久『そういえばこの間、須賀君、美穂子に告られたのよ』

京太郎『部長!!』

咲・和・優希『『『えっ?』』』

和『それって』

咲『ど、どう『どうゆう事だじぇ!!!!!!!!!!!!』

優希『どうしてこのアホ犬が風越の大将に告白されるんだじぇ! 地球が逆回転するくらいありえないじょ!』グルル

咲『そ、そうだよ! 京ちゃんが女の人から告白されるなんて絶対にありえないよ!』アセアセ

久『酷い言われようね』ポン

京太郎『…』

和(…)


久『残念ながら嘘じゃないわ』

久『ね? 須賀君?』

京太郎『部長~ はぁ~ まぁ確かに告白されたけど、この気持ちがどっちの好きかわからなかったんだ』

京太郎『…それに出会ったばっかりだったから、まずはお友達からって事になったんだよ』

咲『(よ、よかった)そう、なんだ』ホッ

優希『当たり前だじょ!京太郎は咲ちゃんとくっ『あーーーーっそうだ!優希ちゃん一緒に麻雀打とう!ほら原村さんも!』ガシッ

和『あ、はい(宮永さん…)』

咲『優希ちゃん!危うく京ちゃんにばれるところだったよ!』ヒソヒソ

優希『大丈夫だじょ!あの鈍感童貞ヘタレ男ならあれぐらい へ?そうなの?で終わりだじぇ』ヒソヒソ

咲『そうかな?』

優希『そうだじぇ』ニカー

和『…』

久(おもしろくなってきたわねww)


~~~~


和『ロンです。8300』タンッ

京太郎『うげっ』

和『ロン。リーチ一発平和、ごっぱ(5800点)』タンッ

京太郎『ぐはっ!?』

優希『ツモ!一盃口ドラドラ。2000、4000だじぇ。』タンッ

咲『あっ、ロン!中混一色ドラ8で三倍満』タンッ

京太郎『』


優希『また京太郎が飛ばされて終わりだじぇ』

京太郎『うっ』グサッ

和『しかも四連続』

京太郎『ううっ』グサッ グサッ

咲『それに一回も和了れなかったね』

京太郎『ダァーッ!俺をいじめて楽しいか!』

優希『いじめてなんかないじょ?京太郎が弱すぎるんだじぇ』

和『その通りです』

京太郎『なっ!?和まで~』シクシク

咲『だ、大丈夫だよ!次は和了れるよ!』アセアセ

京太郎『ううっ(くそ!言いたい放題いいやがって!)』

京太郎(見てろ~!)メラメラ


