――車内――

咏「いやねぃ、タコス生地ねぃ、また持ってくるとはねぃ。」

京太郎「忙しい中練ってもらったんだぁ……」

京太郎「それも師匠に

  //:/:::::::::/::;ィ::::|::::::::|::::::::::::|::i゙、::゙、::::゙、::::::::::゙、
 ///::::/:::/::::/::::ハ::/|::::::::|::::::::::::ハ:::|\゙、::::|:::::::::::::゙、
///::://:::/::::/:|:::| |;ハ::::::::゙、::::|:::| _゙、:|__\:::|::::::::::::::゙、
//|:::|::|:::::|:::::|::|:::|┼--゙、::::::゙、:|:::| _ ゙、 `l::|::::::::::::::::゙、
/ |:::|::|::::|::::::|l::|゙、| _=|\:::::|::/ ,-ァ=〒、_|:|::|:::::::::::::::|
 |:::|:::|:::|::i:::|:|::| <´}._ol冫 V人_   ー゜ " |:i::|;、:::::::::::::|
. |::|:::|:::|::|:::|:トヽ        /' \゙、     /.|:/,ベ、::::::::|  
  ゙、N|:::|:|゙、N i゙、     /l        //   }::::i:/  また騙されてるんですから
   ゙、 ゙、|:ハ:゙、 |      `       //  /::::/リ    須賀君、今回はやめといたほうが……
     ゙、| ゙、:゙、|      ___       |/.__/;ィ/
       ゙、  ゙、゙'゙、     `ー='       ,/::::::/'/
           \         /|:::::/
            `i 、     _/  |;;/
             ,|  ` ー- ´   _,'゙}、_
            /|ゝ、_   __, -‐ァ' ,!:.:.:.\
         /:.:.:/ヾ_/¥>、_/‐'_´,|:.:.:.:.:.:`r、_
       ,..-‐/:.:.::.:/ `><_/` < ̄  |:.:.:.:.:.:.:.:゙、:.`ー-、__
  _,..-‐:.´:.:.:/:.:.:.:.:.:/ ,イ   ハ i ゙、  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.:.:.:.:.:.`ー-、_
:.´:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:./ / /  /  | | | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-、:|

って言われてるところを。」

京太郎「なにいってんですか、そんなわけないでしょう!」

                         ハーヴェストタイム
京太郎「前回野菜を作ったんですから今回は収穫ですよ!」

宮永父「なんで師匠の言う事聞かないの……普通の人はわかるんだよね、大体。」


京太郎「生地頼むのまだ早かったなぁ……まだトマト青かった……」

宮永父「でも、でも言わせて貰ったらあれだよ? なにもね、料理をやるからと言ってね。」

宮永父「てめぇで勝手にね、龍門渕まで前日出向いてね、タコス生地作ってくれなんてこっちは一言も言ってないわけだよ。」

宮永父「師匠に悪いだの何だの言ってるけど、確かに悪いさ、でも悪いのは君だろう?」

京太郎「おお、なるほどなるほどー。」

京太郎「おーい、宮永さん、えぇ? あんた気持ち良い事言うなぁ、おーい。」

京太郎「宮永さん……あなたの肉親をー……オレはどんどん、おみまいしてくぞぉ……」

宮永父「家族に手ぇ出すなよ。」

京太郎「何言ってんだよ。」

京太郎「選べよ。」

京太郎「東京か? それとも長野か? どっちだ? 行くぞ俺は。」

京太郎「タコスが腐らねぇ内に。」

尭深「んふふふふ……」プルプル


京太郎『どーも咲さん、知ってるでしょう?』

京太郎『須賀京太郎でございます。』

京太郎『おいタコス食わねぇかぁ?』

京太郎『優希たちもおいでぇ、タコス焼くぞぉ。』

京太郎『辛いかい?』

京太郎『オレはもっと辛い物を、咲のお父さんにぃ、食べさせられてるんだよぉ。』

京太郎『残さず食えよぉ。』


咏「こえー!」ケラケラ

宮永父「片手にこう、包丁を持って、座ってるわけだろ? シェフの格好したやつが、俺んちで。」

宮永父「で、もう家の咲が泣きながら『私が食べます!』」

尭深「んふふふ……」プルプル

咏「あははは!」ゲラゲラ

京太郎「そしてそれが終わったら東京に飛ぶんだよ。」


京太郎『お姉さん、知ってるでしょう?』

京太郎『京太郎でございます。』

京太郎『パイ食わねぇか』


京太郎「東京だったら急がねぇとな……皿焼いたら直ぐ行くよ。」



夏野菜スペシャル終了



こっから屋久島の釣り


栗生五年一組(京太郎・穏乃(のー))

宮浦五年三組(霞(みすかー)・誠子)

