友香「んー……」

莉子「どうしたの友香ちゃん。そんな顔するなんてらしくないよ?」

友香「莉子……今日は何月何日でー」

莉子「2月26日……友香ちゃんの誕生日だよね?」

友香「そう!なのに、真っ先に祝ってくれると思ってた京太郎から未だにメールすら来てないんでー!」

莉子「ああ……」

友香「莉子の時は朝一番に電話したのにこの差はどういう事でー!?」

莉子「須賀君は結構几帳面だし忘れてるって事はないよね……うーん」

友香「はっ、まさか……」

莉子「えっ?」

友香「わ、私の誕生日は祝う価値もないって事じゃ……」

莉子「ゆ、友香ちゃん、発想が飛躍しすぎだよ」

友香「……はっ、まさか!」

莉子「今度は何……?」

友香「今京太郎はメールすら出来ない状態なんじゃ……!」

莉子「あっ、それはあるかも。長野はまだまだ寒いだろうし風邪とか十分に……」

友香「きっと違法な取引の現場を見て組織に誘拐されたんでー!」

莉子「……えっ?」

友香「こうしちゃいられないでー!依藤新部長に頼んで今日の部活は休ませてもらうでー!」

莉子「ちょ、ちょっと友香ちゃん!?」


……

友香「即却下されたでー……」

莉子「むしろどうして大丈夫だと思ったの……?」

友香「こうしてる間にも京太郎はきっと拷問を受けてるに違いないでー……!」

莉子「だからそれは……あっ、電話だ。ちょっとごめんね」

友香「こうなったら強行突破を……」

莉子「もしもし……あっ、須賀君」

友香「!?」

莉子「うん、うん……えっ、そうなの?」チラッ

友香「……」

莉子「えっと、うん、わかった。そこをね……」

友香「……どういう事でー?」

莉子「うん、後は真っ直ぐ……」

友香「莉子、ちょっと貸すでー!」

莉子「あっ、友香ちゃん!?」

友香「京太郎!」

京太郎『あっ、なんだそこにいたのか友香』

友香「なんだとはなんでー!私の誕生日にメールの1つもよこさないくせに莉子に電話する余裕はあるなんて酷いでー!」

京太郎『は?ちょっと待て、お前何か勘違い……』

友香「何が勘違いでー!京太郎のバカ、アホ!京太郎なんか、京太郎なんか大っ……!」

京太郎『あっ、ここか?』

京太郎「あっ、ここか?」

友香「……へっ?」

ガラッ

京太郎「よっ」

友香「……京太郎?」

京太郎「おう、須賀京太郎本人だぞ」

友香「な、なんでここにいるんでー!?」

京太郎「なんでって……昨日お前に送った最後のメールにちゃんと休みだから直接お祝いに行くって書いただろ?」

友香「……」ゴソゴソ

京太郎「お前まさか、寝ぼけて内容覚えてなかったとか言わないよな?」

友香「……あっ」

莉子「友香ちゃん……」

京太郎「で?誰がバカでアホだって?」

友香「えっと……ご、ごめんなさいでー……」

京太郎「ったく友香らしいっちゃ、らしいけどな……おっとまずちゃんと言わないといけない事があったな」

友香「……」

京太郎「誕生日おめでとう友香」

友香「あ……」

京太郎「プレゼントもちゃんと用意してあるからな。そういえばお前さっき電話の最後、なんて言おうとしたんだ?確か大っ……」

友香「京太郎、大っ好きでー!」ギュッ

京太郎「うおっ!?お、おい、胸が、胸が当たってる!」

友香「あ、当ててるんでー!」

京太郎「言葉に詰まるくらいならやるなー!」

莉子「……よかったね友香ちゃん」

カン!