613 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:17:03 ID:iYIKy0fV0
それでは今日の分です どうぞ

和父「ただいま」
和「おかえりなさいお父様」
和父「今日はちゃんと須賀君には帰ってもらったか?」
和「ええ・・・」
和父「それならばいい。今日は熱は出なかったのか?」
和「ええ・・・」
和父「よしそれじゃあ明日は学校に行けそうだな」
和「ええ・・・」
和父「どうした和・・・やけに元気がないが具合でも悪いのか?」
和「いえ・・・そんな事はないです・・・」
和父「そうか・・・一応今日も早めに寝なさい」
和「分かりましたお父様・・・」
和父「お休みな和・・・」
和「お休みなさい・・・」

ガチャン

和(結局今日一日考えてみたけど須賀君との関係を
  修復できる案が思い浮かびませんでした・・・
  でもとりあえず明日あったらきちんと昨日の事を謝って
  許してもらうしかない・・・
  須賀君が許してくれるかどうかは分かりませんが・・・)



614 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:18:11 ID:iYIKy0fV0
和「須賀君・・・」
京太郎「・・・」
和「須賀君!!」
京太郎「なんだよ・・・」
和「あの・・・えっと」
京太郎「俺急いでんだけど・・・」
和「昨日はあんな酷い事を言ってしまって本当にごめんなさい!!」
京太郎「はぁ?今更なにいってんの?」
和「ですから昨日の事について・・・」
京太郎「お前何なの?マジでムカつくんだけど・・・」
和「須賀君いくら私が悪いとはいえそんな言い方ないじゃないですか!!」
京太郎「先に酷い事を言ったのは誰だ?言ってみろよ!!」
和「私です・・・」
京太郎「良く分かってんじゃねかよ・・・
    あっそうだ他のみんなもお前に言いたいことがあるそうだぜ」
和「なんですか?」
優希「のどちゃん見損なったじぇ京太郎にそんな酷い事が出来るなんて・・・」
和「違うんです優希これは・・・」
まこ「言い訳とは・・・見苦しいのぅ~なぁ和」
久「あなたみたいな卑怯者麻雀部にはいらないわ」
和「先輩方これは・・・」
咲「原村さんもうこの部活にあなたの居場所はないよ」
和「えっそんな・・・」
優希「卑怯者」
まこ「卑怯者!」
久「卑怯者!!」
咲「卑怯者!!!」
京太郎「卑怯者!!!!」
和「イヤァーーーーーーーー」
和「ハッ・・・夢だったか・・・」



615 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:19:13 ID:iYIKy0fV0
和父「それじゃあ行ってくるあんまり無理するなよ・・・」
和「分かってます」
和父「それでは行ってくる」
和「行ってらっしゃいませお父様」

ガチャン

和(ハァ~どうしよう・・・もし今朝の夢が正夢だったら・・・
  いえそんなオカルトありえません!!
  とにかく今日須賀君に会ったら・・・)

ピンポーン

和「はいどちら様ですか?」
京太郎「俺だよ須賀だよ和もう熱は下がったか?」
和「須賀君!?」
京太郎「どうしたんだよ?早く出て来いよ」
和「分かりましたすぐ行きます」


616 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:21:11 ID:iYIKy0fV0
ガチャン

京太郎「おはよう和今日も熱いな」
和「須賀君どうしてここに来たんですか?」
京太郎「決まってるだろ和を学校に送るためさ」
和「なんでそんな事をわざわざ・・・」
京太郎「だって和風邪引いてただろ?まだ治ったばかりの奴に
    そんなに無茶させられないだろ?
    それと昨日はゴメンな・・・和の都合を無視して勝手に
    押しかけちまって・・・これお詫びに最近できた
    洋菓子店で買ってきたシュークリーム
    後で一緒に食べないか?」
和「どうして・・・なんで私を責めないんですか・・・
  あんなに・・・あんなに酷い事をしたのに・・・
  須賀君はお人よしすぎます・・・」
京太郎「お人よしか・・・まぁよく言われるけどな
    あんまり人を疑ってばかりでも人生面白くないしな
    ん・・・?和どうしたんだ?」
和「こっ来ないでください」
京太郎「和・・・」

