懐かしい、夢を見た。


――なんだおまえ、ないてるのか? まいごか?

――え、えいごか!? かっこいいな!


幼い頃に一度、日本に来たことがあって。
言葉も何もわからない土地で迷子になって。


――えーっと、えーっと・・・こ、こーばんだ! ケーサツ! ポリスががんばる!

――ほら! いっしょにいこ!


どうしようもなくて、泣いていた私を引っ張って行ってくれたあの男の子。
きっとその子がいなかったら、私はずっと泣いていたと思う。


――え? なんだこれ? おれかいたのか!? うまいな!

――それじゃ、またな!


お礼に、その子の絵を描いてプレゼントした。
結局その子とまた会うことはなかったけれど……あの時に描いた絵は、あの子はまだ持っているのかな。

「……?」

そんな、懐かしい夢を見た。

インターハイで東京という初めて来た場所にいるせいか、あの時のことを思い出したのかも。
胸のあたりが暖かい。なんだか、素敵なことがありそうな気がする。

「……ウン!」

「あれ? どこいくの?」

「サンポ、イッテキマス!」

「迷子にならないようにねー」

「保護者か」

「ハイ!」

きっとなにか、いいものが描けそうな、そんな予感がする。
期待に胸を膨らませて、ホテルから出た。

――迷子になった。

「ウゥ……」

この街は同じような建物が多すぎるし、ゴチャゴチャし過ぎていると思う。
何で同じ看板のコンビニがたくさんあるのか。何で建物に向かって歩いているのに一向にたどり着けないのか。

「ア、アノ……」

「えーと、I can`t speak English?」

話せてるじゃない、と思ってもさっさと行ってしまう人。

「アノー……」

「……」

そもそも無視して歩き去ってしまう人。

「アゥウ……」

まるであの時の再現のよう。
ただ違うのは、あの時の男の子がいないということだけ――

「あー、えーっと……May I help you……で、いいんだっけ?」

――でも、なかった。

背の高い男の人。制服を着てるから、多分私と同じ高校生。

「あ、あー……えーっと……麻雀、インターハイの人ですか?」

「ハイ!」

「日本語、分かります? 困ってるように見えたんですけど」

「!」

ボードに、困っている私の絵とインターハイ会場の絵を描き込む。
デフォルメされたものだけれど、この人ならわかってくれると感じた。

「あー、ここに用があるんですね。もしかして選手の人?」

「ハイ!」

「なら良かった、ウチの高校も出てるんですよ。一緒にいきますか?」

「ア、アリガトデス!!」

「はぁ良かった、それじゃあ行きますか」

と言って、私の手を握って歩き出す男の人。

「エッ……」

急なことだったので、ビックリしてペンを落としてしまう。

「あ、すいません! つい、癖で……」

「ダ、ダイジョブデス……」

慌てて手を離す男の人。つい驚いてしまったけど、悪い気はしなかった。
金髪の彼に手を引かれていると、あの時のことを思い出す。
確か彼も、こんな感じで、困ったように頭をかきながら笑っていたような――

「……キョー、ちゃん?」

「え?」


カンッ