咲「きょ、京ちゃん…」モジモジ

京太郎「んー… どうした?」

咲「あ、あのね? 実は… その…」

優希(咲ちゃん 頑張れだじぇ!)

和(宮永さん…)

久(いけ、咲!押し倒せ!)

染谷(押し倒したら マズイじゃろ…)


京太郎「どうしたんだよ? 随分と歯切れが悪いけど?」

咲「へ? そ、そんな事 ないよ!」

染谷(あの馬鹿は 相変わらず 空気が読めんの…)

優希(アホ犬 空気読め!)

和(須賀君に それを期待しても…)

久(まぁ 無理ね…)


咲「きょ、京ちゃん! あ、あの…」

久(無限ループだけは 勘弁して欲しいわね…)

京太郎「聞いてるから 少し 深呼吸してみろって」

咲「う、うん 」スーハー

京太郎「落ち着いたか?」

咲「す、少し…」

京太郎「そか… んで 俺に なんか用事なんだろ? 落ち着いたようだし 言ってみろよ?」

咲「うん… じ、実はね… その… ぶ、部長が…」


久「私ぃ!?」

京・咲「「!?」」

優・和・染「「「!?」」」バッ


久「ムグッ」モゴモゴ

染谷(アホか! お前は~!)

優希(何やってんだじぇ 部長!)

和(危ないところででしたね…)

久「むぅ~(絞まってる! 絞まってるから!)」バンバン


咲(今 部長の声が聞こえたような… 気のせい… だよね?)

京太郎(今の絶対 部長の声だったよな… 何企んでんだ あの人…)

京・咲「「………」」

京・咲「「あの!」」

京太郎「おぉ… 咲からで良いぞ」

咲「京ちゃんの方こそ…」

京・咲「「………」」


京太郎「………んじゃ ラチが明かないから 俺の方から 言うな?」

咲「う、うん…」

京太郎「実はだな… この間 商店街のくじ引きで 二組様 遊園地招待券が当たったんだけど… 一緒に行かないか?」

咲「えぇ! きょ、京ちゃんも!?」

京太郎「京ちゃんもって事は…」

咲「わ、私も 当たったの…」

京太郎「マジかよ!?」

咲「うん… でも私のは 遊園地じゃなくて 植物園 なんだけど… その…」

京太郎「? 咲?」

咲「京ちゃん… 植物の事なんて 興味… ないよね…」

京太郎「植物園? って言うと バラとかチューリップとか がある あれ?」

咲「多分 そうだと思う…」

京太郎「へぇ~ なるほどね」

咲「京ちゃん お花とか興味ないもんね…」

京太郎「ん? 興味あるぞ?」

咲「えっ! ほ、本当!?」

京太郎「おう! 最近 庭でガーデニングに凝っててな 近々 行ってみようと 思ってたところなんだ」

咲「じゃ じゃあ!」

京太郎「一緒に行こうぜ!」

咲「う、うん!♪」


優希(どうやら 咲ちゃんは 成功したようだじぇ)

和(まさか 須賀君が空気を読むなんて… 当日は 雷雨ですね…)

久(雪が降るかもしれないわよ?)

染谷(お前らは 京太郎を なんじゃと思うとるんじゃ…)

優希(タコス配達員!)

和(コーヒー牛乳 買い出し係)

久(雑用… もとい、清澄の可愛い部員… かしらね?)

染谷(鬼じゃ こいつら…)


――――
―――
――


京太郎「お~っす お待たせ~」

咲「京ちゃん 遅い! 5分の遅刻だよ!」

京太郎「すまん すまん 服 選んでたら 遅れちまって」

咲「も~う」プンプン

京太郎「どうだ? カッコイイだろ?」ニヤッ

咲「中学生が着てる服 みたい」

京太郎「なぬっ!? そこは 冗談でも 京ちゃんカッコイイ~ とか 言ってくれよ」

咲「キョウチャンカッコイイー」

京太郎「すっげー 棒読み」

咲「そ・れ・で! 私を見て どうも思わないのかな?」

京太郎「咲の服 可愛いな」

咲「………」ギロッ

京太郎「えぇ~っ!? 何故!? なんで睨まれてんの!?」

咲「フフッ 冗談だよ 京ちゃん♪ ありがと♪」ギュッ

京太郎「えっ? あ、あぁ うん… (腕に抱きつかれてるけど… 言ったら 言ったで 睨まれるしな… 黙っとくか…)」

咲「♪」


――――
―――
――


京太郎「んじゃ このチケットな?」

咲「はーい(何か恋人同士みたい♪ 京ちゃんも 嫌がってないし♪)」ギュッ

京太郎(あー 抱きつかれてるのに 感触が全くない…)