ぎゅっ

和(えっ・・・!?)
京太郎「あんまり自分を責めるな・・・
    俺は全然気にしてないから・・・
    それとお前は女の子なんだからあまり無理すんな・・・」
和「うわあああああああああああああああああああああ」


617 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:22:13 ID:iYIKy0fV0
京太郎「どうだ和もう大丈夫か?」
和「はい・・・グスッ・・・もう大丈夫です」
京太郎「そうかじゃあコレ食べようぜ!」
和「このシュークリームとてもおいしいです・・・」
京太郎「だろ!!超ウマいだろ!!和が喜んでくれたなら
    わざわざ買って来たかいがあったぜ
    ん・・・?どうしたさっきから俺の事ずっと見たりして」
和「なっなんでもないです///」
京太郎「おい和顔が赤いぞもしかしてまた熱が出たんじゃないのか?」
和「ちっ違います!!」
京太郎「あっやっべ~もう時間があまりないぞ!!
    和早く自転車の後ろ乗れ遅刻しちまうぞ!!!」
和「分かりました今すぐ乗ります」
京太郎「よし全速力で行くぞしっかりつかまっとけよ~」
和(須賀君と二人乗りか・・・この前送って貰った時は
  気付かなかったけど須賀君の背中ってすごく大きいんだな・・・
  私ただ須賀君の自転車の後ろに乗ってるだけなのに
  なんでこんなにドキドキしてるんだろう?)

教師A「で・・・須賀どうしてお前は遅刻したんだ?」
京太郎「いや~今日寝坊しちゃって・・・」
教師A「バカヤロー!!・・・で原村お前まで遅刻とはどうゆう事だ?」
和「私も須賀君と同じく寝坊してしまいました」
教師A「まあここまではよしとしてお前ら・・・
    自転車で二人乗りしてきたとはどうゆう事だ?」
京太郎「たまたま偶然走ってる和を見つけて後ろに乗せただけです」
教師A「ま・・・男女付き合いに関しては何も言うつもりはないが
    不純異性交遊はするんじゃないぞ
    後二人乗りは校則で禁止されてるから後で反省文を書いて持ってこいよ!!」
京太郎・和「分かりました」


618 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:23:14 ID:iYIKy0fV0
ガチャン

京太郎「あ~やっと終わったか・・・
    今朝はごめんな和俺のせいで遅刻しちまって・・・」
和「いえ私もいろいろと今朝は須賀君に迷惑かけてしまいましたから・・・」
京太郎「じゃあ俺こっちだからじゃあな和」
和「はい須賀君」
京太郎(ふぅ~今日は朝から超疲れたな・・・
    さっさと反省文書いて・・・ん?)
クラスメイトA「おい須賀今日お前原村和と一緒に登校してきたんだってな~」
クラスメイトB「うらやましい奴だぜお前まさか原村と付き合ってるのか?」
京太郎「付き合ってねーよたまたま偶然遅れそうなアイツを発見したから
    乗せてきてやっただけだよ」
クラスメイトA「なんだそれだけかよつまんねぇの」
クラスメイトB「まぁお前と原村が付き合えるなんて天と地がひっくり返っても
        絶対にあり得ないことだけどな」
京太郎「そこまで言うなよヒデーな」
クラスメイトB「いや絶対無理だね!!お前知ってるか?バスケ部のイケメンキャプテンが
        原村に告白して振られたの」
京太郎「マジかよ・・・」
クラスメイトB「これで分かっただろ俺たちみたいなありふれた顔じゃ
        あいつと付き合うことは出来ないって事が・・・」
和(ふぅ・・・今日朝須賀君に・・・)
優希「のどちゃ~ん」
和「優希」
優希「のどちゃんなんで今日遅刻したんだじぇ?」
和「今日は少し寝坊をしてしまいまして・・・」
優希「そうなのか~・・・で今日京太郎とツーショットしてきたのは
   どうゆう事なのか~?」
和「ぐっ偶然一緒になっただけです!!」
優希「ふ~ん本当は京太郎と一晩中イチャイチャしてたんじゃないのか~?」
和「そっそんな事ありません///」
優希「そうなのか~あっ・・・チャイムがなったじぇ~」
和(あ~今日須賀君に朝抱きしめられた事が未だに頭から抜けないです///)




