照「京ちゃんが小さくなった……」

きょうたろ「誰のせいですか……誰の!」

照「私のせいじゃない。悪いのはあの謎の薬」

きょうたろ「それをいきなり『京ちゃん…んー……』とか言って無理矢理口移しで飲ませてきたのはどこの誰かと言っているんです!」

照「………………菫?」

菫「……おい!人に責任を擦り付けるのも大概にしろ!」

きょうたろ「というかそれで誤魔化せると思ったんですか……?」

照「……菫ならなんとかいけるかと……」

菫「…………一発ぐらい弓で射抜いても咎められはしないよな……?」プルプル…

きょうたろ「わぁぁぁあ!お、落ち着いてください!菫先輩!」ガシッ!

菫「う、ぐぅ……(上目遣いは反則だろぉぉ!)」

照「京ちゃん京ちゃん……お姉ちゃんって呼んでみて?」ワクワク

きょうたろ「嫌です」

照「んなっ!?」ズガーン!

きょうたろ「それなら菫先輩を姉さんと呼ぶ方がいいですよ!優しいし、格好いいし……」

照「ううぅぅ……」テルーン…

菫「な、なら……一度呼んでみてくれないか?な、なに!一度だけでいいほんの一回!それだけだ!」

きょうたろ「は、はぁ……?断る理由もないからいいですけど……し、知り合いを姉と呼ぶのはなかなか恥ずかしいです……///」

きょうたろ「す、菫……お姉ちゃん……///」

菫「………………………………京太郎、一緒にお風呂に入ろうか」ガシッ!

きょうたろ「うえっ!?な、なんでいきなりっ!?」

菫「だ、大丈夫だ……何もしないから……な?」ハァハァ…

きょうたろ「菫お姉ちゃん……?お、おち、落ち着いて……」ウルウル

菫「……………今日は一緒に寝ような?京太郎……大丈夫……優しくするから…………ジュルリッ」ガバッ!

きょうたろ「うわっ……やめっ……(あ、これ詰んだ……)」

照「テールテール……パンチ!」ギュルルルル

菫「あだっ!?」

照「大丈夫?京ちゃん……」

きょうたろ「た、助かりました……」ホッ

照「ふぅ……悪(ショタコン)は滅びた……」

菫「……勝手に殺すな!」

照「ちっ……生きていたか……!」

きょうたろ「ヒィッ!!」ビクン!

菫「わ、悪かった……少し取り乱してしまった……。反省している……」

きょうたろ「……もうしないでくださいよ?」

菫「あ、ああ!約束する!」パァッ

照「うん……一件落着!」

きょうたろ「そうですねー…………じゃねえ!!」バン!

きょうたろ「俺、元に戻れるんですか!?」

照「……さあ?」

きょうたろ「『さあ?』じゃないですよ!!!」

菫「最悪、戻れなかったなら私が貰ってやるからな!」

きょうたろ「それは遠慮します」

菫「そっか……」(´・ω・`)ショボーン

照「あ、お昼寝の時間……おやすみ」

きょうたろ「あ、ちょっと!?照さん!?もう……やだ……」

※一眠りすれば戻りました。

カン!