優希「京太郎は私の事が好き…嫌い…好き…嫌い…好き…」

京太郎「何やってんだよタコス?」ヒョイ

優希「ひゃう!?な、何でもないんだじぇ!」

京太郎「ほー、花占いかよ!タコスにも女の子らしい所があるんだな~!」

優希「う、うるさいじょ!犬には関係ないんだじぇ!」

京太郎「あっそう、ならこのタコスは俺がいただくとするかな」

優希「な、なぬう!?貴様、それは私のタコスだじょ!犬が食べてよいものじゃないんだじぇ!」

京太郎「ハハハハハ、なら何を占っていたのか教えてくれよ」

優希「あう……そ、それは……」

京太郎「どうしたんだタコス~?早く教えないとこのタコスを食べちゃうぞ~?」

優希「…………太郎の事」

京太郎「え?聞こえなかったぞタコス!」

優希「う…うるさいうるさいうるさい!お前なんかに教えてやらないじょ!そのタコスをよこせ!」バッ

京太郎「うおっと!危ねーなタコス!急に飛び掛かってくるなよ!」

優希「お前がご主人様である私を侮辱するからだじょ!もうお前なんか知らないじぇ!」


タッタッタッ…

京太郎「なんだぁ…タコスの奴……」

優希「………私のバカッ…」


―――なんでいつも私はこうなるんだじょ
私は…京太郎の事が…大好きなのに



【部室】

和「どうしたのゆーき?なんだか元気がないみたいですけど…」

優希「ああ…のどちゃんか…ちょっと自己嫌悪におちいっていた所だじぇ」

和「………また須賀君の事で、ですか?」

優希「にゃ…!?な、なんで分かったんだじょ!」

和「ゆーきが落ち込む事といったらタコスと須賀君くらいでしょ?バレバレですよ」

優希「むむ……」

和「また…自分の気持ちを伝えられなかったんですね」

優希「……うん」

和「ハァ……須賀君も須賀君です。どうしてゆーきの気持ちが分からないのでしょうね?」

和「普通ならゆーきのアプローチに気が付いてもよいはずなのですが…」

優希「のどちゃん、京太郎は悪くないんだじょ!全部…私が不甲斐ないからだじぇ…」

和「ゆーき、自分を責めないでください」

優希「でも…」

和「今のゆーきに足りないのは自分の気持ちを伝える勇気だけなんですよ」

和「だからもっと自分に自信を持ってください……ね?」

優希「……うん!分かっただじぇのどちゃん!京太郎の奴に私の力を見せてやるじょ」



【次の日】

京太郎「ふわぁ……今日はお前と俺だけか…暇だな」

優希「そ、そうだな京太郎…のどちゃん達はどこにいったんだろ~な!」

京太郎「咲は風邪で休みだとして部長や染谷先輩なで来ないなんて…どうしたんだろ」

優希「むむ…お前は私と二人でいるのが嫌なのか!」

京太郎「いーや、別に。ただ、退屈で仕方ねえだけだよ」



【ドアの向こう】

和「大丈夫でしょうかゆーき…」

まこ「京太郎の奴、優希を泣かしたら承知せんぞ」

久「さて……どうなるかしらね」

優希「な…なあ京太郎」

京太郎「うん?どうしたタコス…まさかタコスを買ってこいなんて言うんじゃないだろうな」

優希「ち、違うわバカ犬!ちょっと聞きたい事があるんだじぇ…」

京太郎「聞きたい事…なんだよ」

優希「その…京太郎は好きな人はいるのか?」

和「ちょっとゆーき…!?」

まこ「いきなりストレートにいったのう」ニヤニヤ

久「ま、優希らしいといえば優希らしいわね」

京太郎「おいおい、いきなりなんでそんな事を聞くんだお前は」

優希「うるさい!質問を質問で返すなだじょ!」

京太郎「……やれやれ、付き合ってられねーよ」ガタッ

優希「な、どこに行くんだじょ京太郎!」

京太郎「帰る、今日はなんだか気が乗らねー」


和「わわっ、こっちに来ますよ!」

まこ「早く隠れんと!京太郎のバカ何を考えとるんじゃ!」

久「あらあら…優希…」


優希「ちょっと待て京太郎!人の話を……」

京太郎「じゃーなタコス」バタンッ