619 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:24:31 ID:iYIKy0fV0
昼休み

京太郎「・・・で咲優希お前ら俺にそんなに近づくな」
咲「だって京ちゃんと原村さんが今日仲良く二人で登校
  した事の真相が知りたいんだもん!!」
優希「そうだじぇ~のどちゃんに聞いても口を濁すだけで
   全く教えてくれないんだじぇ~
   だからお前に聞くことにしたんだじぇ~」
京太郎「まぁそれはだなこの前の金曜日の時に和が熱を出してな・・・
    今日仮に学校に来れるとしてもまだ病み上がりだろ
    だから熱がぶり返しちゃいけないと思って迎えに行ったんだよ」
優希「そうだったのか~えらいぞ犬!!躾けたかいがあったもんだじぇ~」
咲「京ちゃんって誰にでも優しいもんね~
  だって私が中3の時熱出した時もずっと傍にいてくれたもんね」
和(えっ・・・?)
優希「え~咲ちゃんが風邪引いた時犬がずっと看病してくれたのか?」
咲「エヘッそうなんだ京ちゃん料理作ってくれたりとか
  面白い話をしてくれてとても気を使ってくれたんだ・・・」
京太郎「別に気なんて使ってねーよ
    ただ俺は咲に早く治って欲しかっただけさ・・・」
咲「ヤダ京ちゃんたら・・・そんな事みんなの前でいわないでよ///」
優希(くそ~咲ちゃん羨ましいじぇ~
   私も風邪を引いて京太郎に看病してもらいたいじぇ~)
和(須賀君宮永さんにも似たような事やってたんだ・・・
  でもなんでだろう・・・なんでこんなにも辛い気持ちになるんだろう・・・)



620 名前:京×和 第3話 氷解[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:25:39 ID:iYIKy0fV0
京太郎「失礼しま~す」
久「須賀君!!」
京太郎「なんですか部長」
久「聞いたわよ・・・あんた和と一緒に遅刻してきたそうね
  一体ナニをヤッて遅れたのかしらね~」ニヤニヤ
京太郎「別になにもしてませんよ・・・」
まこ「そうじゃ~京太郎早く吐いて楽になりんしゃい」
京太郎「だからなにもしてないですって」
久「ムキになって否定する所がまた怪しいわよ須賀ク~ン」
京太郎「だからこの前の金曜日に和が熱を出して
    もう治ったと言ってもまだ病み上がりですから
    熱がぶり返さない様に送ってたんです」
久「じゃあなんで遅れたのよ?」
京太郎「そっそれは・・・」
和「それは私が寝坊してしまったからです」
久「へぇ~和が・・・珍しい事もあるものね」
まこ「まぁ和も病み上がりじゃけんあんまり無理するなよ」
和「はい」

パンパン

久「さぁおしゃべりはこの辺にしておいて部活を始めるわよ」

和「須賀君ロンですリーチ、三暗刻、トイトイ、ドラ3、倍満です」
京太郎「くっそ~」
久「あらあら・・・また須賀君が負けちゃったわね・・・」
優希「犬罰ゲームだじぇ~トップだったのどちゃんの言う事を聞け~」
京太郎「くっそ~でなんだ和言う事って?」

名前:
コメント: