【外伝「頭文字M」】


咲「私!もっともっと麻雀がしたいんです!」

和「私がこのバトルに勝つ…!清澄のエースは私です!」

優希「私は一人の麻雀士として咲ちゃんとバトルがしたいんだじぇ!」

まこ「流石は清澄のダブルエースじゃのう!」

久「奴は一戦ごとに進化しているわ!」

ゴ ギャ ギャ ギャ ギャ ギャン

キャプテン「上埜さん…見せてあげるわ!風越で鍛えた私の麻雀というものを!」

池田「チョロチョロ鳴きやがって!目障りだし!」

未春「なめてんじゃねーぞ!地獄待ちでいかすかよ!」

京太郎「どれ……プロに勝った腕とやらを拝ませてもらおうかな」

近日公開!(嘘)




【外伝2「さよなら池田華菜」】



キャプテン「はい…春といえば出会いと別れの季節。私達、風越麻雀部にも別れがやって参りました」

キャプテン「今日、麻雀部に所属する池田華菜が麻雀部を退部する事になりました」

池田「………………どうも華菜ちゃんだし」

キャプテン「さて、まずはコーチのお言葉があります…どうぞコーチ」

コーチ「池田…私はお前が退部すると聞いてびっくりしました…もうこれを何回繰り返せばいいのか、と」

池田「……………」

コーチ「正直…私は池田ァ!と叫ぶのに疲れました」

コーチ「なぜ、私が池田ごときのために喉を痛めなければならないのかと…何回も自分に問いました」

池田「……………」

コーチ「私は池田に何故やめるのかを問いました…」

コーチ「『最近、文堂さんが私の事をいやらしいで見てくるから』 」

コーチ「『文堂さんが私の弁当のカマボコを食べたから』」

コーチ「 『風越にいる猫に引っかかれたから』」

コーチ「そう、池田は私に言いました」

池田「…………」

コーチ「それではメンバーの皆から花束を贈呈と共に別れの言葉を」

文堂「池田さん…今までお疲れさんした、まあ先輩としてはすごく軽蔑してましたけど、よく頑張ったな池田! 」

文堂「まあ、街中で出会ったら遠慮なく声をかけてくれ…奢るから」ガサッ

池田「………………」ギロッ

深堀「まあ、悲しいと言えば嘘になりますが……お疲れさん。これ以上贈る言葉は特にない」ガサッ

池田「……………」ギロッ

未春「お疲れ様華菜ちゃん、学校以外会う事は無いので、もう話すことはないがお元気で」ガサッ

池田「……………」ギロッ

キャプテン「華菜がやめると聞いて私は正直、だから何?と思いました」

キャプテン「華菜に代わる新レギュラーの候補としては…」

キャプテン「今までは猫だったのでウナギイヌかアンパンマンのカバ夫君などをあげております。 それではさようなら」ガサッ

池田「……………」ギロッ

コーチ「今までお疲れ池田」

コーチ「一年生の中に池田がウザいせいで麻雀をしたくない人がいるらしいのでこれを機にキッパリとやめていただきたい」ガサッ

池田「………………」


池田はコーチに握手を求めるがスルーされる。


コーチ「次に池田に対して関係者からメッセージがあります」ピッ

ゆみ『池田が麻雀をやめようがやめまいが私の人生に全く影響ない……とにかくお疲れ様』

咲『池田って誰ですか?龍門渕と鶴賀の人以外に誰が大将戦にいましたっけ?』

衣『とにかくウザかった…それ以外の言葉などあろうはずがない』

藤田『これほどウザいのも珍しい。あなたは本当に人間ですか?』

京太郎『あんたのは図々しいんじゃなくて、ただウザいだけ。こういうのは本当に救いようがない』

コーチ「……以上、関係者からの温かい言葉だ」

池田「……………チッ」

キャプテン「それでは最後に…池田華菜から麻雀部の皆にメッセージを送ります…どうぞ」

池田「はい………」タッタッタッ…

池田「………………こんなたくさんの花束に囲まれて……誰が囲まれると思うんだし……!?」

文堂「く………くく……」

池田「ふう………はっ…ふう………!こ、こ、こんな………こんな終わり方は………ど…どうなんだし……?」

池田「み、みはるんがぁ………みは…みは…みはるんがおはようって言ったんだし………そうね……嬉しかったね……!」

未春「……………」

池田「ま、麻雀大会だったかな……?この前皆で戦ったの……麻雀大会だったかな………?あれは本当に残念だったね~」