咏「やっぱりルアーがいいんじゃないかねー? 沈むもの、わっかんねーけど」

京太郎「おい……宮浦!」テクテク

誠子「?」

京太郎「おまえなに使ってんの?」

京太郎「それおまえ、栗生のルアーだべや」

咏「あはははは!」ゲラゲラ

京太郎「おいのー! ちょっこれ見てみ、これ絶対うちのルアーだってこれ」

咏「いちゃもんつけてる!」ゲラゲラ

穏乃「まじ?」タッタッタッ

咏「来た来た来た! のーが来た!」ゲラゲラ

京太郎「のー、これうちんだよな、これ?」

穏乃「あれー?」

京太郎「これ先週……給食費と一緒に盗まれたルアーじゃねぇのか?」

京太郎「これ栗生のルアーだべや、これ」

誠子「やめやめやめて……」

誠子「みすかー! みすかー! みすかぁー!」

誠子「やめやめ、やめてください! やめてください!」

霞「ちょっと……ちょっと!」タッタッタ

京太郎・穏乃「なんだよ(ですか)……」

霞「返してあげなさいよ!」タッタッタッ

誠子「ちょ!? みすかー!?」

咏「あははは! 戻っていった!」ゲラゲラ

誠子「ルアー欲しいんですか? ルアー欲しいんだったらあそこにたくさんありますよ……」

咏「あるぞみんなそこに、そこにたくさんあるぞーわっかんねーかな?」

穏乃「あっこれ全部栗生んじゃねぇ?」

京太郎「洒落になんねぇべ宮浦ァ……」

咏「ルアーをねぃ、真ん中につけると錘になっていいみたいだよー、知らんけど」

京太郎「真ん中スか?」

咏「あと15分ー知らんけどー」


――残り15分――

京太郎「釣れてる?宮浦……」

誠子「? あ、はい」チッカチッカ

京太郎「おい、お前これ光んじゃんこれ……」

京太郎「お前これ栗生んじゃねぇ?」

穏乃「あーこれ栗生って書いてあるね」

穏乃「これ、おとつい盗まれたやつじゃない?」

誠子「みすかー! みすかー!」

霞「ちょおっと!」タッタッタ

京太郎・穏乃「またきた……」

霞「返してあげなさいって!」

咏「あははは!」ゲラゲラ

穏乃「栗生んですよそれ!」

京太郎「どうよ?」チッカチッカ

咏「着けたからどうだって話だよ!」ゲラゲラ

穏乃「もう人のモノ盗っちゃだめですよ」

咏「余計な事言ってると知らんよー……あと十分だねぃ」フフフ……

京太郎・穏乃「やっべー!」ガタガタ



――残り10分――

京太郎「みすかーってやつ、勝負捨てねぇヤツだなぁ」

咏「うん?」

京太郎「スゲェもん、捨て身だもん」

京太郎「おまえ本当にオレらと学年同じ?」

咏「あっはははは!」ゲラゲラ

霞「おぉわ!」

咏「来た来た来た! みすかー君来た!」

咏「しなってるしなってる!」

京太郎「みすかー君かっこいいよなぁ……」

霞「……うふふ」グイグイ

京太郎「みすかー君、だってなんか骨格できてるもんな」

京太郎「からだ大人じゃんあれ……」

京太郎「みすかー君5年生じゃねぇよな」

咏「お、来た来た、みすかー君20ポイント!」

咏「宮浦合計110じゃね? 知らんけど」

京太郎「おかしくねえ? 宮浦ばっかり……」

京太郎「あれそれ栗生のじゃねぇ?」

京太郎「のー来てみ! のー来てみ! おいちょっとこれ……」

京太郎「これ栗生んじゃねぇ?」

穏乃「あ、これ栗生のです」

京太郎「これうちで飼ってるやつじゃねぇ?」

咏「くくくくく……」ケラケラ

霞「よっと」ポイッ

京太郎・穏乃「あ」

京太郎「みすかーくん絶対5年じゃねぇよ」

京太郎「だいたい、宮浦に外人いるなんてきいたことねえもん」

穏乃「みすかーなんておかしいよ、日本人なのに」

咏「んなこといったら"のー"ってなんだよ!」ゲラゲラ

京太郎「みす家くんってことねえもんな」

咏「はい、あと五分じゃねぇ? 知らんけど」

京太郎・穏乃「やっべー!」バタバタ



――残り5分――

京太郎「栗生がやべぇんじゃねぇの? 宮浦にしねぇ?」

穏乃「あ、釣れそうな気がする」

京太郎「だべ?」

京太郎「あのジャージほしいなぁ……」

穏乃「あいつから取りますか……」テクテクテク

誠子「?」

京太郎「そのジャージ栗生んじゃねぇ?」

誠子「!?」

咏「あははははは!」ゲラゲラ

穏乃「これ絶対栗生んですよ」

霞「……ちょっと」テクテクテク

霞「返してあげなさいって!」ヌギヌギ

咏「こっちは巫女服脱ぎ始めた!」ゲラゲラ

穏乃「さっさと返せー」

咏「はいあと3分ー」

京太郎・穏乃「やっべー!」バタバタ


咏「はい残り30秒だよ~!」

咏「はい残り20秒……」

咏「あ、来ました! 来ました! 来ました!」

京太郎「だって……みすかーくんタバコ吸ってんじゃん!」

咏「あははは!」

京太郎「くわえタバコじゃん! みすかーくん」

咏「残り15秒~」

霞「ん~」

咏「おお、みすかー20ポイント獲得ー」

咏「はい、終ー了ー」