清澄麻雀部部室

京太郎「おはようございます、今日もいっちょ雑用に精を出すか……」

照「おはよう……京ちゃん」

京太郎「すいません、部室間違えましたー」ガシッ!

照「大丈夫……間違ってないよ」

京太郎「なら幻覚ですかねー。こんなところに照さんがいるはずがない」

照「あなたの照はいつでもあなたのそばに……」営業スマイル

京太郎「何ですか?それ……」

照「…………いつでも好きな人の傍にいたいってこと」ボソッ

京太郎「え?今なんて……ってそんなことはいいですからなんでここにいるか教えてください」

照「もうっ……京ちゃんってばつ・れ・な・い!」

京太郎「そんなのではドキッとしませんからね」

照「チッ!」

京太郎「これ見よがしに舌打ちしなくても……で?なんでここにいるんですか?」

照「…………京ちゃんに会いたかったから……」

京太郎「…………はぁ……そんな小さな事でここまで来たんですか?」

照「私にとっては『小さな事』じゃないもん……インターハイのモチベーションにもかかわることだもん……!」グスッ

京太郎「『小さな事』ですよ。照さんがここまで来なくてもいいんですよ、俺がいつでも照さんに会いに行くんですから……」

照「え……?」

京太郎「照さんが言ったんじゃないですか……『いつも好きな人の傍に居たい』ってね?」

照「………」ポクポクポク…

照「っ!?///」チーン

京太郎「あれ聞こえてないと思ったら大間違いですよ。あんなの聞こえないのは難聴系主人公だけです」

照「…………まってまって……!顔あつい……///恥ずかしい!死ぬ……!恥ずか死ぬうぅぅう……!///」

京太郎「駄目です、止めません。部活サボってこんなところにいる照さんにお仕置きしないとね……
       照さんの可愛い所を全部見せてもらいますよ?」

照「~~~~~っ!?(声にならない声)」カオマッカ

京太郎「ほら、照さん……目を瞑ってください……」スッ

照「ふえっ!?う、うん?」メヲトジ

京太郎「これは罰ですからね」チュッ

照「ッ!?///」

京太郎「今年の誕生日プレゼントはお菓子じゃなくてもとても甘いものですよ?」

照「///」ボーゼン

カン!