~~~~


京太郎『』

久『すごい!7連続飛びなんて!初めて見た!(これはある意味才能ね)』

京太郎『ふっ』


京太郎『なぁ咲?なぜ聴牌してるのに和了れないんだ?』

咲『そ、そんな事言われても』

咲『………運がわるかったとしか』

優希『京太郎、タコス、…食うか?』ポン

京太郎『いらねぇよ!』

京太郎『おかしい!おかしすぎる!積み込みか!?積み込みなのか!?』


ギャー ギャー ギャー


和『…部長、今日は少し用事があるのでお先に失礼します』ペコ


ガチャ…パタン

久『んーりょ~か~い』ヒラヒラ


~~~~


咲『あれ?原村さんは?

優希『そういえばさっきから見てないじょ』キョロキョロ

久『和ならついさっき用事があるからって帰ったわよ?』

咲『え?でも鞄置きっぱなしだよ?』

久『あら本当ね…こんな時は!』

久『須賀君!あなた和に鞄届けに行ってあげて』

京太郎『ええ~俺ですか!?』

京太郎『帰る方向違うんですが…』

久『まぁ!皆聞いた?和に鞄届けに行くのがめんどくさいですって!』

京太郎『おい!』

咲『…京ちゃん、酷い』

咲『京ちゃんがそんな人だったなんて』

優希『京太郎!最低だじょ!麻雀が弱いだけじゃなく、男としての器も小さいなんて絶望的だじぇ』

京太郎『わかった!わかったから!届けに行けばいいんだろ!』タタッ

久『帰りに牛乳とバナナお願いね~』

優希『タコスも忘れるなよ!』

咲『わ、私はポッキーがいいな~』

京太郎『そんな事、知らん!』


ガチャバタン


~帰り道~


和(須賀君が告白されたと聞いた時の宮永さんの反応、もしかして…)

和(いや宮永さんに限ってそんなオカルトありえません!)ブンブン

和『(でも…もしかしたらって可能性も…)痛』ドンッ

男A『ぁあ?』ギロッ

男B『なんだこいつ?』ギロッ

和『す、すみません。少しぼーっとしていて』

男A『はぁ~? なんだって?』

男B『ん? こいつ清澄高校の原村和じゃねえか?』

男A『原村和ぁ~? 誰だそれ?』

男B『お前、本当に麻雀部かよ?』

男A『うるせー! んな事たぁ~どうでもいいんだよ 』

男A『で? こいつそんなに有名人なのかよ? 』

男B『去年の全国中学生麻雀大会個人戦優勝者で今年の県予選個人戦で2位の怪物様だよ 』

男A『ヒュ~♪ へぇ~なるほど』

和『あの私、用事があるので失礼します』ペコ

男A『おいおいちょっと待ちなよお嬢さん』ガシッ

男A『まさかこのまま帰ろうとか考えちゃ~いないよな?』ニヤニヤ

和『は、離してください!』

男A『それは無理な相談だ』

男B『君がぶつかってきたお陰でこいつの服、汚れちゃったんだよね~』ニヤニヤ

男A『弁償してもらわなくっちゃね~』ニヤニヤ

和『弁償…ですか?』

和『…わかりました。それでは振込み先を教えて下さい。後日、そこにお金を振込んでおきますので』

男A『何言ってんだ? 俺達は今すぐに払ってもらいたいんだよ』ニヤニヤ

和『し、しかし今はお金なんて…』

男B『あちゃ~じゃあ仕方ないかぁ~』チラ

男A『持ってないなら身体で払ってくれればいいよ~』ニヤニヤ

和『えっ』サァー

和『あ、貴方達は自分が何を言っているのかわかっているんですか!?』ビクビク

男A『あぁわかってるさ』ニヤニヤ

和『は、犯罪です!』ブルブル

男B『それがどうした? 金が払えないから仕方なくするんだぜ?』

和『ですから振込み先を教えて下されば…』

男A『俺達は今すぐ欲しいんだよ! 二度も言わすんじゃねぇ!』

和『』ビクッ

男A『しかもこんな糞みたいなペンギン抱えやがって!』ガシッ

和『あっ! エトペン!』

男A『おっとこりゃいいサッカーボールになんじゃねえか』ポーン ポーン

和『やめて! エトペンを蹴らないで!』

男B『おっと』ガシッ

和『離して!』グスッ

男A『ハハハッ! 男B見てみろよ! スゲー跳ぶぞこの糞ペンギン』バシッ

男B『丸いしなww』

和『エトペン! やめて! エトペンが! エトペンが死んじゃう!』ジタバタ

男A『死ぬも何も人形だろうが』ハハハ

男A『オラァ!』バンッ

和『エトペン!』

男A『ん? ありゃりゃ手が取れちまった』ポロン

男A『まっいっか!ペンギンちゃ~んご主人様とお別れしましょうね~、ほい』バシン

ピュ~  ボトン


和『エトペン!そ、そんな! いやぁぁぁあああああ!!!!!!!!!!!!!!!! 』

男A『おいおいそんな大声だすなよ!』

男A『男Bそいつの口塞げ』

男B『あいよ~』

和『(誰か…)や、やめて』グスグス

和『(誰か助けて…)』グスグス

京太郎『おい!』

男A・B『『あぁ?』』

京太郎『和を離せ!』バシッ

男B『ぐわっ!』バタン

男B『いててててっ』

男B『何しやがんだ!』

京太郎『それはこっちの台詞だ!』

京太郎『和、大丈夫か?』

和『須賀君! どうして…?』

京太郎『鞄、忘れてたぞ?』

京太郎『怪我ないか?』

和『(あっ! 何か軽いと思ったら…)私は大丈夫ですが、エトペンが…』

男A『おい! てめぇはこの間、俺らに恥をかかせてくれた奴じゃねぇか』

男B『本当だ! この間は良くも! 』

京太郎『俺何もしてないですよ』

男A『うるせー! あの女よりもこの男だ 』

男B『おう!』

京太郎『和、逃げれるか?』ボソッ

和『な、何を』

京太郎『いいから逃げろ! エトペンも俺がなんとかするから! 早く!』

和『で、でも…』

京太郎『足手まといだ! 早く行け!』

和『は、はい』タタッ

男B『あいつ逃げたぞ』

男A『ほっとけ、それよりこいつだ』

男B『チッ。あと少しだったのに』

男A『…覚悟できてんだろうな!』

京太郎『そっちこそ』


