふ~♪でもシロは凄いねー、サイン貰っちゃおうかな~♪」


    トヨネも、あの時の面影は鳴りを潜め、出番が大将戦と言うこともあり
    普通に強い、何時ものトヨネの姿だ。
    まあ、出番までに先鋒戦、中堅戦で稼いでるとはいえ、各校の大将相手に
    全試合箱割れ勝利をしているのだから、凄いといえば凄いのだが……。
    この、普通に見えるのに強くなったシロと、あの時のナニかを、微塵も見せないトヨネ……。
    私は、宮守の部長として、何もしなくていいのだろうか?


    エイ「……エ…、……サエー?ドウカシタ?」[心配マーク]

    塞「あ、なんでもないわ。ちょっとボーとしちゃったみたい」


    多分……いや、確実に清澄も4回戦を勝利するだろう。
    その時、私達はどうなるのだろう……。



    ────
    ──



    怜「なぁなぁ、皆は何処が決勝に残ると思うん?」

    フナQ「うーん、Aグループは微妙やけど、Bグループの白糸台の進出はほぼ間違いないやろ」

    セーラ「けどよー、白糸台って思ったより弱くね?今んところ活躍してるの、チャンピオンだけだしさー」

    泉「う~ん、けどそのチャンピオンだけでも圧倒的ですよね。一回戦の先鋒戦で、いきなり相手を飛ばしましたし」

    フナQ「……あれは、反則やん」

    怜「逆にハンデを付けた方が、……公平な気もするわ」

    泉「わたしらのAグループで準決に残ったんは、宮守と清澄でしたね。どっちが上なんでしょうね?」

    セーラ「やっぱ、俺らに勝った宮守だろ。JTだよ、JT!」

    フナQ「江口先輩……それ言うんなら、JKです」ハァ…

    セーラ「わ、ワザとだよ!ワザと!」カァアア!

    怜「竜華はどっちやと思う?」

    竜華「……せやね」


    あの時、あの大将戦の相手……一生名前を忘れる事は出来ないだろう相手。
    ――姉帯豊音。


    トヨネ「え~と、ロンだよ~♪」

    竜華「1万点棒なんで、お釣りお願いします」

    トヨネ「はい、どうぞ♪」チャララッ

    竜華「……」

    トヨネ「えへへー、終わったらサイン貰ってもいいかな~?」

    竜華「……くっ」


    サイン!対戦中にサインやて!?ここまでコケにされたんは、初めてや!
    けど……どれだけ憤っても、この点数を、目の前の相手から逆転出来るとも思えんのも事実や……クッ!!!
    うちは、うちはココまでなんかッ!


    ?『……か』


    えっ?


    怜『……竜華』


    怜の声?


    怜『諦めたらそこで試合終了ですよ』ホホッ


    物まねかーい!
    って、試合中に、突っ込ませんといてや……。


    怜『スマンスマン、せやけど……竜華』


    ……。


    怜『麻雀は突き詰めたら個人の能力が物を言う勝負や』
    ※咲世界での麻雀です。


    ……うん。


    怜『せやけど、セーラの闘牌は竜華も見たよね?』


    うん、……切なくなるぐらい頑張ってた。


    怜『ふふっ、あのセーラを見て、切なくなるなんて、同じ学校で、同じ三年のうちらだけやろうね』


    ……かもしれないね。


    怜『確かに麻雀は個人や、うちも異論なんか無い……せやけど』

    怜『せやけど、"3年生"として頑張ったセーラ』

    怜『隣の卓でチャンピオン相手に、新道寺を背負って自分を犠牲にして戦った花田さん』

    怜『……二人とも一人やけど、一人やなかった』


    ……うん。


    怜『そして、大将も……そうや』

    怜『エースは先鋒?そんなんうちは知らん……』

    怜『竜華やから、うちが全てを任せて信じられる竜華やから、うちは竜華が大将になる事に賛成したんや』


    うちは……まったく、うちはアホやなあ……。


    怜『うん、知ってるで』


    ……そこは、空気読もうや。


    怜『まあまあ、それはそれとして……』


    うん……うちは


    怜『そう、うちらは……一人やけど』



    竜華「一人やない!」ブワッ!

