京太郎「泉、髪伸びたな」

泉「そうですね。そろそろ前髪ピンかなんかで留めよかな……」

京太郎「伸ばしてんの?」

泉「まあ、そうですね。短いのも煩わしくなくてええんですけど……」

竜華「泉ー、この前貸したヘアカタログ持ってきとる?」

泉「あ、それなら……はい。ありがとうございました」

京太郎「ヘアカタログ?」

竜華「泉も色をおぼえたくなったんやでー? 誰かさんのおかげでな」

泉「ち、ちょっと先輩!」

京太郎「そっか、やっぱ女の子だもんな」

泉「う、うっさいわ!」

竜華「照れんでええやん。セーラも照れでええのになぁ、かわええのに」

「イヤやああぁぁぁッ!」「観念して下さい! 後は髪型だけで完成ですから」

京太郎「絹を引き裂くような乙女の叫びが……」

竜華「後はこれを参考に髪を整えれば完璧な乙女や。んじゃ、乙女作ってくるわー 」

「あ、待ってたでー」「さぁ、始めよか」「助けてえぇぇえッ!」

泉「先輩も大変やな」

京太郎「だな。ところで泉」

泉「はい?」

京太郎「いつ完璧な乙女の泉が見れるんだ?」

泉「え、あ、その、あの……あと、2センチだけ、待っといてください……」


カンッ