玄「私が重い女の子・・・!?」

穏乃「え?いや、そーゆーわけじゃ・・・」

憧「ど、どこからそんな話が出たのかしらねー?」

京太郎「・・・体重?」

玄「え」

穏乃「え?」

憧「・・・」(無言で抓る)

京太郎「いだだだだだだっ!?」

穏乃「ま、まさかおもちおもちとばっかり言っていたからそっちに!?」

憧「いや、それはない」

京太郎「おもちが大きい玄さんなら大歓迎で(憧)「黙らっしゃい!」ドラカンッ!?」

穏乃「・・・玄さん、それちょっと触らせ(憧)「止めんか!」イッツーッ!?」

玄「あ、あははは・・・(何の話だっけ・・・?)」

と、話題変更になりこのあと滅茶苦茶麻雀した