    トヨネ「……!?」ジワッ

    竜華「……ちょっと遅刻したみたいやな……、お待たせやで……姉帯さん」

    トヨネ「……あはっ♡」

    竜華「……ポン!」

    アナウンス「おっと、ドラポンだ!新たなるドラゴンロード使い現るか!?」

    竜華「(二人麻雀での、未来視は四麻の倍以上のアドバンテージ!一気に逆転してみせるで、なあ――怜!)」

    トヨネ「……ワたシも……ポンだよ♪」ポッ

    竜華「!?」ゾクッ!

    竜華「(なんや……この感じは何なんや!?)」

    トヨネ「……どうシタのカナ?清水谷さんのツモだヨ?」ポポッ


    タンッ

    竜華「(宮守の大将、背は高いけど肉体的な圧迫感は無い……せやけど)」

    竜華「(なんやこの、――まるで天井から見下ろされてるかの様な感覚は?)」

    トヨネ「なるほどー……そういう事かぁ~♪」タンッ  ポポポッ

    竜華「(まるで、違う世界からジックリと覗き込まれてるかの様な、この、……気持ち悪い感覚!)」


    グニャリ

    竜華「……ツモ切りや(大丈夫、麻雀で未来が見えるというアドバンテージは、最強や!)」

    竜華「(負けるわけが無い……それに次でうちの和了りや、何も問題なんてない!)」

    トヨネ「これ……かな?」ポポポポッ

    竜華「(この違和感は、なんや?)」


    グニャアアッ

    トヨネ「うん……この牌で、和了りだよー ♥ 」

    竜華「えっ?(その牌は……)」

    トヨネ「対々、小三元、6飜で……18000点だよ~♪」

    竜華「――!?(嘘や……今のは……今のは、……うちが次にツモる牌のはずや!)」ゾクリッ!


    それはまるで、高い高いところから、未来をズラされたかのようで……。


    竜華「……あ……ああ」

    トヨネ「……」ジー

    トヨネ「……ああ、そっか♪」

    竜華「――」ビクッ

    トヨネ「なぁんだ……借り物だったんだ~♪」アハッ

    トヨネ「――ごめんね ♥ 」


    ************

    そして、うちは……折れた。


    『あははっ、次が本命だから……此処で為(な)らずにすんで良かったよ~♪』


    しかもアレが、通常の範疇やったなんて……。


    怜「竜華?」

    竜華「あっ、ごめん……そうやな、うちは」

    竜華「清澄の大将も凄いけど、……うちが怖いのは宮守の大将」


    ―――姉帯豊音―――や。




    咲「京ちゃんから、……連絡貰えるとは、思わなかったなぁ」

    京太郎「……咲」


    ………………

    …………

    ……


    京太郎「清澄も順調そうで安心したぜ。今日の4回戦なんか、お前が出る前に部長と和で決めちまったもんな」

    咲「うん……"皆で話し合って、絶対に結果を出そう"って決めたんだ」

    京太郎「ハハッ、決めたからって、それでちゃんと勝ち進めちまうのが、皆らしいな」

    咲「……そうかな」

    京太郎「……」

    咲「……」

    京太郎「……あのさ、咲」

    咲「京ちゃん、謝るつもりなら、辞めてね」

    京太郎「うっ!……け、けどよ……」

    咲「自分勝手だって分ってるけど……京ちゃんに謝られたら、私は、謝る事さえ出来なくなっちゃうから」

    京太郎「へ?」

    咲「ふふっ、分らないんだ?」

    京太郎「……ああ、……なんかスマン」

    咲「だから、謝らないでってば……けど、京ちゃんが相変わらずで、……ちょっと安心したかな」

    京太郎「そりゃまぁ、……そんな何ヶ月も経ったわけじゃねえからなあ」

    咲「…………うん、そうだね」

    咲「……」ギュッ

    咲「京ちゃん」

    京太郎「ん?なんだ?」

    咲「私、……私達、頑張るから……だから、応援はしなくてもいいから、見ててね」

    京太郎「……咲」

    京太郎「応援はするよ」

    咲「……けど」

    京太郎「おう、今居る宮守も、そして清澄もどっちも応援させてもらうぜ!」

    咲「……うん」

    京太郎「だからまあ、どっちかの控え室じゃなく、観客席で応援する事になるけど、まあそこはカンベンしてくれよな」

    咲「……うん…………ありがとう、京ちゃん」


    私達は――――――する、決めたから、だから!
    だから、私は、……私達は、絶対に負けない!



    Aグループ 準決勝!

    優希「ふっふっふっ、タコスパワーも充電したし、清澄のレジェンド伝説の幕開けだじぇ!」

    染谷「やれやれ……けど、そこまで突き抜けると頼もしいもんじゃな」フッ

    アナウンス「風も無いのになびく、不思議なマントをはためかせて、清澄高校の先鋒、片岡優希選手と染谷まこ選手の登場だあぁ!」

    染谷「……偏りのある紹介じゃの……まあ、ええがの」ハァ…

    シロ「リアルマントとか、……初めて見た」

    塞「まあ、普通に生活してると、見る機会なんてないよねえ」

    アナウンス「そして逆方向から、モノクルがきらめく宮守の断罪天使臼沢塞選手とッ!」

    アナウンス「銀髪の物憂げな天使、小瀬川白望選手の登場だああああああッッ!!!」

    塞「……うん、自分が言われると、ちょっとイラッとくるね」

    シロ「……でしょ」

    シロ「だから、……胡桃がなんて言われるか、ちょっと楽しみ」ニヤァ

    塞「あー、あの子、あの日は30分に一回は蒸し返してたもんね……これはしょうがない」

    優希「ふはっはっはっ!ヨロシクだじぇ!」

    塞「よろしくお願いします」

    染谷「よろしくじゃけえ」

    シロ「……よろしく」

    優希「(……私は、此処に全てを―――から、見逃すんじゃないじぇ!京太郎!)」




    東一局


    東 染谷まこ

    南 臼沢塞

    西 片岡優希

    北 小瀬川白望


    清澄高校 20万点

    宮守高校 20万点


    染谷「(わしが起家で、優希の親が三番目か……完璧とは言わんでも、ベスト、ほぼ理想的と言ってもええ順番じゃな)」

    染谷「(互いに公式戦の牌譜は持ってるとはいえ、実際に打ち合っての情報量は莫大じゃ)」

    染谷「(不確定要素の強い序盤は情報収集を強めにして、そして後半……)」

    染谷「(特に東三局の優希の親番に全力でアシスタントをしたいところじゃな)」

    染谷「(そして、南場になったらワシも表に出て戦う、これが今のところ考えうる最高の戦術じゃ……)」

    染谷「(まっ、ここまで来たら迷ってもしゃあない!やるしかないじぇ!……っと、……移ってしもうたorz)」

    染谷「じゃ、始めさせてもらうけえの」タンッ

    塞「……」タンッ

    優希「くううっ!準決最初の東場、燃えるじぇええええ!」ツモモッ!

    優希「……あれ?……これがこうで……(ううっ、清一系は難しいじぇ)」

    優希「ダブリーだじぇえええ!!!」タァアンッ!