優希「……………」

優希「グスッ……エック…」


和「ゆーき!」バタバタ

優希「グスッ……もう駄目だじょ……京太郎に嫌われちゃったじぇ…」

まこ「あの馬鹿タレがふざけた真似しよって!ちょっと待っとれ!京太郎を連れ戻してくるわい!」

優希「もういいじょ……京太郎はもう帰ったから…」

和「で、ですけどゆーき!」

優希「せっかく協力してくれたのにごめんだじょ皆……今日はもう帰るんだじぇ…」トボトボ

和「ゆ…ゆーき…」


バタンッ

優希「うう……うわ~ん!」


――私のバカ!なんであんな事を聞いてしまったんだじょ
自分の浅はかさが嫌になるじぇ……


優希「明日からどんな顔をして京太郎に会えばいいんだじょ……」トボトボ

優希「ん……あれって確かクラスで噂になっていた映画だじょ……」

優希「………どうせ暇だし見にいこう……すいません、チケット一枚くださいだじょ」



【映画館内】

『京太郎君だーい好き!』

『お、おい優希…そんなに抱きつくなよ』


優希「……なんで名前が同じなんだじぇ」


――私も映画みたいに甘える事が出来たらいいのに


優希「京太郎……京太郎…」グスッ…グスッ…


???「おいおいタコス、なんの映画かと思ったらラブストーリーかよ」


優希「ふぇ…!?」

京太郎「全く、映画を見るなら見るで俺を誘えよな、タコス」

優希「きょ…京太郎…?なんでここにいるんだ…?」

京太郎「さっきの答えを言うために来たんだよ」

優希「えっ……」

京太郎「……ドアの向こうに部長達がいたんだろ?あんなものすぐにバレるぜ。あの状況で俺の気持ちを言える訳ねーだろタコス」

優希「京太郎……それって…」

京太郎「タコス」スッ


チュッ

優希「――――――!」

京太郎「これが俺の答えだよタコス」

優希「――京太郎」

京太郎「俺はお前の事が好きだ」

優希「グスッ………うぇぇぇ…きょおたろお…」ポロポロ

京太郎「お、おいタコス!泣くなよこんな所で!」

優希「きょおたろお…きょおたろお……」ポロポロ

京太郎「あーも、だから泣くなよタコス!恥ずかしいだろーがよ!やめろよ~!」


――嬉しいじょ、本当に嬉しいじょ京太郎!
これが夢ならずっと覚めないで欲しいじぇ!



【次の日】

京太郎「おいおい、そんなに引っ付くなよタコス」

優希「だってダーリンと一緒にいたいから仕方ないんだじぇ!」

京太郎「全くよ…やっぱり告白しなきゃあ良かったかな」

優希「もう手遅れだじょ京太郎~!お前の愛の言葉…この優希様がしかと受けとめたじぇ!」スリスリ

京太郎「頬を擦り寄せるなタコス~!」


まこ「……これがいわゆるバカップルって奴じゃな」

久「何かあったか知らないけど、どうやら優希はうまくいったみたいね」

咲「京ちゃん……幸せそうだなぁ…」

和「良かったですねゆーき…」

優希「あなた…式はいつあげようだじょ?」

京太郎「あーもう!だから顔を擦り寄せるのはやめろ~!」



【タコス屋】

優希「頑張っちゃった頑張った我々だじょ~♪」

優希「それにしてもデートだというのに京太郎の奴遅いじょ~!もう辺りは暗くなって来ているのに」

優希「まあ、時間にルーズな旦那様を待つのも奥さんの務めだから仕方ないか!」


ピリリリリリ ピリリリリリ

優希「むっ!噂をすれば京太郎から電話だじょ!」ピッ

京太郎『もしもしタコスか~?』

優希「遅いじょ京太郎!一体どこをほっつき歩いているんだじぇ!?」

京太郎『悪い悪い!ちょっと用事があってよ~!今、そっちに向かってるから待っててくれ!』

優希「むー!早く来るんだじょ京太郎!」

京太郎『ああ、分かってるよ!今、ペンギンの看板がある信号を渡っているからそろそろ―――』


キィィィィィ ガシャアアアン!

優希「…!?京太郎!京太郎!どうしたんだじょ!?


