京太郎「おっ。居た居た。やっと見つけたぞ迷子のお姫様」

咲「あっ、きょ、京ちゃん!良かったぁ、見つかって」

京太郎「そりゃこっちの台詞だっての!ったく、毎度毎度当然の如く会場で迷子になりやがって。その度探す俺らの身になれっての」コツン

咲「あいたっ!」

京太郎「うりうり」グリグリ

咲「やだっ、止めてよ。髪の毛ぐじゃぐじゃになっちゃうよぉ」

京太郎「お前のさらさら髪質じゃどうせすぐ元に戻るって。心配すんな」ワシャワシャ

咲「そう言う問題じゃないよ!ぐじゃぐじゃ止めて!」

京太郎「うるせ。こりゃ迷子のペナルティだと思えー」ワシャワシャワシャワシャ

咲「だからやだぁ!何さ京ちゃんの意地悪!馬鹿!私だって好きで迷子になってる訳じゃないもん!」

京太郎「当たり前だ馬鹿!好きでなってたらもう救いようねーよ!今度迷子になったら、移動の時は首輪付けてリードで繋ぐぞ!」

咲「えっ」

京太郎「えっ」

咲「…」モジモジ

京太郎「…」

咲「…///」モジモジ

京太郎「…なんだよ。なんか言えよ…」

咲「…京ちゃんのえっち」モジモジ

京太郎「…」

咲「…」モジモジ


周りに居た参加選手の皆様( ( ( (何この微妙な雰囲気…) ) ) )

以上

名前:
コメント: