健夜「きゃっ」

京太郎「うわっ」

どんっ

健夜「いたた・・・」

京太郎「大丈夫ですか?」

健夜「えっ・・・あ・・・」

京太郎「ああ、ひどい怪我だ、絆創膏を」

ペタペタ

健夜「あ・・・ありがとうございます」

京太郎「それじゃ、俺はここで」

スタスタスタ

健夜「ああ・・・なんてカッコイイ人なの・・・」

健夜「あんな男に・・・掘られたいっ!!!」


健夜「どうにかしてあの子と触れ合う機会を作らなくては」

咲「京ちゃーん」

京太郎「あっ、咲、アハハ」

健夜「何あの子・・・京太郎君の彼氏!?」

健夜「はぁ~若いっていいわね」

京太郎「じゃ、俺はここで・・・」

ドンッ

健夜「きゃっ」

京太郎「あわああっ、どうしましたか?」

健夜「だ・・・大丈夫って・・・あ・・・」

京太郎「この前の・・・」

健夜「良かったらお食事でもどうですか?」

京太郎「いやあ・・・大丈夫ですよ・・・」グウウ-

京太郎「ってあ・・・お腹へってる」

京太郎「いやでみ、お腹へってるからといって食事に誘われてそれにOKすることではないんですよ」

健夜「いいからいいから、私いいお店知ってるのよ」

ガラガラガラ

店員「いらっしゃい」

京太郎「うわあ・・・高そうなお店だ」

健夜「なんでも頼んでいいからね、うふふ」

京太郎「そ・・・そうですか・・・」

京太郎(とりあえず安めの物を・・・って値段書いてない・・・)

健夜「それじゃあ私はシェフの気まぐれトルコ風たらこスパゲッティパスタで」

京太郎「どうしようどうしよう・・・」

健夜「遠慮なんてしなくていいんだからね」
京太郎「カルパッチーノパルメザンチーズ風イタリアントルコ風アイスで」

健夜「あっ、京ちゃんひどーい、それ私が食べようと思ってたのにー」プンプン

京太郎「きょ・・・京ちゃん!?」

健夜「京太郎だから京ちゃん、いいでしょ?」

京太郎「いや・・・まあ・・・いいですけど」

健夜「京ちゃんは麻雀部なんだっけ」

京太郎「!あ、はい!麻雀部です、誠意いっぱい頑張ります」

健夜「ふふ、元気でよろしい」ニコニコ

健夜「あーせっかくだし私、ワィン頼んじゃおうかなー」

京太郎「は・・・はあ・・・」

健夜「京ちゃんも飲む?」

京太郎「い・・・いや俺は・・・」

トクトクトク

健夜「注がれた酒は呑まなきゃ迷惑よ」

京太郎「は・・・はあ・・・仕方ない」

京太郎「ゴクッゴクッゴクッ」

健夜(ああ・・・京ちゃんの喉仏・・・たくましいわ・・・飲むと動いてる・・・)

京太郎「ぷはぁ~」

健夜「どうだった?」

京太郎「いやあ・・・お酒って以外と苦いんですね」

健夜「あらあら、若い子には早かったかしら?」

健夜「ゴクゴクゴク」

健夜「はあ、少し酔ってきたわ」

健夜「ちょっと汗ばんで困るわ-」

京太郎「・・・」

京太郎「じゃあ・・・脱いじゃえばいいんですか?」

健夜「そうねそうさせてもらうわ・・・」

ヌギヌギ

京太郎「ゴクリ・・・」

健夜「京ちゃんは・・・こんな貧相な体じゃ、やっぱり興奮しないわよね」

京太郎「い・・・いや、そんな事無いですよ」

健夜「京ちゃん、二杯目行こうか・・・」

京太郎「そんな・・・あまり飲み過ぎても・・・」

健夜「ワィン開けちゃったんだから・・・私一人じゃ飲みきれないわ・・・」

京太郎「しょうがないですね・・・」


京太郎「はーい!おっぺけぺ~おっぺけぺ~」

健夜「京ちゃんすごーい」

京太郎「ウルトラヘイッ!!」

健夜「きゃーっ・・・京ちゃん大好きー、結婚しよーっ」

店員「お客様・・・あまり店内で・・・」

健夜「あーはいは、そろそろ出ますよ、出りゃいいんでしょ」

京太郎「パッティラッパパラッツィーア!!!」

健夜「京ちゃーん、片貸してー」

京太郎「ウィ~」

店員「2万4800円です」

健夜「はーい、おつりいらなーい」

店員「ありがとうございました」



健夜「ああ・・・あそこ私んち-」

京太郎「ええーっ、あの綺羅びやかな建物が小鍛治さんの部屋なんですかー」

健夜「そうそうーアレ全部私んちー」

京太郎「へえー、どこに連れてけばいいんすかー」

健夜「好きなところでいいよ」

京太郎「それじゃあ・・・このお花畑みたいなところで」

健夜「はいよー」

京太郎「凄いところですねー」

健夜「あっひゃっひゃっひゃ、何このベッド、超揺れてるー」

京太郎「わあー、何ですかそのベッド」

健夜「京ちゃんも入ろうよー」

京太郎「わあー揺れる揺れるー」

健夜「もう我慢できないっ」


がばっ

京太郎「なっ・・・」

健夜「ねえ京ちゃん・・・私の体見て・・・なんか感想あ?」

京太郎「う・・・ゴクリ」

健夜「それじゃあ今から一枚ずつ服脱いでくから、京ちゃんも続いて脱いでねー」


ぱさっぱさっ

京太郎「うわっ・・・」

健夜「ほらほらぁ・・・次京ちゃんが脱ぐ番だよ」

京太郎「そんな・・・ダメですこんな・・・」

健夜「そんな事言ってぇーもうこんなに元気にしちゃってるじゃん」

京太郎「ひっ・・・擦らないでください」


健夜は京太郎の首にキスをした


京太郎「わわっ・・・小鍛治さん・・・」

健夜「京ちゃん・・・こんなに慌てちゃってかわいい・・・」ペロペロ

京太郎「こっ・・・小鍛治さん・・・もう俺・・・」

健夜「いいよ・・・京ちゃん、狼になっちゃっても・・」

京太郎「う・・・っ・・・うおおおおっ・・・」


ぱさっぱさっ

健夜「京ちゃん・・・立派なおちんちん・・・」

京太郎「あ・・・待って・・・避妊しないと・・・」

健夜「もう、京ちゃんてば真面目なんだから・・・はいこれ」

京太郎「あ・・・ありがとうございます」

健夜「私がつけてあげよっか?」

京太郎「だ・・・自分で付けれます」

健夜「そう・・・」


健夜「京ちゃんはこういうの初めてだよね」

京太郎「恥ずかしながら・・・」

健夜「それじゃあ私が上になってあげるね」

京太郎「は・・・入ってる・・・これがセックス・・・」

健夜「どおー?おちんちんビクビクして、京ちゃんかわいー」

京太郎「う・・・っ・・・締め付けられて・・・これじゃあすぐに・・・」

京太郎「う・・・・っ・・・・」ドビュビュ


健夜「京ちゃん、今日はとてもいい日だったよ」ツヤツヤ

京太郎「は・・・はあ・・・」

健夜「あれ?元気ないね?」

京太郎「なんか・・・自分何にもできなくて情けなくって」

健夜「あはは、いいのいいの、それはそれで可愛かったから」

