穏乃「が、ガオー!京太郎!ガオー!」

京太郎「……」

穏乃「ガオー!」

京太郎「……」

穏乃「………あ、あのさ…ダメ、だったかな?」

京太郎「なにが?」

穏乃「今の……"やんでれ"」

京太郎「は?」

穏乃「ほ、ほら!"やんでれ"だよ!
   何だかわからないけど、こういう風に襲ってくるのが"やんでれ"ってやつなんだよね!

   京太郎、こういうの好きだって…聞いたから」

京太郎「……なあ穏乃?俺は確かにヤンデレ好きだ」

穏乃「! や、やっぱり!」

京太郎「でもな?それは漫画のキャラクターとかの話だし、何よりヤンデレはガオーって襲わない」

穏乃「え!?ガオーって襲わないって…

   じゃあどうやって襲うのさ!どうやって鹿とか兎とか獲って食うのさ!」

京太郎「お前、山の中の基準で考えるな

    ともかくお前のは間違っている」

穏乃「ぐ…ぐぐぅ……ようやく京太郎が喜んでくれそうなものを見つけたと…

   これなら私にも出来ると思ったのに……」ガクッ

京太郎「……そうか、俺のためだったんだな穏乃

    ありがとうな」ナデナデ

穏乃「わっ……んん…京太郎」

京太郎「何かになろうとしなくてもさ、お前はお前のままが一番だよ」

穏乃「京太郎ぉ……えへへ…」




玄「電撃稲妻熱風っ♪電撃稲妻熱風っ♪ドラゴンロードをとばせぇっ♪ドラゴンロードをとばせぇっ、と

  松実玄、ただいま到着でーす♪」


京太郎「あ、玄さん」ス・・・

穏乃「あっ…!」

玄「はぁい穏乃ちゃん、京太郎くんっ!

  そうそう、先生が京太郎くんに用があったみたいで見つけたら職員室まできて欲しいって」

京太郎「ありゃ?なんだろな……それじゃいってきま~すっと」

穏乃「…………………」

玄「いってらっしゃ~い

  ねぇ、穏乃ちゃん

  他のみんなが来るまで何しよっか

  う~ん、二人麻雀するのもいいけど……」


穏乃「………………」グイッ

玄「ぐっ!?…ぐぐ、く…苦しいよ穏乃ちゃ…!」



穏乃「せっかく…

   京太郎が頭撫でてくれてたのに……


   邪魔するなよっ……!!」

玄「!?…ひぃっ…!」


穏乃「……」バッ

玄「げほっ!げほっ、げほっ、げほっ…!」

京太郎「よぉー、すぐそこで先生に会ったから用もすぐに済んじゃったよ

    あれ、玄さん風邪ですか?」

穏乃「あっ、お帰り京太郎!そうなんだよ、なんだか急にきたみたいでさ

   今日は早上がりしたらどう?って言ってたところなんだ」

京太郎「ありゃりゃ、それはまずいですよ玄さん!」

玄「う…うぅ……」

京太郎「お父さんか誰かに迎えにきてもらうように電話で連絡をして……

    あの、よろしければ外まで送りますよ」

玄「!! う、ううん!いいよ大丈夫!

  そ、そうだね!お父さんにきてもらうようにするから…そ、それじゃあ京太郎くん……穏乃ちゃん」

京太郎「…大丈夫かな玄さん」

穏乃「う~ん、さっきまで元気だったのにね

   ……気になる?京太郎」

京太郎「そりゃあそうだろ」

穏乃「ふ~ん………」


穏乃「(クソ女…)」


カンッ