係員「チケットはこちらに なりま~す」

京太郎「あ、はい これ」ペラ

咲「はい」ペラ


係員「はい 中に入っている間は これを 首につけて おいて下さいね? 入場者の印しですから」

京太郎「わかりました」

咲「ね、ね? 京ちゃん! あれ 乗ろうよ!」

京太郎「うげっ!? いきなり あんな スリリングな乗り物になるのかよ!」

京太郎「日本最速! 僅か2秒で 瞬間最高速度 190キロ! に到達!…って 軽く お花畑が見えるわ! しかも 全長 3kmって…」

京太郎(何分乗り続けるんだよ…)

咲「そう…」シュン

京太郎「(あぁ~ もう!)わかった わかりましたよ! 乗ればいいんでしょ! 乗れば!」

咲「一緒に乗ってくれるの?」

京太郎「男 京太郎! 一度 言った 事は やり遂げる主義ですたい!」

咲「フフッ 何それ ………でも ありがとね? 京ちゃん…」ボソッ

京太郎「ん? なんか言ったか?」

咲「何でもないよ~ さっ! 行こ! 京ちゃん!」

京太郎「おう!」


――――
―――
――


ブゥオン

京太郎「ぎぃぃぃぃぃぃやあああああ!!!!!」

咲「きゃーーーーー!!!!!」


ガタン

京太郎「もーーーーーう!!!!! やーーーーーめとぅえーーーーー!!!!!」

咲「きゃーーーーー!!!!!」


スーッ ガタン

京太郎「」ハァハァ

京太郎「や、やっと 終わりk


ズドンッ

京太郎「ぎぃぃぃぃぃぃやあああああ!!!!!」

咲「あはははは 京ちゃん 凄い顔~」

京太郎(お前の方が 凄い顔だよ!)


――――
―――
――


京太郎「」ゼーハー

咲「う~ん 楽しかったねー 京ちゃん!」

京太郎「そ、そりゃ よ、よがっだな」ゼーハー

咲「それじゃあ 今度はあれ!」

京太郎「こ、今度は なん………だと………!?」


<照スペシャル! 垂直ループやコークスクリューなどといった回転エレメントが合計44箇所用意されている!>

<最初は優しいが 段々と回転数も増えていき 最終的に 違う世界へ ご案内~ 注意! オムツ必須!(強者はなくてもOK)>


京太郎「」

咲「照スペシャルだって! ワクワクするね! 京ちゃん!」

京太郎(俺の第六感が言ってるぜ…)

京太郎(あれは無理だと…)

咲「しかも お姉ちゃんと同じ名前だね!」キラキラ

京太郎(無理だよ 咲… 俺死んじゃうよ~…)グスッ

咲「! 泣くほど 乗りたかったの 京ちゃん!?」

京太郎(違います 乗りたくないんです)

咲「大丈夫だよ! 休日だけど あれは スカスカだから すぐに乗れるよ!」

京太郎(ただ単に 皆が避けてるだけだと 何故 気が付かない!?)

咲「あっ… 看板にオムツが必要だって 書いてあるけど この程度 大丈夫だよね ね? 京ちゃん?」

京太郎「(この程度って…)」チラ


ぎぃぃぃぃぃぃやあああああ!!!!!

