怜「なー、きょーたろー……膝枕してくれへん?」

京太郎「へ?膝枕ですか?俺の膝枕なんかでよかったら……」

怜「チッチッチッ……きょーたろーはなんも分かってへん、分かってへんなぁ……」

怜「ウチはきょーたろーの膝枕『で』いいんやなくてきょーたろーの膝枕『が』ええねん……」

京太郎「は、はぁ……(そんなものなのかな?)」

照「ちょっとまった……。京ちゃんは私のもの……故に京ちゃんの膝枕も私のものだ……!」ズビシッ!

京太郎「あ、照さん。おはようございます」

怜「ハッ!いきなりひょっこり出てきた思うたらなに訳のわからんこと抜かしてんねん!」

怜「きょーたろーはうちのもんや!」バチバチ

照「いや、私のものだ……!」バチバチ

京太郎「いや、俺は誰ものでもないですし……」

照怜「京ちゃん(きょーたろー)は黙ってて(黙っといて)」

照「私より麻雀が弱い癖に……!」

怜「それはウチへの喧嘩ととってええんやな?」

照怜「「ガルルルルルル……!」」

京太郎「はぁ……菫さんと竜華さんに連絡してこの二人を引き取ってもらわないと……」

オマケ

菫「すまんな、うちのポンコツが迷惑をかけたようで……」ペコリ

竜華「いえいえ、こちらこそえらいすいませんなぁ……」ペコリ

照怜「「ガルルルルルル!!!!」」バチバチ

京太郎「怜さんも照さんもいい加減落ち着いてください……」

怜「女には絶対に引かれへん闘いっちゅうもんがあんねん!止めんといて!」シャオッ!

照「どいて、京ちゃん……!そいつゴッ倒せない!!」テルテルッ!!!

菫竜「「いい加減にしろ!(ええ加減にしとき!)」」ゴツン!

菫「それじゃあ、須賀くん……迷惑をかけたな……」ズルズル……

照「きゅー……」ズルズル……

竜華「ほななー、京太郎くん。こんなんやけど怜のこと嫌いにならんといたってやー」ズルズル……

怜「きゅー……」ズルズル……



京太郎「はぁ……嵐のような人達だったな……」

カン!