京太郎「あの・・・あと今日のことは・・・」

健夜「うん、私達だけの秘密ね」

京太郎「ありがとうございます・・・それじゃ」


タッタッタ


健夜「ふう、行っちゃった・・・」

健夜「さて、このコンドームの中身を入れないと・・・」

終わり


健夜 「…一晩も経ってたらダメだよね」

健夜 「お母さんも恋人連れて来てって言ってたし…」

健夜 「京太郎くんと付き合えるように頑張らなきゃね!」ガタッ

健夜 「京太郎くんは清澄高校だから取材と偽って麻雀部に行けば会える!」

健夜 「…お化粧して恥ずかしくない格好で会わなきゃね…ふふっ♪」


―清澄高校― 麻雀部

コンコン

久 「はい?空いてますけど良かったらどうぞ」

カチャッ

健夜 「お邪魔します」ペコッ

久 「こ、小鍛治プロ!」

和 「どうしてここに…」

健夜 「康子ちゃんが有望株が沢山いるよって教えてくれて見てみたくなったの」

久 「はぁ…良かったら見学してって下さい」

健夜 「ご丁寧にどうも」ペコッ

まこ 「何しとるんじゃ京太郎、お客さんに茶くらい出さんか」

優希 「使えない犬だじょ」

咲 「本当、京ちゃんは成長しないんだから…」

健夜 「」プチッ

健夜 (若いからって調子に乗って…)ゴゴゴゴゴ

健夜 「有望株の力を見るには卓を囲むのが一番だし…良いかな?」

久 「面白そうね…じゃあ咲に和に優希を…」

健夜 「いえ、原村和さんとは結構です。ネットで何度も打ってますから」

和 「……まさか、すこやんさんですか?」

健夜 「そうよ…もう打たなくても良いよね?」

和 「解りました…貴女とはいつでも打てますからね」

健夜 「宮永さん、片岡さん、染谷さん…ちょっと…」チョイチョイ

ま・咲・優 「…?」

健夜 「東二局が来ると思わないでね?」ポソッ


健夜 「ツモ、4000オール」

健夜 「ツモ、6000オール」

健夜 「ツモ、8000オール」

健夜 「ツモ、16000オール」


久 「東一局で…三人を飛ばした?」

和 「これが銀メダリストの実力…」

まこ 「」

優希 「得意の東場なのに小鍛治プロに当たり牌をずっと抑えられてたじょ」

咲 「…あ、あぁ…あ……」

咲 (無理だよ、こんな人…お姉ちゃんより酷い…)ガタガタガタ

健夜 「…お疲れ様でした、皆さんきっと大きくなりますよ」

久 (と、当分…牌を握れないんじゃないかしら…)ヒクッヒクッ

健夜 (京太郎くん…やったよ!)パァァァァァッ

京太郎 「すげぇカッコイイっすよ!」

健夜 「そんな事ないよ…私、アラサーだよ?」

京太郎 「年齢なんて関係ありませんよ…小鍛治プロみたいに麻雀強くなりたいです!」

健夜 「男の子だもんね、色々とあるし解るよ?」

健夜 「良かったら私の教えてる麻雀教室に顔を出してみない?」

京太郎 「良いんですか?」

健夜 (ここでがっついちゃダメ…少し溜めて…)

健夜 「大丈夫だよ?でも…ちゃんと部活に顔を出して両立するって約束をしてくれるなら喜んで教えてあげるよ」

京太郎 「や、約束します!」

健夜 「じゃあ…指切り」ヒョコッ

京太郎 「え?」

健夜 「指切りげんまん嘘ついたら針千本飲ーます指切った♪」

健夜 「あ、部長さんとも打ってなかったね」

久 「え、わ…私は引退だし…」

健夜 「姫松との試合見てたよ、あの悪待ち凄いなって思ったんだし…ね?」

久 「な、なら…東風戦だけ…」

健夜 「ありがとう、…でもね?東二局は来ないから意味ないんだよ?」ポソッ

久 「!」ビクッ


健夜 「ロン、大四喜字一色四暗刻単騎」パラパラパラッ

健夜 「大会ルールだとWはないけど竹井さんの箱割れだね」ニコッ

久 「じ、地獄単騎…」ガタガタガタ

健夜 「あ、京太郎くん…これが麻雀教室の連絡先だからいつでも連絡してね?」

健夜「携帯の方は私に直通だからね♪お世話になりましたー」バタン


―その日の夜―

ピピピピッ!