一般人A「おい! こいつら 失神してるぞ!」

一般人B「ほ、本当だ の、乗らなくてよかった…」

一般人C「うわっ しかもこいつ オムツつけて ねぇのかよ! 臭せ~」


京太郎「」ガクブル

京太郎「さ、咲さん?」

咲「ん? どしたの 京ちゃん? 早く乗ろうよ」

京太郎「お、オムツ… 買ってきても いいんでしょうか?」

咲「………」

京太郎「………」

咲「♪」ニコッ

京太郎「あ、ありg「無理♪」

京太郎「」


――――
―――
――


京太郎「………」

咲「だ、大丈夫? 京ちゃん?」

京太郎「(玄さん… 宥さん… それに… 怜さん… やってしまいましたよ…)ハハッ…」

咲「(京ちゃんの目が 死んでる!?)わ、私は気にしてないよ?」

京太郎「(あぁ… もう… 死にたい…)」

係員「はい パンツの方は洗って ビニールの中に入れて おきましたんで」

咲「あ、はい すみません」

係員「いえいえ 気にしないで下さい よくある事なんで」

係員「それより 不慮の事故って言ったら 変ですが(看板に書いてたし)あんまり 彼氏の事 責めないで あげて下さいね?」

咲「えぇ~っ か、彼氏だなんて きょ、京ちゃんとは まだそんな」モジモジ

係員「(青春ねぇ~)ちなみに あのジェットコースターにはね? 二つ名があるんだけど… 知ってる?」

咲「いえ 初めて聞きました」

係員「私達 係員の中では こう言われてるの」

咲「…」ゴクッ


係員「カップル殺しの照………って」

咲「そんな!? それじゃあ…」

係員「今まで 何百人と乗って 別れなかった カップルはいないわ」

咲「ど、どうしよう…」

係員「大丈夫よ! 貴女なら出来るわ!」

咲「私に… ですか?」

係員「えぇ 今まで いろんな人を見てきたけど 彼氏が漏らしたときの対応や彼氏をあんなにも気遣う彼女さんなんていなかったわ」

係員「大抵は その場で はい さよなら なんだけどね」

咲「そ、そうなんですか…」

係員「だから 貴女なら 大丈夫! 頑張って!」

咲「は、はい! ありがとうございます!」

係員「フフッ」


ガチャ

咲(………(私が頑張らないと!)

京太郎「(そういや 最後に しょんべん 漏らしたのって 小5 だったな… 今回で新記録達成したわ…)はぁ…」

咲「京ちゃん!」

京太郎「? 何だ 咲か… 幻滅したろ? 高校生にもなって お漏らしとか… 」

咲「そんな事ない! 私は京ちゃんを 幻滅したりなんか 絶対にしないよ」

京太郎「咲は優しいから… 頼むから同情なんて しないでくれ… 自分が虚しくなる…」

咲「同情なんかじゃないよ!」

咲「私は 京ちゃんが お漏らし しようが ゲロ吐こうが 麻雀で11回連続で飛ばされようが 幻滅したり しないよ!」

京太郎(じ、地味に傷付くな…)

咲「高校生になって 一回ぐらい漏らしたからって 京ちゃんは そこで 諦めるの!?」

京太郎(いや… 諦めると 申されましても…)

咲「わ、私なんか! 小学生の頃 教室で お漏らし した事があんだからね!」ドヤッ

京太郎「(ドヤッ顔で言う事じゃねぇだろ…)どうでも いいけど 俺なんて 何百人って 人がいる中で 漏らしたんだぜ?」

咲「し、知らない人ばかりだから いいの!」

京太郎(今後とも 知らない人に会わないとは 限らないんだが…)

咲「とにかく! 私は 京ちゃんの事を 幻滅したりなんか しないから 心配しないで! 麻雀部の皆にも 言わないから 大丈夫!」

京太郎「咲…」

咲「泣きたいときは 泣いた方が スッキリするよ?」ギュッ

京太郎(相変わらず 咲は優しいな… グスッ…)

咲「…」ナデナデ

京太郎「うっ… 俺… 皆の前で… グスッ うぅ… グスッ」

咲「大丈夫だよ 皆 京ちゃんの事なんて 次に会ったときは 忘れてると思うよ? それに そこまで野次馬は いなかったから…」

京太郎「うぅ… グスッ 咲ィ… グスッ」

咲「なーに? 京ちゃん…」ナデナデ

京太郎「ありがとう…」

咲「どう致しまして」

京太郎(………感触ねぇ…)

咲「えい!」ポコッ

京太郎「あ痛ッ! な、何すんだよ!」

咲「ん? なんか 悪口 言われた気がしたから」

京太郎(コイツ 一辺 NANAに 見てもらえよ…)