ツーツー…

優希「京太郎!返事をしてくれだじょ!……ペンギンの看板!」タッタッタッ


――心臓がバグバク鳴っている。嘘だじょ!こんなの嘘だじょ!京太郎…無事でいてくれだじょ!


優希「ハァ…ハァ…京太郎!京太郎!」タッタッタッ

優希「見えた!ペンギンの看板が―――」


――京太郎が信号の真ん中で倒れている光景が私の目に入った


優希「………京…太郎?」タッ…タッ…タッ…

優希「おぃ……京太郎…目を覚ますんだじぇ…」

京太郎「………………」

優希「おぃぃ……京たろぉ…」


『タコス、俺はお前の事が好きだ』

『ずっと一緒だぞ……優希』


ポツ……ポツ……ポツ…

優希「………きょおたろおおおおおおおおおおおお!」



【数日後】

優希「………………」

和「ゆーき……タコスを買って来ましたよ…一緒に食べませんか?」

優希「……………」

和「ゆーき……」

久「和、今はそっとしてあげましょう」

和「し、しかし!」

咲「原村さん……私も部長の言う通りにした方がいいと思う」

和「宮永さん………」

優希「…………」

和「…タコス、ここに置いておきますね…それじゃあ私達は帰ります…」


バタンッ

優希「…………京太郎」スッ

優希「グスッ………グスッ…エック…」



【町中】

和「大丈夫でしょうかゆーき……須賀君が死んでからずっとあんな風に…」

咲「……分からないよ…私も今でも京ちゃんが死んだなんて信じられないから……」グスッ

和「宮永さん……」


蒲原「ワハハー!全くこの間は酷い目にあったなー!」

妹尾「本当だよねぇ。まさかあんな事になるなんて思わなかったよー」

睦月「うむ」


宮永「あれ…あそこにいるのは鶴賀学園の人達だよね?」

原村「そうですね…何やら話しこんでいるみたいですけど……」

妹尾「ところで智美ちゃん、車のキズはもう直ったの?」

睦月「うむ、私もそれは気になっています」

蒲原「ワハハー、大丈夫大丈夫!親戚の修理屋さんに頼んだから、バレる心配はないぞー」

妹尾「良かったぁ…まさか事故にあうなんて思わなかったもん」

睦月「うむ、人を轢いてしまうなんて思いませんでしたよ」


咲「え……!?」

和「まさか……!」


智美「ワハハー、見通しが悪かったんだから仕方ないだろー!ペンギンの看板に目をやっていたのもあるけど」

妹尾「それにしても大丈夫でしょうかね轢いてしまった人…大事に至ってなければ良いけど」

睦月「うむ」

智美「まー、大丈夫だろ!スピードもあまり出てなかったし」

妹尾「ならいいんだけどね~ハハハ!きっと大丈夫だよね」

智美「ワハハー!それじゃあゆみちんのいるカラオケ屋に行くとしますかー!」

睦月「うむ」


タッタッタッ

咲「原村さん…!今の話……!」

和「…………優希」ピッピッピッ


プルルルル プルルルル ガチャ

優希『もしもし……』

和「もしもし優希!今どこにいるんですか!?」

優希『…………タコスの屋台にいるじょ』

和「優希!今から話す事をよく聞いてください!須賀君は……須賀君の死は……事故じゃなかったんです!」

優希『…………え』

和「須賀君は――」


のどちゃんの言葉が私の耳に入る
京太郎は……鶴賀の連中に殺されただって?