健夜 「あ、…きょ、京太郎くんからかな?」

健夜 「深呼吸しなきゃ深呼吸」

健夜 「ヒッヒッフーヒッヒッフー」

健夜 「ってこれじゃラマーズ方だよ!」

健夜 「……はい、小鍛治です」

京太郎 『あの、須賀です』

健夜 「京太郎くん?…こんばんは」

京太郎 『麻雀教室の件なんですけど…明日からでも大丈夫ですか?』

健夜 「ちゃんと部活に出なきゃ駄目って言ったよね?」

京太郎 『なんだか暫く休みになっちゃって…』

健夜 「そうなんだ…そういう事なら大丈夫だよ?…良かったら今からでも私の家に来る?」

京太郎 『…お邪魔します』


健夜 「迎えに行こうか?」

京太郎 『いえ、大丈夫です…遅いですし小鍛治プロを危ない目には…』

健夜 「心配してくれてありがと、でもこういう時はすこやんって呼んで欲しいな?…私もあの時みたいに京ちゃんって呼ぶから」

京太郎 『…あ、…うぅ…///』

健夜 (これで嫌でも思い出したはずだから…まずは第一段階完了かな)

健夜 「じゃあ待ってるからね、約束破っちゃ嫌だよ?」

京太郎 『じゃああと30分でそっちに行きます、じゃあまた後で…』



健夜 「30分かぁ…のどっちを飛ばすには充分だね」ニコッ

健夜 「超上級者卓に入って…あ、いたいた♪」



健夜 「流石に出和了は難しいなぁ…よし!」

健夜 「綺麗なデシタルの打ち手だから逆にそこに付け込んで…来た来た♪」

健夜 「責任払いの四暗刻で見事に箱割れ、のどっちコミュは荒れるんだろうなぁかわいそう」クスッ


ピンポーン♪


母 「健夜、お客さんだよー男の子の」

健夜 「はーい、すぐいくー」スタスタスタスタ


京太郎 「あ、…小鍛治プロ…お邪魔します」

健夜 「」プイッ

京太郎 「お邪魔します、…す、す…すこやん」

健夜 「いらっしゃい、京ちゃん♪」

京太郎 「…綺麗な部屋なんですね」

健夜 「ありがと♪卓はあるけど二人じゃ出来ないし…ネトマをしながら教えるね?」ギュッ

京太郎 「は、はい!」

健夜 (京ちゃん凄くドキドキしてる…)クスッ

京太郎 「これ、すこやんのデータですか?」

健夜 「そうだよ?」

京太郎 「…凄い、トップ率77%で跳満以上の直撃は皆無だ…安手の手も差し込みっぽいし…」

京太郎 「さっきの対局じゃ和を飛ばしてトップだ!」

健夜 「見直した?」

京太郎 「勿論です!」

健夜 「じゃあ始めようか?二人だけの麻雀教室を…」ポソッ

京太郎 「!」ビクッ

健夜 「そこは両面よりリャンチャンで待つのが良いよ?筋引っ掛けになって読み辛いから」

京太郎 「な、なるほど…」

健夜 「三時間も画面に向かってたら疲れちゃったかな?」

京太郎 「まぁ…ちょっとだけ…」

健夜 「じゃあベッドに横になってて?軽くおむすびとか作ってくるから」ニコッ

京太郎 「ありがとうございます」

健夜 「ゆっくり休んでなきゃ駄目だよ?」バタン


京太郎 「ふぅ…ちょっと疲れたな…でも勉強になるぞ」ドサッ

京太郎 「……良い匂いだな」スンスン

京太郎 「…」スンスン

京太郎 「落ち着くなぁ…この抱き枕、すこやんが…」ギュッ

京太郎 「…ッ…な、何考えてるんだ俺は!」

京太郎 「…う、…抗えない……」ギュッ


カチャッ

健夜 「京ちゃん、お夜食持ってきたよ?」

京太郎 「すこやん…良い匂い…」ギュッ

健夜 「//////」

健夜 「お、女性をからかったら駄目だよ?」

京太郎 「す、すこやん!…あ、いやこれはちが…」

健夜 「見てたんだよ?何が違うの?」

