京太郎(あれ?あそこにいるのは竜華部長と怜先輩……。なんかいつもと雰囲気が違うな……)

京太郎(校舎裏の方に向かっている……。気になるな、ついて行ってみるか……)

~~~~~

怜「で、どうしたん?こんなとこまで来て」

竜華「え、え~とな、まあちょっと……」

怜「ちょっとって……わざわざ校舎裏まで連れて来といて、それはないやろ」

竜華「まぁ、そうかも知れんなぁ……」

怜「……京太郎の事か?」

竜華「え?!あ~、まぁそういう捉え方も出来んくも無いかもなぁ」

怜「何が捉え方やねん……。ずばり、そうなんやろ?」

竜華「う、うん……」

怜「で、どうしたん?……ん?」

竜華「え?」

京太郎(え……こっち見た?)

怜「……ふふ、おもろい事に…」

竜華「ど、どうしたん?」

怜「ううん、気のせいやったわ」

京太郎(気、気づかれてない……?)

怜「で、どうしたん?」

竜華「そ、そのな……年下って……難しない?」

怜「年下が難しい?」

竜華「その、何て言えばええんやろ……」

京太郎(だ、大丈夫そうだな……)

竜華「えっと……例えばなんやけどな?例えば……」

怜「……らしくないな」

竜華「むっ?」

怜「とりあえずいつものように本題をしゃきっと言ってみ?」

竜華「むむむ……」

怜「ちゃんと聞いたるから」

竜華「……年下の男子に甘えたら変かな?嫌われへんかな?」

京太郎(え?そ、それってもしかして……)

怜「なるほど、そういう事か……」

竜華「そ、そういう事や……」

京太郎(お、俺の事……だよな?!)

怜「……なあ」

竜華「ん?」

怜「なんでそんなに京太郎に構うん?」

竜華「え?そ、それは、その~……」

京太郎(そ、それは?)

怜「……その?」

竜華「ほ、ほら!京太郎くんからは何か……そう!カマイタイオーラが出とんねん!」

怜「ふふっ、カマイタイオーラなぁ……」

京太郎(カ、カマイタイオーラって何だよ!)

竜華「そ、そうなんよ!」

怜「ま、そういう事にしとくか」

京太郎(いや、そこは突っ込んでくださいよ!)

怜「で、そのオーラとやらにやられた竜華はうまい具合に京太郎を構いたい、と、そういう事やんな?」

竜華「ま、まあやられた訳やないんやけどな」

怜「……竜華」

竜華「な、なに?」

怜「……思いっきり行きぃ」

竜華「ええ?ど、どういう事なん?」

京太郎(ど、どういう事なんですか?)

怜「今度京太郎に会ったら思いっきり、しかも大胆に甘えてみたらええねん」

竜華「で、でも……ウチ年上やし……」

京太郎(と、年上だなんて関係ないですよ!)

怜「それは大丈夫や。女に甘えられたない男なんておらへん」

竜華「そ、そうやろか?」

京太郎(そうです!)

怜「今度会ったら、ごろにゃ~んって思いっきり甘えたらええ」

竜華「ごろにゃ~ん……」

京太郎(ご、ごろにゃ~ん……。って、一体なんですか?!)

怜「そ。思いっきりやで。中途半端はあかん」

竜華「……本当に大丈夫なん?変な奴って思われへん?」

京太郎(思わないですっ!)

怜「大丈夫、安心しぃ。あ、上手くいったらウチの分の掃除当番よろしく頼むで」

竜華「うん!ありがとうな、怜!」

京太郎(あ、ありがとうございます、怜先輩)

竜華「よっし!今度カマイタイオーラ出しとったら思いっきり可愛がったんで!覚悟しときや!」

京太郎(お、思いっきり可愛いがっちゃう……。り、竜華部長が、多分俺の事……)

怜「ええか?隙を見せとるとこを狙うんや。特に背後から仕掛けるのが効果的やな」

竜華「ふむふむ、なるほど」

京太郎(……思い切り)

竜華「いよし!やったんで~!」

怜「期待しとるで」

竜華「任せとき!目に物見せたるわ!」

怜「ふふ。楽しみやな……」

京太郎(あ……)

京太郎(い、今、こっち見たよな……。やっぱり怜先輩は俺に気づいてたのか……)

京太郎(俺に気付いた上で竜華部長にあんなアドバイスを……)

京太郎(お、思い切り……ごろにゃ~んで……か、可愛がっちゃう……)

京太郎(い、一体どうなっちゃうんだ?!)

