怜「あ~今日は体がだるいなぁ…」

京太郎「大丈夫ですか?」

怜「大丈夫やって、これはキャラ作りで…」フラフラ

京太郎「そんなふらついてて説得力ないですよ…病弱って大変ですね」

怜「でも病弱にもええとこはあるで?」

京太郎「体調悪いふりして授業サボれるとかですか?」

怜「ピーッしやすそうやん!」

京太郎「それ利点なんですか!?」

怜「弱ったところを襲われても抵抗できず初めてを…最高やろ?」

京太郎「最低の間違いだろそれ…」

怜「だってうちはMやから!」

京太郎(それってMでいいんだろうか…?)

怜「ちなみにこうして話している最中も襲われないかと興奮しとる」

京太郎「いや、襲わねぇよ…」

怜「やっぱ童○はそないな度胸ないか」

京太郎「あんたそのうちほんとに襲われるぞ!」

怜「大丈夫やで、貞操帯着けとるから」

京太郎「うっわーどうコメントしていいのかわっかんねー」

怜「けど下の口は守れても上の口は汚されるやろうか?」

京太郎「てか怜さんは可愛いんですからほんとに気をつけたほうがいいですよ?」

怜「かわっ…かわいいって…//」カァァ

京太郎「えーっ…赤くなるとこおかしくね?」


京太郎「…ってことがこの前あって」

セーラ「あいつはまったくは…」

京太郎「江口先輩も夜は注意してくださいよ?」

セーラ「ははっ、男みたいなカッコしてるのに襲うやつなんかおらへんやろっ!」

京太郎「でも江口先輩なら襲われても撃退できそうですね?」

セーラ「おうっ! そないなやつボコボコにしたるでっ!」シュッシュッ

京太郎「確かにそんなパンチくらったら一発KOされますね」

セーラ「せやけど強い男に負けて『くっ…犯せっ!』っていうのもええと思わん?」

京太郎「……」

京太郎(あんたもかーっ!)

セーラ「あと男だと思って接していたけど実は女でっていうのも捨てがたいなぁ…」グヌヌ

京太郎「なんで怜さんといい襲われて喜ぶんですか!? Mなんですか!?」

セーラ「いや、こっちがいじめるのも有りやと思っとるからどっちでもないで」

京太郎「ははっ…もっとひでーや…」

セーラ「京太郎もいじめがいがありそうやな…」ジーッ

京太郎「あはは…」ダラダラ

セーラ「でもM男いじめても喜ぶだけやからつまらんか」

京太郎(よかった…)

セーラ「せやから京太郎がうち倒せるくらい強くなってくれへん?」

京太郎「何でだろう、日課の筋トレやめたくなってきた…」


竜華「そか…ならお大事にな」ピッ

京太郎「どうでした?」

竜華「怜は風邪で休みやって」

京太郎「インフルじゃないといいんですけどね」

竜華「うちみたいに風邪の予防はしっかりせんといかんね」

京太郎「やっぱ手洗いとうがいは大事ですね」

竜華「うちのおすすめは野外ピーッで寒さになれることやっ!」

京太郎「はいっ、おまわりさんこっちです」

竜華「見られるかもしれないっていうスリルって最高やね!」

京太郎「わかんねーよ…」

竜華「流石に夜は寒いけどすぐに暖かくなるし気持ちええから…京くんもやってみたら?」

京太郎「できるわけ…ないだろーっ!」

竜華「あっ、ごめんな…人に見られたくないほど小さかったんか?」

京太郎「そうじゃねぇよ!?」

竜華「なんや、じゃあ早すぎて暖まる前に終わってまうんか?」

京太郎「竜華さんの常識帰ってきてーっ!」

竜華「包茎やと感じやすいから早漏って本当なんやな…」

京太郎「ははっ、聞いちゃいねーよ…」

竜華「じゃあ代わりに散歩でもして適度な運動とかどうや?」

京太郎「確かに最近運動不足だからいいですね」

竜華「なら今夜一緒に行かへん? うちも運動不足やし」

京太郎「じゃあお願いします」ペッコリン

竜華「よしっ! なら部活終わったら首輪とリード買いに行かんと…」

京太郎「アハハーナニニツカウンダロウナー」

竜華「京くんは散歩するほうとしてもらうほうどっちがええ?」

京太郎「すいません、やっぱ散歩はなしでお願いします」


京太郎「はぁ…」

雅枝「こーら、集中せい!」コツン

京太郎「あだっ!?」

雅枝「須賀のための補習なんやからもう少し集中せんか」

京太郎「いやぁ…ゲームしてたら夜更かししちゃって…」

雅枝「まったく…うちなんて朝まで若い男食い散らかしてきたのにしっかりしとるで?」

京太郎「あなた既婚者じゃ…」

雅枝「いやぁ…流石に一晩で3人は疲れたけど…」ジロッ

京太郎「えっと…」ビクビク

雅枝「もう一人くらいなら…」

京太郎「誰かーっ! 誰かいないのかーっ!」

雅枝「あんたの童○奪わせてもらうで…」ジュルリ

京太郎「いやーっ!?」ジタバタ

雅枝「…って冗談やけどな」

京太郎「なん…だと…」

雅枝「流石にここで襲ったりせーへんって」

京太郎「よかったぁ…」ホッ

雅枝「ベッドもないからな!」

京太郎「あれれー理由がおかしいぞー」

雅枝「せやから保健の授業は補習終わってから私の家でやで?」

京太郎「あんたよく教師になれたなっ!」

カン!