咲「てい!」ポコッ

京太郎「グヘッ!」


――――
―――
――


咲「それじゃあ 気を取り直して 次行こっか!」

京太郎「絶叫系は勘弁してくれ…」

咲「次はね… あれ!」

京太郎「コーヒーカップか…」

咲「あれなら 京ちゃんでも 大丈夫だよね?」

京太郎「フッ コーヒーカップの京ちゃんと まで呼ばれた 俺の実力を見せてやるよ!」ゴゴゴッ

咲「回し過ぎて 吐かないようにね?♪」

京太郎「そんなヘマはしない!」


――――
―――
――


京太郎「」ウゲェ

咲「あぁ も~ だから 回し過ぎには気をつけてって言ったのに!」ナデナデ

京太郎「ずみまぜん」オェー

咲「あぁ ほら 吐きながら 喋らないでよ 飛び散るから!」

京太郎「ずみまぜん」オェー

咲「はぁ…」


――――
―――
――


咲「元気でた?」

京太郎「おうよ! 元気モリモリだぜ!」

咲「そろそろ お昼にしようか?」


[13時38分]


京太郎「もうそんな時間か… 吐いたり 漏らしたりで 時間の感覚がわからん 今なら店 空いてるだろうか?」

咲「フフッ そんな事があろうかと… じゃじゃーん 」ドンッ

京太郎「こ、これは!」

咲「特製お弁当でーす♪」

京太郎「でかした! 咲!」

咲「へへっ」テレテレ

京太郎「それじゃ 早速…」パシッ

京太郎「………」ヒリヒリ

咲「『いただきます』を忘れてるよ?」

京太郎「いただきます!」

咲「どうぞ 召し上がれ」


――――
―――
――


京太郎「カーッ 食った 食った~ ごちそうさま!」

咲「お粗末でした♪」

京太郎「意外にも 咲って料理出来るんだな 驚いた」

咲「意外にもは余計だよ」

京太郎「ハハハッ 冗談だよ」

咲「もーう」プクゥ

京太郎「おっ でたな! ハリセンボン咲!」

咲「なによそれー!」

京太郎「拗ねると 頬っぺたを膨らます 事だよ 気づいてないのか?」

咲「自分でやってるんだから 知らないわけないよ… 馬鹿京ちゃん…」

京太郎「ハハハッ そりゃ悪い」

咲「もーう」プクゥ

京太郎「あっはははは」


――――
―――
――


京太郎「すんません… ほんと もう からかわないんで許して下さい…」

係員「おーい 兄ちゃん 準備はいいかー?」

京太郎「いやいや 無理ですって!」

係員「とか言ってるけどいいんか?」

咲「はい♪ 大丈夫です♪」

係員「んじゃ いってら~」


バッ

京太郎「ぎぃぃぃぃぃぃやあああああ!!!!!」

係員「バンジージャンプは最初が肝心なんだよ

係員「中々飛び込む奴がいないから お嬢ちゃんみたく可愛い彼女さんの 許可が取れれば こっちも楽なんだけどね」

咲「彼女さんだなんて」テレテレ


京太郎「ぎぃぃぃぃぃぃやあああああ!!!!!」


――――
―――
――


京太郎「」

咲「生きてる?」

京太郎「な、なんとか…(コイツをからかうのは もう止めよう… 死ぬ… 絶対いつか 死ぬ…)」

咲「京ちゃんが悪いんだからね!」

京太郎「はい…」

咲「ちゃんと聞いてるの!」

京太郎(そういや この遊園地… 確か… 最強に怖い お化け屋敷があったよな…)

咲「京ちゃん?」

京太郎(咲は 怖いの苦手だったと思うし…)

咲「おーい 京ちゃ~ん」

京太郎(ここいらで一回 思いっきり 泣かしてやる!)