    塞「(しまった、最序盤から塞ぐべきだったの!?)」

    シロ「……」タンッ

    染谷「(ふむ……此処は下手に和了り牌を聞いたりせん方がええじゃろな)」

    染谷「(わしの親番なんぞより、優希に調子に乗って貰った方が、お得じゃろうからな)」ニヤリ

    染谷「(それに、情報交換しながら打つなんて事したらこの不器用な後輩は、たちまちペースを崩すじゃろうからな)」タンッ

    塞「(予定では、東場の親に集中して塞ぐつもりだったけど……予定を早めるか、それともこのまま予定通り進めるべき?)」


    結果だけ言えば、――片岡優希の独壇場だった。
    東一局で倍満を和了ったのを皮切りに、東ニ局では今まで見せなかった
    鳴きからの速攻を使い、止まらない快進撃を思わせる連続和了となった。

    そして、運命の第三局。
    予選の為、公式記録には載らなかった、幻の全国最高ハイスコアを持つ、
    ――――片岡優希の親番になった。


    塞「(ツモ前から、全力で行く!)」

    優希「私は、今最高にッ!」ツモモッ!

    優希「調子に乗ってるんだじぇ!」


    タァンッ!

    京太郎、見てるかな?
    あれだけ散々迷惑かけた私の事なんか、目にも入れたくないかもしれない。
    ……いや、……京太郎がそういう人じゃない事は、私が……自分自身が一番良く分ってる。

    だから苦しい
    だから、こんなにも泣きたくなる
    そして……


    三巡目

    優希「リーチだじぇええええっ!」

    塞「くっ!(効いてない?いや、ちゃんとこの子の中は塞がっている。なら、何故止まらない?単なる腕?それとも運が良かった?)」

    塞「(違う気がする……この子の力は塞いで密閉されている。それは間違いないはずなのに、……なのに、"力"を感じる)」


    こない、たぶんこれは、隣に座っている半分だけ眼鏡の人のやったことなんだと思う
    私は、咲ちゃんみたいに敏感な体は持っていないけど、それでも圧迫感を感じ取る事は出来る。
    この人は強い……いや、この準決勝に出ている人で自分より弱い人は多分居ない
    "数ヶ月前の私"だったら、こんな事、考えもしなかったろうけど
    今は、素直に感じ取る事が出来る。

    弱いから、押し付けた。
    ―――私の気持ちを解って下さいと。
    弱いから、何も言えなかった。
    ―――何の努力もしないで、ただただ甘い言葉が欲しかったんです。
    弱いから、自分の事だけで手一杯だった。
    ―――貴方が他の人を見るのが、嫌だったから。

    のどちゃんを見て、だらしなくなる貴方が嫌いだった。
    ―――私を見て。
    部長と一緒に居て、そわそわする貴方が嫌だった。
    ―――私を見て。
    染谷先輩と居て、心から安心している貴方を見るのが嫌だった。
    ―――ごめんなさい、嫌わないで。
    咲ちゃんと一緒に居て、私の知らない"京ちゃん"でいる貴方を見たくなかった。
    ―――私は……貴方の事が……。

    リーチを掛けてから、二回目のツモ……やっぱりこなかった。


    『……分ってます』


    部長の苦言に、咲ちゃんはこう言った。


    『他人の為、この考えすらも、自分の為だって云うのは……自分が望んだから行動するんだって事は』


    正直、咲ちゃんの事は、ちょっと足りない子だと思ってた。
    私なんかに言われたくは無いだろうけど、ぼーっとしてて、すぐに慌てて、
    本をいっぱい読んでるけどとても役立ててる風には見えない。
    いや、……そうじゃない事を知っているのに、未だ私は、彼の一番近くに居た彼女を、そういう目で見ている。見ていたいんだろう。