優希「ねぇ……のどちゃん…鶴賀の人達がどこにいるか分かるかだじょ?」

和『カラオケ屋に行くって言ってましたよ…なんでその事を聞くんですか?』

優希「そう、わかった」

和『ちょっとゆうき』


ピッ

優希「京太郎………」ギリギリギリ…

タコス屋の親父「どうしたんだいお嬢ちゃん?何やらブツブツ言っているけど…?」

優希「親父…!包丁借りるじぇ………!」



【カラオケ屋】

智美「ワハハー!意外と歌がうまいなーゆみちん!」

ゆみ「そ……そうか?」

モモ「最高っすよ先輩!」

睦月「うむ!」

妹尾「次は私の番ですね!それじゃあ…いきますよぉ~!」

店員「いらっしゃいませ~!お一人様ですか?」

優希「ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ……」キイッ…


睦月「うむ、すまない…トイレに行ってくる」

智美「ワハハー!次はむっきーの番だから早く帰ってくるんだぞー!」

睦月「うむ……」

妹尾「ツモうらうらでごめ~ん♪」


バタンッ



【十分後】

妹尾「あれ~?帰ってくるの遅いなぁ睦月ちゃん」

ゆみ「まあ……そういう事もあるだろう」

智美「ワハハー、それじゃあ私が先に歌いますか!」



【トイレ】


ザクッ

睦月「か………はぁ…!」

優希「何をヘラヘラ笑って楽しんでいるんだじょお前ら……!」

睦月「ぐぁぁ…!」

優希「京太郎はひとりぼっちで死んだじょ!」

睦月「なんの……話だ…?」


ザクッザクッ

睦月「ぐああああ!」

優希「お前の仲間はどこにいるんだじょ…?」

睦月「し……知らない…私は…なにも…」


ザシュッ

睦月「がぁああ!」

優希「知らないじゃないじょ……馬鹿にするのもいい加減にするじぇ腐れ外道共…」


ザクッ

睦月「あああぁっ!」

優希「早く言うんだじょ……今なら一思いに殺ってあげるからさぁ……!」


ザクッ グシャッ

睦月「……………ぃ」

優希「え…?聞こえなかったじょ?」

睦月「絶対に……お前には教えない……!」

優希「………あ、そう」


サクン プシャアアアアアア……

睦月「………………」

優希「まずは一人……だじょ」フキフキ

優希「服が汚れちゃったじぇ…」


ピリリリリリ ピリリリリリ

優希「のどちゃんからだじょ…」


ピッ

優希「もしもしのどちゃん…」

和「優希!今どこにいるんですか!?」

優希「今…?今ねえ…鶴賀の連中を一人殺したばかりだじょ」

和「殺し………た!?」

優希「何か文句でもあるのかのどちゃん?あいつらは私の大切な…大切な京太郎を殺したんだじょ?」

優希「そんな奴らを殺して何が悪いんだじぇ?」

和「そ、そんな優希!」

優希「京太郎…待っててね…あいつらに京太郎の苦しみを…思う存分味わわしながら殺してあげるからね……」

和「待ってゆうき」ピッ

優希「あは…あは…あははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!」


ザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッ


妹尾「睦月ちゃん遅いねー、何かあったのかなぁ?」

ゆみ「すまない皆、私とモモはこれから行かないといけない場所があるんだ」

智美「ワハハー、もしかしてデートか?いいねーヒューヒュー」

モモ「ち、違うっすよ!」

ゆみ「いくぞ、モモ」

モモ「はい!」


バタンッ

智美「ワハハー、これで私とかおりんと私だけになってしまったなー」

睦月「そうだねー、でも睦月ちゃん本当に遅いなぁ」

妹尾「……やっぱり私、睦月ちゃんの様子を見に行ってくる」スッ

智美「ワハハー、分かったぞかおりん!」


キイッ

妹尾「あれ…扉が……」


サクン

妹尾「えっ……」


ブシュウウウウ ピチャピチャピチャピチャピチャ

妹尾「……………」バタンッ


ピクッピクッ

智美「う…うわあああああああああ!」ガタン

優希「二人……だじょ」

智美「かおりん!しっかりしろかおりん!お前…なんて事をするんだ!」

優希「安心しろだじょ……もう一人の仲間も殺しておいたじょ…」

智美「まさか……むっきーも!?なんで…なんでこんな事をするんだ!」

優希「なんで……だって?あははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!」

智美(こいつ……狂ってる!)

優希「お前達が京太郎を殺したからに決まっているじょ……お前達が京太郎の命を奪ったから…」

智美「京太郎だと…!誰たそいつは、私達はそんな奴知らな……ハッ!?」

優希「ようやく気がついたじょお……?そうだじぇ……お前達が車で轢いた人…それが京太郎だじょ!」

優希「お前ら腐れ外道に殺されたんだじょおおおおおお!」ブォン

智美「うわあ!?あ…危なかった…」

優希「お前らは人間じゃないじょ……虫けらにも劣る腐ったクズ共だじぇ!」

智美「や…やめてくれ~!悪かった!私が悪かったからもうやめるんだ~!」

優希「はあ?何を言っているんだじょお前…今さらそんな事を言って許されると思ってるの?」

智美「そ…それは…」

優希「それに私はすでに二人も殺しているんだじょ…もう引き返せないんだじょ!」ブォン!