咲「京ちゃん! てば!」

京太郎「咲!」

咲「うわっ! きゅ、急 な、何?」

京太郎「お化け屋敷に行こう!」

咲「お化け屋敷? あるの? お化け屋敷?」

京太郎「あるぞ~ とっても怖い お化け屋敷が」

咲「そ、そうなんだ…(どうしよう… 私 怖いのとか苦手なんだけど… )」

京太郎「じゃ 行くぞ~? お化け屋敷!」


~~~お化け屋敷~~~

咲「」ガクブル

京太郎「おいおい 大丈夫か?」

咲「い、一応…」

おばけA「うわっ~!」

咲「きゃーーーーー!!!!!」

京太郎「うおっ!(咲の叫び声にビックリするわ!)」

咲「きょ、京ちゃ~ん」ギュッ

京太郎(何だか罪悪感が…)

おばけB「ぐわ~~~」

咲「!? きゃーーーーー!!!!!」ダッ

京太郎「ちょ どこ行くんだよ! 咲ー!」

咲(もうやだ~ 外に出る~)タッタタタ


――――
―――
――


京太郎「(ったく咲の奴どこ行ったんだよ…)あっ すいませーん 連れが迷子になったみたい なんですけど…」

おばけC「えっ? 迷子ですか? わかりました~ 他のおばけ達にも連絡いれときますね?」

京太郎「よろしくお願いします(何が悲しくて、おばけに頼まにゃならんのだ…)」


ピッ

おばけD「こちらおばけD 迷子の子猫ちゃんがいるようだ 見つけしだい 保護しとくように」

京太郎(随分 現代的なおばけだな おい…)

おばけD「これで大丈夫だと思います」

京太郎「ありがとうございます」

京太郎「(咲…)」


~その頃の 咲~

おばけE「いたぞー! あの子だ!」

おばけF「しゃー!」

おばけG「お嬢ちゃ~ん? 恐くないからね? こっちにおいで?」

咲「ひぃ!」ガクブル

咲(さっきから 何か変だよ… おばけの人達が 私を見るなり 襲ってくるし…)

咲(京ちゃんは迷子になるし… )

おばけH「つーかまえた!」

咲「きゃーーーーー!!!!!」ブンッ

おばけH「ヘブッ!」

おばけE「おばけHが やられたぞ!」

おばけF「しゃー!」

おばけG「うわっ~ こりゃー 長期戦になるかもね」

咲「きゃーーーーー!!!!!」タッタタタ


――――
―――
――


負傷23名を出した 戦いは 約2時間半にも及び おばけサイドの勝利となった…

後にこの戦いを 第一次 おばけ戦争と 呼び 遊園地の名スポットとして 注目を浴びる事になるのは また後の お話…


京・咲「「すみませんでした!」」

おばけH「いやいや 気にしなくて いいから いいから」

咲「でも…」

おばけH「僕の方も悪かったし… それに あんなにも怖がってくれた お陰で 新人からベテランまでが 凄い満足しててね」

おばけH「より一層 やる気が出てくれた みたいで 君達には 感謝感激だよ」

京太郎「そ、それなら言いんですが…(咲の奴 どんだけ 怖がりなんだよ…)」

咲「もう 懲り懲りだよ~」

京太郎「俺もだよ…」


~~~休憩所~~~

京太郎「足が痛い…」

咲「私も…」

京太郎「今日はたくさん遊んだな…」

咲「そうだね 久しぶりにたくさん遊んだよ」

京太郎「…」チラ


[17時04分]


京太郎「んじゃ そろそろ帰るとしますか」

咲「うん あっ! そ、そうだ もう一つだけ 乗ってから帰ろうよ!」

京太郎「? 別に構わないけど? 何に 乗るんだ?」

咲「着いてからのお楽しみ♪」

京太郎(?ジェットコースターは勘弁して欲しいな…)


――――
―――
――


京太郎「なるほど… 観覧車か」

咲「うん♪ 遊園地の最後の締めと言ったら 観覧車だよ♪」

京太郎「ロマンチストだね~」

咲「そんな事ないよ~」テレテレ

係員「次のお客様ー」

京・咲「「あっ はーい 」」


ガチャ

京太郎「なんかドキドキするな」

咲「そ、そうだね」

京太郎「………」

咲「………」

京・咲(き、 気まずい…)

咲(なんか喋ってよ 京ちゃん)

京太郎(なにか喋ってくれよ 咲… )