    『……例え出来たとしても、むなしくなるだけかもしれないわよ』


    まったく……ふだんはあれだけふてぶてしい人なのに……。
    まったく、ダメダメだじぇ……。


    『久……"自分がやろうとしている事"に、他人を巻き込むのは気が引けるか?』


    こういう時には、染谷先輩の方が頼りになるんだじぇのお。


    『世の中には、プラシーボ効果、自己暗示、スポーツ選手が行うルーティン』

    『様々な自分を騙す行為がありますが、それら全ては化学的に有用だと実証されています』

    『ですから、例え自分の為だとしても、他人を想う事が力になると思い込んでも、……無駄ではないと思います』


    私も相当ひねくれているけど、のどちゃんも相当なんだじぇ……。


    『私は――――――たいんです』


    ヒステリックに高い声でもなく、落ち込んだ低い声でもない
    震えてはいるが、しっかりとした覚悟を決めた声……。


    塞「リーチ!」

    塞「(まだまだ流局には遠い、だから手は安いリーのみだけど、待ちは理想的な多門張。これで先に和了って親を流す!)」


    私は弱い……。
    許されない、許しちゃいけない間違いもした……。
    こんな望み、今更何を言っているんだ言われてもしょうがないと分っている。


    優希「どっかのチビの真似じゃないけど"ここで調子に乗るのが片岡優希様だじぇっ!"」


    タァアアンンッ!
    うん、牌の音が気持ちいい……ちょっとだけ部長の気持ちが分るじぇ。


    塞「……なるほど、そうだったんだ……」

    優希「面前、立直、平和、断幺、三色同順、ドラ2――16000オールだじぇ!」


    私は勝ちたい……いや、勝って刻み付けるんだ。


    塞「……"彼女だけを塞いでも駄目"とは……ほんとに、ほんとうに、やっかいだ」



    『京ちゃんが……京ちゃんが居てくれたらから私達は強くなれた』

    『だから私達は、インターハイで優勝する……優勝出来たって事を、残したいんです』

    『まったく異常な思考の自己満足じゃな……じゃが、そういうの、ワシは嫌いじゃないのう』

    『私は元から、優勝を狙ってますから』

    『ここで怯んだら女がすたるんってもんだじぇ!』

    『皆……ありがとうね、……皆』グスッ


    皆……そして私も素直じゃないんだじぇ……。
    だから、素直に自分の気持ちを言える咲ちゃんは、本当に凄いと思った。
    だから、刻み込む。
    想い出は一瞬だけど、永遠。
    記録に残せば、それはより鮮明になると思う。