智美「ひ……ひいいいいいい!」

優希「アハッ…もちろん引き返すつもりはタコスの先ほどないけどな!」


ブシュッ…

智美「きゃあああ!」

優希「あははははは!見事右足にヒットだじょ~♪これでもう逃げられないじぇ…フフフフフフ」

智美「ひいい……来るな…来るなぁ!」

優希「あはは…足から血がドバドバ出てるじょ……どう?痛い?苦しい?」

智美「な…何でもする!何でもするから許してくれー!」ガタガタガタ

優希「……本当に?本当に何でもする?」

智美「あ…ああ!約束するよ!だから命だけは助けてくれ~!」

優希「分かったじょ……じゃあ京太郎を蘇らせろ」

智美「え……!」

優希「何でもするって言ったよね?じゃあ京太郎を私に返してじょ……できるのできないの?」

智美「そ…それは…」

優希「出来ないんだ?」


バキッ!

智美「ぎゃああああああああああ!」

優希「出来もしないくせに何でもするなんて吐くんじゃないじょ!そういう奴って本当にムカつくじぇ!」

智美「ひ…いい…助けて…誰か助けてくれぇ…」

優希「あはは…ところがどっこい…誰も助けになんかこないんだじょ」

智美「ああうう……」ガタガタ

優希「どうしたんだじょ?そんなに震えて…寒いの?なら温めてあげるじょ……」


シュー…シュー…

優希「熱々のお湯を沸かしてあるなんて気のきいたカラオケ店だじょ」

智美「や…やめろ…やめて…やめてくださひいい!」

優希「ほ~ら!温めてあげるじょ!」


ジョワアアアアアア!

智美「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!」

優希「キャハハハハハハハハハハハハハハハハ!どうだじょ?温まるじょ?もっともっと悲鳴を聞かせてじょおおおおおお!」

智美「が あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

優希「ほ~ら!消毒してあげるじょ~!」


ジョワアアアアアアアアアアアア!