深堀「誰のせいだと思ってんだろ……」

池田「き……キャプテンもお………!…頑張ったって………頑張った……てぇ……がん…………………ばっ………頑張って~!」

池田「私に言ってくれたからあああああ~!頑張ったってえ~!頑張った~!」

キャプテン「早く言ってよ……」

池田「ふっ………ふっ…ふっ……た……た…助けてください!だれか~!」

池田「私はやめましぇ~ん!麻雀部にいたいよぉ~!誰か助けてくださ~い!」

キャプテン「ああもう、吉留さん…華菜を運びましょう」

未春「はい……ほら、華菜ちゃん」

池田「いやだああああ!助けて~!みはるん助けて~!みはるん~!みはるん~!」

池田「助けて~!麻雀部にいたいよお~!やめたくありませ~ん!」

未春「自分からやめるって言ったんでしょうが……」

未春「ようやく静かになりましたね……」

キャプテン「そうね、早く帰りましょうよ……」

文堂「今日はもう疲れました…」

池田「待て~い、華菜ちゃんは~、麻雀部を~、や~めないし~!」


ガシャアアアアアアン!

キャプテン「あっ、もう準備したのね」

池田「華菜ちゃん、やーめない!気分上々で!まー、じゃん!麻雀部やめないしー♪」

キャプテン「ああもう、本当にウザくてウザくて仕方ないわね」

マホ「ジュース、池田からさんです」ダンッ!

文堂「うわっ、荒々し」

マホ「何見てんだよ、変態」タッタッタッ…

キャプテン「なんだろう…」


こうして池田華菜のウザいコンサートは8時間続いた…めでたしめでたし



【外伝3「咲の日記」】


○月××日
今日は京ちゃんと一緒に買い物に行ったよ。
本当は二人だけで行きたかったのになぜか優希ちゃんがついてきた…なんで一緒にくるの?
そんで「犬~タコス買いに行ってこい!」なんて馴れ馴れしくつきまとってさ。
何調子乗ってるの?京ちゃんに馴れ馴れしくしないでよ。
京ちゃんに命令していいのは私だけなんだよ。明日優希ちゃんのタコスに強力な下剤を入れてあげようっと♪

○月××日
うざい、本当にうざいよ部長。なに「今日も買い出しお願いね~♪」ってベタベタまとわりついてるの。
権利を振りかざす女ってむかつくよね。部長の鞄の中に生きたヤリイカでも入れてあげようかな?

○月××日
あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは京ちゃんだーい好き



【外伝4「京太郎の日記」】


○月××日
今日は咲と一緒に昼メシを食べた。咲が手作りの弁当を俺に作ってくれてすごく嬉しかったぜ。
しかし…なんだか咲がニヤニヤしながら俺が弁当をを食べるのには違和感を感じた。
「隠し味に私の愛がいーっぱい詰まってるよ♪」っていう咲の言葉はどういう意味なんだろう。

○月××日
おかしい、なんだか視線を感じる。メシを食っている時も、トイレに行っている時も、学校にいる時も、麻雀をしている時も
そして家に帰ってからも…ずっと視線を感じるんだ。
咲にその事を相談したら「あははは、気のせいだよ京ちゃん、うん、気のせい」と答えてくれた。
やっぱり気のせいなのだろうか……うーむ。

○月××日
もう駄目だ。アイツは今、俺の部屋の前にいる。どうして気がつかなかったのだろう。彼女の狂気に。
今、扉を破壊しようとしている誰か助けてくれ…ああもうだめ――――



【外伝5「風越ファイトクラブ」】


夏までに全国を制覇するという目的のために始まった風越ファイトクラブ。
だが、それは修羅場の幕開けでもあった!


池田「クチャクチャ………」

コーチ「おい、ガム捨てろやコラ!」ガッ

池田「うるせーし!余計なお世話だし!」

コーチ「おどりゃあ口の聞き方に気をつけろや!らああ!」

池田「やんのかコラ!やんのかコラァ!」


始まっていきなりの大乱闘!池田の不遜極まりない態度に部室内に暗雲が立ち込める!
しかし、一人の少女の発言がさらなる波乱を呼ぶ!


文堂「ワシはなぁ…麻雀をするために来たんじゃわ!この風越麻雀部を潰すために来たんじゃワレ!」

コーチ「もういっぺん言うてみいコラァ!」


風越ファイトクラブは一体どうなってしまうのか! (完)



【外伝6「13人の京太郎」】

京太郎「ちーっすってありゃ、誰もいねーし」


ガタッ

京太郎「ん、なんだこの玩具。部長のものかな」


ガチャン

京太郎「なっ、勝手に動いた!」


シュウウウウウウ…

京太郎(1番目)「なんだ…ここは?」

京太郎(2番目)「智紀さーん!ジュースってあれ?」

京太郎(3番目)「おい、池田!さっさとカゴを…ってなんだここは」

京太郎(4番目)「了解照さん!今から…ん?」

京太郎(5番目)「おおーっと!一体ここはどこだ~!?突然の出来事に私は面食らっております!」

京太郎(6番目)「分かった!分かった咲、だからこれ以上は…ありゃ?」

京太郎(7番目)「待て!近くにリンシャンカイホーがいるかもしれない!ここは一旦…」

京太郎(8番目)「おんや?ここは一体どこかねい?」

京太郎(9番目)「任務…遂行しようと思ったがここはどこだ」

京太郎(10番目)「へへっ!捕まる訳に……はあ?」

京太郎(11番目)「ホッーホッホッホッ!どうやら私は知らない世界に来てしまったみたいですね~!」

京太郎(12番目)「おう!このドン・京太郎…なにやら変な場所に来てしまったぜ!」

京太郎「な…な…!俺が増えた~!?」

京太郎(1)「全く、優希と一緒にデートをしていたのだが邪魔されてしまった」

京太郎(2)「智紀さん大丈夫かな?早くご飯を作ってあげないといけないのに~!」

京太郎(3)「まあ、いいや。休憩休憩っと」フゥ~

京太郎(4)「ふーん…こっちの麻雀部も悪くないな」

京太郎(5)「さて、須賀京太郎という存在が私を含め13人いるという状況に私は困惑しております!」

京太郎(6)「さ…咲はここまで来ていないよな…?」ビクビク

京太郎(7)「全く、ブラジルの次は別のせかいか!」

京太郎(8)「こいつぁ面白い事になっているねい」グビグヒ

京太郎(9)「まあ、宇宙にまで行っている俺だ…こんな場所など珍しくもない」

京太郎(10)「どうやらあの鬱陶しい警察は来ていないみたいだな…良かったぜ」

京太郎(11)「ホッーホッホッホッ!この世界には心に隙間がある人はいるんでしょうかね~?」

京太郎(12)「酒はないのか酒は!このドン・京太郎を馬鹿にするつもりか~?」

京太郎「一体何がどうなって…ハッ!」

京太郎(まさかこの玩具を使ってしまったからか…?だとしたら戻す方法だって)

京太郎(8)「やれやれ…同じ顔が沢山あるってのも変な話だねい」



【数日後】

京太郎(5)「おおーっと!ここで宮永咲の嶺上開花が決まったあ~!流石は主役なだけありま~す!」

咲「うるさいよ!5番目の京ちゃん!」

京太郎(1)「ほらよ、タコスを買ってきてやったぜ」

優希「よくやったぞ犬!お前は他の京太郎と違って使える犬だじぇ~!」

京太郎(1)「はいはい…」

京太郎(2)「聞いてくださいよ~!智紀さんの所に行ったら…変質者扱いされてしまったんですよ~! ひどい話だと思いませんか~!?」

京太郎(8)「そうかいそうかい!仕方ないさね…ここはあんたの世界とは違うんだからねい」

久「それじゃあ6番目の須賀君と10番目の須賀君には買い出しに行ってもらうわね~♪」

京太郎(6)「はいはい、またですか…行ってきますよっと!」

京太郎(10)「チキショー!なんでこの俺がこんな小娘に顎で使われないと…」

久「早く行ってきなさーい!」

京太郎(10)「チキショー!いつか必ず仕返ししてやるからな~!」

京太郎(12)「ふう~、全く…静かに酒も飲めやしねえなあ…」

まこ「なにを格好つけとるんじゃあ、コーラなんか飲んで格好つけても痛いだけじゃぞ」

京太郎(12)「う…うるさい!このドン・京太郎を…」

まこ「そのネタはもうええわ」

京太郎(3)「部長~!この荷物はこっちに置いておきますよ~!」ドスン

久「お疲れ様、3番目と7番目の須賀君!重い荷物を運ばせて悪いわね~!」

京太郎(7)「はははは!こんな荷物軽い軽い!」ドスン

和「ちょっと9番目の須賀君!こんな所で銃のメンテナンスなんて物騒な事はしないでください!」

京太郎(9)「…断る、俺はお前の言うことを聞く義務はない」

和「じゃあ、せめて部屋の換気をしてください!火薬の臭いが不愉快ですから!」

京太郎(9)「ちっ……相変わらずうるさい奴だ」

和「聞こえてますよ9番目の須賀君!誰がうるさい奴ですか!」

京太郎(4)「注文したブツは持ってきたか?」

京太郎(11)「ホッーホッホッホッ!これの事ですね!それでは受け取ってください」

京太郎(4)「フフフ…11番目、お前も相当の悪よのう~!」

京太郎(11)「ホッーホッホッホッ!いえいえ!4番目ほどではありませんよ~!」

京太郎「一体…一体俺はどうしたらいいんだああああああ!?」