    優希「清澄高校麻雀部先鋒、片岡優希……」


    そう、たった"6人"しか居ない麻雀部の先鋒。


    優希「――――東場の私は無敵、だから……止めたければ、全力で掛かってくるんだじぇ!」




    前半戦終了

    透華「なかなかでしたわね」

    智紀「うん、清澄の片岡さん」

    智紀「いままでの当るか外れるかの打ち筋と違って何か、諦めない覚悟のようなものを持ってて……凄かった」

    純「ふむふむ、流石はオレと互角に戦っただけはあるな」ナハハハッ

    一「なに言ってんのさ、二人揃って風越のキャプテンにやられたくせに」ヤレヤレ

    純「ぐぬぬっ!終わった事はいいんだよ!」

    透華「けれど、絶好調の片岡優希の、更にその上を行ったのが……」

    純「小瀬川白望…か」

    智紀「調べた牌譜となんら変わらない打ち筋……けれど、二回戦からの彼女は、"そのまま"強くなっていた」

    智紀「急激な成長での不安定さとは真逆な……土台そのものを強化し、高く堅牢に仕上げたかのような強さの変わり方」

    智紀「……とてもやっかいなクラスアップの仕方だと思う」

    一「そうだね、南場の和了りも凄かったけど……東場で勢いに乗った片岡さんの親を、"普通"に止めたのが一番凄かったね」

    透華「そうですわね、あれが前半戦で一番のファインプレーだと思いますわ」

    智紀「まあ、地味でしたが染谷さんのフォローも良かったですね。攻めに拘っていたら、もっと失点が増えていたでしょうから」

    純「そうだな~、あのちっちゃいのは、攻め特化、しかも東場のみだ」

    純「清澄の方の眼鏡さんが差込みとかしなかったら、丸裸にされちゃったかもしれねえな」

    智紀「……清澄の方の眼鏡って、どういう意味なの、純」ゴゴッ

    純「……すいませんでした」

    透華「でもまあ、そのせいで一人沈みの状態になってしまいましたわね」

    一「……いいんじゃないかな」

    透華「え?どういう事ですの?」

    純「バーカ」

    透華「な、な、なんですって!この私に対して馬鹿なんて!いくら純でも許しません事よ!」

    純「清澄の奴らは、分ってくれるって事だろ?」

    透華「はい?」

    智紀「染谷さん、……彼女ががなんで沈んだかのか」

    智紀「それが自己の記録よりもチームの為に尽くした結果だと、清澄の人達なら分るはず……そういう事よね、一?」

    一「……うん。とても強い何かを感じるよ」

    一「(ボクも、あの県予選が終わってから、ようやく本当の意味で自分と、皆を信じる事が出来たから)」

    一「(……だから分るのかもしれない)」

    透華「……まあ、何にせよ、清澄は私達を倒したのですから、ここで立ち止まって貰う訳にはいきませんわ」

    純「誤魔化したな」ボソッ

    智紀「あんまり苛めると、後々が大変よ?」ボソボソ

    一「そうだね、どっちかと言えば清澄に勝って欲しいかな」

    透華「どっちかじゃありませんわ、一!私達を倒した清澄が負けたら、私達龍門渕が全国三位以下になってしまうんですのよ!」

    純「(後半もこの調子でいくと良いけど……そうもいかねえんだろうな)」

    純「(あの不景気な面をした白髪頭……まだ何かを隠しているだろうしな)」

    衣「……ふにゅ~……五月蠅いぞ……透華」

    透華「衣、起きたのなら二度寝しない方が良いですわよ。もうすぐ先鋒戦後半が始まりますわ」

    衣「うう……こーひー……」

    一「はいはい、何時も通り牛乳7割、砂糖三個でいいんだよね?」

    衣「うみゅ……今日は……四個でたのむ……ふぁああ」



    先鋒 後半戦

    清澄 200000→169000
    宮守 200000→231000

    東 優希

    南 塞

    西 白望

    北 染谷




    先鋒戦、後半は静かに始まった。
    まず最初に、起家である優希が一度和了ったが、
    休憩を挟んで回復した塞に全力で押さえ込まれ、2飜の低い点数に留まった。
    次局は、塞の差込みで白望がゴミ手で和了り、優希の親が流れる。
    そして、塞の親番になるも、お互いのけん制が最高潮になり、親のノーテン流局で終わった。


    塞「……ふぅ……んっ」ジワッ


    どれだけ神経を削ったのか、額から脂汗を滲ませて、塞は荒い息を吐いた。


    塞「(流石に、ぶっつけ本番で、中も外も塞ぐのはキツかったなあ……けど)」


    チラリと隣を眺める。


    シロ「……お待たせ」

    『むつみむつみて、はくちのつまの、まよいまよいてやまのなか……』


    聞こえない声が聞こえた。


    *****************

    小蒔「えっ?」

    巴「姫様?」

    小蒔「……降りた」

    *****************


    トシ「ふむ、これは柳田版だね、……しかし、準決勝でやっと発動とは……」

    トシ「本番に強いと言うかべきか、それとも流石の省エネ体質と言うべきかねぇ」フフッ


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    『迷い家』って聞いた事があるかい?