カランカラン……

智美「はあ……はあ……」

優希「さてと…そろそろ仲間の所に送ってやるじょ…」チャキッ

智美「あ…ああ……!」ガチガチガチガチ

優希「最期に私が悪かったですって言うんだじょ…京太郎を殺してすいませんでしたってな!」

智美「………許してくださ…ひ…!」

優希「……………」


サクン  ブシュウウウウウウウウ……

智美「ピクッ……ピクッ……」


ピチャピチャピチャ…

優希「汚い噴水だじぇ」フキフキ…


プルルルル プルルルル

咲「どう、原村さん?」

和「……駄目です!全然繋がる気配がありません!」

咲「ど…どうしよう原村さん!?優希ちゃん……今頃鶴賀の人達を…」

和「………宮永さん!きっとゆーきなら大丈夫だと思います!あの子ならきっと……理性を保てるはずです!」

咲「でも…さっき優希ちゃん、一人殺したって…」

和「あれはきっとゆーきが私達を騙そうとしただけですよ!あの子が人殺しなんて……出来るわけありません!」

咲「そ……そうだよね!優希ちゃんならきっと…」



ゆみ「すまなかったなモモ…買い物に付き合わせてしまって…」

モモ「い、いえ!先輩とならいつでもOKっすよ!」

咲「あれ…あの人…鶴賀の大将さんじゃ…」


和「ちょっとすいません!聞きたい事があるんですが…」

ゆみ「ん…確か君達は清澄の……何やら慌てているがどうしたんだ?」

モモ「私もいるっすよ~!」

和「鶴賀学園に所属している他の部員はどこにいるんで……」


プルルルル プルルルル

和「この番号は…優希!」


ピッ

和「もしもし優希ですか!?今どこに……」

優希「のどちゃん…後二人…後二人だじょ…鶴賀の奴らを後二人を殺せば全ては終わるんだじぇ…!」

和「優希…?何を言っているの優希……あなたまさか!」

優希「あははははははははははは!!今頃三人共、京太郎に土下座しているに違いないじぇ!」

ゆみ「鶴賀の連中…だと?まさか……蒲原達の事か!?」


パッ

ゆみ「貴様!どういう事だ!?蒲原達に何をした!」

優希「その声……鶴賀の大将だな……あはははははは、ミ ツ ケ タ 」

ゆみ「なに……!?どういう…」

モモ「危ないっす先輩!」ガバッ


ザシュッ

モモ「ああうっ……!」

ゆみ「モモぉぉぉぉぉぉ!」

優希「キャハハハハハハハハ!ようやく終わる、終わるじょ!こいつらを殺せば全てが終わるんだじぇ!」

和「やめてゆーき!あなたは自分が何をしているか分かっているの?!」

優希「もちろん分かっているじょのどちゃん……私は京太郎の未来を奪った奴らに仕返しをしているだけだじぇ……」

咲「やめて優希ちゃん!そんな事したって……京ちゃんは戻ってこない!京ちゃんだって…きっと悲しんでいるよ!」

優希「黙れ」

咲「優希ちゃん……!」

優希「私にとって京太郎は全てだったんだじょ……それを奪った腐れ外道共を庇うつもりなのか咲ちゃん?」

咲「そうじゃないよ優希ちゃん!京ちゃんは……京ちゃんは優希ちゃんに幸せに生きて欲しいと思って…」

優希「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさい!私の邪魔をする奴は一人残らず皆殺しだじょ!」ブォン!

咲「きゃっ!」

和「もうやめてゆーき!いつものゆーきに戻って!」

優希「きゃはははははははははははははははははは!何もぶち壊れてしまえ!」

優希「京太郎のいない世界なんかぜーんぶ壊れろぉぉぉぉぉぉ!」

和(ゆーき……もう駄目だわ……完全に精神が崩壊している…)

咲「に…逃げよう原村さん!このままじゃあ私達、優希ちゃんに…」

和「で、ですけど!」

優希「あははははははははははははははははは」ブォンブォンブォン

ゆみ「もはや考える余地はない、か…!モモ、歩けるか!?」

モモ「は…はい!大丈夫っす!」

咲「早く逃げよう!」


タッタッタッ……

優希「逃がさないじょお前ら……一人残らず…皆殺しだじょ!」


ブォン…ブォン…ブォォォォン



【廃工場】

咲「はい…はい…すぐに来てくださいお願いします!」


ピッ

咲「とりあえず…警察の人には電話したよ…」

和「ありがとうございます宮永さん」

ゆみ「怪我の方は大丈夫か、モモ」

モモ「はい……ちょっと背中を切られたけど、あまり深い傷じゃあないっすよ」

ゆみ「すまない、モモ…私のせいで…」

モモ「先輩のせいじゃないっすよ……それよりもなんでこんな事になったのか説明して欲しいっすよ」

ゆみ「ふむ…それは私も気になっていた事だ…君達は何か知らないのか?」

和「はい……実はですね…」

モモ「つまり……先輩達が乗っていた車がその…あのタコスさんの恋人を轢いてしまい…殺してしまったって事っすか?」

ゆみ「しかもその事を蒲原達は隠そうとしていたのか………あいつら!なんでその事を私に言わなかったんだ!」

和「もはやゆーきは精神的におかしくなっています……説得は出来ないでしょうね」

咲「じゃ、じゃあどうすればいいの!?」

和「……警察の人達が来るまで身を隠すしかありませんね…今のゆーきは私を殺す事以外は考えてはいないでしょうし…」

ゆみ「原村和の言う通りだな……復讐鬼と化した者には理屈など通用しない」


ブォォォォン……

優希「の~ど~ちゃ~ん!あ~そびましょーう!」ブォン…ブォン…

モモ「き……来たっすよ!」

咲「ど…どうしよう原村さん…!どこかに隠れないと…」

優希「みんな~!わたしはここにいるじょ~!かくれてないででてきてほしいじょ~!」

優希「いまなら血のシャワーを浴びせてあげるじぇ~!ひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」


カツーン カツーン カツーン

ゆみ「とりあえず上にあがろう……この場所では見つかるのは時間の問題だ」

和「そうですね……皆さん、優希に見つかる前に早く行きましょう」

咲「う……うん…」


タッタッタッ…

咲「ま…待ってよ皆…!きゃ…!」カツーン


カラカラカラ……

ゆみ「しまった……空き缶の音が…!」


カツ……

優希「みーつーけーた…!」キラン…


タッタッタッ…

モモ「こ…こっちに来るっすよ!」

ゆみ「走るぞ皆!追い付かれたら確実に殺される!」

和「わ、分かりました!」


タッタッタッ…

優希「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!待つんだじょみんなー!わたしにころされるのがそんなにいやなのか~!?」