京・咲「「あ あの!」」

京・咲「「……… 」」


咲「プッ あはははは なんか 遊園地に来る前もこんな事 言ってたよね? あはははは 」

京太郎「俺と咲の ハモり具合が 毎回 バッチリだな」

咲「そう言えばそうだね」

京太郎「ふむ 俺は 意外と 咲と相性がいいのか?」

咲「そ、そうかも 知れないね!」

京太郎「うーん 俺は 巨乳好きと 相性が言いとおm 「死にたいの? 京ちゃん?」もってはいませんよ?」

咲「も~う」プクゥ

京太郎「はははっ…」

咲「………」

京太郎「………」

咲「………ねぇ 京ちゃん?」

京太郎「どした?」

咲「私ね? 京ちゃんから 麻雀部に誘われたとき… 本当は 少し 嬉しかったんだ」

京太郎「そうなのか?」

咲「うん… 麻雀は嫌いだったけど 京ちゃんが 誘ってくれたのが嬉しくて 着いて行っちゃたんだ」

京太郎「初耳ですな…」

咲「初めて 話すからね」

咲「嫌いだった麻雀も… 今じゃ 凄く 好きになった…」

京太郎「………」

咲「原村さんや 優希ちゃん 染谷先輩に 部長 にも出会えた… 京ちゃんとも 話をする 機会がたくさん増えた」

京太郎「咲は読書ばっかりだもんな」

咲「まぁね …だから 京ちゃんに お礼を言います」

京太郎「お礼?」

咲「うん… お礼…」

咲「私を麻雀に誘ってくれて 私に麻雀を好きになる きっかけを作ってくれて ありがとう 京ちゃん」


チュッ

京太郎「えっ!?」

咲「京ちゃんは空気読めないから 知らないと思うけど 私は 京ちゃんの事が好きなんだよ?」ギュ-ッ

京太郎「さ、咲」

咲「今は まだ このままの 関係で 十分幸せ… ねぇ? 京ちゃん?」

京太郎「は、はい!」

咲「私が… ううん… 私達が全国大会に出て 優勝したらね? また 私と一緒に来てくれるかな?」

京太郎「アフリカの遊園地だろうと ロシアの極寒地だろうと どこにでも 連れてってやるよ!」

咲「フフッ 京ちゃんの そうゆう所 だーい好き!」ギュッ


グラグラ

京太郎「うぉっと 急に抱き着くなって」

咲「えへへっ♪」ギューッ


――――
―――
――


京太郎(まさか 咲が俺の事を好きだったなんて… 予想外だな)チラ

咲「…」スゥ

京太郎(ったく 人の背中で 眠りやがって…)

京太郎(恋人… ねぇ… )

咲「…」スゥ

京太郎「全く…」


~~~電車内~~~

咲「あぁー!」

京太郎「今度はなんだ…」

咲「植物園のチケット… 今日までだった…」

京太郎「何!? しまったな… 植物園を先に行っておいた方がよかったのか… やっちまったな…」

咲「残念だね…」シュン

京太郎「なーに 落ち込んでんだよ お姫様」

咲「?」

京太郎「来る前も言ったろ? 植物園に近々 行こうと思ってたって? 」

咲「そ、それじゃあ!」

京太郎「今度の休みに また行こうぜ!」

咲「うん♪」

その他一般人方々「(リア充死ね!)」


~次の日 清澄 部室~

和「いったい な、なにが…」

久「夢でも見てるのかしら…」ゴシゴシ

優希「咲ちゃん 大胆だじぇ」

染谷「これは また 凄い事が 起きそうな予感がするの」

咲「きょーちゃん♪」ゴロゴロ

京太郎「俺の膝に座って 暴れるのは勘弁して もらえないだろうか…」

咲「暴れてなんかいないよ~♪」スリスリ

京太郎「ほお擦りするのも 止めて もらえないか? 牌が全然見えない…」

咲「京ちゃんのかわりに 私が打つから大丈夫だよ! ツモ! 4000オール!」

久「うぐっ」

優希「ありゃりゃ」

和「はぁ…(部長のマナーの悪さが 可愛く見えてきますね…)」

京太郎「うぉーい! なに勝手にツモってんだよ!」

咲「京ちゃんは 私の座ってるだけでいいの♪ ね? 部長?」

久「えっ? えっ ええ… 須賀君は 咲の椅子として 頑張って頂戴」

京太郎「ちょ 部長!」

久(ごめんなさい 須賀君… 私には無理… )

染谷「こりゃ 大変そうじゃの」

和(私も 宮永さんに…)

優希「京太郎ー タコス食うか?」

京太郎「あぁー もう! 好きにしてくれーーー!!!」




咲「カン! ツモ!」


咲「嶺上開花!!」









~宮永咲編・完~