泉「聞いたで須賀くん。セーラ先輩の学ラン、たまに中学んときの須賀くんのになってるって」

京太郎「は?」

泉「ずっこい! ウチにもなんか、できれば羽織れるものを!」

京太郎「待てって! 中学んときの制服は一式長野の実家だから、セーラ先輩が持ってるわけないんだよ」

泉「じゃあ今すぐ長野から取り寄せて学ラン下さい!」

京太郎「無茶言うなよ……あ、そういやあれがあったな」

泉「なんです?」

京太郎「明日持ってくるから、そんときのお楽しみだ」

――――翌日

泉「……なんです、これ?」

京太郎「なにって、カーディガンだよ。羽織れるものが欲しかったんだろ? まあ、そんな格好してたら身体も冷えるだろうしな」

泉(違う、そうやない……まあ、でも……)キュッ…

京太郎「本当は長野の幼馴染にやろうと思ってたんだよ」

泉「!?」

京太郎「渡すタイミング逃しちまってさ。いやぁ、無駄にならずにすんでよかった」

泉「……これ、いらん」

京太郎「え?」

泉「こんなお下がりいらん!」ブンッ!

――――放課後

竜華「……で、今日は泉の機嫌が悪いと」

京太郎「はぃ、ほうでふ……」ボロ…

竜華「今日中に仲直りせぇよ。仲直りせんかぎり、部室の出入り禁止や」

京太郎「あぃ……」

竜華「明日まだ仲直りできてへんかったら……」

セーラ「ウチがもういっぺんしばいたるからな!」

京太郎「り、了解っす!」


――――部活後

京太郎「なぁ泉、ごめんな?」

泉「……もうしらん」

京太郎「嫌だったよな、知らない奴のお下がり渡されるなんて」

泉「しらん言うてるやろ!」

京太郎「泉なら似合うと思ったんだ」

泉「え……?」

京太郎「でも代わりにって思ったのも事実だ……」

泉「須賀くん……」

京太郎「気にさわったなら謝るよ。ごめ……」

泉「ごめんなさい!」

京太郎「泉……」

泉「須賀くんの気持ちも考えずに、ましてやウチがわがまま言ったから、須賀くん気遣ってくれて、それやのに……」

京太郎「……泉、この後時間あるか?」

泉「へ?」

京太郎「学ランは無理でも、他のなら渡せる。今度は代わりじゃない。泉のために選んだものが渡したいんだ」

泉「あの、それって……」

京太郎「付き合ってくれるか?」

泉「あ……はい……」


ーーーーさらに翌日

セーラ「ほんで、今着てるのが昨日京太郎に買ってもらったカーディガンか……」

泉「はい! あ、先輩それロンです」マンガーンッ!

怜「泉、うれしそうやね。ずっと惚気けとるよ」

竜華「……なんか、イライラする。なんでやろ?」

京太郎「ちわー」ガラガラ

竜華「京太郎、ちょっと」

京太郎「なんです? 泉となら昨日……お、泉さっそく着てくれてんな!」

泉「えへへ……」

竜華「京太郎」

京太郎「はい?」

竜華「やっぱお前出禁や」

京太郎「ええ!?」


カンッ