優希「今ならサービスで首を斬られるのと心臓をえぐりとられるのと…自由に選ばせてあげるじょ~♪」

優希「ひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」


モモ「はあ…はあ……!」

咲「あっ、皆見て!あそこに部屋があるよ!」

和「あそこに逃げこみましょう!」

ゆみ「早く扉を閉めるんだ!」

咲「は……はい!」


ギィィィィ ガシャン

モモ「鍵も閉めるっすよ!」


ガチャン…

咲「はあ……はあ……とりあえずは助かったかな…?」

ゆみ「いや、安心するのはまだ早いだろう……奴はどこから来るのか全く分からないからな…」


ガァーン!ガァーン!

咲「ひ…ひいいい!」

優希「アけてだじょー!わたしダケ仲間はずれナんてズるいんダじぇ~!一緒ニ遊ぼうだじぇ~!」

優希「あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!」

咲「怖い…怖いよぉ!」

ゆみ「大丈夫だ……女の子の力では鉄の扉を開ける事は不可能だ……」


ガァーン! ガァーン!

咲「お願い神様…!私達を助けてください…!」

モモ「大丈夫っす……きっと大丈夫っすよ…」ゴクリ


シーン……

ゆみ「扉を叩く音が…止んだぞ」

和「どうやらゆーきは行ったみたいですね……」

モモ「た……助かったっす~!」ヘナヘナ…

ゆみ「油断するなと言っただろうモモ…私には奴がそう簡単に諦めるとは思えない」

咲「で…ですよね」


カツーン…カツーン…カツーン…

モモ「な……なにっすかこの音は?」


ガンガンガンガンガンガン! ガンガンガンガンガンガンガンガン!

咲「ひいっ!な…何をしているの優希ちゃんは!?」


ガンガンガンガン! ガンガンガンガン!

モモ「至る所で音が聞こえるっすよ~!」

咲「や…やだ…すごく怖いよぉ~!」ガタガタ

和「もしかして心理作戦のつもりでしょうか…!?このまま私達が耐えかねて扉を開けるのを待っているのかも…」

ゆみ「なんて恐ろしい奴だ……私達に恐怖を植え付けるつもりなのか…」


ガンガンガンガンガンガン! ガンガンガンガン!

アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!

咲「ひい……笑い声まで聞こえて来たよぉ~!」

モモ「怖くて頭がおかしくなりそうっすよ…!」

ゆみ「気をしっかり持て二人共!死にたくなければ耐えるんだ!」


シーン……

モモ「ま…また音が止んだっすよ……」

咲「グスッ……助けてお姉ちゃん……」

和「しっかりしてください宮永さん……今は耐えるしかないんですよ」

ゆみ「今度は何を仕掛けるつもりだ……!警察はまだ来ないのか!」


ブォォォォン……ブォォォォン…ブォォォォン…

ゆみ「な…なんだこの音は?」

モモ「車の排気音…すね」

和「車……確かゆーきが乗って来たバイクが………まさか!」


ブォォォォォォォォォォォォ!!

ゆみ「間違いない!奴は……バイクを突撃させるつもりなんだ!」

モモ「な……何考えているんすか!?そんな常軌を逸した事を……」


ブォォォォォォォォォォォォ!

ゆみ「皆!扉から離れるんだ!」

優希「きゃはははははははははははははははははははははははは!」ヒョイッ


ブォォォォォォォォォォォォ!

ゆみ「来るぞ!皆、できるだけ頭を守れぇぇぇぇぇぇ!」


バキャァァァァァァン!

