京太郎「ゆーこ先輩」

由子「あ、京太郎」

トテテ

由子「お待たせしちゃったかな?」

京太郎「いえ、そんなに待ってないですよ」

由子「ほんとに?」

京太郎「はい。それに待つのは割と好きなんで」

由子「そか、そういってもらえれば助かるのよー」

京太郎「それで、今日はどこに?」

由子「特にこれといって目的があるわけやないんよ」

京太郎「そうなんですか?」

由子「たまには、無目的にぶらぶら歩き回るのもいいやろ?」

京太郎「はは、そうですね」


繁華街

京太郎「結構込んでますね」

由子「そうやね、わ、ととっ」

京太郎「おっと、大丈夫ですか?」ポス

由子「あ、ありがとうなのよー」

京太郎「下手したらはぐれそうですね」

由子「そやね。あっ、なら」ギュゥ

京太郎「せ、先輩」

由子「これなら、はぐれたりしないやろ?」

京太郎「そそ、そうですね!」

由子「~♪」

京太郎「……クスッ」

由子「ん~、どうかしたん?」

京太郎「いえ、なにも」

由子「お昼まではまだ時間あるし、もう少し歩き回ろか」チラリ

京太郎「そうで、…………はっ!?」

その時、京太郎に電流走る

京太郎(男物の、腕時計……だと!?)

京太郎(まさか、いやしかしゆーこ先輩の圧倒的可愛さを考えれば…)

京太郎(以前にも誰かと付き合った経験があっても別におかしくは、だが……)

由子「ん、どうかしたん?」

京太郎「いえ、その、なんでも……」チラッチラッ

由子「? ……………………!」

由子「ふふっ」クスクス

京太郎「な、なんですか?」

由子「ううん。可愛いなって思って」

京太郎「?」

由子「これな、小学生の時にお父さんがプレゼントしてくれたものなのよー」

京太郎「あ、ああ~なんだ、そうなんだぁそうかぁ。…………え?」

京太郎「な、なんで俺は腕時計のこと見てたって」

由子「視線でバレバレなのよー」

京太郎「う、そうですか……」

由子「男の嫉妬はみっともないのよー?」

京太郎「返す言葉もありません……」

由子「うそうそ、愛情の裏返しやもんね? 逆になにも感じなかったらそれはそれで傷付くのよー」

京太郎「あはは。まぁそういってもらえれば」

京太郎「それにしても、小学校から使ってるなんてよっぽど大事にしてるんですね」

由子「せやね、けどもう3年も前に、ね……」

京太郎「……すみません。俺は無神経で、そんな深い事情があるなんて知らずに」

由子「京太郎はなにをいってるのよー? 3年前に単身赴任になって、忙しくてなかなか会えないだけなのよ」

京太郎「お父さんって生きてるんですか?」

由子「あたりまえやん。最後まで人の話をよく聞くのよー」

京太郎「先輩のさっきの言い方で勘違いしない奴がいないと思いますか? 冗句としても最低です」

由子「なんで私が悪い事になってるのよー」


カン!