    うーん、夏の心霊番組かなんかで聞いた事ある気がするんですが
    ……スイマセン、思い出せないです。

    ふふっ、名前を知ってるだけでも十分だよ。
    まあ、そんな長い話でもなくてね……


     とある小さな国の、小さな村に貧しい家があった。
     その家の妻は、少し魯鈍で、心無い者からは白痴の役立たずと言われることすらあった。
     だが、その妻は、他人の言葉など意に介さず、自分に出来る事を精一杯やって過ごしていたんだよ。
     
     そしてある日、妻が焚き付けの小枝を取りに、川を遡ると、そこは知っているはずのいつもの光景は無く、
     何時の間にか、美しい花々の咲き誇る庭が見え、そしてその光景に魅せられ、ふらふらと近寄ると
     立派な門構えをした、家があったそうでねぇ。
     
     中に入ると、先ほど妻が惹き付けられた、美しい庭があり、そして誘われるように庭を裏まで歩くと、
     大きな牛舎と馬舎が並び、その家の富の高さがうかがい知れた。

     そこで妻は、この家に住んでいる人がどうしても見てみたくなり
     玄関に回って声を掛けるものの、一向に誰かが出てくる気配も無い。
     
     普通なら、そこで帰るべきなんだけどね、しかし妻は我慢できず、その家に入ってしったのさ。
     家の中は、まるで今の今まで、誰かが居たみたいに、囲炉裏には火が入っていて、
     その火の上では、天井から吊るされた鉄瓶が、こぽこぽと白湯を沸かしていたそうだよ。
     
     声を掛けても声を掛けても誰も居やしない、けれど土間にも、座敷にも、
     そこに誰かが今の今までいたという、痕跡だけがしっかりと残っているんだ。

     普通なら、気味悪がるだろう?
     
     はい、なんか不気味ですよね。
     
     けれど、その家は、それ以上に惹き付ける物があったのさ。
     

     綺麗な庭、大きな牛舎、しかし、それを霞ませるほどの、屋敷のなかの調度品。
     
     話に聞いた京の都もかくやと言うほどの、美しい鏡や、一点の曇りすらない漆塗りの膳椀。
     床の間に飾られた、人の手によるものとは思えない美しい絵の掛け軸。

     全てが全て、想像すらしたことの無い貴き品々であり、
     どれか一つでも盗み出せば、裕福に暮らせる事は間違いないと思わせる物だった。
     
     しかし、妻は、何も持ち帰らずに、帰ってしまうんだよ。

     貧しい村の、貧しい家、もしこの事を周りの者が聞けば、何故機転を効かせなかったのかと怒った事だろう。
     しかし、周りから魯鈍と言われる性格の妻は、はなから盗もうなんて考えすら思いつきはしなかったのさ。
     
     妻が家に向かい、川を下っていると、ふと目の端に何かが流れてきたのを見つける。
     それは、かの家の調度にも負けない、赤く美しい器だった。
     
     妻は慌てて器を拾い上げ、少し考えた。
     
     もう帰るべき時間ではあったが、器を返すべく先ほどの家に向った。
     しかし、何処を探しても、何度同じ道を通っても、一向にあの立派な家は見つからなかった。
     
     しょうがなく器を家に持ち帰り、誰にも見られないように、米びつの米を掬う為の器として使った。
     そうすると、どうしてだろうか?
     この赤い器で掬った米びつの米は、一向に減らず、永遠に米びつを満たした。
     
     そして、これを機にその妻の家、"三浦家"が繁栄したってオチが着くのさ。
     
     
     まあ、纏めると、無欲な人間が悪い事をせずに、最終的に富を得るっていう
     説話的昔話って所かねぇ。
     
     なるほど。
     
     もちろん、これを効果的に考えさせる為に、逆に欲をかいた人間が
     逆に不幸になるって話もセットであるんだ。
     
     へえ、色々考えられているんですね。
     
     ……そうかもだねぇ。
     
     ちなみに、その反面教師の話の土地って言うのが
     
     
     