京太郎(……うう、駄目だ、頭がこんがらがっちゃって、変な考えしか出てこない……)

京太郎(次に竜華部長に会った時、何が起きるんだろう……)

京太郎(天然なところがある竜華部長ってのがまた怖いな……)


ーーーー


京太郎(あれ?何か校庭が騒がしい気が……)

京太郎(あ、文化祭の準備か)

京太郎(……もうそんな時期か。突然こっちに引っ越すことになってしまったけれど、俺はちゃんとこっちに馴染めているんだろうか)

京太郎(性分だからしようが無いんだけど、過ぎた世話焼きはただのお節介にしかならないしな、はは…)

京太郎(……)

竜華「ご~ろにゃ~~~ん!!」

京太郎「え?って、うわぁっ!」

京太郎(何だ?!何かが突然背中に飛びついて…!)

竜華「にゃんにゃん!」

京太郎「え?り、竜華部長?!」

竜華「何してるにゃん?」

京太郎「な、何しているって、部長こそ何しているんですか?」

竜華「え?ん~…にゃんにゃん攻撃?」

京太郎(にゃ、にゃんにゃん攻撃って……。う、人だかりが出来始めてる……)

竜華「まいったか!にゃんにゃ~ん!」

京太郎「ま、参りました!参りましたから離れてください!」

竜華「しゃあないなぁ」

京太郎「ふぅ……」

竜華「えへへ……驚いた?」

京太郎「そ、そりゃ驚きましたよ。一体どうしたんですか?」

竜華「え?」

京太郎「いきなり抱きついてくるなんて……」

竜華「う~ん、何ていうかなぁ……カマイタイオーラが出てたっちゅうか……」

京太郎「は、はぁ…」

竜華「京太郎くんがあっち見ながら微妙な顔つきしとったから構いたくなってん」

京太郎「び、微妙……」

竜華「ほら!なんかマスコットみたいやってん!」

京太郎「そ、そうですか……」

竜華「でな!後ろ姿見てたら抱き着きがいがありそうやなぁって」

京太郎「だ、抱き着きがい、ですか?」

竜華「そう!ほら、おっきい動物の背中って、なんか愛くるしいやろ?パンダさんとか!」

京太郎(俺はパンダなのか……)

竜華「それでついついにゃんにゃん攻撃をしてもうたって訳や!うんうん」

京太郎「ま、まあ、にゃんにゃんはいいんですけど、人前だとちょっと……」

竜華「あ、そっか……ごめんな、ウチは良くても京太郎くんは恥ずかしいよな」

竜華「京太郎くんが隙だらけやったからつい……」

京太郎(……あ、そうか!怜先輩のアドバイスをそのまんま実行したのか……)

竜華「はぁ……」

京太郎「あ、いえ!俺はどちらかと言えば嬉しいからいいんですけど」

竜華「ほんまに?」

京太郎「はい。もうこれからもバンバンやっちゃってください!」

竜華「ふふっ。ありがとうな。やっぱ、京太郎くんは優しいなぁ」

京太郎「そ、そんな…」

竜華「で、何見てあんな隙だらけになっとったん?」

京太郎「あ、学園祭の準備です」

竜華「あ~、そう言えばもうそんな時期なんやな」

京太郎「それで、俺は本当にこっちの学校に馴染めているんだろうか、って思いまして……」

竜華「……」

京太郎「性分と言いますか、俺、世話を焼くのが好きなんですけど」

京太郎「もしかしたら皆さんにとってはただのお節介かも知れないなって……」

竜華「そんなことは無い!」

京太郎「り、竜華部長?」

竜華「京太郎くんが色々やってくれるおかげで、ウチらめっちゃ助かってんねん。皆感謝してるんやで!だから自身持ちぃ!」

京太郎「部長……ありがとうございます」

竜華「せやせや。京太郎くんはそうやって笑ってるのが一番やで!さ、ほなら、話も纏まったとこで今日も部活頑張んで~!」

京太郎「はい!」

京太郎(うん、そうだな。くよくよ悩んでたってどうしようもない。行動ありき、それが俺の信念だ!)

竜華「京太郎く~ん?早よ来な置いてくで~」

京太郎(少なくとも、この人の役には立ててることが分かったんだ。今はそれだけでもいいさ!)

京太郎「は~い!今行きま~す!」



カン!