京太郎「……ん?朝か?……よく寝た…」

良子「...zzz...zzz」

京太郎「……え?いや何これ。俺は一体…あ」全裸

京太郎「…………おいまさか」

良子「...zzz...zzz」全裸

京太郎「!?」

良子「……ん……ふぁ……あ、グッドモーニンです」

京太郎「あ、はい。おはようございます戒能さん」

良子「いやですね。その……昨夜みたいに良子、って呼んでください」

良子「私もその……京太郎って呼びますから」

京太郎(何をした!?昨日の俺何をした!?いや多分やることやったんだろうけどどういう流れで!?)

良子『いやー、アルコールも結構美味しいですね』

京太郎『飲みすぎですよ。いくら成人しててもそんなに飲んだら……』

良子『むー……須賀くんが言うならソフトドリンクにしておきます』

京太郎『そうしてください。それじゃ俺も』

恒子『アレー?すこやんに飲ませようと思ったお酒どこー?』

良子『ホワッツ?』

恒子『スピリタスが混ざってていい感じになれるそうなんだけどー』

京太郎『……ひょっとしてこれですか?』

恒子『あーそれそれ。このグラスに……空?』

京太郎『……戒能さん。いや、良子』

良子『え、須賀くん?あのなんでそんな近付いて、いやノーウェイじゃなくてそれ以上は、んっ!?』

京太郎『……っは。いいだろう?良子?』

良子『……2人きりで、優しく……』



京太郎「……しっかり覚えてるし俺」

良子「年下なのに、あんなに強引に……激しくされるなんて……」

京太郎「あー……その、酔ってしまってというか」

良子「ベリーグッドでした」ニコッ

京太郎「グッドだった!?」

良子「その……初めてでしたので……次は優しくというか……」

良子「責任、取ってくださいね?」


カンッ!!