京太郎「お!モモ、こんなところで会うなんて珍しいな!」

モモ「げっ、きょーたろーじゃないっスか……」

京太郎「『げっ』とはご挨拶だな……」

モモ「そんなことより!きょーたろーはこんなところで何をやってるっスか?ハッ!まさか私のストーカー……?」

京太郎「ちげーよ!俺がモモのことを見つけられるからってなんでそんなことしなきゃならんのだ……」

モモ「む……そうバッサリ否定されるとなんか腹が立つっスね……」

京太郎「……俺にどう返事しろと?」

モモ「知らないっス!そっちこそ『女心と秋の空』という言葉を知らないっスか?」

京太郎「知ってるぞ?お前と優希には使われることは絶対に無い言葉だろ?」

モモ「きょーたろーのバカ!酷いっス!」プクゥー!

京太郎「はっはっはっ!」

モモ「もう知らないっス!」プイッ

京太郎「あ、拗ねた」

モモ「プイッス!」

京太郎「おーい、モモ?……はぁ……悪ふざけが過ぎたな」

モモ「…………許してほしいっスか?」

京太郎「あぁ!許しくれるんならなんでもしてやるよ!」

モモ「……じゃあ、抱き締めてほしいっス……ギュッて……」

京太郎「お安いご用だ、おまかせあれ!って感じだ」ギュッ

モモ「ん……大好きっス……きょーたろー……」ギュー

京太郎「俺も大好きだ、桃子」ギュー

※このあと滅茶苦茶イチャイチャした。