咲「きゃああああああああ!」


ガシャン!ガシャン、ガシャン……キュルキュルキュル…

和「だ…大丈夫ですか皆…!」

モモ「ゴホ…ゴホ…どうかしてるっすよ…いくら何でも無茶苦茶っす…」

ゆみ「しかしこれで……奴がこの部屋に入れるようになってしまった…!」

優希「うひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

優希「ごめんだじょ~!ちょっとスピードをあげすぎたけど、まあ…無事で良かったじょ~♪」

優希「アハハハハハハハハハハハハハハハハアハアハアハ!」

咲「ど、どうしよう原村さん…!このままじゃあ私達……」


優希「大丈夫だじょ~咲ちゃ~ん!咲ちゃんは私のヨメダカラ…頭をハンマーでカチワってあげるじぇ~!」

優希「きっとさきちゃんののうみそはきれいなぴんく色をしているだろうなぁ~!」

優希「ふひっ、ふひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

咲「いやぁ……そんなの嫌ああああああああああ!」

和「落ち着いてください宮永さん!落ち着いて!」

ゆみ「三人共!早くこっちに来い!窓から逃げるんだ!」

モモ「窓って……そんな事をしたら落ちちゃうっすよ先輩!」

ゆみ「大丈夫だ!窓の方に足場がある!そこから逃げるんだ!」

優希「もう往生際がわーるいんだじょ~!遊んでくれないなんてひどいよぉ~!」

優希「きききききききききききききききききききききききききききききき」


タッタッタッ……

咲「いつまで続くの……もう嫌だよぉ……!」グスッ

ゆみ「泣き言を言うな……今はただ、逃げる事に専念するんだ…今はただ」

モモ「うう…傷が痛むっすよ…」

和「大丈夫ですか桃子さん…?気休めにしかならないでしょうけど……頑張ってください」

モモ「ありがとうっすおっぱいさん……ちょっと気が楽になったっすよ」


カツーン カツーン カツーン

優希「待ってだじょ~!鬼ごっこはもうアキタじぇ~!もっと楽しい事をしようじょ~!あははははははははははははははははは」


カツーン カツーン カツーン

咲「そ……そんな!」

ゆみ「行き止まり…だと…」

モモ「ぜ……絶体絶命っすよ~!」

優希「あははははは、もう逃げられないじょ~!」

優希「ねぇねぇ、どんな風に殺されたい?ハンマー?包丁?このまま突き飛ばすのも悪くないじぇ~!」キャッキャッ

和「ゆーき……一つ聞いていいかしら?」

優希「あは、どうしたののどちゃん?他にリクエストがあるのかじぇ?私は皆と遊びたくて…もう我慢出来ないんだじょ!」

和「ゆーきは……須賀君の事が今でも好き?」

優希「もちろん!今でも京太郎は私の中で生きているんだじょ!」

和「………ありがとうゆーき、私の質問に答えてくれて」


スウッ…

咲「原村さん……何をするつもりなの?」

モモ「危ないっすよ!タコスさんに近付いたら殺されちゃうっすよ!」

和「もういいんです」ニッコリ

ゆみ「何を考えている原村和?」

優希「あはっ!のどちゃんが遊んでくれるのか!じゃあのどちゃんは包丁で殺してあげるじょ~!」キラン

和「ごめんねゆーき……もう私ではあなたを救う事は出来ない…」

咲「原村…さん?」

和「宮永さんごめんなさい……一緒に全国大会に行く約束……もう果たせそうにありません」

咲「どういう事原村さ―――」


タッタッタッ ガシッ

優希「な――――!?」

和「ゆーき……もう終わりにしましょう…私とあなたの死を持って」

ゆみ「何をしている!?――お前まさか!」

和「はい、そのまさかです」

咲「そんな!待ってよ原村さん!そんなの嫌だよ!」

和「さようなら宮永さん…あなたに会えて良かったです」

優希「は…放せ!放すんだじょのどちゃん!」

和「ごめんねゆーき……これ以上あなたが苦しむくらいなら………私がゆーきを殺してあげる」


スタッ…

咲「はらむらさぁぁぁぁぁぁぁぁん!」

和「ごめんね……ゆーき…私にはこうするしか出来なかった…」

優希「いいんだじょ」

和「えっ……?」

優希「のどちゃん…ごめんだじょ…こんな事になってしまって…」

和「いいんですよゆーき……」


ヒュウウウウウ… グシャア…

こうして悪夢は幕を閉じた。
その後、妹尾佳織、津山睦月、蒲原智美の遺体が発見され、
また、廃工場にて片岡優希と原村和の遺体も発見された。
愛するが故に人は狂う――それもまた人の業なのかもしれない。



第1話「残酷な現実な中で」