     金沢村が――白望――の麓。
     

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


    赤い、紅い……赤漆の様な椀。


    シロ「……カン(暗槓)」

    シロ「……まずは、一本場」

    咲「……」

    シロ「じゃあ……続けよっか」


    トシ「今年は、赤のあるルールだったのは運が良かったねぇ」

    胡桃「高校の大会は、競技麻雀としての色が濃いですもんね」

    トシ「まあ、もっと完全に使いこなせれば、赤に頼る必要もないんだけどねぇ」

    胡桃「そ、そうなんですか」

    胡桃「(シロは今でも十分凄いのに、その上の状態を、こんな簡単そうに言うなんて……)」

    胡桃「(熊倉先生の最盛期ってどんなだったんだろ……凄そうを超えて、本気でヤバそう)」

    トシ「ん?どうかしたかい?」

    胡桃「い、いえ、なんでもないです」ブンブン


    染谷「(赤五萬を含んだカンか……なにやら危険な匂いがプンプンするのお)」


    トシ「赤ウーワンは赤椀に通ずるか……洒落にもならない洒落だけどこれこそが昔から使われていた"見立て"ってやつだね」

    トシ「似てる物、同じ音を有する物、人間は紙を人型に切っただけの物さえも人として見立てる」

    トシ「そしてそれに、聞いた人はもちろん、そして吐いた本人さえも縛る"言霊"を乗せたらどうなるのか……ふふっ、怖いねえ」ニヤニヤ
       

    透華「これは……異常ですわね」

    純「おいおい、さっき五萬のカンまでは、役なし四向聴だったのに、それからツモは全部有効牌、もう一向聴になっちまったぞ!?」


    塞「(うん、もう完全に発動してる……これでこの場の全ての"富"は、シロへと集まる)」

    シロ「……リーチ」タンッ

    染谷・優希「!?」ゾクリッ

    シロ「(女は無欲なんかじゃなかったんだと思う……)」

    シロ「(働き者みたいだったから、私のようにものぐさで取らなかったわけでもないだろうし)」

    染谷「(ここは現物や……この相手は、万が一すらも怖過ぎるわ)」タンッ

    シロ「(満足していたのかもしれない……魯鈍と馬鹿にされても、それでも満たされた生活)」


    白望は、背の高い自分よりも、更に背の高い金髪の青年を思い出した。


    シロ「(二人並んだら、まるで……金銀パールプレゼント)」


    などと、まったく意味の無い台詞が頭を過ぎる。


    優希「(うう、今は東場なのに……なんでか私の場所じゃないように感じるんだじぇ)」タンッ

    塞「(以前のマヨヒガは点が高いものの、スピードに難点があった)」

    塞「(しかし、今度のマヨヒガは……発動してしまえば)」


    シロ「門前、立直、一発、中、ドラ5……8000オール」


    塞「……速くて、高い」ニヤリッ




    第三局 三本場 親:小瀬川白望

    染谷「ノーテンじゃ」

    優希「……ノーテンだじぇ」

    塞「ノーテンです」

    白望「テンパイ……連荘」

    アナウンス「来たあああ!小瀬川白望選手、一人テンパイで5本場に突入だあああああっ!!!」



    姫子「……部長」

    哩「……姫子も気付いとったか」

    姫子「あれって、私達と同じ……」

    哩「厳密には違うとるけど、……まあ大きい意味では同じやろな」

    姫子「……」

    哩「アレは、……条件付能力変化型や」

    哩「うちらが私次第で姫子に繋がった結果が変わる様に、あん宮守のエースも、使い分けかなのか、条件なのかは分らなかけど」

    哩同じ能力で、別の結果ば出しとるって事やろうな」

    姫子「自分がイケそうな時は、速く高く和了り……そして駄目な時は場そのものを枯らしてしまう……」

    姫子「そんなん……チートやないですか」

    哩「……多分やけど、荒れた場でテンパイに持ってったのは純粋な力量にみえた」

    哩「今の宮守のエース、何か憑いとる……って言われたら信じられるレベルやな」


    トシ「望まぬ者には与え、そして望んだ者には与えない……まったく性質の悪い能力だねえ」

    トシ「使ってるあの子は、あんなに素直なのにねえ」