京太郎「おはようございまーす……って、あれ?和だけ?」

和「おはようございます、須賀くん」

和「今日は部長が生徒会の仕事、咲さんとゆーきは一緒に出掛けていて、染谷先輩は家業の手伝いだそうです」

京太郎「そっか……ってことは今日は和と二人っきりか!?」

和「そうなりますね。ですが、二人っきりだからといって甘やかしませんので」

和「待ってください、今日はみんながいないので雑用なんてしなくていいんですよ?」

京太郎「はは、そうかもな。でも他にやることもないし、ましてや大会前の和に迷惑をかけるのも悪いし……」

和「…………そうですか、分かりました……。今日1日は私が指導してあげます」

京太郎「い、いや、だから和には迷惑だろ?初心者に麻雀を教えるなんて…………」

和「大丈夫です、迷惑なんかじゃないです。それとも須賀くんは私とするのは嫌……なんですか?」

京太郎「そ、そんなことはないぞ!和みたいな美人にに教えてもらえるなんて嬉しいかぎりだ!」

和「び、美人って……///」

京太郎「へ?和?どうしたんだ?」

和「はぁ……ゆーきの事といい咲さんの事といい……須賀くんは凄く鈍いですね……」

京太郎「うえっ!?な、なんだよ……いきなり……というか俺ってそんなに鈍いか?」

和「ええ、鈍いです。鈍チンさんです」クスッ

京太郎「うー……そうかなぁ……」クシャクシャ

和「さぁ!雑談もそろそろ切り上げて麻雀をしましょうか」

京太郎「だな!お手柔らかに……和センセ」

和「さっきも言った通り、私は甘やかしませんよ?」

京太郎「うへぇ……頑張ります……」

和「では始めますね」

※このあと滅茶苦茶麻雀した。

カン!