~~~~


タッタッタッ

和『ハァハァ(須賀君…)』

和『(待ってて下さい、今助けを)ハァハァ』


ドンッ!!

和『!?』

和『痛っ(ぁ……また)』

久『おっとっと』

久『あら和じゃない? そんなに急いでどうしたの?』

和『ぶ、部長!』

久『須賀君に会わなかった? 和が帰ったあと、和、鞄忘れてたから須賀君に頼んだんだけど?』

久『麻雀しようにも三人しかいないから解散することにn』

和『須賀君が! 須賀君が! 私のせいで!』

久『っ!…ちょっと落ち着きなさい和』

久『何があったの?』

和『事情はあとで話します! 着いて来て下さい!』


~~~~


京太郎『痛たたた』

京太郎『あいつら本気で殴りやがって』

京太郎『ふっ、イケメンがだいなしだぜ』

京太郎『………(言ってて恥ずかしくなってきた)』

京太郎『ったく にしてもエトペンの腕、何処だよ…』


ドロドロ

京太郎『(うわっこりゃー 一度洗わないと汚れは落ちないだろうな』

京太郎『(中の綿も少し取り替えないと…)』

京太郎『はぁ 中々みつからないな』ガサゴソ

?『…ねぇ? さっきから何してるの? 』

京太郎『へ?』

?『うわっ!? どうしたのその顔 試合後のボクサーみたいな顔になってるよ? 』

京太郎『え? まぁ色々あって…』ハハハ

?『?ふーん まっ僕には関係ないけどね。それでさっきから何してるの? 』

京太郎『ん? ああ ちょっとペンギンの腕を探してて』

?『ペンギン?(あれ? このペンギン何処かで見た事あるような…)』

京太郎『そう 色々あって手取れちゃたんだ』

京太郎『多分この辺りにあると思うんだけど』

?『ふーん…それじゃあ手伝ってあげるよ』

?(どこだっけどこかで見た事あったんだけど…まぁいっか……)

京太郎『え?』

?『探すの』

京太郎『本当ですか!?』

?『僕は嘘なんて言わないよ』

京太郎『ありがとうございます』ペコ

?『お、お礼なんていいよ』

?『それにその顔じゃいつ通報受けてもいいレベルだよ』

?『さっ 暗くなる前にさがそ?』

京太郎『はいっ』


~~~~


ガサゴソ ガサゴソ

?『見つかった~?』

京太郎『こっちにはないみたいです』

?『う~ん じゃあ僕は向こう探すから君は向こう探しみて 』

京太郎『わかりました!』


ガサゴソ ガサゴソ

?『この辺もない…かぁ』

?(そういえば小学生の頃は皆で探し物をしたりして遊んだっけ。ただ物を探すだけの遊びなのに凄く興奮した覚えがあるなぁ…)

?『皆どうしてるかな…』

?(昔の皆は僕を許してはくれない。許してくれるはずがない…僕はそれだけの事をしたんだ…)

?(それに今は皆がいる。大事な…大事な友達が!)

?『って~何考えてるんだ僕』テレテレ

?『探さないと…』


~~~~


?『ふぅ~だいぶ暗くなってきたよ』

?(中々見つからないものだな…)

京太郎『あったー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

?『あんまり大きな声ださないでよ…』

京太郎『あっ! すみません』

京太郎『それより、ペンギンの腕!ほら!』

?『へぇ~(この暗い中よく見つけたもんだ…)』

?『見つかってよかったね』

京太郎『ああそれにしても見つかってよかった~』ギュ~

?(男がペンギンを大事そうに持ってるとなんてゆうか…)


?(シュールだ…)


京太郎『一緒に探してもらってありがとうございます!』

?『うっ その顔でお礼言われても恐い人だよ…』

京太郎『うぐっ』

?『まぁ どう致しまして』

?『それじゃあ僕はこれで…』

?『じゃあね? 人形遊びもほどほどにね? 』


タッタッタタ

京太郎『いい人だったな~』

京太郎(でもどこかで見たような…)

京太郎『ああっ! 名前聞くの忘れてた…』


