街でばったり‐清澄大集合-


京太郎「お」

咲「あれ、京ちゃん」

京太郎「こんなとこで何してんだよ」

咲「おつかいだけど…京ちゃんこそどうしたの」

京太郎「咲もか、俺もおつかい頼まれてさ・・・○×スーパーに」

咲「○×スーパー?私もそこに行くんだ」

京太郎「へー、じゃ一緒に行くか?同じとこ行くのにここで別れんのも変だろ」

咲「そう・・・だね。いこっか、ちょっと買うもの多いし」

京太郎「荷物持ちは受け付け取ねえぞー」

咲「嘘嘘、ほら、行こ♪」

京太郎「?なんか楽しそうだな」

咲「えー、そうー?」ウキウキ


―――


【○ッチャマポーチ 本日発売!】

和「エトペンのグッズがあると聞いて来たものの・・・ペンギン違いでしたね」

和(この子も可愛いですけど…目的の物が無い以上大人しく帰りましょう)


スタスタ

和(・・・!今、遠くに見えた背の高い金髪の人は・・・)


チラッ

和(やっぱり、須賀君でしたか。・・・なぜ隣に咲さんが!?)

和(まま、まさかデート!?いえいえ、学校ではそんな話は全く・・・。そうですよ、きっとただのお買い物か何かです)

和(偶然行先が一緒だとかそういうのですよ、うん。私が気にする必要なんて・・・・・・必要は…)

和「・・・着替えてきましょう」


和、一旦家へ


―――


久「あら」

優希「部長!」

久「優希じゃない、街で会うなんて珍しいわね」

優希「こちらこそだじぇ。部長は散歩か?」

久「ううん、この店がお目当てよ」

優希「なぬ!私もだじぇ、この新しくできたタコス屋台!」

久「本当に会うとは思わなかったけど…もしかしたら優希がいるかもとは思ってたわ」

優希「ふふふ、タコスあるところに片岡優希アリ、だじぇ。・・・逆に部長とタコスは珍しい組み合わせだじぇ」

久「そう?私だってよく須賀君のタコスは食べてるし・・・ほら、店でこんな味のあったよ~って教えれば・・・」

「作ってくれそうじゃない?ふふっ」

優希「・・・さすが部長、常に一歩二歩先を見ているじぇ」

久「伊達に議会長やってないのよー」

優希、久、二人で食事


―――


○×スーパー

咲「はい、京ちゃん、カゴ」

京太郎「一つでいいだろ、カート持ってきてさ」

咲「二人で一つのカート・・・そ、それってなんか・・・///」

京太郎「ん?」

咲「べ、別に///!もーしょうがないなぁ!はいカート!」ガラガラガラ


京太郎「何買うんだ?」

咲「夕飯の具材と、ごみ袋と、あとあと・・・」

京太郎「結構買うな。やっぱお前の荷物少し持つよ」

咲「そんな、悪いよ」

京太郎「俺はカピのエサとシャンプーだけだから大丈夫だよ。遠慮すんな」

咲「・・・ふふ、ありがと」


―――


和(いました!やっぱりお買い物に行ってたんですね・・・)

和(・・・なんかいい雰囲気で悔しいです・・・さすが咲さん・・・)



優希「のどちゃん?」

和「きゃああ!?だだ、誰ですか!?」

久「うわ、びっくりしたぁ。どうしたの和」

和「え、部長・・・?それに、優希・・・どうして二人が?」

優希「それについてはかくかくしかじかで・・・それより珍しいじぇ、のどちゃんのパンツルック」

久「ホントね、スカートのイメージが強いから」

和「ま、まあスカートでは(尾行には)動きにくいので・・・たまには」

久(?変な理由ね)

優希「あぁーーー!!」

久「わっ、今度は優希?何なの、もう」

優希「い、い、犬と咲ちゃんが!!」

和「しーっ!気づかれちゃいますよ優希!」

久(ん?ん?咲がペット連れて・・・って違うの?)



咲「あ、あの人もカピバラ飼ってる」

京太郎「あれはアルパカ」

咲「あれ?そうだっけ」

京太郎「・・・名前どことなく似てるもんな」

久「な~る、そういうことね」

優希「尾行とはのどちゃんもワルくなったもんだじぇ」

和「うう、なんか恥ずかしいです・・・」

久「しかし・・・端から見たら普通に恋人ね」

和「ま、まだ手は繋いでません!」

優希「ぐぐぐ、部員に隠れて逢引とはいい度胸だじぇ!!」

久「部活内恋愛は禁止なのに・・・これはお仕置きが必要ね」

優希「え、そうなの?」

和「初耳ですけど」

久「※部長以外の女子部員に限る。」

優希「せこいじょ部長!!」

和「そうですよ!」

久「・・・!?見て、あれは・・・」



まこ「おお、奇遇じゃのう京太郎、咲」

京太郎「染谷先輩!」

咲「こんにちは!先輩もお買い物ですか?」

まこ「んにゃ、ただの散歩じゃき。二人こそ何しとんじゃ」

京太郎「おつかいの帰りですよ。たまたま同じスーパーが目的地だったんす」

まこ「はは、二人ともおつかいとは面白・・・ブッッッ」

咲「ど、どうしました!?」

まこ「(なにをやっとんじゃあの3人は!?後ろ向いたら丸見えじゃ!)あ、いや、なんでも・・・」

京太郎「染谷先輩も向こうですか?良ければ一緒に歩いて・・・」

まこ「あ、そうじゃな・・・」

咲「・・・」

まこ「・・・すまんの、反対方向なんじゃ。じゃけえここでお別れじゃ」

京太郎「あ、そうなんすか」

まこ「折角の偶然じゃ、今日は京太郎一人占め許すけぇの」ボソッ

咲「先輩・・・」

まこ「じゃ、また学校でのー」

京太郎「はい、じゃあまたー・・・」

まこ「おー・・・(・・・ん?すれ違って京太郎達が後ろを向いたってことは・・・)」


和・優希・久「あ」


京太郎・咲「え」


まこ「ダメじゃこりゃ」

久「まさかこんな町中で清澄麻雀部が集結するとはねー」

咲「ごまかさないでください」

久「ゴメンなさい」

京太郎「和まで何やってんだ・・・」

和「すみません、冷静さを欠いてました・・・」

まこ「わしの粋な気遣いを無下にしおって~」

優希「いひゃいいひゃい、何のことやらわかんないじぇ!」

咲「・・・あはは、でも確かにこうして部活以外で全員揃うなんて不思議ですね」

京太郎「しかも偶然でな。流石清澄だ」

久「褒めてるのそれ?」

和「なんだかこのままお別れも惜しい気がしますね」

京太郎「そんじゃ飯でも食べに行きますか。おつかいはー・・・ごまかせばいい!」

優希「お、たまにはいいこと言うじぇ!乗った!」

咲「じゃあ私も!」

まこ「異論はないかの?」

久「あるわけないわ。じゃ、6人で行きましょうか!」

『オー!』


カン!