京太郎 「…ベッドに寝てたら良い匂いがして…それで…」

健夜 「アラサーなんだよ?…あんまり期待しちゃう事言わないで…」

京太郎 「…ッ…俺はすこやんが好きなんです!…年上だって俺は…」

健夜 「…今はそう言ってくれるけど、京ちゃんが20半ばの時は私…もう40なんだよ?若く見られるのは今だけなんだから」

京太郎 「関係ありません…俺、すこやんが手に入るなら他に何も…」ドサッ

健夜「…や、…だめだよ…」

京太郎 「もう止まりません…最初に、ごめんなさいと謝っておきますんで…」

健夜 「やっ…やぁ…///」

京太郎 「この前はあんなに責めてたのに…お酒飲まないと全然違うんですね?」ムニュッ

健夜 「―――――ッ///」

健夜 (凄く気持ちい…私、流されやすいな…)ビクッ

京太郎 「すこやんの下着…こんなにびしょびしょ…ほら」クチュクチュ

健夜 「言わないでよ…///」

京太郎 「こんなに広がって滴るんだったらシーツ汚れちゃいますね?」

健夜 「やっ…京ちゃん…お願い…」

京太郎 「…何も聞こえませんよ?…俺も我慢出来ないですし…すこやんが悪いんですからね…」ゴソゴソ

健夜 「…ッ…前より…おっきく見える…」

京太郎 「それは、すこやんが可愛いからですよ…」

健夜 「…ッ…駄目、ちゃんと付けなきゃ…」

京太郎 「」ゴクッ

京太郎 「最初に言いましたよね?…ごめんなさいって…」ズプゥ!

健夜 「んっ………あっ…!」

健夜 ( 計 画 通 り )ニッ

京太郎 「…ッ…な、なんだか前より…凄くて…!」ギシッギシッ

健夜 「だ、駄目…ちゃんと付けなきゃ…」

京太郎 「今更…抜けないです…ちゃんと抜いて出しますから…ふっ…!」ギシッギシッ

健夜 「…んっ…や…あ…あぁ…っ!」

健夜 (そろそろかな…京ちゃん…)キュゥゥゥッ

京太郎 「急にキツく…ッ…うっ…だ、駄目だ…」

健夜 「…あっ…だ、駄目…京ちゃん!」ガシッ

京太郎 「そうやって絡み着かれたら…抜けなッ…い、イクッ!」ビュルルルルルルルル



――
―――


健夜 「…酷いよ京ちゃん、三回も中に出すなんて…」グスッグスッ

京太郎 「…すいません…本当に…」

京太郎 「…今日は帰ります、…本当にすいませんでした」ソソクサッ



健夜「……ふふふ」




数週間後の麻雀部部室


和 「リーチです」スチャッ

京太郎 「和、それロンだ11600」


優希 「リーチだじぇ!」スチャッ

和 「ロn

京太郎 「悪い和、アタマハネで7700」

京太郎 「カン!嶺上開花、1600・3200」

咲 (京ちゃんにまで私の嶺上開花が…)グスッ


まこ 「本当に強くなったのう」

久 「そうねプロに感謝しなきゃ」

京太郎 (すこやんの名前を言えないぐらいのトラウマなのかぁ…)


ピピッピピッ!

京太郎 「あ、すこやんから電話だ」

久・ま・咲・和・優 「!」

京太郎 「すいません、ちょっと出てきます」バタン

京太郎 「もしもし?」

健夜 「あ、京ちゃん?…私。」

健夜 「あれから電話もくれないんだもん…どうして?」

京太郎 「いや、申し訳なくて…話辛かったんです…本当すいません」

健夜 「でもこうして出てくれて良かった…話があるの」

京太郎 「…なんでしょうか?」

健夜 「…来ないの」

京太郎 「え?」

健夜 「アレ、来ないの…解る?」

京太郎 「え?…えぇ?」

健夜 「責任取ってくれなきゃ私、許さないからね?パパ♪」

京太郎 「」


おしまいです