~~~~


和『須賀君~!』

久『須賀君~!』

久『本当にこの辺りなの?』

和『間違いありません!』

和『須賀君は私のせいで…』グスグス

久『はい はい 泣かないの』

和『部長は落ち着きすぎです!』

久『そうかしら? 須賀君ならきっと大丈夫よ…』

和『あいて二人なんですよ! いくら須賀君でも二人は無理です』グスグス

久『まぁとりあえず泣いてたって須賀君は見つからないわ』

久『泣くより先に足と目を動かしましょう』

和『泣いてません!』グスッ

久『それにしてもこれだけ探しても居ないって事は家に帰ってるかあるいは…』

和『あ、あるいは…』

久『どこか別の場所に連れてかれたか…』

和『そんな!?』

久『暗くなって来たし手分けして探すにしても一人じゃ危ないし…』

久『とりあえず他の皆も呼んで須賀を探しm『お~い! 和~!』

久・和『え? 須賀君?』

京太郎『エトペンと腕見っけといたz』

久・和『キャーーーー――――――――――――――――ッ』

京太郎『へ?』

和『へ、変質者』ガクブル

久『逃げるわよ和! 』ガシッ

京太郎『ちょちょっと待って下さいよ~』


~~~~


久『ハァハァ』

和『ハァハァ』

京太郎『だから待って下さいって~』

久・和『!?』

和『ぶ、部長あの人まだ追いかけ来ます』ガクブル

久『なんてしつこいの!』ハァハァ

久『和! 警察よ! 警察に電話しなさい!』

和『け、携帯、今持ってません』

久『んな!?(まずいわね…)』

久『(私も携帯は家に置いて来ちゃったし…)』

久『このままじゃ…』

久『(ん? あれ?) あの変質者、和の名前叫んでなかった?』

和『そう言えば呼んでましたね』

久・和『………』

久・和『………あっ!』

京太郎『ハァハァ ようやく追いついた~和も部長も何で俺を見て逃げるんですか!』ハァハァ

久『えっと 須賀君? よね?』

京太郎『当たり前じゃないですか!俺以外に誰がいるってんですか!』

和『本当に須賀君?』

京太郎『和まで!?』ガーン

京太郎『この須賀京太郎、生まれてこのかた、知り合いに顔を忘れられたの初めてですよ!』

和『ほんとに本当?』

京太郎『だ~か~ら! 本当だってなんd』


和『須賀君!』ギュッ


京太郎『ええ~!? 』

和『須賀君、ごめんなさい! 私のせいで…』

和『わ、私があの人達にぶつかったせいで…』グスッ

京太郎『なぁ~に和が気にする事ないって!悪いのは全部あいつらだから』

京太郎『それにあいつら俺のあまりの強さに恐れをなして逃げてったわww』はっはっは

久『須賀君って嘘下手くそよね…』ヤレヤレ

京太郎『ちょ! 部長~ そこは空気を読んで下さいよ~』

和『フフッ』

久『まぁそれにしても須賀君が無事でよかったわ』ニコッ

京太郎『はい、部長』

久『それと和は当分の間は一人で帰らないで必ず二人以上で帰る事を勧めるわ』

和『はい…』

京太郎『それなら俺にまっかせといて下さい!』

久『あらあら。和もそれでいい?』フフフッ

和『は、はい! よろしくお願いします』ペコ

京太郎『了解!』

久『ほら和、いつまでも須賀君に抱き着いてないで帰るわよ』

和『はっ!?』バッ

和『す、すいません』

京太郎『いえいえ寧ろご褒美です』テレテレ

久(帰ったら美穂子にチクってあげるわww)


~~~~


久『そっれにしても凄い顔ね…清澄高校の顔面凶器とはあなたの事だったのね須賀君』

京太郎『違いますから! そもそも何ですか? それは!』

久『あら知らないの? 清澄高校七不思議の一つよ?』

京太郎(清澄高校に七不思議があったのかよ!)

和(知りませんでした…)

久(まぁ嘘なんだけどね~ww)


久『とりあえず須賀君は明日必ず朝一で病院に行く事!和の事は私にまかせて!』

京太郎『朝一で開いてる病院ってこの辺り知らないんですけど…』

久『それなら大丈夫よ』ガサゴソ


久『はい、これ! 部長印の地図~』ジャーン


京太郎『ただの地図じゃないですか』

久『はぁ~ 須賀君はほんと空気読めないわね…』ヤレヤレ

京太郎(部長にだけは言われたくねえよ!)

京太郎『あっそうだ! 和、ほらエトペン』

和『エトペン!』

京太郎『とりあえず見つけたんだけど腕も取れてるし、綿も汚れてるわで、ごめんな?』

和『』ふるふる

和『綿は取り替えれば治りますし、腕はちゃんと縫えば治ります』

和『須賀君…本当にありがとうございます…』グスッ

京太郎『気にすんなって』ポンポン

和(あっ…須賀君の手、凄く大きい…)

和(それに凄く心が和らぐ…)

久『ほ~らいつまでもいちゃついてないで! 到着よ!』

和『なっ! いちゃついてなんかありません!』バシッ

京太郎『oh…』

久『それじゃあまた明日、7時ぐらいに迎えにいくわ』

和『はい…』

和『す、須賀君!』

京太郎『はいっ?』

和『今日は本当にありがとうございました!』

和『これはその…今日のお礼です』

京太郎『え?』


チュッ

和『それではまた学校で!』ペコ

京太郎『』


久(キター!!!!! これは凄い事になるわ!)

久(美穂子に和、それに多分咲も須賀君の事が好き。修羅場展開がありそうね!)ワクワク

久『さぁ~て須賀君? 和にキスされた感想は?』

京太郎『』

久『須賀君?』

久『ありゃ? す~が~く~ん? 』

京太郎『』

久『ダメだこりゃ…』ヤレヤレ


~原村宅~~~

和(キャーッ 私ったらなんてことを…)アセアセ

和(明日からどんな顔して須賀君に会えばいいの…)

和『今日の須賀君、凄くかっこよかったな…』


和父『…何がかっこよかったって?』


和『お、お父さん!?』

和父『今日は随分と遅かったじゃないか…遊びに夢中になるのもいいが学業にもちゃんと専念しなさい』

和『はい…』

和父『それとそのぬいぐるみはどうしたんだ? 随分と汚れているようだが?』

和『!?』

和『転んだ拍子に落としちゃって…』

和父『そうか……何があったのかは知らないがなるべく早く帰れるよう努力しなさい』

和『はい…』

和父『それとそのぬいぐるみ、知り合いにいい人形師がいるから治してもらうようお願いしてあげよう』

和『いえ大丈夫です、お父さん』

和『自分で…自分で治してみせます!』

和父『そうか…余計なお世話だったな』

和父『まぁどうしても治すのが無理だったときは私を頼るといい』

和父『あまり夜更かしはするなよ?』

和『はい、ありがとうございます』


和『お父さん!』

和父『なんだね…』

和『おやすみなさい…』

和父『あぁ、おやすみ』トコトコ


~~お風呂~~

ジャ~~~


和(びっくりしました…お父さんには今日の事は黙っておいた方がよさそうですね…)

和(須賀君、か…そういえば須賀君、風越の大将の福路さんに告白されたと言っていましたが…)

和(一度断ってるんですよね…)

和『…』

和『私にもまだチャンスがあるかもしれませんね…』




カン




~おまけ~


久『ねぇ~須賀君?』

久『私って実は口が軽いのよ?』

京太郎『なら堅くして下さい…』

久『それは無理な相談ねぇ…よいしょっと…』

久『じゃじゃ~ん 部長印の須賀君電話~』

京太郎『なっ!?それ俺の携帯じゃないっすか!』

久『のんのん』チッチ

久『部長印の須賀君電話よ』

久『今、私がこのボタンを押せばどうなるでしょう~?』ニヤニヤ

京太郎『何なりとご命令を』スタッ

久『フフッじゃあ須賀君の奢りでラーメン食べに行きましょ?』

京太郎『あぁ~今月のお小遣がぁ~』

久『ほらさっさと歩く!』


京太郎『待って下さいよ~ 部長~ 』




~和編・完~